TOP > 不動産購入 > アキュラホームの評判・口コミは悪い?坪単価やメリット・デメリット・後悔しないための注意点

アキュラホームの評判・口コミは悪い?坪単価やメリット・デメリット・後悔しないための注意点

【更新日】2021-04-16
このエントリーをはてなブックマークに追加
アキュラホーム

ローコストでなるべく性能の高い住宅を建てたい!という方の中にはアキュラホームを選択肢に入れている人も多いでしょう。

しかしローコストと言っても何度も購入できるほど安いわけではありませんし、ハウスメーカー選びで後悔したくありませんよね。

今回は、アキュラホームのリアルな口コミ・評判や細かい特徴について解説していきます。

アキュラホームの評判・口コミ

全体的にはコストパフォーマンスの良さを評価する声が多いですが、担当者の合う・合わないで苦労した方もおり、アキュラホームのメリットデメリットがよく分かります。

詳しくは次から見ていきましょう。

口コミ➀ある程度の割り切りは必要だが悪くない

実際にアキュラホームで家を建てましたが、70〜80点の家だと感じています。

契約後竣工後は徐々に対応が悪くなっていきますし、細かい部分は少々手抜きに感じることもありました。

自分が出せる予算の中で3階建てや趣味の部屋を作るなど割と自由に設計させてもらいましたし、譲れないポイント(土台のヒノキなど)はきっちり取り入れてもらえたので、後悔はしていません。

あくまでも安いホームメーカーである、というのは最初に覚悟しておいた方が良いです。(42歳・会社員)

口コミ②設備の発想が良い

安めのハウスメーカーならではの発想力は面白いと思う。

他のウイルス対策の家はせいぜい玄関から洗面所が近い程度ですが、小さな掃除機や減菌ライトで靴と上着を除菌するなど、他社にはない発想が魅力的。

コロナや花粉をしっかり対策したい人には向いているのではないか。(30歳・会社員)

口コミ③良くも悪くも職人の腕次第

アキュラホームは職人が集まってできたハウスメーカーとありますが、職人の腕は本当にマチマチですね。

私のところは特にクロスの腕がよく、つなぎ目もほとんど分からないレベルでしたが、これが全ての家でそうなのかは微妙だと思います。

やっぱり施工者との顔合わせやチェックは大事ですね。(40歳・自営業)

口コミ④担当者との相性が大事

アキュラホームに限った話ではありませんが、人との相性が合うかどうかが全てだと思います。

私の場合、現場監督や棟梁とは気が合いましたが、営業と設計士とはうまく折り合いが取れず、苦労しました。

特に安いホームメーカーは家を作るまでに多くの人が関わっており、合う・合わないは特に気にした方が良いでしょうね。(32歳・会社員)

口コミ⑤坪単価だけで選ばない方が良い

坪単価の安さ高さでハウスメーカーを選ぶ人も多いですが、建坪か総施工かでも変わってきますし、坪が安いハウスメーカーはオプションが高く、結果トントンという場合も多いです。

見積もりに関しても計上されたりしなかったり、という差異もあるので、相見積もりをした時の項目はちゃんと見ておきましょう。

そういったところを考えても、アキュラホームは安い方だと感じました。(43歳・会社員)

口コミ⑥担当者が変わりやすいので注意

アキュラホームは安いのかもしれませんが、担当者が2回変わったのは正直ないな、と思いました。

やっぱりその人を信用して家を建てるというのはあるので…。

要望を受け入れて貰えるかどうかは分かりませんが、合う営業マンがいたら本部に伝えた方が良いでしょうね。(51歳・自営業)

口コミ⑦きちんとしたハウスメーカーだと感じた

家を作る上で打ち合わせは何度かおこなうと思いますが、建築士さん・インテリアコーディネーターさん・現場監督さんと話し合う時にも担当の営業さんが帯同してくれたのは嬉しかったです。

自分の家を作るので何もかも任せるのではなく、分からないことがあればなるべく具体化した上で質問をぶつけるようにしていたのですが、そのおかげか丁寧に回答をして貰っていると感じています。

また担当者たちもプロとはいえどミスはあるので、一つ一つ入念にチェックしながら話し合うことをおすすめします。(43歳・会社員)

口コミ⑧色んな担当者と直接話せるのが魅力的

他にもローコストタイプのハウスメーカーは多いですが、アキュラホームは設計士・インテリアコーディネーター・棟梁と直接会って話せるのが良いと思います。

タマホームとかは営業以外とは会えないことも多いので…。(46歳・会社員)

口コミ⑨間取りの自由度は高い

アキュラホームのメリットは間取りの自由度だと思います。

他の格安ハウスメーカーだと自由設計と謳いながら、制限だらけという場合も多いので…。

設備のクオリティーは値段相応なので、見た目の高級感とかは諦めた方が良いですね。(37歳・自営業)

口コミ⑩ローコスト住宅の中ではレベルが高い

アキュラホームはローコスト住宅を画一化して他のハウスメーカーに売っている会社です。

その画一化したものを使っているのが、タマホームとレオハウスであり、性能自体は大きく変わらないでしょう。

ただシステムを作ったのがアキュラホームである以上、そのシステムを一番良くわかっていると思いますし、大工の腕も上記のものよりは高いと感じています。(40歳・会社員)

アキュラホームの特徴

アキュラホームの特徴

会社名 株式会社アキュラホーム
本社所在地 〒163-0234 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビルディング34F
設立 1986年5月
電話番号 03-6302-5001

アキュラホームの特徴としては、徹底的なコストカットによる低価格・一目で特徴が分かるネーミング・他のハウスメーカーには斬新なアイディアの3点が挙げられます。

特にウイルス対策の家など時勢に合った家作りを提案できるのは、アキュラホームの大きな強みと言えるでしょう。

アキュラホームの営業マンは他ハウスメーカーよりも建築に関する知識が多く、予算内で最大限希望を叶えようとする姿勢が評価されています。

アキュラホームの坪単価は40万~55万円

アキュラホームの坪単価は約40〜55万円とハウスメーカー全体から見ても非常に低く抑えられており、地方の小規模工務店並みの価格で家を建てることができます。

「価格が低い分、家の品質も低いのでは」と考える方も多いですが、アキュラホームは大量の住宅部資材や設備を一括で仕入れることでコストカットをおこなっているため、低価格ながら高品質であるコストパフォーマンスの良い家が魅力的です。

アキュラホームの主な商品ラインナップ

以下にアキュラホームが2021年4月時点で扱っている主な商品ラインナップをまとめました。

商品名 特徴
大空間の家 耐震等級3に広々とした部屋が特徴
太陽光の家 太陽光発電+オール電化で省エネ・エコロジーに特化した住宅
ミライRei 全館空調に太陽光を導入。シンプルでランニングコストを抑えられる
二世帯の家 広々とした空間をしっかりと区切ることで家族同士の適切な距離間をキープ
平家の家 階段をなくすことでバリアフリーな住まいに。年配の方や小さい子供がいる家庭におすすめ
大収納の家 リビング・キッチン・子供部屋全てに大収納を設置。天井高を1.4m以下に抑えることで固定資産税の対象外にならない点もポイント
3階建ての家 木造でありながら敷地面積を取らない3階建て。首都に近い土地におすすめ
ZEHの家 NET ZERO ENERGY HOUSEの略で、太陽光による創エネ・設備による省エネ・断熱性能の3つで外部からのエネルギーを0に
賃貸併用の家 コンパクトな1Kの賃貸と自宅部分の2LDKでスペースと収支にゆとりを持たせられる
ペット共生の家 掃除のしやすさ・キズの付きづらさ・消臭の3点に配慮したペットに優しい家

アキュラホームのメリット

木造軸組構法で高い間取りの自由度を実現

アキュラホームの大きなメリットとしては、間取りの自由度が挙げられます。

家造りにおいて間取りの自由度を優先すると耐震性が落ちてしまうのですが、アキュラホームは大きな資材を使うのではなく資材の組み合わせ(木造軸組構法)で耐震性を確保しているため、間取りの自由度と安全性が高いレベルで両立しています。

アキュラホームは取り外し可能な仕切り板「ライフサイクルウォール」を導入することで、ライフスタイルの変化にも柔軟に対応できます。

ローコストで品質にこだわった家を建てられる

アキュラホームの最大のメリットは、ローコストでありながら高品質の家を建てられるコストパフォーマンスの良さが挙げられます。

特にアキュラホームの品質を落とさずに低価格で家を建てる仕組み(アキュラシステム)は業界内でも高い評価を得ており、様々なハウスメーカーでも導入されているほどです。

高品質と言っても坪単価100万円の高級住宅には負けてしまう部分も多く、ある程度は妥協が必要と言えます。

希望を何とか叶えようとする姿勢が好評

実際にアキュラホームで家を建てた人の中には「他では断られたけれどアキュラホームなら予算内でなんとかしてくれた」という口コミも多く、営業マンの積極的な姿勢が高い評価を得ています。

予算内でしっかりと希望の叶った家を建てるためにも、家のこだわりポイントはあらかじめリストアップしておくと良いでしょう。

アキュラホームのデメリット

オプション次第で想定以上に坪単価が高くなる

アキュラホームというよりは坪単価50万円前後のローコスト住宅に共通するデメリットとして、オプション料金の高さが挙げられます。

ローコスト住宅は標準仕様のデザインや機能を削ってコストを抑えている面もあり、あれもこれもとオプションを追加すると坪単価が70万円80万円になってしまうケースも多いのです。

特にお風呂場・洗面所・キッチンなどは水回りの仕様変更は別途水回りの工事が必要になるため、オプションが高額に設定されています。

アキュラホームでオプションを追加する際には、本当に必要かどうかを良く考えた方が良いでしょう。

完全な自由設計ではない

アキュラホームで家を建てる際に抑えておきたいポイントとしては、完全な自由設計ではない、という点が挙げられます。

アキュラホームは資材を一括で発注している都合上「資材のこの部分を何センチ削る」といった細かな加工が難しく、他のハウスメーカーと比べて設計が制限されやすいのです。

優れた営業マンや設計士であれば、限られた設計の中で希望に添えるような提案をしてくれる可能性もありますが、当たり外れはどうしてもあります。

マイホーム設計に強いこだわりのある方は特に注意が必要と言えるでしょう。

デザイン性は高くない

アキュラホームの資材は画一化されており、他に見ない独創的な家を建てるのはやや苦手と言えます。

標準仕様でも十分おしゃれな見た目の商品が揃っていますし、ある程度オプションで差別化はできるため、特に気になるようであれば程度のデメリットと言えます。

対応エリアが狭い/h3>

アキュラホームの最大のデメリットは、対応エリアの狭さです。

2021年4月時点のアキュラホームの拠点は茨城県・埼玉県・東京都・千葉県・神奈川県・静岡県・愛知県・岐阜県・三重県・大阪府・兵庫県・奈良県・岡山県・広島県の14しかなく、北海道・沖縄・東北地方・九州地方には1つもありません。

拠点がない=絶対に家を建てられないという訳ではありませんが、資材搬入などの都合で建築可能エリアが限られてしまうのは事実です。

上記の県以外で家を建てたいと考えている方は、そもそもアキュラホームで家を建てられるかどうか聞いておくことをおすすめします。

アキュラホームがおすすめな人の特徴

コストパフォーマンスの高い家を建てたい人

坪単価50万円前後のハウスメーカーが珍しいわけではありませんが、アキュラホームほど品質をキープできている会社は中々ありません。

ただし実際の家の良し悪しは施工を担当する工務店に依る場合も多く、契約前に工務店については調べておくことをおすすめします。

耐震性にこだわりたい人

特にアキュラホームの大空間の家は建築基準法の1.5倍の耐震性能3を取得しており、安全性を求める方にはピッタリと言えるでしょう。

地震による被害は揺れによる倒壊や落下だけではなく、土地の液状化や河川の氾濫にも注意が必要です。

地震対策をする際には、家の構造+家の立地の2つから良く考えた方が良いでしょう。

デザインにこだわりがない人

アキュラホームの家は同じ価格帯のハウスメーカーと比べてもシンプルに仕上がっている商品が多く、人によってはつまらないと感じる方もいるでしょう。

凝った外観の家を建てようとするとその分コストも上がりますし、家族同士で意見が分かれやすくもなります。

マイホームは数十年間住み続けるものと念頭に置いた上で、ハウスメーカーを選ぶことをおすすめします。

アキュラホームはコスパの良さが魅力のハウスメーカー

アキュラホームは坪単価50万円前後のハウスメーカーでありながら、高品質をキープしているコストパフォーマンスの良さが魅力的です。

しかし坪単価が低い分、デザイン性や設計の自由度は低く、向き不向きは別れる住宅メーカーと言えるでしょう。

営業マンだけではなくインテリアコーディネーターや設計士など多くの担当者と積極的にコミュニケーションを取ることをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイトおすすめランキング!33社を比較【2021年最新】
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2021年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…