TOP > 家を高く売る > 家を売るならどこがいい?高く売ってくれる優良業者を選ぶコツ

家を売るならどこがいい?高く売ってくれる優良業者を選ぶコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加
家を売るならどこがいい

家を売りたいと思っても、どこに依頼すれば良いのかイマイチ分かりませんよね。

全国展開している大手の不動産会社から地域密着型の老舗中小まで不動産会社には様々な種類があるので、査定額を比較した上で慎重に選ぶようにしましょう!

今回は、家売却時の優良不動産会社の見分け方をわかりやすく解説していきます!

【完全版】家を売る方法を徹底解説!売却手続きの流れと損をしない極意

家売却のための業者選びは査定額を比較するのが基本

不動産会社を選ぶ際は、査定額を比較することがまず重要です。

査定額は「ウチならこれくらいで売れる」という見積もり価格で、業者によって異なります。

高値で査定してくれた業者と契約すれば、相場以上で売れる可能性が高まります。

ただ、実際に家を売った方のアンケートを見ると、半数の方が査定額ピッタリに売れており、残りの25%が査定額以上で売れ、後の25%が査定額以下でしか売れないという結果になりました。

査定額の高い業者と契約しても損をするリスクは十分あるので注意しましょう。

家の査定はどこを評価する?よく見られる6つのポイント

査定額が異様に高い不動産会社に要注意

例えば一括査定サイトなどで6社に査定を依頼すると、一社だけ飛びぬけて査定額が高いケースが見受けられます。

このように一社だけ異様に高い場合は安易に契約するのは危険です。

一括査定サイトから査定依頼をすれば、「依頼者は査定額を比較しようとしてるな」というのがバレてしまいます。

だからこそ、査定額を適正価格よりも高く吊り上げて、契約を取ろうとする悪徳業者が出てくるのです。

仲介売却業の収益は、売主から成約時に払われる仲介手数料がメインになります。この仲介手数料を得るため、どこの不動産会社も契約を取ろうと躍起になっているのです。

査定額の高い業者と契約することは大切ですが、あくまで「常識の範囲内」で選ぶようにしましょう。

家の売却相場と築年数・立地の関係!築10年から価格が付かない?

良い不動産会社を選ぶ3つのポイント

良い不動産会社を選ぶために、まずチェックしてほしい3つのポイントがあります。

まずは、この3つについてわかりやすく解説していきます。

①免許番号で営業年数を確認する

正規の不動産会社なら、店舗内やチラシにこの宅地建物取引業者票が必ず掲載されています。

これがないと非正規の詐欺業者である可能性が高いので注意しましょう。

上の例にもあるように、「免許番号」の項目に「〇〇県知事/国土交通大臣(△)第×××××号」という記載があります。

カッコ内の数字は免許を5年に1回更新した際に1つずつ増えていきます。

例えば(5)と記載されていれば、この会社は不動産業をはじめてから25~30年経っているということです。

カッコ内の数字が大きければその分実績も十分で安心だと見ることができます。

更新回数が少ない業者=実績不十分というわけではない!

注意点として、更新回数の多い業者は確かに信頼できますが、かといって更新回数の少ない業者が信頼できないわけではありません。

例えば、特定の地域で20年営業していた業者が事業拡大のために他県へ支店を展開することになったとします。

この時、免許番号は○○県知事(4)から国土交通大臣(1)へ切り替わってしまいます。

また、個人経営の法人化や会社統合、業務内容の変更でも更新回数は(1)にリセットされます。

逆に、更新回数の多い不動産会社でも、知識の浅い若手営業マンしかいないというケースがたまにあります。

免許番号のチェックは重要ですが、業者選びで万能なわけではないので注意しましょう。

悪徳・悪質不動産業者の営業手口を紹介!免許番号を調べてリスク回避

②業界団体に加盟しているかチェックする

上のマークは不動産屋に良く付けてあるので見たことのある方も多いと思います。

このハトマークとウサギマークは、特定の団体に不動産屋が加入している証です。

  • ハトマーク:全国宅地建物取引業保証協会(全宅)
  • ウサギマーク:全日本不動産協会(全日)

こちらの2つの団体に所属していれば、安全な業者である可能性が高いです。

また、こちらの2つの団体は、加入業者に対する苦情も受け付けているので、連絡先を把握しておいたほうが良いでしょう。

団体名 全国宅地建物取引業保証協会(全宅) 全日本不動産協会(全日)
所在地 東京都千代田区岩本町2-6-3 全宅連会館 東京都千代田区紀尾井町3-30 全日会館3階
苦情の連絡先 03-5821-8111 03-3263-7030

③業者の正確な実績・得意分野を見極める

例えば公式サイトで「年間仲介実績10万件!」と書いてあるような業者でも、内訳を見てみると100%がマンション仲介で、戸建て住宅は一切扱っていないかも知れません。

このように、不動産屋は実績を良く見せるために具体的な種別件数を見せないところが多いです。

例えばあなたが家を売りたい時、評判は良いがマンション仲介がほとんどの業者Aと、Aより実績は劣るが確かな戸建て仲介実績がある業者Bだったら、どちらを選ぶでしょうか?

間違いなくBを選ぶほうが高く売れる可能性は大きいでしょう。

曖昧な実績や口コミに惑わされることなく、「この家を高く売ってくれるのはどこか」というマッチングの意識で業者を選ぶようにしましょう。

まずは複数社に査定依頼!一括査定サイトを活用しよう

一括査定サイト

仲介業者を選ぶ際は、何よりまず複数社に査定を依頼して比較する必要があります。

この時、1社ごとに電話をかけていると時間と手間がかかり過ぎてしまいます。

そこでおすすめなのが、一括査定サイトというサービスです。

一括査定サイトを使えば簡単な物件情報を記入・送信するだけで平均最大6社に一瞬で査定依頼をすることができます。

詳しい使い方とおすすめサイトはこちらにまとめているので、ぜひ参考にしてください!

不動産一括査定サイト33社を比較!2018年おすすめランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

不動産査定の方法には無料と有料がある!かかる日数・査定額の違い
不動産を売却するときは不動産査定をするのが一般的です。査定の種類は無料のものと有料のものがあります…
マンションの売り時を見極める3つのポイント!2020年までにタイミング良く売る
マンション売却を始める時期は、かつては秋と冬がよいとされてましたが、今はローン金利の変化などにより…
分譲マンションを高く売る全知識!3割増で売却するためのポイント11選
分譲マンションの売却は、同じ物件の違う部屋が競合になることが多いです。他の部屋と比較されるのを上手…
仲介手数料は半額まで値切れる!値引き交渉のテクニック3選
仲介手数料を少しでも値引きするためにはどうすればよいのかまとめました!値引き交渉や得できるキャンペ…

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイト33社を比較!2018年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2018年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…