TOP > 不動産売却・査定都道府県一覧 > 香川県の不動産売却相場と査定業者情報

香川県の不動産売却査定!相場と不動産業者の特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加
香川県の不動産

香川県は四国の北東部に位置する県で、面積約18万7,600K㎡、人口約96万9,000人となっています。

かつては讃岐の国とよばれた香川県は災害が少なく、都市の便利さと自然の豊かさを併せ持つ過ごしやすい環境となっています。

第一次、二次、三次産業がバランスよく発展しており、特に県庁所在地の高松市は企業が多く立ち並び、商業施設も多くあります。

遍路道が全国的に有名で、多くの観光客を集めています。

おすすめ不動産タイプ
土地、家
おすすめ業者タイプ
地元業者
売却のタイミング

香川県の不動産売却の相場

香川県の不動産売却相場を見ると、土地が1,000万円前後、家が1,700万円前後、マンションが1,100万円前後となっています。

全国と比較すると、土地が47都道府県中30位、家が35位、マンションが45位となっており、3つとも全国的に見て低めとなっています。

マンションが特に低めな理由としては、香川県は今でも農林水産業に従事する人が多く、特に都市部に密集することの多いマンションの需要が拡大しないのが理由ではないかと考えられます。

その他にも香川には善通寺や屋島といった観光スポットがありますが、こうした地域の周辺は相場が高くなる傾向にあります。

香川県の坪単価

香川県の坪単価は、やはり県庁所在地である高松市が最も高く23万円前後となっています。

その次に来るのが丸亀市で15万円前後であり、続いて坂出市の14万円前後となっています。

県の中心部としてはそこまで高い値ではありませんが、質の高い物件であれば売却して十分な利益を得ることができますよ。

ただ、郊外の香川郡などは5万円前後とかなり低くなっているので、こうした地域であれば業者に買い取ってもらうのもおすすめです。

香川県の不動産取引件数

香川県の不動産取引件数を見ると、高松市が最も多く、年間で約4,500件前後となっています。

次の丸亀市が1,000件前後にとどまっているので、やはり香川県の取引は高松市が中心となって進められているようです。

丸亀市の次に続くのが坂出市、観音寺市、三豊市となっていますが、それでも500~600件程度となっています。

香川の不動産も他県と比べて、そこまで相場が高いわけではありませんが、県内の不動産であれば優先的に買い手がつくのは間違いないでしょう。

香川県の不動産取引の特徴・傾向

香川県の不動産取引の特徴としては、やはり県庁所在地であり、商業・経済の中心でもある香川市の一極集中があげられます。

もちろん、県全体で不動産取引が盛んにおこなわれており、査定額も高めであることが理想ではありますが、ここまではっきりとした傾向があらわれていることは、不動産売却のターゲット設定が容易だというメリットがあります。

たとえば、香川市であれば郊外から流れてくる人たちに不動産需要があるので、彼らを中心に売っていくのがおすすめです。

一方、相場の低い地域は他地域からの流入を見込めないので、近隣に売っていくのがおすすめです。

香川県の不動産を高額で売却するコツ!

香川県は大きな企業がそこまで多いわけでもなく、他県に比べて人の流入が少ないので、県内の不動産は県内向けに売却するのがセオリーではあります。

ただ、当然ですが香川県への転住者が0というわけではないので、彼ら向けに全く宣伝しないというのはもったいないですよね。

そこでおすすめなのが、全国展開している大手不動産業者と地元不動産業者の双方と一般媒介契約を結ぶ方法です。

ネットを利用した不特定多数への宣伝が得意な大手業者と、折り込みチラシなどを使って県内向けに宣伝をしていく地元業者の力を合わせることで、郊外と県外からの転居者に向けて宣伝をしていくことが可能です。

地域が発展するにつれて、土地に多様なニーズを求めて人が集まるようになってきます。

なるべく幅広い人に不動産を売り込めるような販売活動を考え、一括査定サイトを利用して業者を見比べていくと良いかもしれませんね!

香川県の不動産売却事例

香川県高松市のマンションを売却した不動産売却事例 

男性アイコン
Kさん
売却物件マンション
築年数8年
売却理由住み替えのため
お住い香川県

高松市のマンションに住むサラリーマンです。今まで女性とお付き合いをしたことが一度もありませんでした。見た目もよくなく、自分に自信がありませんでした。

結婚など相手も現れないであろうと思い5年前に高松市内にマンションを購入してしまいました。しかしついにこんな私を好きになってくれる女性が現れ、このチャンスを逃すまいと必死に彼女に尽くしました。

その結果、なんと正式に彼女と結婚が決まりました。

今までこつこつ貯金してきたお金もあるし、仕事も安定していたので、結婚を期にマイホームを建てようと決意しました。心の高ぶりが抑えきれませんでした。

いまのマンションは売却してしまい、新生活の資金の足しにしようと考えました。新築でマンションを買ったのでそれなりの金額になると思っていました。

地元の不動産業者に査定をしてもらったところ、不満の残る金額を提示してきたので、無料一括査定サイトを利用して平均の査定金額をだし、いろいろな不動産業者を比較しようと考えました。

大手不動産会社の査定金額も参考にし、条件のいい業者に売却を頼むことにしました。結婚を諦めて購入したマンションを売却したお金で、私はこれからの新婚生活を思い切り楽しみたいと思います。

香川県高松市の家を売却した不動産売却事例 

女性アイコン
Hさん
売却物件
築年数15年
売却理由ローン返済のため
お住い香川県高松市

私と両親は香川県高松市の一軒家で暮らしていました。

両親が突然亡くなってからは、私が家を相続することになりました。

しかしまだその家のローンが残っていて、私にはそんな家のローンを返すような収入はなかったので、せっかく相続ましたが、実家を売って新しくアパートでも借りて暮らそうと考えました。

実家の近くの不動産業者に査定していただいた金額では余ったローンを返せそうもなかったので、不動産売却についてもう少し調べていました。インターネットで簡単に査定してくれる一括査定サイトを見つけ、使ってみたところ、地元の不動産と査定額が変わらない業者もありましたが、中には相場であろう金額の上をいく業者もありました。

業者によってこんなにも査定額に差があるとは知らなかったので、一括査定サイトを利用しておいてよかったと思いました。

売却したお金で残ったローンは、ほとんど返済できたのでなんとか私の収入で全額返済できそうです。金額面でも、業者の対応という面でも一括査定サイトを利用してよかったです。

業者によって査定金額は異なるので、地元の不動産や、大手不動産だけでなく、一括査定サイトで比較して決めることがいいと思います。

香川県丸亀市の家を売却した不動産売却事例 

女性アイコン
Eさん
売却物件
築年数30年
売却理由引っ越しのため
お住い香川県丸亀市

私は母から相続した丸亀市の実家に一人で暮らしていました。

しかし病院に行くのにも車で30分、近くのスーパーまで20分もかかってしまうような土地でした。来年で私も54歳になり、身体的にも少しガタが出だしてきていたので、思い切って家を売却し、そのお金で病院やスーパーなど、生活するうえで便利なマンションにでも引っ越そうかと思いました。

しかし不動産売却についての知識も少ないし、本当にこの不動産が売れるのかが心配でした。

インターネットの不動産一括査定サイトを利用すると、抱いていた心配とは裏腹に売却に出した不動産はすぐに売却することができました。

一括査定サイトは地元の不動産業者も含め、大手の不動産業者の査定額を一度にみて比較できるので不動産査定金額で損をする失敗が少ないと思います。

不動産業者によって査定金額もだいぶ変わってくることを今回学んだので、地元の不動産の提示してくる査定額が相場より低い可能性もあるようです。

一括査定サイトを利用するメリットとしては、相場を知ることでより早く取引に踏み切れるということと、不動産業者を比較できる点です。この二つに加えて、家のパソコンと電話さえあれば自ら不動産業者に足を運ばなくてもよいという点だと感じました。

このエントリーをはてなブックマークに追加