TOP > 不動産売却・査定都道府県一覧 > 山形県の不動産売却相場と査定業者情報

山形県の不動産売却査定!相場と不動産業者の特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加
山形県の不動産

山形県は東北地方の南西に位置し、日本海に面した県となっております。

県の80%以上が山地となっており、中央を流れる最上川流域は住宅が立ち並んでるという自然豊かな環境です。

東北地方の中でも豪雪地帯なのが山形県で、冬場は日本海から来る冷たい風によってかなりの量の雪が降ります。

県内のほぼ全体が豪雪地帯に指定されているので、不動産を売却するときは降雪対策をどうするかが結果を左右します。

おすすめ不動産タイプ
農地、家、マンション
おすすめ業者タイプ
地元
売却のタイミング
例年通り

山形県の不動産査定におすすめの業者

山形県の不動産売却査定
•秋田県の不動産査定・売却におすすめの業者ランキング
順位 会社 業者のタイプ 得意な不動産 得意なエリア
1位 株式会社リバティ 地域密着 全般的に取り扱い 山形県全域
2位 株式会社Ilove地域密着居住用戸建てのみ山形市内のみ
3位 武田不動産株式会社 地域密着 全般的に取り扱い 山形市
4位 セントラル不動産株式会社 地域密着 全般的に取り扱い 山形市
5位 株式会社レナーク不動産 地域密着 全般的に取り扱い >山形市
6位 株式会社後藤組 イエステーション 地域密着 全般的に取り扱い 米沢市
7位 ならびや不動産 地域密着 全般的に取り扱い 山形市中心
8位 株式会社さくら野コーポレーション(さくら野不動産) 地域密着 家、土地の売却中心 山形県全域
9位 株式会社アイ・コン 地域密着 全般的に取り扱い 山形市周辺
10位 株式会社拓生土地地所 地域密着 全般的に取り扱い 鶴岡市・酒田市

詳しくは後述しますが、山形県の不動産相場はそこまで高いわけではありません。

ただ面積が広いので、それぞれの地域に対応している不動産会社が多く立ち並んでいます。

その分買い手とのマッチングも見込めますが、購入希望者の数自体がそこまで多いわけではないので、販売戦略が何より重要となるでしょう。

基本的に不動産売却は業者の一任となりますが、自分の意向を取り入れてもらうためにも積極的に希望を伝えておくことをおすすめします。

リバティは査定から相談・売却まで1社で完結!買取査定もカンタン申し込み可能

リバティは、山形市に本社をおく不動産会社です。

売却、買取、賃貸から空き家の管理まで不動産業務を手広くおこなっている人気業者で、特に近年増加している山形市の高層マンション取り扱いが多くなっています。

リバティには空き家相談士が上記の方法の中から最適な空き家の活用法を提案してくれるので、山形県内の方はもちろん、実家の空き家を相続した遠方の人にもおすすめですよ!

広告写真もきれいに撮ってくれるので、集客も十分期待できます!

会社名 株式会社リバティ
本社所在地 山形市あこや町3-6-8
設立 -
免許・登録 免許番号: 山形県知事 (6)第1699号

Iloveは山形市内専門の業者!ピッタリの買い手を探すなら迷わずココ

Iloveは山形市内の不動産会社で、マイホームの売買のみを取り扱う専門業者です。

このような運営規模の小さい会社だと依頼するのが不安という方も多いでしょうが、専門会社ということは買い手も山形市内の中古マイホームを希望する方のみに絞られてくるので、上手くいけば短期での成約ができます。

専門会社ならではの他のメリットは地域に関する知見が高いところで、ホームページを見ても学区によっておすすめの物件を変えて宣伝しています。

こうした細かな販売は大手ではできないので、「なるべく丁寧に販売して欲しい」という方にIloveはおすすめですよ!

会社名 株式会社Ilove
本社所在地 山形市清住町三丁目1番23号
設立 2013年8月1日
免許・登録 免許番号: 山形県知事 (1) 第2478号

武田不動産は売り出した物件を特集で宣伝してくれる!

武田不動産は山形市の周辺で不動産業を営む業者です。

調べてみてまず目につくのがホームページの充実度で、物件情報から絞り込み検索サービス、賃貸・売却査定の申し込みフォームなど、さまざまなサービスがついており使いやすいですよ!

武田不動産はターゲットを比較的若い人向けにしているのが特徴的で、大学の最寄り物件やオール電化、ペット飼育可能な物件などを「こだわり物件」として特集しています。

どんな物件が若者に売れやすいかというのは判別しにくい部分ではありますが、良く「売り手の性別、住人の構成、年齢と同じようなステータスの人に売却されやすい」と言われるので、30~40代の方は武田不動産に仲介依頼するのがおすすめですよ!

会社名 武田不動産株式会社
本社所在地 山形市美畑町9-20
設立 2013年8月1日
免許・登録 免許番号: 山形県知事(5)第1801号

セントラル不動産は山形市の売却に特化!瑕疵保険適用で収益・事業用物件にも対応

セントラル不動産は、山形市内の不動産売却を中心におこなう業者です。

セントラル不動産のメリットとしては、まず収益物件、事業用物件にも対応していることが挙げられます。

山形県は住宅地の面積が広く、住居用の売買を主とする不動産会社が多いので、セントラル不動産のように対応物件が多いのは嬉しいですね!

女性のお客様も多く、はじめての方でも相談しやすかったという口コミ・評判もあるので、検討中の方も来店してみてはいかがでしょうか。

会社名 セントラル不動産株式会社
本社所在地 山形市春日町7-17
設立 -
免許・登録 免許番号: 山形県知事 (2)第2372号 

レナーク不動産は米沢・置賜地域の売却が得意!対応地域の方は今すぐ相談を

レナーク不動産は、米沢市にある不動産会社です。

山形県の不動産会社の本店と対応地域は県庁所在地の山形市周辺に集中しているので、郊外の物件を売却する場合は対応業者を探すのに苦労します。

米沢市、置賜地域の物件を査定・売却希望の方は、まず周辺地域の中でも実績のあるレナーク不動産を選択肢に入れましょう。

また、こちらは空き家活用の相談にものってくれるので、米沢市の実家を相続した遠方の方などにもおすすめですよ!

会社名 株式会社レナーク不動産
本社所在地 米沢市桜木町2番80号 PAL桜木106
設立 2016年1月15日
免許・登録 免許番号: 山形県知事(1)第2532号

山形県の不動産売却の相場

山形県の不動産売却相場を見ると、土地は1,000~750万円、家は1,500万円前後、マンションは1,400万円前後となっています。

東北の県で言えば決して低いほうではないですし、相場も年々上がっているものの全国的に見ればかなり低いことに変わりありません。

全ての不動産タイプを入れて平均取引価格を算出した場合、都道府県別で全国44位という低さに甘んじています。

人口も少なく、土地も少ないので、不動産の需要・供給ともに盛り上がりに欠けますが、農地、林地の取引相場は高いという特徴があります。

山形県の坪単価

山形県の平均坪単価は10万円前後となっており、全都道府県で45位あたりにいることが多いです。

県内で最も坪単価が高いのは中心地である山形市で、大体20万円前後となることが多いです。

その下には約12万円の天童市、11万円の寒河江市などが続きます。

中でも最近上がっているのが東根市で、東根中央橋が開通してから中心部へのアクセスがかなり良くなったので、単価も上昇しつつあります。

山形県の不動産取引件数

山形県の不動産取引件数を見ると、宮城県以外の東北地方の県に比べると、そこまで低いわけでも高いわけでもないことが分かるでしょうか。

山形県は土地取引が盛んにおこなわれており、中でも農地・林地の売買が盛んです。

とはいえ、山形県の取引状況は日本全国と比較して決して良いわけではなく、土地の取引件数も最近まで減少傾向にありました。

現在でもこの傾向は変わりませんが、山形市の再開発で新築マンションが増加したことにより、全体の取引件数は増加しています。

山形県の不動産取引の特徴・傾向

前述の通り、山形県の都市部は現在、再開発の傾向にあり、特に山形市、鶴岡市で不動産取引が増加傾向にあります。

まだ大規模におこなわれてはいませんが、酒田市も今後開発がおこなわれていくと考えられています。

その分地域によって格差も生まれやすく、米沢市・置賜地域などの不動産査定・売却は苦戦しがちでしょう。

まずは対応業者探しから地道にはじめていきましょう。

山形県の不動産を高額で売却するコツ!

山形県は不動産売却件数が極めて少ないですが、その分競合がいないというメリットもあるので、少ないチャンスを逃さないようにさえすれば、相場以上の価格設定でも売却することが可能です。

ただ、チャンスをしっかりつかむためには、地元に向けて宣伝をするか、全国の不特定多数に向けて宣伝をするかが迷うところです。

このときにおすすめなのが、一般媒介契約という方法です。

これは、複数の業者に販売活動を依頼して成約にたどり着いた1社に仲介手数料を支払うという仕組みで、強みの違う業者に契約することも可能です。

一括査定サイトを活用して、大手業者と地元業者の両方に依頼するのもおすすめですよ!

山形県の不動産売却事例

山形県山形市の家を売却した不動産売却事例

男性アイコン
Oさん
売却物件
築年数19年
売却理由転勤のため
お住い山形県山形市(当時)

私は山形県山形市に生まれてからずっと両親と住んでいましたが、仕事の都合で東京に転勤することになりました。

両親も高齢ということでなるべく近くに住みたいと思い、相談して東京で二世帯住宅のような家を購入し山形の家を売却することにしました。

家を売るのは初めてで何をしたらいいのか分からなかったのでインターネットで調べると一括査定サイトがオススメとあったので今回利用しました。

家を売却したこともなく、不動産に興味あるわけでもないので相場も何も分からなかったですが、一度にいくつもの会社と比べることができて大体の値段が分かりました。

家の近くの不動産業者にも行きました。担当してくれた人は親身に話を聞いてくれ、相談にも乗ってくれましたが手数料が多くかかりそうだったので一括査定サイトの業者にお願いすることにしました。

山形県は人口も少ないため時間かかると心配していましたが、想像よりスムーズに売却できてよかったです。

近年山形市の都市開発が進んできているので資産として保有する人もいて県全体の取引件数が増えているようでした。

売却したお金も引っ越し資金に充てることができ、両親も東京での暮らしを楽しみにしていて、一括査定サイトを使って売却してよかったです。

山形県山形市のマンションを売却した不動産売却事例

女性アイコン
Tさん
売却物件マンション
築年数5年
売却理由離婚のため
お住い山形県山形市(当時)

私はもともと大阪府出身でしたが、結婚して夫の仕事の都合で山形県山形市に移り住みました。

しかし、数年で離婚することになり、大阪に戻ることにしました。

そこで二人で相談し、山形のマンションを売却し、お互い地元で一人暮らしすることにしました。

売却はそこまで急いでいなかったけど、離婚もあり心の整理をつけるためにもなるべく早く売却したかったので一括査定サイトを使いました。

山形県は近年不動産取引件数が減少傾向にあると聞いて不安でしたが、山形市を中心に住宅地の再開発を行い始めていたので想像よりも高く売却することができました。

全く相場を知らなかったため、街の不動産業者に聞いたりネットの査定サイトに登録したりしましたが、中でも一括査定サイトはとても便利でした。

1回の登録で何社かと比べることができて一目でどの業者が高いのか判断出来て手間が省けました。

街の不動産の業者は何回も足を運ばないといけないと聞いたけど査定サイトはメールのやり取りでわざわざお店に行く必要もなくて便利でした。

さらに、わずか2ヶ月で売ることができて非常に助かりました。

売却したお金も二人で分けてお互いに引っ越しなどに充てることができてよかったです。

山形県天童市の家を売却した不動産売却事例

女性アイコン
Nさん
売却物件
築年数37年
売却理由住み替え
お住い山形県天童市(当時)

私はもともと山形県の天童市の一戸建てに両親と住んでいましたが、少し古くなったため山形市に引っ越すことにしました。

東京や大阪のような人が多い県ならば賃貸として活用することもできたかもしれませんが、山形県で一軒家を借りる人はなかなかいないと思うので売却することにしました。

山形市の家を購入したときに聞いたところ、山形県で坪単価が一番高いのはやはり山形市で21.8万円、2番目に高いのが天童市で坪単価は12.2万円でした。

正直こんなにも差があるとは思いませんでした。

少しでも高く売ろうと一括査定サイトを利用していくつかの業者を比べようと思いました。

売却を特に急いでるわけでもないですが、2014年から山形県全体的に取引価格が増加しているので今のうちに売却しようと思いました。

少し古くなっていたし、県庁所在地でもないので売却に時間がかかると思っていましたが、3ヶ月で売ることができました。

インターネットで調べると東京都でも1年以上買い手がつかない物件もあるとあったので早く売れてよかったです。

不動産業者からもこまめに連絡を貰えて安心感もありました。

一括査定サイトを利用してよかったです。

このエントリーをはてなブックマークに追加