TOP > 引越し > 一人暮らしに2LDKは広すぎて持て余す?実際に暮らす方の口コミとデメリット・間取りの注意点

一人暮らしに2LDKは広すぎて持て余す?実際に暮らす方の口コミとデメリット・間取りの注意点

【更新日】2021-04-23
このエントリーをはてなブックマークに追加
一人暮らしに2LDK

「一人暮らしをしようとしたら2LDKの部屋しかなかった…一人で2LDKはアリ?ナシ?」と気になっている方もいるでしょう。

たしかにldkは2〜3人ほどの家族向けの間取りであり、一人暮らしではやや持て余してしまう点もあるでしょう。

しかし部屋が多いということはその分スペースに余裕があり、プライベートや仕事で部屋を分けたい、などと考えている方にはおすすめできる間取りと言えます。

このページでは実際に一人で2LDKに住んでいる方の口コミや評判を紹介しつつ、2LDKに一人で住むメリット・デメリット・注意点を紹介していきます。

→➝ 引っ越し費用相場は平均いくら?単身・家族・繁忙期などケース別の総額料金の目安と安く抑えるコツ

一人暮らしに2LDKは広すぎ?実際に暮らす方の口コミ・評判

ここからは実際に一人で2LDKに住んでいる人の口コミや評判を紹介していきます。

部屋の多さを有効活用している方がいる一方で、やはり1人では広すぎた・管理が大変と感じている方もいます。

物件を探す際の参考にすると良いでしょう。

口コミ①リモートワークに2LDKは最適

引っ越す前は広すぎるかな、と思ったのですが、あればあるで使うなというのが正直な感想です。

最近はzoom会議も増えたので、会議専用部屋があるのは助かりますね。

それとコレクションを専用の部屋で管理できるのは嬉しいです。(25歳・会社員)

口コミ①広いと様々なケースで便利

もともと2人で暮らす予定だったのが諸事情で私だけが住むことになりました。

最初は持て余してしたのですが、季節家電や洋服を「とりあえず」しまえるというのは便利です。

自営業で家にいることが多いというのも、向いている理由かもしれません。(31歳・自営業)

口コミ③会社から帰って寝るだけだと持て余す

不動産屋から「大は小を兼ねる!」と言われて契約しましたが、後悔しています。

私は仕事もプライベートも外で過ごすことが多く、家では寝て起きるだけというのも珍しくありません。

家にいる時間が短いなら、安くて管理が楽なワンルームの方が絶対良いです。(27歳・会社員)

一人暮らしで2LDKに住むメリット

用途に合わせた使い分けができる

一人で2LDKに住む最も大きなメリットは、部屋を用途別に分けられる点です。

例えば持ち帰り仕事や在宅ワークが多い方であれば、寝室と仕事部屋をハッキリ分けることができますし、服やグッズをかざる趣味があれば専用の部屋を用意することも可能でしょう。

個人事業主の場合は仕事部屋を作ることで、正確に家賃を按分できるのも大きなメリットと言えます。

来客用スペースを確保できる

一人暮らし用の1Kやワンルームはどうしても居住者のプライベートな空間が見られてしまいますが、2LDKであれば来客用のスペースを無理なく用意できます。

来客用の寝室と自分の寝室が分けられるのも嬉しいポイントと言えるでしょう。

十分な収納スペースを確保できる

ファッションが好きな人であれば一部屋をまるごとウォークインクローゼットとして利用するのもおすすめですし、片付けが苦手な人でも物置として活用できます。

以前にワンルームや1Kに住んでいて収納量に不満を感じていた人などは、2LDKに向いていると言えるでしょう。

同棲・結婚に向けた準備ができる

そもそも2LDKは複数人が住むことを前提に作られた間取りであるため、パートナーがこちらに引っ越してくればすぐにでも同居生活が始められます。

ただし契約によっては居住人数に制限のある場合もあるため、パートナーと同居する際には必ず大家に確認した方が良いでしょう。

一人暮らしで2LDKに住むデメリット

家賃・光熱費が高くなってしまう

一人で2LDKに住む最大のデメリットは家賃と光熱費でしょう。

先ほども触れたとおり2LDKは家族が住むことを前提に家賃が設定されているため、お金に余裕がない大学生や入社から数年の新入社員にはあまりおすすめできません。

部屋が増えれば、エアコンや照明などの電気代も高くなっていくため、ランニングコストも無視できないでしょう。

2LDKに引っ越す前に1Kやワンルームとの差額を計算し、差額に見合ったリターンを感じられるかどうかはチェックしておいた方が良いです。

広すぎて寂しく感じる人も多い

個人差もありますが、広くてガランとした空間に寂しさを感じる人もいます。

一方で「広い空間を一人で独占できる」とポジティブに捉えている方もいますが、引っ越しした後に考えが変わるケースも多いのです。

広い部屋に一人で快適に過ごせる、と考えている方も実際に越してみると、考えが変わるかもしれません。

特に初めて1人で暮らす方などは、一度マンスリーマンションなどで体験してみるのも良いでしょう。

掃除が面倒

部屋が広ければ床拭きの面積は増えますし、部屋が多くなればその部屋ごとに掃除機をかけなければなりません。

平日の夜や土日でも掃除にまとまった時間が取れない、という方には2LDKは向いていないでしょう。

部屋に合わせて高い家具を揃えてしまいがち

一度2LDKに住み始めると複数人掛けのソファや大きめのダイニングテーブルなどの大物家具を買ってしまう方も多いのですが、やはり一人で使う分は限られています。

もともと倹約家だった人も設備が豪華な2LDKに引っ越したことで、基調を合わせるために高価な家具・家電を購入しはじめる人も多いです。

特に大物家具は今後狭い間取りに引っ越す場合に邪魔になってしまうため、購入する家具の必要性はよく考えた方が良いでしょう。

一人暮らしで2LDKに住む時の注意点

2LDK一部屋が狭くなる

一人で2LDKに住む際には必ず部屋の大きさを調べておきましょう。

というのも2LDKは複数人が快適に住むために間取りが設計されており、一部屋を大きくするよりもどれくらい部屋の数があるかが重視されているからです。

一般的な1K・1DKの倍の面積であれば部屋の広さを確保できますが、一人暮らしで住めるレベルの2LDKだと総面積が広くならないので、一部屋ごとの面積は1K以下になりがちです。

LDK=広いから快適、と考えるのではなく、きちんと部屋ごとの広さを確認しておきましょう。

動線が上手く敷けず不便

一人で2LDKに住む際には動線にも注意が必要です。

動線とは人が生活する上で必ず通るルートのことで、部屋のドアが増えるほど開け閉めの手間が増えていきます。

用途別に部屋を分けるのは一見合理的にも見えますが、きちんと動線を考えないと「洗濯するだけで毎回5枚以上ドアを開ける必要がある」といった場合になりかねません。

物件を探す際には便利に生活できるかどうか、もしっかりと考えておきましょう。

エアコンの数が足りないことが多い

一人で2LDKに住む際には必ず空調設備を確認しておきましょう。

一般的な2LDK住宅はエアコンが一台しか設置されておらず、結局エアコンがある部屋しか使わなくなる、というケースも多いからです。

賃貸物件であればエアコンを勝手に増設することはできませんし、工事不要のエアコンでも設置場所は限られます。

引っ越しが多い時期である3〜4月はエアコンを使わない人も多く、夏冬のことを忘れてしまいがちです。

2LDKの物件に住む前に、夏冬の空調は考えておいた方が良いでしょう。

一人暮らしで2LDKに住む前に確認すべきポイント

一人暮らしで2LDKはただ「暮らす」だけの目的には合わない

2LDKという広さは、一人で暮らす部屋としては大きすぎるのも確かです。

一人で2LDK暮らしを検討するべきなのは、フリーランスで仕事部屋が必要な方や音楽機材・動画編集機材などの設置が必要な方など、部屋を暮らし以外の目的でも利用する可能性がある人です。

近年ではリモートワーク需要が高まっていることもあり、公私で部屋を使い分けたい会社員も増加しています。

単純に広い部屋の生活に憧れて2LDKに引っ越すのは、経済的にかなりの負担がかかるので注意しましょう。

部屋の使い方を昼夜で分ける

一人で2LDKの部屋を使いこなすなら、昼と夜で使う部屋を分けて、インテリアや雰囲気を変えてみましょう。

寝室があればぐっすり眠るためのインテリアにこだわれますし、料理のにおいが寝具につくこともありません。

来客を案内することもあるリビングは白を基調にしたシックなデザインにして、寝室は薄い青やピンクなどを基調にして、暖かみのある照明を利用するなどの方法がおすすめです。

一人暮らしで2LDKに引っ越す前に目的を整理しよう

豪華な家に住むためだけが目的で2LDKに引っ越すのはおすすめできません。

部屋ごとの面積が狭くなる傾向にあるので、総面積が広くなっても、より快適に暮らせる保証はないからです。

部屋数が増える分、利用できる用途の幅は一気に増えます。自宅でこなせる作業が増えるのでフリーランスの方などには適した環境でしょう。

また、半同棲目的で広い部屋に暮らしたい方なども、2LDKに引っ越すのは理に適っています。

目的を整理した上で、予算も総合的に考えて再度検討しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

おすすめ・特集記事!

【2021年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイトおすすめランキング!33社を比較【2021年最新】
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…