TOP > 不動産購入 > 東京の高級住宅街はどこ?本物のお金持ちが選んでいる富裕層向けエリア人気ランキング

東京の高級住宅街はどこ?本物のお金持ちが選んでいる富裕層向けエリア人気ランキング

【更新日】2021-04-30
このエントリーをはてなブックマークに追加
東京の高級住宅街

日本一の大都会東京。

平均して地価が高めに設定されていることもあり、どこもかしこも「高級住宅街」という触れ込みでPRしている印象を受けます。

ただ、その中でも成功者や富裕層の人たちなど本当のお金持ちが住んでいる高級住宅街が存在します。

皆さんは東京の高級住宅街はどこにあるのかご存じですか?

実は単純に時価が高いとか便利などの理由だけでは、本物の高級住宅街は形成されません。

今回は東京の高級住宅街はどこにあるのか、高級住宅街のメリット・デメリットについて解説します。

東京の高級住宅街の物件を探している人は、この記事を参考に自分に最適な物件を見つけてみましょう。

東京都の不動産売却・不動産査定・相場|おすすめ不動産会社ランキング

東京の本当の高級住宅街ランキング

東京には、日本をトップクラスの高級住宅街が多く存在しています。

今回は白金台・田園調布・松濤・南麻布・成城・青葉台の6つの高級住宅街について紹介しましょう。

この6つの住宅街はあまたある東京の高級住宅街のなかの一部ではありますが、その中でも代表的な住宅街を紹介します。

それぞれの住宅街で違った特徴などがあるので、自分にはどの住宅街が適しているか考えてみてください。

【1位】白金

白金

白金は都心の港区に位置する日本トップクラスの高級住宅街です。

東京メトロ南北線、都営三田線の白金台、白金高輪駅が最寄りの駅で、何億円もの戸建て住宅や高級マンションが数多く分譲されています。

来年竣工予定の白金ザ・スカイなどは富裕層の間でも非常に人気のある物件になっています。

NBFプラチナタワーや白金タワー、そして来年竣工予定の白金ザ・スカイなどは富裕層の間でも非常に人気のある物件になっています。

また白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業が進められており、今後ますます街としての魅力が出てくるエリアになります。

日本最高級の住宅街

プラチナストリート沿いの周辺に構成されている閑静な高級住宅街は、街を歩くだけで高級住宅街と言われている所以を感じることができます。

庶民には近寄りがたい高級レストランや高級カフェ、見る人を引き付ける高級外車などセレブな印象を誰でも感じ取ることができるでしょう。

そのようなセレブな街並みですが、昔ながらの街並みも大切にしています。

白金商店街や白金北里通り商店街などの昔から愛されている商店街も広がっているため、若者の富裕層だけでなく、比較的年齢層が高い世代にも受け入れられる街になっているのが特徴です。

魅力的な教育環境

白金エリアは魅力的な教育環境が広がっています。

名門小学校の白金小学校が位置しており、教育に熱心な家庭にとってはうれしい環境です。

また港区は学区を選ぶことも可能なため好きな学校に通うことができるのも魅力的ですね。

さらにはキリスト教系列の大学なども多く、小学校から大学まで教育施設が非常に充実している環境であることが分かるかと思います。

【2位】田園調布

田園調布

東京の都心から離れ、神奈川県と隣接する大田区に位置している田園調布。

最寄り駅の田園調布駅は、東急電鉄の東急東横線や東急目黒線を利用することができる都心へのアクセスもいい立地です。

田園調布は渋沢栄一の下街づくりが進められており、非常に綺麗な扇状の街並みが広がっています。

一説によるとパリにある凱旋門周辺の街並みがイメージとなっているようです。

緑豊かな避暑地

田園調布には街路樹や公園が多く、緑の豊かさが特徴です。

多摩川台公園や田園調布せせらぎ公園は住民にとっても憩いの場となっており、子供の教育にも適した環境であることがわかります。

また川崎市と大田区の県境には多摩川もあり、涼しげな印象を受けます。

休日には釣りやランニングをしている人も多く、アクティブに休日を過ごすことができるのも特徴です。

緑を守るためのルールがある

田園調布には住民たちによって作られた田園調布憲章というものが定められています。

この田園調布憲章では建物を建てる際のルールが決められており、田園調布の街並みを守るための比較的厳しい制限です。

田園調布憲章の建築ルール
  • 建物の高さは9mまで
  • 階数は2階建てまでに抑える
  • 土地は165㎡が最小限
  • 塀は1.5m以下にする
  • 駅前と商業地域以外に店舗を展開しない
  • ワンルームの集合住宅は建てられない

住民の皆さんが協力して街並みを守っている素敵な高級住宅であることがわかりますね。

【3位】松濤

松濤

松濤は渋谷区に位置しており、若者の街渋谷の同一区内にあるとは思えないほど静かな住宅街が広がっています。

松濤に建てられている戸建て住宅は、どれもかなりの高さのある塀に囲まれています。

なぜなら政界人や芸能人、会社の社長などが居住しており、セキュリティやプライバシーを守っているからです。

ここからはそのような松濤の特徴を探っていきましょう。

200㎡以上の土地がないと戸建て建築不可

一つ一つの戸建て住宅が非常に広大な土地に建築されている松濤ですが、松濤では建物を建築する際に自治体のルールが決められています。

松濤では200㎡以上の土地がなければ、戸建て住宅を建てることができません。

また高さにも制限があるため、タワーマンションのような非常に高いマンションが建つ可能性もないです。

このような建築基準から松濤のような戸建て住宅の多い高級住宅街が形成されているのですね。

利便性がいい

松濤には非常に静かな街並みが広がっていますが、やはり渋谷駅まで徒歩圏内という立地は非常に便利です。

松濤から渋谷駅までは徒歩10分程度で行くことができ、ショッピングする時には何の不自由もありません。

また渋谷駅まで行かずとも、松濤での生活は困りせん。

スーパーやレストラン、若者が好きそうなカフェなどもありどの世代の人も充実した生活を送ることができるでしょう。

松濤美術館やBunkamuraなどもあり、アートな楽しみを持ったひとにも好まれる街となっています。

【4位】南麻布

南麻布

続いて皆さんご存じの南麻布です。

南麻布は港区に位置しており、東京メトロ日比谷線の広尾駅が最寄りの駅となっています。

南麻布のエリアは昔から高級住宅街として知られており、明治時代には皇族や華族などのお金持ちの屋敷などが立ち並んでいました。

そのような南麻布の中でも人気があるエリアが南麻布4、5丁目です。

有栖川宮記念公園も近隣にあり、東京の港区をという大都会の中でも自然を感じることができる子育てにも適した環境になります。

グローバルを感じられる環境

南麻布には、江戸時代の末期頃から海外の大使館が多く点在するようになりました。

その環境は現在にまで続いており、10か国以上の大使館があります。

そのため南麻布周辺には大使館職員など外国人が多く居住するエリアになりました。

子育てをする外国人家庭も多く、インターナショナルスクールも複数あり日本にいながらグローバルな環境に住むことができます。

また様々な国籍の人々が集まるゆえ、ナショナルスーパーという海外からの商品が売っているスーパーなどもあり海外に旅行に来た感覚になりますね。

マンションが多い

高級住宅街と聞いてイメージするのは、大きな土地の戸建て住宅が並んでいる風景だと思います。

しかし南麻布はマンションも多く建設されている高級住宅街なのです。

大規模な分譲マンションもある他に、何億円という金額で分譲されている低層マンションも多くなっています。

例えば、ザ・ハウス南麻布というマンションは数々の超有名人も住んでいると言われているトップクラスのマンションです。

外観だけ見ても高級な雰囲気が漂うマンションが多く、高級住宅街であることが納得できるかと思います。

【5位】成城

成城

小田急電鉄小田原線の成城学園前駅が最寄り駅の成城。

成城は都心から少し離れた世田谷区に位置しております。

成城の高級住宅街は高台を中心に形成されており、近年増加している自然災害の被害の心配ありません。

世田谷区は子育てしやすいというイメージがある街ですが、成城学園があるように成城も子育てに適した環境です。

また東京にいながら自然豊かな環境に囲まれて生活できるのは大きなメリットですね。

便利な周辺環境

成城が人気の理由にはその利便性が理由に挙げられます。

成城学園前駅には駅直結の成城コルティがありますし、駅の周辺には成城商店街もあり毎日の買い物に困りません。

また小田急小田原線で新宿駅まで約20分でアクセスすることができるため、通学や通勤の際にも非常に便利な立地になっています。

ちなみに皆さんご存じ成城石井は成城で創業された高級スーパーです。

成城憲章という取り決めがある

成城には住民たちが中心となって、住みやすい環境を維持するために成城憲章という建築上のルールが定められています。

成城憲章では以下のようなルールが定められています。

成城憲章の建築ルール
  • 建物と隣地との距離は1m以上
  • 塀の高さは1.8m以下
  • 建物の高さは10m以下
  • 1戸建て当たりの敷地は250㎡以上が目標
  • 土地の20%は自然を確保する
  • 派手な建物や建築等の禁止

住民が主体となって街並みを守っているというのは、非常に魅力的ですね。

マンションなど同じくこのような決まりがされているエリアは、資産価値が保たれる傾向もあるのでいい住環境です。

【6位】青葉台

青葉台

最後に青葉台を紹介します。

青葉台は目黒区にあり、代官山駅と中目黒駅の間に位置している高級住宅街です。

位置しているエリアからも分かる通り、代官山・中目黒に隣接しているため比較的若者にも人気なエリアになっています。

また大使館も点在しており、南麻布ほどではありませんがちょっとした国際色も感じることができます。

高級住宅街ではありますがマンションが比較的多く、低層マンションなどが人気です。

分譲だけでなく高級賃貸マンションも多いため、お試しみたいな形で一時的に住んでみるということもできます。

ショッピングに便利

代官山と中目黒の中間という非常に魅力的な立地もあり、青葉台はショッピングに最適な環境です。

代官山には代官山T-SITE、中目黒には中目黒高架下などおしゃれスポットが数多くあり、若者のお金持ちにはぴったりの周辺環境です。

また代官山駅と中目黒駅を通る東急電鉄東急東横線を使えば、若者の街渋谷にもすぐにアクセスすることができます。

ショッピングやトレンドを追い求めたいという人には、最適な住環境ですね。

都会になのに緑が多い

このような便利で都心にも近い青葉台でありますが自然も豊かというのもメリットです。

中目黒駅近くには西郷山公園があり、都会にいながら緑に囲まれながら休日などは過ごすことができます。

また目黒川も流れているため、川のせせらぎに耳を癒すことができます。

このような環境でありながら自然を感じられるのは魅力的ですね。

東京で高級住宅街と言われる条件

ここまで東京の高級住宅街について紹介してきました。

紹介した高級住宅街に共通したポイントや形成される条件とは何でしょうか?ここからは上での紹介を踏まえ、高級住宅街が形成されるための条件を解説します。

高級住宅街が構成される条件
  • 利便性が良い
  • 教育施設が充実している
  • 災害リスクが少ない
  • 自然が豊か
  • 街並みが綺麗

以上のような条件が考えられます。

普通は地価が高いエリアと考えるのが一般的な考え方かもしれませんが、実は地価が高い場所に高級住宅街が形成されているわけではありません。

様々な条件が揃ったエリアが高級住宅街として形成されるのですね。

高級住宅街に住む人の年収・職業とは?

非常に魅力的な東京の高級住宅街ですが、実際にそこに住んでいる人はどのような人なのでしょうか?今回は年収と職業の面からどのような人たちが家を構えているのか探ってみました。

世帯収入は最低でも1,000万円以上

高級住宅街に住んでいる人年収は1000万円以上の人たちがほとんどです。

年収が1000万円以上あると、住宅ローンを借りる際には1億円前後の金額を借りることができます。

年収1000万円以上の収入のある人たちは日本でどのくらいいるのでしょうか?国税庁の調査によると年収1000万円以上の人の割合は全人口のうちたった5%です。

人数にすると248万人です。

高級住宅街に住むにはこの5%の中に入る必要があります。

ではこの5%に入っている人はどのような職業についているのでしょう?

社会的な地位が高い職業に就いている

続いて東京の高級住宅街に住んでいる人たち、具体的に年収1000万円以上の人たちの職業について見ていきましょう。

一体どのような職業の人たちが高級住宅街に住んでいるのでしょうか?一般的に高給取りと言われる人たちの職業は以下の通りです。

年収1000万以上稼いでいる人たちの職業
  • パイロット
  • 医者
  • 総合商社の社員
  • 大学教授
  • 政治家
  • 外交官
  • 弁護士
  • スポーツ選手
  • 芸能人

その他、一部の大手企業などが年収1000万円超えのチャンスを持っていると考えられます。

東京の企業に勤めている場合、中小規模でも年収1000万円を達成するチャンスは十分あります。

ただそれが、住宅を建てる適齢の30~40代で達成できるかというと、結構難しい部分があります。

東京の高級住宅街の300年間の変化

東京の高級住宅街は、時代と共に変化している部分もあります。

何となくレトロな雰囲気の街も、昔は最先端な街並みとみられていたことが良くあります。

ここからは、江戸時代から昭和まで、時代ごとの高級住宅街の変化を見ていきましょう。

江戸時代の高級住宅街=千代田区・港区など

江戸時代の高級住宅街

江戸時代は身分によって居住地域が区分されていたため、身分の高い人が暮らす街=高級住宅街だと言えます。

また、武士も身分によって居住区が分かれており、藩主など高い身分のものから順に上屋敷・中屋敷・下屋敷に分かれていました。

上屋敷・中屋敷があるのは、丸の内、霞が関、紀尾井町などの千代田区エリアや、新橋、赤坂、三田などの港区エリアが主でした。

一方、下屋敷は新宿御苑や代々木、築地などに配置されていました。

今では高級住宅街と見なされる六本木、麻布、白金なども当時は下屋敷に区分されています。

渋谷区、目黒区、品川区などは農村エリアで、ほとんどが田畑だったというのが今と異なる点です。

明治から大正にかけての高級住宅街=山の手エリア

明治から大正にかけての高級住宅街

今の山手線の内側である山の手エリアは江戸時代でも高級街という印象は強かったですが、明治期になってよりその傾向は強くなりました。

その中でも千代田区の皇居周辺や赤坂・麻布・六本木・三田など、または新宿区の市ヶ谷・信濃町や台東区の上野がそのなかでも高級住宅街として人気でした。

この時代は高台エリアに人気が集まる傾向にあり、渋谷・恵比寿・代官山などの低地はそこまで発展したエリアではありませんでした。

昭和の高級住宅街=田園調布・成城・自由が丘など

昭和の高級住宅街

昭和初期~中期は世田谷区が発展し、洗足・田園調布・成城などが高級エリアとみなされました。

その後、渋谷・恵比寿も大きく発展しています。

少し遅れて、庶民のエリアだった表参道・青山周辺が大きく発展し、今も価値を伸ばしています。

高級住宅街に住むメリット・デメリット

誰もが憧れるであろう超高級住宅街ですが、何事にも良し悪しがあるように高級住宅街にも良し悪しが存在します。

高級住宅街のメリット・デメリットについて理解しておかないと後々後悔することになりけねないので、しっかりと確認しておきましょう。

ここからはそのような高級住宅街のメリット・デメリットについて解説します。

東京の高級住宅街のメリット

まず東京の高級住宅街に住むメリットについて見ていきましょう。

高級住宅街に住むメリットは以下の通りです。

  • 閑静な住宅街
  • 自然に囲まれながら暮らせる
  • 治安が良い
  • 教育が充実している

以上のようなメリットが挙げられます。

閑静な住宅街

高級住宅街には静かで落ち着いた住宅街が広がっています。

やはりお金持ちが多いため、住民の人たちは余裕を持って生活している印象です。

東京のにぎやかなイメージから距離を置くことができるため、静かに落ち着いて暮らしたいと考えている人には向いていると思います。

自然に囲まれながら暮らせる

都会に住みながら自然に囲まれながら暮らせるのは、高級住宅街のメリットです。

公園や緑を意識した街づくりの影響でそのような環境が整っている住宅街が形成されています。

自然は子供が感性豊かな子に育っていく上でも必要な要因になりますので、子育てを意識している人にオススメですね。

治安が良い

お金持ちの人たちの人たちは生活に余裕があるので、犯罪を起こすことが少ないことが予想できます。

その影響からか高級住宅街はどこも治安が良いです。

また住民の人たちはセキュリティを意識している人が多いので、泥棒も近寄れません。

治安は住むうえで重要なポイントなので、メリットとして魅力的ですね。

教育が充実している

名門の小・中学校や高校、大学、インターナショナルスクールがあることは珍しくなく、子供のうちから充実した教育を受けることが可能です。

子供にいい教育を受けさせたい親御さんは重要視しておきたいポイントですね。

東京の高級住宅街のデメリット

続いて高級住宅街のデメリットを解説します。

高級住宅街のデメリットは以下の通りです。

  • 価格が高い
  • エリア内で劣等感を感じる

価格が高い

東京の超高級住宅街は非常に価格が高いです。

何億円という手が届きそうにない物件が販売されていることは当たり前で、無理をして購入してしまうと人生を棒に振ることにもなりかねません。

自分の収入から考えて無理なく払える価格の物件を購入するようにしましょう。

エリア内で劣等感を感じる

実際に高級住宅街に住んでいる人からよく耳にするのがこの言葉です。

マンションではより高層階に住んでいる人達のほうがステータスが良いとされ、劣等感を抱くことがよくあります。

また戸建て住宅でも、何丁目はいい何丁目はダメと下に見られることもあります。

そのため自分のステータスにあった物件を探すことが重要です。

東京の高級住宅街のリスクも知っておこう

東京の高級住宅街についての理解が深まりましたでしょうか?

高級住宅街と言ってもその数はたくさんあり、特徴やメリット・デメリットも様々です。

ステータスや名前だけで選んだり、少し背伸びしてしまって高い物件を購入したりして後悔することは絶対に避けたいですよね。

そのためには自分が求めているものが何なのかをしっかりと理解する必要があります。

この記事を参考に自分に合った住宅街を見つけて、購入してみてはいかがでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

資産価値が落ちにくい家の特徴とは?住宅選びで失敗しないポイント
資産価値が落ちにくい家を買うことで、安心して生活できる、将来的にお金に出来るというメリットがありま…
競売物件のメリットとデメリット・リスクとは?素人が購入しても大丈夫?
土地・建物の競売について、購入のメリットとデメリットを紹介しています。競売自体についても紹介してい…

おすすめ・特集記事!

【2021年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイトおすすめランキング!33社を比較【2021年最新】
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…