TOP > マンションを高く売る > ビル > ビルの売却相場を調べる3つの方法とおすすめサイトを紹介

ビルの売却相場を調べる3つの方法とおすすめサイトを紹介

【更新日】2019-02-12
このエントリーをはてなブックマークに追加
ビルの売却相場を調べる3つの方法とおすすめサイトを紹介

ビルを売りたいと思った時、まずやってほしいのが売却相場の調査です。

中古ビルには定価がないので、まず相場を調べてみないといくらで売れるかが分からず、果たして売って良いのかの判断も付きません。

そこで今回は、ビルの売却相場を調べる方法を初心者にも分かりやすく解説していきます!

事業用のビルを高く売るコツ・注意点!不動産会社選びが重要

ビルの売却相場を調べる3つの方法

ビル売却相場の調べ方は、大きく2つに分けられます。

  • 現在売り出し中のビルの価格から相場を算定する
  • 過去にビルが成約した事例を参考に相場を算定する

このようなやり方で相場を調べる方法は、3つあります。

  • 不動産ポータルサイトで売却価格をチェック
  • 収益物件専門サイトで売却価格をチェック
  • 国土交通省「土地総合情報システム」をチェック

ここからは、それぞれの方法を詳しく見ていきましょう。

不動産売却相場の調べ方を一挙公開!マンション・家・土地のタイプ別おすすめ方法は?

不動産ポータルサイトで売却価格をチェック

スーモやライフルホームズといったポータルサイトには、現在売り出し中の物件の価格や詳細データが掲載されています。

ビルの売買データ共有は会社の損益にも関わるのであまり大規模におこなわれませんが、at home(アットホーム)などは売りビルの情報を公開しています。

該当する地域の情報を検索すれば、その地域の売りビル情報を簡単にチェックすることができます。

あとは築年数、アクセス、間取りなどを比較して、相場のイメージを固めていきます。

アットホームで不動産売却査定!実際に利用した方の評判・口コミ

収益物件専門サイトで売却価格をチェック

アットホームとは違い、収益物件を専門で扱うサイトもあります。

楽待などが有名なこれらのサイトは、特に一棟ビルの売却相場を調べるのに適しています。

楽待のサイトを開くと、このように売り出し物件の検索画面が出てきます。

こちらに見たいタイプと都道府県などを選んで検索していきましょう。

すると、このように条件にあてはまるビルの情報が一覧で表示されます。

利回りや掲載日時が載っている分、アットホームよりも使い勝手が良いですね。

楽待で不動産売却査定!実際に利用した方の評判・口コミ

国土交通省「土地総合情報システム」をチェック

上の2つは現在売り出し中のビルの情報を参考に相場を調べる方法ですが、次は既に取引が完了した事例の成約価格を基に相場を調べる方法です。

土地総合情報システムは国土交通省が運営するデータベースで、直近5年間の全国の成約事例を調べることができます。

TOP画面にある黄色い「不動産取引価格情報検索」というところをクリックすればビルの過去の成約事例を調べることができます。

土地総合情報システムのメリットは、調べられるのが売り出し価格ではなく成約価格というところです。

売り出し価格は売り手の希望も考慮されて少し高めに売られることが多いですが、だんだん売れにくくなったり交渉されたりすればもっと低い価格で成約を結ぶようになります。

土地総合情報システムはこうした諸々の手続きを終えて、結果的にいくらで取引されたのかが分かるので、アットホームなどを参考にするよりは信憑性が高いです。

ビルの売却相場を調べる際の注意点

ここまでビルの売却相場の調べ方を3通り紹介しましたが、相場を調べる際には注意点もいくつかあります。

ここからは、ビルの売却相場を調べる際の注意点を解説していきます。

売り出し価格のまま成約するとは限らない

アットホームや楽待といったサイトを参考にする際に気を付けてほしいのが、この点です。

こうしたサイトに記載されているのは売り出し価格で、売主の希望も入って少々高めになっていることもあります。

この価格で無事売れるケースも多いですが、売れ残るとドンドン値下げをしていくようになります。

また、買主との価格交渉で向こうが大幅値下げを要求してきて、最大1割前後下がってしまうこともあります。

売り出し価格より成約価格が高いということはあまりなく、普通は時間が経つごとに価格がどんどん下がってしまいます。

こうしたことを考慮しつつ、相場を調べることが大切です。

築年数・間取りが一緒でも第一印象が異なる可能性がある

サイトの絞り込み検索で、売りたいビルと似たような間取り・築年数・アクセスの物件はすぐに見つけることができます。

しかし、気を付けてほしいのは不動産の価値は数字だけでは決まらないということです。

同じ条件のビルでも片方はキズが付き放題なら、成約状況は違ってくるでしょう。

不動産の価値は風通しや眺めの良さなど、機械で算出できない部分も含まれるということを考えておきましょう。

数年で周辺環境が変化したかも知れない

国土交通省の「土地総合情報システム」では、5年前の成約情報までを確認することができます。

ただ、今と数年前の地域環境が同じであるという保証はありません。

近くに施設が出来たり、道路の開通工事がおこなわれていたりすれば同じ条件のビルでも価格は変わってきます。

ここ数年で地域に大きな変化が起きた場合は念頭に置いておきましょう。

正確な売却価格は一括査定サイトで調べよう

ビルの売却相場はある程度自分でも調べることができますが、プロに中身をチェックしてもらわないと分からない部分もあります。

不動産会社に査定を依頼するために利用したいおすすめサービスが一括査定サイトです。

一括査定サイトは、簡単な物件情報を入力・送信するだけで最大6社以上に査定を依頼することのできる優れものです。

査定額を比較すれば最も高値を付けてくれた業者は一目瞭然なので、その会社に訪問調査を依頼するとスムーズですよ。

利用料も完全無料なので気軽にご利用ください!

※一括査定サイトの詳しい使い方はこちら!

不動産一括査定サイト33社を比較!2019年おすすめランキング

査定額は「これくらいで売れそう」という予測額

そもそも、査定額というのが何を指すか分かりますでしょうか?

査定額というのは、うちならこの金額で売れる!という意味合いの価格になります。

なので、不動産の評価額や目標価格といったものではないのです。

また、査定額というのは不動産会社によっても異なります。これは各社によって参考にするデータやビルの売却実績が異なるからです。

基本的には高値で査定してくれた業者と契約するのが、高値売却の近道となります。そのため、高く売りたいなら複数社の査定額を比較するのは必須でやらないといけないのです。

景気・トレンドも考慮して価格を付けてくれる

不動産会社は決まりきった計算式で査定額を計算しているわけではありません。

金融状況や市況、競合の売り出し価格なども考慮して査定をしていくので、十分”生きた価格”で信頼ができます。

自分で相場を調べる時よりも、踏み込んだ性格な値がわかるのです。

ビルの相場調査におすすめの査定サイトTOP3

ここからは、ビルの相場を調べる際に使うのがおすすめの一括査定サイトを3つほど紹介していきます。

どれも同じに見える一括査定サイトですが、それぞれ特徴があります。

用途に合わせてサイトを選べば、十分な効果を期待できますよ!

すまいValue

すまいValueは、こちらの6社が共同で運営するサイトです。

  • 三井不動産リアルティ(三井のリハウス)
  • 住友不動産販売
  • 東急リバブル
  • 小田急不動産
  • 野村不動産アーバンネット
  • 三菱地所ハウスネット

日本を代表する実績を持つ6社に査定を依頼し、比較できるのが大きなメリットです。

一括査定サイトのデメリットである情報流出やしつこい営業電話がないですし、誤って悪徳業者に申し込むリスクもないので安心して利用できます。

大手重視で業者選びをしている方には利用をおすすめします。

すまいvalueで不動産売却査定!実際に利用した方の評判・口コミ

HOME4U

HOME4UはすまいValueとは違って大小合わせて1000社の業者が登録されており、一括で査定依頼ができるのが強みです。

通常こうしたサイトは情報流出のリスクがありますが、HOME4UはNTTグループが運営しており、プライバシーマーク認定を受けている数少ないサイトでもあるので、安心して利用できます。

home4uで不動産売却査定!実際に利用した方の評判・口コミ

ライフルホームズ

ライフルホームズもHOME4Uと同じく、約1000社の登録会社に査定を依頼することができます。

HOME4Uと違うのは、匿名で査定申込ができるところや区分オフィス(マンション1室)の査定ができるところでしょう。

最初に匿名査定で相場のイメージをつかみ、ある程度納得したら個人情報を業者に共有して手続きを進めていくのも一つの手です。

ライフルホームズで不動産売却査定!実際に利用した方の評判・口コミ

ビルの相場がイメージできたら業者選びを進めていこう!

ここまでビルの売却相場の調べ方と査定の内容について解説しましたが、あくまで最初に相場を調べて、その後に査定依頼をすることをおすすめします。

一括査定サイトの登録業者の中には、査定額を相場の1~2割ほどにつり上げて契約を取ろうとする業者も存在します。

こうした業者を排除する上でも、事前の相場調査は重要なのです。

段階を踏んで手続きをすすめ、最低限の不動産知識を取り入れていきましょう!

ビル売却の注意点を分かりやすく解説!はじめて売る方は要確認!
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

ビル査定は無料と有料の2種類!無料査定のメリットと注意点
ビルの査定は無料と有料の2種類があります。どちらがおすすめなのか、詳しく解説していきます。
ビルを売却したら敷金は貸主に返還する?オーナーチェンジ後に引き継ぐ?
ビル売却時に敷金の扱いはどうなるのでしょうか?今回は、意外と知らない敷金の処理方法を分かりやすく解…
相続したビルを売却したい!相続税と消費税に注意
相続したビルを売る時は、通常のビル売却と少し違う手順になります。今回は、相続したビルを売る方法や、…
ビルの査定方法を徹底解説!価格の決まり方とおすすめ査定サイト
ビル査定の方法を徹底解説!価格を算出する方法「収益還元法」からおすすめの査定サイトまで詳しく紹介し…

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイトおすすめランキング!33社を比較【2021年最新】
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2021年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…