TOP > 不動産売却の基礎知識

不動産売却の基礎知識

このエントリーをはてなブックマークに追加
不動産売却に役立つ基礎知識を厳選紹介しています。
安心R住宅
2018.05.07
安心R住宅は国土交通省の主導ではじまり、中古の家、マンション売却に大きな影響を及ぼすと考えられます。今回は、制度の内容から登録団体はどこかといった仕組み、メリット・デメリットなどを詳しく紹介していきます!
木造の耐用年数
2018.04.12
住宅には法定の耐用年数が定められています。木造の場合は22年となっており、それを過ぎると査定額が落ちたり住宅ローンが融資を受けにくくなっています。今回は耐用年数の償却率の関係、法改正の可能性などを解説していきます。
2018.03.08
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの業者を比較紹介します!大手に一括で査定依頼するサービスとガイドも紹介しているので、査定希望者は是非お読みください!地域密着型のおすすめ中堅会社も都道府県ごとに紹介しています。
不動産売却相場
2018.03.06
この記事では、不動産知識0の素人でもカンタンにできる不動産売却相場の調べ方を紹介します。マンション・家・土地の不動産タイプごとに解説していくので、必要な情報から読んでいくのもおすすめです。
不動産価格の推移イメージ
2017.10.10
今後の不動産価格の推移について説明しています。オリンピック後の価格推移についても触れています。
不動産模型を持つ後期高齢者
2017.09.05
後期高齢者が不動産をおこなう場合、扶養に入れない、保険料が値上がりするという二点に注意する必要があります。また、子どもや家族が代理で売却する場合は、家族関係にくれぐれも注意しましょう。
不動産の模型を持って相談する女性
2017.09.04
不動産売却はマイナスとなってしまう場合がほとんどですが、売却をすることで処理が適切にできるというメリットもあります。何を重視するかを考えて売り出しましょう。
同意書イメージ
2017.08.30
不動産売却は売買者間の話し合いで進むことも多いですが、この時に同意書の作成が必須となります。これを忘れて契約解除となった判例もあるので注意しましょう。
不動産関連ニュース
2017.08.30
不動産売却に関するニュースは、日経の紙媒体やポータルサイトで読むことができます。読むに越したことはありませんが、それだけを参考にするのではなく、プロに相談していきましょう。
不動産データとスマホ
2017.08.30
現在はポータルサイトを利用して不動産売却をするのが一般的です。サイトごとのタイプの違いや上位表示傾向を分析した上で活用すると効果的ですよ。
不動産模型と簿価・減価償却グラフ
2017.08.28
不動産売却には簿価という指標があります。そのまま利用する機会は少ないですが、減価償却費を計算するためには非常に便利なので覚えるとなお良いでしょう。
不動産のdmイメージ
2017.08.28
不動産売却を検討していると、dmと呼ばれる業者広告が届くことがあります。登記簿を見ると売り時の不動産がどこにあるかわかってしまうのです。逆にいえば、仲介先に嘘をつけてもバレるということなので気をつけましょう。
住民票
2017.08.24
不動産の売却に伴う書類や手続きがたくさんありますね。今回は住民票に焦点を当てて説明します。「いつ住民票を移動させればいいの?」「住民票移動の前にすべきことは?」「費用はいくらかかるの?」といった質問に答えていきます。
不動産模型と売却代金
2017.08.24
不動産売却によって得た利益は一時所得として扱われます。マイホームの場合は、一時所得を得ることで所得税が上乗せされるのを防げますが、保険料は値上げしたままなので注意しましょう。
札幌時計台
2017.08.24
一極集中がすすみ、不動産の需要がますます高まる札幌ですが、冬場に売り出すとなかなか売却されにくいので注意しましょう。
不動産売却の費用に悩む女性
2017.08.24
不動産売却はさまざまな費用が課されるので、手取りは意外と少ないという特徴があります。利益を出すためにも、まず査定・販売活動に全力を注ぎましょう。
横浜の不動産と観覧車
2017.08.24
横浜の不動産は現在人気上昇中であり、高額売却も夢ではありません。その一方で、東京五輪後に不安があるので、なるべく早期に売却することをおすすめします。
不動産模型と体験談イメージ
2017.08.23
不動産売却は悪徳業者や買い手にあたることが多々あり、実際に体験談も多数寄せられています。こうした体験談を参考に対策をしていくことを、特にはじめて不動産売却をする方にはおすすめします。
扶養の申告書類
2017.08.23
相続などをきっかけに扶養内の人が不動産を手に入れたが、資金作りの為や使用用途がないために売却する場合はいくつか注意しなければならないことがあります。
英語と不動産データ
2017.08.23
外国籍の方や、日本国籍の帰国子女の方など、英語を主に使っているので不動産売却が不安という方も多いでしょう。こうした方は自分の立場を理解した上で適した対策をとっていくことが大切です。
このエントリーをはてなブックマークに追加