TOP > 土地を活用する > 今が絶好のタイミング!土地にトランクルーム設置をするメリット

今が絶好のタイミング!土地にトランクルーム設置をするメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加
土地のトランクルーム利用

太陽光発電とともに近年注目されているのが、土地のトランクルーム利用です。

日本では、終戦直後から伝統的に狭い土地を使ってマンション・アパートを建てるのが一般的で、収納スペースがある物件は相対的に賃料が高くなっています。

しかし近年では欧米でスタンダードなトランクルームを借りて荷物を保管するというスタイルも浸透しており、まだまだ数の少ない首都圏のトランクルームは高利益をあげています。

そんな、今がチャンスな土地のトランクルーム利用について、わかりやすく解説していきます。

その他の土地活用については、こちらの記事でまとめてあるので参考にして下さい!

1人でもできる土地賃料相場の求め方!ポイントや注意点を一挙解説

トランクルームは200万円ほどで設置が可能!

お金を支払って荷物を保管しておける収納スペースがトランクルームですが、屋外にスペースが設置されているタイプ(コンテナ型)と、建物の中にスペースが設置されているタイプ(ルーム型)の2種類があります。

コンテナ型は当ページのトップ写真のように、野外に収納ボックスがそのまま設置されているタイプです。

対してルーム型はプライベートBOXと呼ばれることもあるタイプで、施設の中に収納ボックスが設置されています。

比較すると、コンテナ型のほうが費用が少なくて済む一方で、ルーム型は湿気や災害に強く安心です。

ルーム型は都市部に多く、コンテナ型は郊外に広く分布しています。

ルーム型トランクルームならすぐに設置可能

賃貸用のトランクルームは、専門業者から誰でも1基50万円~100万円ほどで購入できるようになっています。

このトランクルームを土地に設置し、前に駐車場をおけば、すでにサービスは開始できます。

ただ、これだけではサービスかどうかわからないので、利用者募集中の看板を立てておくのがおすすめです。

この3つの作業は合計で200万円あれば最低限のものを設置することができます!

利益はルームの数に比例

収納スペースは1部屋ごとに契約をするので、部屋数が多いほど高利益が見込めます。

1基をどこまで区切れるかが問題ですが、標準的なサイズであれば6部屋にまで区切っても十分な広さを保てると言われています。

それ以上区切っても狭すぎて借り手がつかなくなってしまうので注意しましょう。

また、たとえ6部屋に区切ったとしても余程アクセスの良い立地でなければ満室になることはありません。

あまり数が見込めないのであれば、部屋数を減らして広く使えるようにし、1部屋あたりの単価を上げるという方法もおすすめですよ!

賃料相場は月4,000円前後!土地のトランクルーム利用は利回りの高さが魅力

1基を6部屋に区切った場合、1部屋の広さはだいたい2畳弱となります。

一般的なアクセスであれば、月4,000円ほどで1部屋を貸し出すことが多いそうです。

前述の通り初期投資額は200万円ほどなので、これは十分高い利益と言えるでしょう。

1年間6部屋が埋まっているとすれば、4,000×6×12=28万8千円となり、7年で費用は回収できる計算になります。

部屋数を増やせば増やすほど、6部屋あたりの費用は安くなっていくので、さらに利回りは高くなります。

もちろん、1年間満室というのはよほど広く立地の良い土地でなければ難しいでしょうが、それでも他の土地活用方法に比べて利回りが高いのは確かですよ。

住むのに向いていない土地の方が高収益を見込める?

トランクルームの面白いところは、電車の騒音がうるさいといった住むのに向いていない土地ほど集客が見込めるということです。

夜でも交通量が多いということは道路や商業施設が近いということなので、逆にいえば荷物収納の需要が非常に高いということになります。

一度売却に失敗した土地なども、トランクルームを設置すれば高収益を見込めるということもありえます。

土地に限らず、不動産は一度売却や賃貸などに決めてしまうとそれしか見えなくなってしまいますが、不動産会社などに相談しつつ、さまざまな可能性を考慮していくのが重要ですよ!

土地のトランクルーム利用は競合の少ない今がおすすめ!

土地のトランクルーム経営は近年一般的になりつつある方法ですが、まだ日本社会に浸透しているわけではありません。

ただ、需要はしっかりあるので、今のうちに貸し出しをはじめると高利益を見込めます。

今後いらない土地を利用する人が増えると、1基あたりの価格も値上がりするかもしれません。

競合が少ない今から提供をはじめるのがおすすめですよ!

気になる方は専門業者に相談を!

現在、「ストレージ王」などのトランクルームを専門に扱う会社も出てきました。

こうした会社ではタイプや料金ごとに最適なものを紹介してくれます。

最近本格化した土地の活用法なので、不動産会社も詳しくは知らないかもしれません。

少しでもトランクルーム運営に興味を持つなら、こうした専門業者に相談しておくことをおすすめしますよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

マンションは売ったほうがお得!売却と賃貸のメリット比較
マンションは、売却の場合は価値の高い間に取引できる一方で、賃貸の場合は税金を抑えられる、計画的収入…
損しない!不動産売却の値下げのコツ
不動産売却するにあたってなかなか売れずに値下げを検討している方も少なくないと思います。ここでは、不…
売買前に知りたい!土地の分譲のメリット・デメリット
分譲された土地は、区画が整理されているといったメリットがあります。隣との距離が近い分、買い手は近所…
不動産売却で一般媒介を選んだほうがいいケース
不動産売却において、一般媒介契約はあまりおすすめされていない方法ですが、囲い込みを回避できる、営業…

おすすめ・特集記事!

一括査定サイトは不動産売却に必要不可欠!メリット・デメリットを一挙紹介
不動産一括査定のメリットとしては、複数業者から査定を受けられる事の他にも、地域に対応している業者を…
不動産一括査定の評判って本当のところどうなの?サイトの特徴・口コミを厳選して紹介
不動産の一括査定サービスってご存知ですか?今回はその魅力から、利用者の評判をもとに実際に利用したい…