TOP > 土地を高く売る > 土地売却のときに建っている売りアパートの処分はどうする?

土地売却のときに建っている売りアパートの処分はどうする?

【更新日】2018-10-15
このエントリーをはてなブックマークに追加
土地とアパート

土地の売却は、不動産売却のなかでもオーソドックスな取引です。

土地を売却するメリット・デメリットとは?

特に現在は、バブル期に資産運用目的で購入した土地を売るという人が増えています。

また、物件の価値が低下した場合は、更地にして土地を売ることが多いです。

築年数が経ったアパートなどは特に木の腐食などが起こっていやすいので、土地のみを売却したほうが早く売り手が見つかりやすいですよ。

この記事では、特にアパートの処分方法に焦点をあてて解説します。

更地にする前にアパート高額売却の事例もチェック!

はじめて不動産売買をおこなう方がまずチェックするのが、家、マンション、アパートといった不動産種別の相場です。

アパートの査定額はあまり高くなることがないので、土地だけの更地の状態にしてしまおうと早めに判断したくなる方も多いと思います。

しかし同じ築年数でも、マンションよりもアパートの査定額が高いこともよくあります。

築年数の経った物件でも意外と高値がつくことは多いので、まずは業者に査定を依頼してみましょう。

アパートの売却におすすめな無料一括査定

とはいえ、築年数の経ったアパートのような物件は、高評価をしてくれる業者のほうが少ないかもしれません。

不動産業者は日本に数万とありますが、それぞれ査定の方法が違い、業者によっては同じ物件でも300万円ほど算出額の違いが出るといわれています。

低い査定をする業者に仲介を依頼し、損をしないためには、一括査定サイトを利用してお得な仲介先を見逃さないことが重要です。

これは、簡単な物件の情報を入力するだけで複数の業者に査定を依頼できるサービスで、業者の宣伝料によって運営されているので、無料で利用ができます。

土地とアパートそれぞれの査定額を出すと判断がしやすいでしょう。

アパートの査定は一括でおこなうだけでは不十分?

一括査定サイトを利用して売却額を算出する方法は簡易査定(机上査定)といわれています。

過去の取引事例や周辺の土地相場を使った簡単な査定という意味です。

土地の場合は、国土交通省が決める地価が大きく影響するので、簡易査定でもある程度、実際の価格に近い値を算出できます。

しかし、物件の場合は実際にみてみないと性格な価格はわからないので注意しましょう。

特にアパートは木造のため劣化が早いので、特に調査が必要です。

訪問査定は費用がかかるため、何度も依頼できるわけではありませんが、まずは一括査定をおこなった上で業者を絞り込み、そのあとに調査を依頼するようにしましょう。

土地売却利益を高めよう!アパート処分の方法

アパートを処分するか、土地を一緒に売却するかは、売り手がどれくらいの規模の所有権を持っているかで変わります。

もし売り手が持っているのがアパートの一部屋であるなら、買い手は主に居住目的で利用したい方でしょう。

逆にまるごと一棟分のオーナーであれば、買い手は投資運用を目的に購入する方が多いと考えられます。

買い手の質はこれによって大きく異なりますし、販売活動の仕方も変わるということを知っておきましょう。

アパートを部屋単位で所有している場合

部屋単位で所有している場合、買い手は居住目的の方が多いでしょう。

もし、部屋の状態が良いのであれば売却すると利益になります。

また、相続したアパートの権利を兄弟などが分担して所有している場合もありますが、このときは所有者間で同意をした上で、土地ごと売ってしまうのがおすすめです。

ただ、この居住目的の買い手を探すのは時間がかかってしまうので、事前の対策をどこまでおこなえるかが大事になってきます。

また、物件の状態が悪い、部屋が狭いなど、売れたところで利益にならないような場合は、更地にして土地のみを売ったほうが良いことが多いです。

アパート一棟を所有している場合

アパート一棟を売りに出す場合は、買い手はある程度の高収入があることが予測されます。

税金を逃れるためであったり、賃貸収入を得るためであったりが購入の目的となるので、物件の状態がある程度良いことが求められます。

投資目的の買い手を見つけるのは居住目的よりも難しいので、専門の業者に仲介を依頼するようにしましょう。

ただ、専門業者はワンルームマンションの仲介のみを対象としているところも多いので、注意が必要です。

利用価値のないアパート・土地は早期売却がおすすめ

現在、不動産は購入する時点で売却益も考えておくべきだといわれています。

アパートや土地を投資目的で購入する人も多いでしょうが、投資で利益を得るのは非常に難しいです。

また、相続でもらった不動産をとりあえず所有しているというのも、税金がかかってしまうので損です。

長年所有している不動産には愛着がわくことも多く、処分するかどうかの判断は難しいですが、なるべく早期に売ってしまうのがおすすめです。

※土地査定・売却については、こちらで方法・流れ・コツなどを徹底解説しています!

土地を査定する流れ・ポイント!価格相場は?ネットから申し込める?

土地を高く売る方法!いらない土地は国や自治体に売却できるって本当?

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

土地売却にかかる時間はどれくらい?手続きはどのタイミングで始めるべき?
土地売却期間を短縮させるためには、トラブルの準備と防止を行いましょう。トラブルは、価格・要望・規則…
いらない田舎の土地を処分する方法!相続放棄より売却がお得?処分できない時の対処法はある?
いらない田舎の土地を相続してしまった場合、どう処分するのが正解なのでしょうか。今回は、土地の処分に…
土地を分筆して売却する方法と注意点をわかりやすく解説!
大きすぎる土地などは、分筆して売却するのがおすすめです。ただ、土地の分筆は失敗すると税負担が高くな…
土地を売る時の相場はいくら?価格の目安と売却時の値段を自分で調べる6つの方法
土地には、5つの評価額があります。このうち、売却時に参考になるの評価額は3つあります。これらは、一括…

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイトおすすめランキング!33社を比較【2021年最新】
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2021年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…