TOP > 不動産売却 > おすすめの不動産売却業者とは?不動産売却に強い業者を選ぶ方法と評判の良い優良業者を厳選

おすすめの不動産売却業者とは?不動産売却に強い業者を選ぶ方法と評判の良い優良業者を厳選

【更新日】2024-02-21
このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめの不動産売却業者
本ページにはPRリンクが含まれます。
当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者から委託を受け広告収益を得て運営しております。

不動産売却の成功のためには信頼できる仲介業者を選ぶこと必要です。

物件を売るときよりも、行うべき作業や手続きが多いので、人柄が良いだけでなく、しっかりとした実績がある業者を選ぶようにしましょう。

また以下は、公益社団法人不動産流通推進センターが公表している「2023年の不動産仲介の取扱高や手数料収入(2023年9月発表)」を基に作成した取扱高、仲介件数の一覧表です。

不動産会社名 取引高(百万円) 仲介件数(件) 手数料収入(百万円) 手数料率(%) 店舗数
三井のリハウス 1,918,415 39,106 91,047 4.75% 291
東急リバブル 1,821,310 29,577 82,644 4.54% 206
住友不動産販売 1,396,127 34,906 72,549 5.20% 249
野村不動産グループ 1,060,313 9,985 45,257 4.27% 98
センチュリー21 682,751 27,009 32,290 4.73% 1,008
三井住友トラスト不動産 566,112 8,128 24,981 4.41% 68
三菱UFJ不動産販売 499,669 4,341 21,159 4.23% 49
みずほ不動産販売 451,618 3,815 18,834 4.17% 35
積水ハウス不動産グループ 262,605 7,075 12,339 4.70% 108
住友林業ホームサービス 191,716 4,495 8,484 4.43% 44

参照:2023年の不動産仲介の取扱高や手数料収入(2023年9月発表)より

この記事では、不動産売却における仲介業者選びのポイントを解説していきます。

不動産売却とは?不動産を売るなら読むべき鉄則

不動産売却において不動産会社選びが重要な理由

不動産売却を成功に導く上で、不動産会社の選択は極めて重要です。

不動産売却において不動産会社選びが重要な理由

不動産の権利関係は非常に複雑で、特に初めて売却を行う人にとっては、扱いが難しいものです。
多くの場合、不動産は相続を通じて手に入れることが多く、相続の経緯や他の相続人の有無を正確に理解しておく必要があります。
さらに、不動産はその性質上、地続きであるため境界線が曖昧になりがちで、これを明確にするためには測量や地史調査が必要です。
しかしながら、これらの調査は近隣住民の協力なしには実施が難しいため、単に手続きを進めるだけでなく、対人関係のスキルも問われることから人柄や専門性を兼ね備えたスタッフがいる不動産会社を選ぶことが、売却プロセスにおいてスムーズに事を進める上で重要

【図解】土地売却の流れは10ステップ!手続きの手順を分かりやすく解説

適切な不動産会社を選ぶことによって、売却に関する不安や疑問を解消し、信頼できるパートナーとして売却活動を進めることができるのです。

不動産売却のニーズに合わせて適切な対応・プランを対案してくれるかをイメージする

不動産売却のプロセスは予測不可能な課題が発生することがあり、その際には迅速かつ適切なサポートを提供してくれる仲介業者の存在が不可欠です。

例えば、土地売却においては、以下のようなケースに遭遇する可能性が高いです。

土地売却で遭遇しやすいケース

  • 地質汚染の調査要求
  • 既存建物の解体

など、予期せぬコストが発生するケースがあります。

これらの状況下で、仲介業者がいかにして売主の立場に立ち、利益を最大化する方策を提案できるかが重要となります。

売却プランの例【建物を解体して更地にして売る場合】

建物の解体が必要となったときに発生する費用対効果や、更地にすることでどのように高額売却が見込めるのかについて詳細な説明を持って売却プランを提案するパターン

などといったように、このような状況では、仲介業者が持つ専門知識や経験、そして市場での売却戦略を熟知しているかが、売却成功の鍵を握ります。

また、売却プロセス中に発生する可能性のある様々な問題に対して、いかに迅速に対応し、適切な解決策を提案できるかも重要です。

売主が直面するかもしれない不安や疑問に対して、耳を傾け、理解し、そして対応策を提案することができる業者であれば、土壇場でのサポートも期待できます。

【2024年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?

不動産売却におすすめ!高い評判の人気不動産会社ランキング

不動産売却をどこに依頼すれば良いか迷う方は多いでしょう。

確かに、こちらのような仲介売買利用におすすめの不動産会社ランキングというのは多数ありますが、不動産売却に特化したランキングはなかなかお目にかかることができません。

【2024年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?

そこで今回は、利用者から高い評判を得ている不動産売却におすすめの仲介業者をランキング形式で紹介していきます!

1位:三井不動産リアルティ

三井のリハウス

三井不動産リアルティは、日本の不動産売買仲介業界において最大手の地位を占める企業であり、三井不動産の子会社としてその名を馳せています。

同社の最大の特徴の一つは、その圧倒的な売買仲介取扱件数であり、37年連続で全国売買仲介取扱件数の第1位を誇っています。

これは、三井不動産リアルティが提供する質の高いサービスと、地域に密着した運営によるものと言えるでしょう。

また、三井不動産リアルティは、取引の安全性と信頼性に大きく注力しています。

物件の現地調査は細部にわたり徹底され、すべての担当者が宅地建物取引士であることを義務付けています。

これにより、顧客は安心して取引を任せることができます。

さらに、同社はお引渡し後のサポートも充実しており、一定期間内の設備や建物の補修費用に関しては、最大500万円までを負担してくれるサービスを提供しています。

これは、顧客の満足度を高めるためのもう一つの重要な要素であり、三井不動産リアルティの強みとなっています。

会社名 三井不動産リアルティ株式会社
本社所在地 東京都千代田区霞が関3丁目2番5号
設立 昭和44年7月15日
代表番号 03-6758-4060

2位:東急リバブル

東急リバブル

東急リバブルは、以下3種類の土地保証サービスがあります。

  • 埋没物撤去保証
  • 地盤調査保証
  • 擁壁調査保証

こちら3種類の土地保証サービスを利用すれば、買主に安全性を証明することができ、高く早く売れやすくなります。

また、擁壁調査は新築物件を建てる上で必須となる手続きですが、これも東急リバブルが済ませてくれるので、買主に喜ばれること間違いなしですよ!

東急沿線以外にも全国に174の店舗を構えているので、こちらも地方で利用しやすい業者です。

東急リバブルの評判・口コミは?不動産売却・査定のメリット・デメリットや仲介手数料について解説
会社名 東急リバブル株式会社
本社所在地 東京都渋谷区道玄坂1丁目9番5号
設立 1972年3月10日
代表番号 -
東急リバブル

3位:住友不動産販売

住友不動産販売

住友不動産販売は三井のリハウスに次ぐ業界2位の不動産仲介業者ですが、土地売却のサービスはむしろ三井のリハウスよりも充実している感があります。

住友不動産販売が提供している不動産売却関連サービスは、例えば以下のようなものが挙げられます。

  • 相続税の立て替え
  • 買い替え時の購入費立て替え
  • 瑕疵保証
  • 宅地の測量
  • 相続診断
  • 買取保証
  • 土地調査(有償)
  • 仲介手数料の値引き特典

建物の売買ならさまざまなサポートを付けているところも多いですが、土地売却に対してここまで多様なサービスを付けていることは少ないです。

全国に264店舗設けているので、地方に住む方でも利用しやすいですよ!

住友不動産販売の評判・口コミは?不動産売却・査定を依頼するメリットとかかる費用について徹底解説

会社名 住友不動産販売株式会社
本社所在地 東京都新宿区西新宿二丁目4番1号
設立 1969年7月15日
代表番号 -

住友不動産販売の口コミ・評判

住友不動産販売はサービスがかなり多くついてくるので、トータルで費用をかなり削減することが出来ました。
高く売るだけに目が行きがちでしたが、売却だけでなくその周囲までフォローしてくれるのでおすすめです。(45歳 男性)
使い道がなくどうするか迷っていた土地を売却する際に相談させてもらったのが住友不動産販売です。
遠方にある土地のため何度も往復する事は出来ませんでしたが、住友不動産販売の担当者が親身に対応してくれたので、簡単に売却できました。(57歳 男性)
担当者の顔が見える。
住友不動産販売は、売却物件を掲載する際に担当者の顔写真とコメントが付いているので、透明性を感じます。
インターネットを通して担当者を選ぶことも出来るので、信頼できそうな担当者に依頼することが出来ます。(66歳 女性)

4位:野村不動産

野村の仲介+(PLUS)

野村不動産は、野村不動産グループの総合力を背景に、個人向けの仲介サービス「野村の仲介+」を提供しています。

このサービスは、同社の強力な外部ネットワークと社内ネットワークを活用し、顧客に対して独自の不動産売買体験を提供しています。

特筆すべきは、野村の仲介+が提供する物件ページのアクセス状況の透明性です。

顧客は、自らの物件がどの程度の関心を集めているかをリアルタイムで把握することができ、これにより売却戦略をより効果的に立てることが可能です。

この透明性は、顧客の安心感を高め、より満足度の高いサービス提供に寄与しています。

また、野村の仲介+は顧客マッチングシステムを採用しており、見込顧客や紹介顧客情報を常時更新し、効率的なアプローチを実現しています。

このシステムは、売却物件と潜在的な購入者との間で最適なマッチングを促進することにより、売却活動をより迅速かつスムーズに進めることを可能にします。

会社名 野村不動産ソリューションズ株式会社
本社所在地 東京都新宿区西新宿1丁目26番2号
設立 1957年4月15日
代表番号

5位:センチュリー21

センチュリー21

センチュリー21は、世界最大級のネットワークを持つ不動産フランチャイズ企業として知られています。

フランチャイズ経営の大手として、この会社は世界中に広がる強固なネットワークを持ち、日本国内においても約1,000店舗近くの強力なネットワークを有しています。

この広範なネットワークは、顧客にとってアクセスしやすく、多様な不動産サービスを提供する大きな魅力となっています。

また、センチュリー21は査定サービスにおいても柔軟なオプションを提供しています。

相場把握のための査定から、値段に応じた売却、迅速な売却を望む顧客向けのオプション、即現金化を求めるケースまで、様々な顧客のニーズに応じた4つの異なるコースを選択できます。

この多様な選択肢は、顧客のさまざまな要望に対応するためのセンチュリー21の柔軟なアプローチを示しています。

会社名 株式会社センチュリー21・ジャパン
本社所在地 東京都港区北青山2-12-16
設立 昭和58年10月21日
代表番号 03-3497-0021

6位:三井住友トラスト不動産

三井住友トラスト不動産

三井住友トラスト不動産は、三井住友信託銀行系列に属する不動産会社で、その経営基盤の強さが業界内でも特筆されています。

業界6位の取扱高を誇り、その実績からも同社の信頼性と安定した業務運営が伺えます。

特に、戸建てとマンションの売買に関する顧客満足度が高く、利用者からの評価も非常に高いことが特徴的です。

三井住友トラスト不動産の大きな強みの一つは、高い専門性を持つスタッフの存在です。

担当者の98%が宅地建物取引士の資格を保有しており、これにより顧客は信頼できるプロフェッショナルによるサービスを受けることができます。

この高い専門性は、顧客に安心感を提供し、不動産取引の質を高める要因となっています。

しかし、三井住友トラスト不動産は事故物件や底地など、特定の売却困難な物件の取り扱いを行っていないこともあります。

これは、同社のサービス範囲に一定の制限があることを意味します。

また、店舗数が71と限定的であり、特定の地域にサービスが集中しているため、対応エリア外の顧客には利用の機会が限られることに注意が必要です。

会社名 三井住友トラスト不動産株式会社
本社所在地 東京都千代田区神田錦町3-11-1
設立 昭和61年1月
代表番号

7位:三菱UFJ不動産

三菱UFJ不動産販売

三菱UFJ不動産販売は、日本を代表する総合金融グループである三菱UFJフィナンシャル・グループの一員として、不動産業界において独自の地位を確立しています。

同社は、宅地建物取引士の保有率が99.8%という圧倒的な専門性を誇り、これが高品質なサービスの提供に直結しています。

三菱UFJ不動産販売の最大の特徴は、その広範なネットワークを生かした売却活動サポートです。

同社は、グループの関連企業200社以上に物件の紹介を行うなど、強固なネットワークを活用した独自の売却戦略を展開しており、これにより物件が高く早く売れる可能性が高まります。

また、デジタル技術の活用にも積極的で、バーチャルオープンハウスや3Dウォークスルー動画などを通じて、オンラインでの物件内覧を可能にしています。

このサービスは特に新型コロナウイルスの影響下での不動産市場において、物件の情報流通を支える重要な役割を果たしています。

さらに、三菱UFJ不動産販売は、トータルサポートやハウスクリーニングなどのアフターサービスも充実しており、顧客に対する手厚いサポートを提供しています。

これらのサービスは、顧客に安心感を与え、より良い取引経験を提供するためのものです。

会社名 三菱UFJ不動産販売株式会社
本社所在地 東京都千代田区神田神保町2-1
設立 昭和63年6月
代表番号

8位:みずほ不動産販売

みずほ不動産販売

みずほ不動産販売は、銀行としての知名度を背景に、不動産仲介業界において独自の地位を築いています。

信託銀行のDNAを継承し、フィデューシャリー・デューティー(顧客の利益を最優先する義務)の実践に努めているのが同社の大きな特徴です。

これは、顧客に対して信頼性の高いサービスを提供する基盤となっています。

みずほ不動産販売の特徴の一つは、経験豊富な不動産のプロフェッショナルが提供する豊富なサポートです。

全国に店舗数は限られているものの、仲介件数は4,000件近くに上り、これは同社のサービスの質の高さを示しています。

売却だけでなく、購入や買い替え、投資に至るまで、幅広い不動産取引に関してトータルサポートを提供しています。

また、みずほフィナンシャルグループ各社との連携を通じて、顧客に安心感を提供しています。

これにより、顧客は信頼のおけるグループ企業のネットワークを活用したサービスを享受できるという利点があります。

会社名 みずほ不動産販売株式会社
本社所在地 東京都中央区日本橋1-3-13
設立 昭和61年7月
代表番号 03-5200-1610

9位:積水ハウス不動産

積水ハウス不動産グループ

積水ハウス不動産は、全国に100拠点以上の広範なネットワークを有し、積水ハウスグループの総合力を活かした迅速かつ多様な不動産サービスを提供しています。

そのサービスは、主に積水ハウス施工の住宅に特化しており、これらの物件については評価アップや保証付加などの特別な売却プランが可能です。

さらに、物件に応じた買取システムも用意されているため、急いでいる顧客にとっても魅力的なオプションを提供しています。

積水ハウス不動産は、売却だけでなく、資産運用としての相談にも応じており、多方面での活用が可能です。

同社の仲介実績は業界10位となっており、顧客満足度では、特に土地売却において高い評価を受けています。

これは、積水ハウスの幅広いエリアカバレッジと、住宅に関する包括的な専門知識に裏打ちされたものです。

また、積水ハウスグループが運営する「SUMU-SITE」サービスを通じて、積水ハウス施工の物件は特別なサービス、「スムストック査定」を含む手厚いサポートを受けられます。

これにより、積水ハウスの物件を所有する顧客にとっては、非常に有利な売却条件が提供されます。

会社名 積水ハウス不動産ホールディングス株式会社
本社所在地 大阪市北区大淀中1-1-30
設立 令和3年11月1日
代表番号

10位:住友林業ホームサービス

住友林業ホームサービス

住友林業ホームサービスは、その高い顧客満足度と幅広い物件種別への対応力で知られる不動産会社です。

2023年度には、オリコン顧客満足度ランキングで、マンション売却及び戸建て売却の両カテゴリーにおいてトップの評価を獲得しました。

特に戸建て住宅の売買に関しては、同社の専門性が高く評価されています。

顧客のニーズに応じて、仲介売却と自社買取の二つの売却方法を選択できる柔軟性も、同社が支持される理由の一つです。

加えて、売却後1年間の住宅設備の欠陥や故障に対する「あんしん保証付仲介システム」は、売主はもちろん、購入者にも安心を提供します。

会社名 住友林業ホームサービス株式会社
本社所在地 東京都新宿区西新宿3-2-11
設立 昭和39年9月1日
代表番号 03-5381-7921

番外:ピタットハウス

ピタットハウス

ピタットハウスは全国の系列店対抗で接客コンテストをおこっているなど、担当者の対応に定評がある不動産会社です。

相場の低い郊外の不動産は取り扱っていないという不動産会社も多くありますが、ピタットハウスは全国に600店舗以上を構えているので、他の業者に断られてもピタットハウス加盟店なら契約してくれる可能性が高いです。

ただ、フランチャイズ業者ということもあり、他の大手業者が提供しているような検査・保証サービスがない店舗も多々あります。これに関しては注意が必要です。

ピタットハウスの評判・口コミは?不動産売却・査定のメリット・デメリットや仲介手数料について解説
会社名 ピタットハウスネットワーク株式会社
本社所在地 東京都中央区日本橋3-4-10
スターツ八重洲中央ビル2階
設立 2000年6月
代表番号 -

ピタットハウスの口コミ・評判

築年数40年以上物件で、売却は難しいかなと考えていましたが、ネットで大規模に宣伝をしていただき、すぐに売却先を見つけることが出来ました。
ピタットハウスは、ネットでの宣伝が上手いため売却先がすぐに見つかるのでおすすめです。(56歳 男性)
ピタットハ・ウ・スのCMソングでお馴染みのピタットハウスはかふぇのような落ち着いた雰囲気で相談をすることが出来ます。
店舗が綺麗で担当者も親切だったので、次回利用する際もピタットハウスさんに世話になろうと思います。(44歳 女性)
離婚を切っ掛けに家を売却することになりました。
家を売却する際は様々な手続きがあるしとても面倒だと思っていましたが、ピタットハウスの担当者が順序良く進めてくれたので、早く完結することができました。とても感謝しています。(44歳 男性)

【不動産プラザチョイス】不動産売却におすすめの不動産会社を紹介

サプライズコンシェルジュ

いえうるん

サプライズコンシェルジュは、不動産業界初の成約課金型不動産売却マッチングサービス「いえうるん」を提供している企業です。

いえうるんは、愛知県の不動産を中心に取り扱っており、2022年には愛知県の不動産売却サービスとして「サポート満足度」「口コミ満足度」「高く売りたい人におすすめの不動産売却サービス」として3冠を獲得しています。

愛知県の不動産売却で困った人は、まずは気軽に相談をしてみてください。

会社名 株式会社サプライズコンシェルジュ
本社所在地 〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦三丁目11-25
アーク栄錦ニュービジネスビル518号室
設立 2020年9月1日
代表番号 052-265-9953
公式ページ https://surprise-concierge.co.jp/

トレファク不動産

トレファク不動産

トレファク不動産は、総合リユースを行うトレファクグループが提供する不動産のトータルサポート会社です。

家財整理から不動産売却までワンストップで依頼することができ、リユース事業でのノウハウを活かして不動産の売買や不用品買取や残置物整理などをサポートしてくれます。

賃貸管理も依頼することができ、トレファクグループが提供しているトレファク引越や、遺品・生前整理サービスRegacyと連携して不動産に纏わる様々なニーズに応えることができます。

会社名 株式会社トレジャー・ファクトリー
本社所在地 〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町3 大東ビル2F
設立 1995年5月25日
代表番号 03-3880-8822

トレファク不動産の口コミ・評判

実家の売買に伴う、物の整理や片付けをトレファクにお願いしました。
不動産会社に実家に残っていたものの売買や運搬を頼めたので、複数社に連絡する手間が省けて助かりました。(53歳 男性)

家の購入時に利用したのですが、こちらの好みを把握してピッタリの物件を紹介していただけました。
系列を合わせて設備も揃えていただけたので、快適に住むことができています。
連絡も定期的にくださり、疑問点が解消できました。(43歳 女性)

とても親身になって対応してもらえたので、急な不動産売買でも問題なく終えられました。
引っ越しもトレファクに依頼しましたが、任せてよかったと思える対応でした。(36歳 男性)

不動産売却におすすめの不動産会社を利用するメリット

不動産売却におすすめの不動産会社を選ぶメリットとしては、次の4つが挙げられます。

不動産売却におすすめの不動産会社を利用するメリット

  • 不動産を高額で売却しやすい
  • 不動産を早く売却しやすい
  • 売主の利益を優先してくれる
  • 売却に関する知識がなくても不動産売却が行える

信頼できる不動産会社を選ぶことで、売却金額が高くなったり、早く売却できたりするので確認しておきましょう。

以下にそれぞれのメリットを解説します。

不動産を高額で売却しやすい

不動産を高額で売却することは、多くの売主にとって最優先事項です。

この目標を達成する鍵は、適切な不動産会社の選択にあります。

不動産売却を依頼する不動産会社の特徴

  • 売却経験と高い販売実績を持っている
  • 蓄積してきた市場知識とノウハウを活用して売却ニーズに適ったプランを提案してくれる
  • 特定の物件種別・エリアにて高い成約実績を残している

これらの特徴が当てはまる専門的な不動産会社は、売却物件の価値を最大限に引き出すための戦略を立て、物件の魅力を最大限にアピールするためのマーケティング技術を駆使します。

不動産売却の実績が高い会社が持つスキル

  • 物件の魅力を最大限アピールできるプレゼン力
  • ターゲット市場への適切な露出
  • 交渉の過程で最良の条件を引き出す能力

また、不動産会社は物件の価値を見極め、市場動向を踏まえた上で、最も有利な売却価格を設定するためのアドバイスを提供します。

売却プロセス全体を通じて、経験豊かな不動産会社が提供する専門的な支援は、売主が直面するであろう様々な課題や不安を軽減し、売却に関する意思決定を容易にします。

高額売却の可能性を最大化するためには、市場の深い理解、適切な価格設定、そして効果的な販売戦略が不可欠です。

これらを提供できる不動産会社を選ぶことで、売却希望者は自身の不動産を市場価格以上で売却するという望みを実現することがより確実になります

不動産を早く売却しやすい

不動産を早く売却することは、多くの売却希望者にとって重要な目標の一つです。

この目標を達成するためには、高値で不動産を売却するとき同様、適切な不動産会社の選択が非常に重要になります。

早期売却を得意とする不動産会社の特徴

実績豊富な不動産会社は、効果的な販売戦略と広範な広告活動を通じて、短期間での売却を実現する可能性を高めます。
売却期間が短縮されることは、最終的な売却価格にも好影響を与えるため、価格と時間の両方で最適な結果を求める売主にとって、選択肢の一つとなり得ます。

最も不動産会社の選択においては、その会社がどのようにして購入希望者を効率良く集め、短期間での売却につなげるかが鍵となります。

前述したように、販売実績の高い会社は、多様なマーケティング手法やネットワークを駆使して、潜在的な購入者に物件を迅速に紹介できる能力を持っています。

また、市場動向を正確に把握し、物件の価値を適切に評価することで、魅力的な売り出し価格を設定し、早期売却に繋げています。

不動産の売却期間は、物件が市場に長く露出しているほど、売却価格が低下する傾向にあります。

そのため、売却を迅速に進めることは、売却価格を維持、あるいは価値を最大化する上で非常に重要です。

適切な不動産会社を選択することで、売主は売却プロセスをスムーズに進めることができ、不動産を市場の状況に最も適した条件で、かつ迅速に売却に繋がります。

売主の利益を優先してくれる

不動産売却のプロセスは、売主にとって多くの不確実性を伴います。

この不確実性を最小限に抑え、売主の利益を最大化するためには、信頼できる不動産会社との協力が不可欠です。

信頼できる不動産会社を選択することで得られる最大のメリットは、売主の利益を優先してくれるという点にあります。

これは、売主の希望や条件を最優先に考え、最適な売却戦略を立案・実行してくれることを意味します。

とはいえ、不動産市場には様々な業者が存在し、中には短期間での利益追求を優先するなど、売主の利益を二の次にしてしまうケースもあります。

これに対して、売主の利益を最優先に考える不動産会社には、以下のような特徴がみられます。

売主の利益を最優先に考える不動産会社の特徴

  • 売却価格の最大化
  • 売却期間の短縮
  • 必要な手続きのサポートといった全方位から売主を支援

こうした不動産会社は、売却プロセス全体を通じて適切なアドバイスを提供し、売主が直面する可能性のある問題を予防または解決します。

さらに、売主の希望を実現するための細かな配慮や工夫を欠かさず、売却物件の価値を正確に評価し、適切な市場価格での売却を目指します。

これにより、本来相場よりも高く売れる可能性がある不動産が不当に低い価格で売却されるリスクを避けることができます。

売却に関する知識がなくても不動産売却が行える

不動産を売却する際、特に初めての経験である場合、多くの売主はプロセスの複雑さや必要な知識の多さに圧倒されがちです。

このような状況下で売主の利益を最大限に守り、有利な取引を実現するためには、売主の側に立ってくれる不動産会社の選択が極めて重要です。

適切な不動産会社は、売主が不動産売却の知識がなくても安心してプロセスを進められるようにサポートします。

経験豊富な不動産会社が提供してくれる専門的な知識

  • 不動産市場の動向
  • 価格設定の戦略
  • 効果的な広告手法

など、売却活動に必要なあらゆる面で役に立つ有益な専門的な知識を提供してくれます。

さらに、不動産売却における法律的な手続きや必要書類の準備、税金の問題など、売主が直面する可能性のある様々な課題についても、正確かつ詳細なアドバイスを行います。

これにより、売主は不安や疑問を持つことなく、スムーズに売却活動を進めることができます。

不動産売却を依頼するなら大手と地元の中小業者のどちらに依頼する?

最初に目につくのはどうしても大手の不動産会社が多いですが、地方には地域密着型の中小有料業者も多数存在します。

これら業者はそれぞれメリットがあるので、必ずしも大手と契約すれば良いわけではありません。

【比較項目】 大手 地元中小
おすすめエリア 都市部・住宅地 地方・郊外
売却活動のコスト 高い 低い
おすすめエリア 都市部・住宅地 地方・郊外
売却活動のコスト 高い 低い
集客力 高い 低い
ネットを使った宣伝 不得意 得意
不動産タイプごとの実績 タイプに関わらず平均的 得意・不得意がはっきりしている
地域の情報 持っていない 独自情報を持っている
担当者の対応 比較的ドライ 親身になってくれる
囲い込みの危険性
最新の市場動向 対応 未対応なことも多い
検査・保証 しっかりしている 対応が不十分な場合もある

大手業者は前述のような保証サービスを提供している一方、担当者が転勤してきたばかりで地縁がなかったり、1人が抱える案件が多すぎてなかなか対応してくれなかったりします。

一方、地方の中小は大手のような充実したサービスはないですが、地域について知り尽くしているので信頼して自分の不動産を委ねることができます。

このように、大手と中小はどちらが良いというわけではありません。むしろフラットな目線で2種類を比較するようにしましょう。

不動産売却を依頼するならどこがいい?大手・地元中小の良さや違い・売却実績が高い不動産会社を10社紹介

大手不動産会社の特徴

ここからは、先の表から伺える大手不動産会社の特徴を3項目にまとめて、1つずつ解説して行きます。

他社にはない充実した売却サービスを提供している

大手不動産会社が提供する売却サービスは、その規模と蓄積された経験に基づき、他社とは一線を画す充実した内容を持っています。

独自のサービスを提供している大手不動産会社
大手不動産会社 提供している代表的な付帯・サポートサービス
三井のリハウス ・設備チェック&サポートサービス
・建物チェック&サポートサービス
・買取サポートシステムなど
住友不動産販売 ・ステップエスコート
(建物補修・整備補修・戸建てクリーンなど)
東急リバブル東急リバブル ・建物保証
・住宅設備保証住宅設備保証
・リバブル売却保証など

これらの会社は、不動産売却の初期段階である価格査定から、最終的な売却成約に至るまでのプロセス全体を、専門知識と豊富な実績を背景にサポートします。

特に、自社が持つ独自のネットワークと情報資源を駆使することで、売主にとって有利な条件での高値売却を実現する能力が特徴です。

これらの大手不動産会社は、広範囲にわたる顧客層との関係性、市場動向に関する深い洞察、そして緻密なデータベースを用いて、各顧客の具体的なニーズに合わせた売却戦略を提案します。

このプロセスには、ターゲット市場の選定、物件の価値を最大化するためのマーケティング戦略、そして適切な販売チャネルの選択が含まれ、結果として売却活動を効率的かつスムーズに進められます。

宣伝・営業力が高い

大手不動産会社が持つ宣伝力と営業力は、不動産売却において非常に重要な役割を果たします。

宣伝・営業力がある不動産会社の特徴

これらの会社は、大規模なマーケティング予算と戦略的な広報活動を駆使することで、広範囲にわたるネットワークを通じて物件情報を迅速かつ効率的に広める能力を持っています。
この結果、物件の露出度が大幅に向上し、潜在的な購入者へのリーチが拡大します。

また、大手不動産会社の営業力は、そのブランドの信頼性と専門性に裏打ちされています。

特に専門知識を持つ営業スタッフは、顧客一人ひとりのニーズを的確に把握し、それに基づいた適切な提案を行うことで、顧客からの信頼を得ています

この信頼関係は、高い成約率を生み出し、さらには顧客満足度の向上にもつながります。

組織的対応ができる

大手不動産会社が提供するサービスの中で、組織的対応の可能性は特に重要な利点の一つです。

これは、不動産売買、賃貸管理、さらにはアフターサービスに至るまで、顧客の多岐にわたるニーズに対して、一元的かつ専門的なサポートを提供できる能力を意味します。

大手企業では、異なる専門分野の部署やスペシャリストが密接に連携し、各不動産取引の特性に応じた最適な解決策を迅速に提案し、実行に移すことができます。

この組織的対応の背景には、広範な業務知識と高度な専門性があります。

組織的対応が取れる不動産会社の組織体制

不動産市場の最新動向、法律、税務に至るまで、広い範囲の知識を持つスタッフが在籍しており、これにより、顧客は売却、購入、管理といった様々な段階で一貫して高品質なサービスを受けることができます。

また、内部教育と人材育成に対する投資も大手企業の特徴です。

継続的な研修プログラムやキャリア開発支援を通じて、スタッフは常に最新の知識とスキルを身に付けています。

これは、顧客サービスの質を一貫して高める上で重要であり、顧客が遭遇する可能性のある問題に対して、より専門的かつ効果的なアドバイスを提供できるようにします。

中小の不動産会社の特徴

ここからは、先の表から伺える中小の不動産会社の特徴を3項目にまとめて、1つずつ解説して行きます。

地域に根差した営業・情報を持っている

中小の不動産会社が持つ最大の強みの一つは、その地域に深く根差した営業活動と情報の提供です。

地域に根差した営業活動・情報の提供を行っている不動産会社の特徴

  • 地域の特性や物件の背景、エリアの評判に詳しい
  • 近隣住民の動向やその土地ならではの詳細な情報に詳しい

長年にわたる地域内での活動を通じて築かれた深い理解と知識は、顧客が必要とする具体的かつ貴重な情報を提供する基盤となります。

地域に密着した不動産会社は、顧客に対して、ただ物件を紹介するだけではなく、そのエリアの生活環境や将来性、地域コミュニティーの特色といった、生活全般にわたるアドバイスを提供してくれます。

これにより、顧客は単に不動産を購入、または売却するだけでなく、その地域での暮らしの質や満足度を向上させる選択をすることができます。

中小規模の不動産会社が持つ地元のネットワークを駆使するメリット

特定エリアの新しい物件情報や市場動向の把握ができます。
この情報の迅速性は、不動産市場が活発なエリアにおいて、顧客にとって大きな利点となります。
地域の不動産市場に精通した中小企業は、顧客に対して、市場に出る前の物件情報や、他では得られない独自の取引機会を提供できる。

状況に応じて適切な対応を取ってくれる

中小の不動産会社は、その柔軟性と顧客へのきめ細かい対応で知られています。

これらの企業は顧客一人ひとりの具体的なニーズや状況を深く理解し、それに応じた最適なサービスを提供する能力に優れています。

中小規模の不動産会社が顧客ニーズに合わせて柔軟な対応が取れる理由

中小企業の組織構造に起因します。
比較的階層が少なく、意思決定プロセスが迅速であるため、顧客の要望に対して素早く、かつ効果的に対応することが可能です。
例えば、特定の売却期間内での急速な売却が必要な場合や、物件の特殊な条件下での購入希望者への対応など、顧客の状況に応じて柔軟な戦略を立案し、実行に移せます。

大手不動産会社が提供する標準化されたサービスも多くの場合有効ですが、特定の状況下で顧客特有の要求に対応する必要がある場合、中小の不動産会社の柔軟な対応力が顕著にその価値を発揮します。

また、中小の不動産会社は地域に根ざした運営をしているため、その地域内での独自の情報やネットワークを活用し、顧客にとって有利な取引条件を模索することが得意です。

これにより、顧客は自身の状況やニーズに最も適した不動産取引を行うことができ、時には大手では提供できない特別な機会にアクセスできます。

創意工夫で集客UPを図ってくれる

中小の不動産会社は、限られたリソースと予算の中で、創意工夫を凝らした方法によって集客の増加を目指します。

大手企業と直接競合する代わりに、地域密着型の戦略や独自性の高いサービス提供を通じて、市場における独自の立ち位置を確立しています。

中小規模の不動産会社が行っている集客率UPの創意工夫

地域のイベントへの積極的な参加や、地域資源を活かしたマーケティング活動により、地元コミュニティー内での認知度を高め、信頼関係の構築に努め、顧客との長期的な関係構築に寄与し、口コミによる自然な集客効果を生み出している。

集客につなげている営業活動の例

  • 顧客一人ひとりに合わせたきめ細かなフォローアップ
  • 特別なニーズに応える柔軟なサービスの提供

前述した活動の結果、顧客満足度を高め、リピートや紹介による集客につなげています

また、独自のキャンペーンやサービスを企画することで、他社との差別化を図り、新たな顧客層の獲得に努めています。

このような創意工夫は、特に地域に根ざしたビジネスモデルを持つ中小企業において、その柔軟性と地域社会との密接な関係性が大きな強みとなります。

不動産売却を依頼する業者を選ぶ前にやっておくこと

不動産売却におすすめの不動産会社を選ぶ前には、次のポイントを意識してやっておきましょう。

不動産売却を依頼する業者を選ぶ前にやっておくこと

  • 不動産売却の目的・希望をまとめておく
  • 不動産の強みと弱みをまとめる
  • 売却相場を調査する
  • 売却実績から得意な物件種別を調査する
  • 不動産査定の違いを理解する
  • 複数の会社に査定依頼する
  • 媒介契約の種類・特徴について知っておく

事前に自分なりに調べておくことで、不動産会社を探しやすくなります。

以下にそれぞれの対策を解説します。

不動産売却の目的・希望をまとめておく

不動産売却において、売却の目的や希望を事前に明確にしておくことは、成功への重要な第一歩です。

不動産売却は、単に物件を現金化する行為以上の意味を持ち、多くの場合、背後には売主の個人的な事情や目的が存在します。

不動産売却を行う目的

  • 新居への移転
  • 資産再編
  • 財政的な問題の解決 など

また、売却に際しての具体的な希望、例えば希望する売却価格、取引の迅速性、取引過程の煩雑さに対する許容度なども、売却計画を立てる上で極めて重要です。

これらの要素を事前に整理し、明確にしておくことで、不動産会社の選択から売却戦略の策定まで、売却プロセス全体がスムーズに進行します。

不動産売却を行う目的 不動産を急いで現金化したい 不動産をできるだけ高価格で売りたい
売却方法 ・直接買取。
・オークション
・短期集中マーケティング
・徹底した市場分析に基づく価格設定
・ホームステージング
・ターゲットマーケティング
・オープンハウスの実施
選択する不動産会社の特徴 ・即時買取を提供する会社
・豊富な現金資源を持っている
・高い柔軟性を持っている
・高い信頼と実績を持っている
・豊富な市場知識を持っている
・優れたマーケティング戦略を提案してくれる
・交渉スキルが高い
・高い信頼と実績を持っている

不動産の強みと弱みをまとめる

不動産売却に際して、その物件の強みと弱みを正確に把握し、まとめることは、有利な売却条件を創出し、成功に導くために非常に重要です。

物件の強みは売却戦略を立てる際の基盤となり、弱みの理解はそれらを事前に対処し、可能な限りネガティブな影響を最小化するために役立ちます。

物件の強みとは、以下のような情報を指し、物件が持つ魅力を形成するほか、買い手の関心を引く要素になります。

物件の強みとなる情報

  • 立地条件: 中心地に近い、交通の便が良い、静かな住宅地に位置しているなど
  • 築年数: 新築または築浅であること
  • 間取りと設備: 広々とした間取り、最新の設備、省エネルギー性能が高いなど
  • 周辺環境: 良質な学校区域、商業施設や公園が近くにあるなど

一方、物件の弱みは、売却過程で対処または強調を避けるべき点です。

物件の弱みとなる情報
  • 必要な修繕: 老朽化した設備や構造の問題
  • 近隣とのトラブル: 歴史的な紛争や問題を抱えている場合
  • 特異な特性: 一般的でない間取りやデザイン

物件の強みと弱みをまとめることで、不動産会社との効果的なコミュニケーションが可能になり、最適な売却プランを立案できます。

強みを最大限に活用し、弱みを適切にカバーする戦略を採ることで、物件の魅力を最大化し、より高価格での売却が期待できます。

不動産の売却相場を調査する

不動産を売却する際には、市場での適正な価格を知ることが非常に重要です。

これは、実現可能な価格設定や、信頼できる不動産会社を選定する上で欠かせない情報となります。

不動産の売却相場を調査する方法

例えば、国土交通省が提供する「土地総合情報システム」を利用すれば、自分の不動産と似た条件の物件の過去の取引記録を知ることができます。

土地総合情報システムを活用するメリット

  • 所在地やアクセスの良さ
  • 土地の形状や広さ
  • 成約時の売却価格

市場の動向を理解することで、不動産の価格が現在上昇傾向にあるのか、あるいは下降傾向にあるのかを把握できます。

地価が上昇している場合は、より高い価格設定で売り出すことが可能になりますが、逆に地価が下がっている場合は、売却のタイミングを慎重に選ぶ必要があります。

このように、売却相場の情報を事前に集め、分析することは、売却戦略を立てる上で不可欠です。

不動産売却を依頼するならどこがいい?大手・地元中小の良さや違い・売却実績が高い不動産会社を10社紹介

不動産売却の実績から得意な物件種別を調査する

不動産を売却するときは、土地、家、マンション等といった特定の物件種別に特化して優れた実績を持つ不動産業者を選定することで納得がいく売却結果を得る可能性が高まります。

特に、自分の売りたい物件の種類が明確な場合、その分野で豊富な経験と実績を持つ業者に依頼することは、売却プロセスをスムーズにし、望ましい成果を得る上で非常に効果的です。

また不動産業界では、業者ごとに得意とする分野が異なるため、一概にすべての物件種別に対応できるわけではありません。

特定の物件種別の取り扱いに長けた不動産会社を選ぶ方法

対象となる不動産業者の過去の売却実績を調べることから始めます
多くの場合、業者は自らの得意分野における成功事例を披露するため、公式サイトや直接の問い合わせを通じて情報を提供しています。

さらに、地元の老舗業者など、地域に根ざした企業に相談することで、そのエリアに特化した専門的なアドバイスを提供してくれます。

このアプローチを取ることで、物件を最適な条件で、かつ効率的に売却することが可能になります。

具体的には、土地を売りたい場合には土地売却に強い業者を選ぶことが望ましいですし、マンションや一戸建ての場合も同様に、その種別に特化した業者を選定することが重要です。

不動産査定の違いを理解する

不動産の価値を知るためには査定が欠かせませんが、査定方法には「机上査定」と「訪問査定」の二つの主要なアプローチがあります。

これらの方法はそれぞれ特徴があり、不動産の売却や購入前の価格把握において異なる目的で利用されます。

査定方法 机上査定 訪問査定
査定方法の特徴 物件の基本情報(築年数、立地、物件の種類など)に基づいて行われる比較的迅速な査定方法。 不動産会社の専門家が実際に物件を訪れ、その状態や周辺環境を直接確認することにより、より正確な価値を評価する方法。
使用目的 速やかに価格の概算を知りたい場合や、複数の不動産会社から大まかな市場価格を比較したい場合。 売却を具体的に検討している場合や、物件の特性を細かく評価してもらいたい場合
最適な使用場面 大まかな市場価値を短時間で把握したい場合に適しており、特に初期段階での価格の目安を知りたいときに役立ちます。 物件のメンテナンス状態や改修の有無、日照条件など、細かな要素が評価に含まれるため、机上査定よりも詳細で正確な価格が導き出されます。

不動産査定を依頼する際には、これらの違いを理解し、自分の状況や必要に応じて最適な方法を選択することが重要です。

これらの査定方法を適切に活用することで、不動産取引におけるより精度の高い価格設定や交渉が可能になります。

不動産の簡易査定(机上査定)とは?訪問査定との違いとメリット・デメリット

複数の会社に査定依頼する

不動産売却の際に最適な取引条件を見つけるためには、複数の不動産会社に査定を依頼することが効果的です。

複数の不動産会社に査定依頼を出すメリット
  • 異なる専門家の視点から物件の価値を評価してもらい、市場価格の正確な把握につながる
  • 不動産会社によって査定基準や価格設定のアプローチが異なるため、複数の見積もりを比較することで、適切な価格帯の把握ができる
  • 一つの会社のみに依頼することで発生する場価格から大きく乖離した評価を受けるリスクの回避につながる

さらに、複数の査定を受けることで、それぞれの会社のサービス品質や担当者の対応を比較し、自身にとって最も信頼できるパートナーを選択できる機会が得られます。

代表的な不動産一括査定サイト 提携社数 同時に依頼できる最大会社数 運営会社
home4u 約1,000社 最大6社 NTTデータ・スマートソーシング
すまいValue 6社 最大6社 合同6社
SUUMO 2,800店舗以上 リクルート住まいカンパニー
おうちクラベル 非公開 最大15社 SREホールディングス株式会社
リビンマッチ 約1400社 最大6社 リビン・テクノロジーズ
不動産買取の一括査定とは?おすすめの一括査定サイトと査定時の注意点を解説

一括査定サイトを活用することで、効率的に複数の不動産会社に査定依頼を出すことが可能です。

これらのサイトは、ユーザーが一度に多くの会社に情報を送信できるように設計されており、手間を省きつつ幅広い選択肢から最適な提案を見つけ出せます。

しかし、査定結果が返ってきた際には、単に価格の高さだけでなく、提供されるサービスの質や担当者の専門性も総合的に評価することが重要です。

媒介契約の種類・特徴について知っておく

媒介契約の種類・特徴について知っておく 不動産売却に際しては、不動産会社との媒介契約の種類とその特徴を理解しておきましょう。

契約する媒介契約の契約形態により、費用、サポート内容、自身の役割などが大きく変わってきます。

契約の種類 契約の有効期間 売り手自身が買い手を見つけること 依頼可能な業者数 仲介業者からの報告※
専属専任媒介契約 3ヶ月以内 できない 1社のみ 1週間に1回、メールか文書で連絡
専任媒介契約 3ヶ月以内 できない 1社のみ 1週間に1回、メールか文書で連絡
一般媒介契約 3ヶ月以内 可能 複数社と契約可能(契約数の上限なし) なし

参照:公益社団法人全日本不動産協会|一般媒介契約についてより

以下は、上記で上げた媒介契約の種類になります。

それぞれの特徴を理解したうえで、自身のニーズに最も適した契約形態を選びましょう。

一般媒介契約

一般媒介契約は、売主が複数の不動産会社に物件の売却を依頼できる契約形態です。

この契約では、売却を成功させた不動産会社のみが手数料を受け取るため、各社が自社の力を最大限に発揮して売却活動に取り組みます。

これにより、広範なマーケティング活動を行うための強いインセンティブが生まれ、競争力が向上します。

ただし、一般媒介契約は手間がかかる面もあります。

売主は各社からの提案や進捗状況を一元的に管理する必要があります。

また、物件情報が乱立すると買主からの信用を失い、結果的に売却までの時間が長引くリスクも存在します。

専任媒介契約

専任媒介契約は、売主が一つの不動産会社に売却活動を依頼する形態ですが、売主自身で買い手を探すこともできます

契約形態上のメリット 売主が自分自身で買主を見つけた場合、仲介手数料の節約に繋がる。
契約形態上のデメリット 一般媒介契約と同様に売主が活動の一部を負担する必要があるため、時間や手間がかかる。

また、不動産会社は売却活動に対する責任が一部薄れるため、一般媒介契約や専属専任媒介契約に比べて販売活動の努力が低下する可能性もあります。

専属専任媒介契約

専属専任媒介契約は、売主が一つの不動産会社にのみ売却活動を依頼する契約形態で、売主自身も直接買主を探すことが禁止されています。

これにより、売主と不動産会社との間に強いパートナーシップが形成されます。

不動産会社は専門的な知識やネットワークを活かして、売却活動に集中できます。

また、専属専任媒介契約は、販売活動の一元管理と効率化が可能な反面、選んだ不動産会社の力量に全てが左右されるため、その選定は非常に重要です。

加えて、契約期間中は他の不動産会社や自身で買主を探すことができないため、契約内容に十分注意が必要です。

不動産売却に強い不動産業者を選ぶコツ

不動産売却に強い不動産仲介業者を選ぶ時のコツについて紹介していきます。

今回紹介する点をポイントに不動産仲介業者を選ぶことで不動産をスムーズに高値で売ることが出来ます。

  • 査定価格の説明がしっかりとしているか
  • 利用した人の口コミ・評判はどうか
  • 不動産売却の実績はどうか
  • 担当者は信頼できる人かどうか

査定価格の説明がしっかりとしているか

不動産の売却査定を依頼して、相手から出された査定価格にはしっかりとした根拠説明があるかどうかが判断基準の一つです。

不動産価格の査定は、各不動産会社によって異なるため良い不動産であれば高額で悪徳な不動産会社であれば相場よりも断然低い金額で査定額が出されます。

査定として出された価格に疑問が出た際は、しっかりと確認をして明確な理由を開示してくれない場合は不動産売却に強い不動産業者とは言えません。

売主と不動産仲介業者・買主が足並みを揃えなければ不動産の売却は出来ないためです。

利用した人の口コミ・評判はどうか

実際に不動産仲介業者を利用した人の口コミ・評判から不動産売却に強いかどうかを判断することができます。

不動産会社のHPではPRしたい部分や強みしか見ることができませんが、口コミ・評判を見ることで実際に利用した人がその企業に対してどのような感情を持ったかを確認することが出来ます。

また、プラスの面だけでなくマイナスの面も見ることが出来るので実際に利用をする時に注意点として事前に把握することが可能です。

ただし、その口コミ・評判に信憑性があるかどうかを慎重に判断する必要があるので全てを鵜呑みにするのではなく、あくまでも参考程度にしましょう。

不動産売却の実績はどうか

不動産売却のこれまでの実績を見ることで、その業者が不動産売却に強いかどうか判断することが可能です。

不動産売却に強い会社であれば年に何十何百件の不動産売却に携わっています。

不動産売却に強いと謳っていても実際の取引事例が少ない場合は売却に強い不動産会社と言うことは出来ません。

多くの不動産会社では、企業の公式HPで過去の取引事例を確認することが可能です。

担当者は信頼できる人かどうか

利用した不動産会社の担当者が誠実な人かどうかも不動産業者選びでは大切な要素の一つです。

急なトラブルや疑問・質問に真摯に対応してくれる担当者であれば信頼して不動産を売却することが出来ますが、中には対応が遅い担当者もいます。

そのような担当者にあたってしまった場合は、不動産売却をする際の手続きに漏れや抜けがありスムーズに売却をすることが出来ないです。

担当者が信頼できない場合は不動産の売却価格が高額でも先走って売却してしまうと痛い目を見てしまう場合があります。

不動産売却に関する質問

ここでは、所有する不動産を売却するにあたって、前もって知っておきたいことや解決しておきたいことを質問形式で解説していきます。

売却を依頼する不動産会社を選ぶうえで気を付けることは?

不動産を高値で売るには、仲介売却という売却方法を選ぶことで高値での取引が行えます。

その仲介売却を行うには、不動産会社と媒介契約を結ばなければなりません。

媒介契約には、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があり、その中でも「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」のいずれかでの契約を強要してくる会社には気を付けましょう。

また、売買契約後に支払う仲介手数料の額面にも気を付けましょう。

仲介手数料には、売買価格に応じて上限が設けられており、手数料が安ければいいという観点ではなく、提供してくれたサポートに対する報酬、手数料という観点で比較すると、売却目的に合った不動産会社に出会えます。

不動産会社の選び方を徹底解説!後悔・失敗しない業者選びのポイント

不動産一括査定サイトを利用したら売却しなきゃいけない?

必ず、売却しなければならないという決まりはありません。

売却を検討したうえでサービスを利用し、査定結果に納得がいかなければ売却そのものを中断しても問題はありません。

また一括査定サイトを利用される方の中には、所有する物件の価値を知るなどの目的で利用される方もいます。

不動産一括査定サイトおすすめ比較ランキング!不動産売却におすすめの人気15社を厳選紹介【2023年最新】

住宅ローンが残っていても売却はできる?

住宅ローンが残っていても売却は可能ですが、住宅ローンの完済ができるアンダーローンに限られます。

原則、住宅ローンを完済して、金融機関が保有する抵当権を抹消しなければ売却ができません。

抵当権を外すには、地道に返済してローンを完済するか、査定結果が住宅ローンの残債額を上回るアンダーローンの場合に限られます。

住宅ローンの残債が残る不動産を売却!銀行へ連絡するタイミングはいつ?

不動産の売却後は確定申告が必要?

不動産売却で利益を得た場合と、売却で損失が発生し、所得税の減額を申し出る損益通算を行う場合に限り、確定申告が必要です。

不動産売却の確定申告は必要?申告の流れ・必要書類の書き方を完全ガイド【決定版】

不動産一括査定サイトを利用したら営業・勧誘の電話は来ますか?

査定結果を得るうえで、電話やメールに応えなければなりませんが、必要以上の勧誘や営業をしてくる会社はそう多くありません。

また、一括査定サイトを運営している会社は、提携を結んでいる会社を厳しい目で審査を実施しているので、悪質な企業に当たることはありません。

万が一、査定依頼を断ったにもかかわらず、必要以上の電話や勧誘をしてきた場合、提携そのものを打ち切られてしまう恐れがあるため、会社側もリスクを背負ってまで営業の電話をしてきません。

不動産査定後の断り方を紹介!しつこい営業の対策法や上手に断る方法を解説

不動産売却の仲介業者選びには不動産一括査定サイトを使おう!

不動産査定

不動産売却で良い業者と契約するためには、一括査定サイトを使うのがおすすめです。

申し込みフォームに不動産のカンタンな情報を記入・送信すれば、査定に対応する業者が一気に絞り込まれ、査定を一括で依頼することができます。

自分でネットから査定を依頼する場合、まず周辺に店舗のある業者に目が行きがちです。

ただ、査定・売却に対応している業者は隣町や他県にいる場合もあるので、地道に1社ずつ連絡していては隠れた優良業者を見逃してしまいます。

一括査定サイトを使えば優良業者に確実に査定依頼をすることができますし、複数社の査定額・対応をカンタンに比較できます。

これまで不動産売却時の業者選びのポイントを紹介してきましたが、一括査定サイトを使えばポイントのチェックがすぐに出来るというわけです。

サイトの詳しい使い方やおすすめのサイトランキングはこちらに詳しく紹介されています。ぜひ参考にしてください!

不動産一括査定サイトおすすめ比較ランキング!不動産売却におすすめの人気16社を厳選紹介【2024年最新】
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

不動産を認知症の親に代わって売却するには?必要な手続きや罰則可能性について解説
認知症の親に代わって不動産売却をおこなう場合、成年後見制度を利用します。この場合、通常の不動産売却…
不動産売却を依頼するならどこがいい?大手・地元中小の良さや違い・売却実績が高い不動産会社を10社紹介
不動産売却において、大手は宣伝力がある一方でドライさが欠点です。一方、中小は親身に対応しますが、情…
悪徳不動産会社がやりがちな営業手口とは?騙された時の対処方法や免許番号の確認方法について徹底解説
免許番号を利用して不動産業者を調べ、悪徳・悪質業者を排除する方法は、信憑性が高い情報を取得でき、大…
【東京都】世田谷区の不動産を売るといくらになる?世田谷区の不動産情報や最新の売買事例・査定におすすめの不動産会社を紹介!
世田谷区は飛び抜けて地価が高い地域はないですが、平均的に高く、居住利用の割合が多いです。査定・売買…

特集記事

【2024年最新】大手不動産リースバック業者比較ランキング!おすすめ会社の口コミ徹底比較
リースバック業者ランキングを紹介!口コミ・内容を比較して人気の会社をランキング形式で紹介していきま…
不動産売却とは?不動産を売るなら読むべき鉄則【専門家監修】
不動産売却を行う理由は多岐に渡り、売却方法も理由や事情などに合わせて選んでいく必要があります。 ま…
【2024年最新】不動産一括査定サイトおすすめ比較ランキング!不動産売却におすすめの人気16社を厳選紹介
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2024年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
pmark image
お客様の個人情報保護のため、プライバシーマークを取得しております。
個人情報を適正に取り扱うことができる企業のみ認定されてる制度です。