TOP > 不動産売却・査定都道府県一覧 > 大阪府の不動産売却相場と査定業者情報

大阪府の不動産売却査定!相場と不動産業者の特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加
大阪の不動産

大阪府は西日本の政治・経済・文化の中心地であり、特に大阪市はその中枢となっています。

面積は約19万K㎡、人口約880万人の大規模な地域です。

南西には大阪湾があることから、古くより海上交通の要衝として栄えた大阪府は、歴史的な建物も多くあり、観光地としても人気となっています。

企業の中でも東京と大阪の2地域にそれぞれ本社を構えるところは多く、地方都市でありながら総合的な産業の発信地としての性格を有しています。

おすすめ不動産タイプ
マンション、家
おすすめ業者タイプ
大手業者
売却のタイミング
上昇傾向

大阪府の不動産売却の相場

大阪府の不動産売却相場を見ると、土地が3,800万円、家が3,500万円、マンションが1,700万円前後となっています。

全都道府県の相場を比較すると、土地が47都道府県中2位、家が5位、マンションが8位ほどになっております。

当たり前ではありますが、全国的に見てもかなり高い水準を維持しています。

また、居住地利用の範囲が比較的広いため、居住用不動産の売却も盛んにおこなわれています。

現在ではタワーマンションの建築も進み、人口の都市部流入もおこっています。

大阪府の坪単価

大阪府の坪単価は、やはり府庁所在地であり、政治・商業の中心でもある大阪市が圧倒的に高く、約150万円ほどとなっています。

これほど高い査定評価であれば、売却をすることで確実に利益は見込めますね。

その次に吹田市や豊中市が続きますが、最も単価の低い豊能郡でも6万円前後は維持しているので、大阪は全体的に単価が高い地域だと見ることができるでしょう。

加えて前述のように企業の本社の数も多いことから、転勤によって流入してくる人の数もかなり多くいます。

不動産の需要が日本の中でも高い地域であり、今後も一定の評価が見込めるでしょう。

大阪府の不動産取引件数

大阪府の不動産取引件数を見ると、年間では府全体で5万件前後となっており、やはり不動産取引が活発であることがうかがえます。

そのなかでも取引が多いのが大阪市で、なんと全体の8割近くの件数を占めています。

その次に挙げられるのが豊中市、吹田市、東大阪市といった地域で、だいたい4,000件超となっています。

この4地域であれば、十分すぎるほど不動産売却利益は見込めるということですね。

また、豊中、吹田、東大阪の3都市は大阪市のベッドタウンとしての機能も有しているので、居住用不動産を売却する場合は大阪市より有利かもしれません。

大阪府の不動産取引の特徴・傾向

大阪府の不動産取引の傾向としては、やはり大阪市の一極集中が目立ちます。

しかし、こうした状況も今後10年の都市開発によって変化するのではないかとも予測されています。

具体的に言えば、オフィス街と住宅街の分離が進むということです。

このような状況が進むと、単価自体は大阪市が高いとはいえ、実質的に個人間で取引されるのは周辺3都市がメインになるということが予測されます。

こうした劇的な変化を嫌って早期売却する人もいれば開発を待って売却を後回しにする方もいるでしょうが、どちらが有利かは立地と物件に左右されるので、不動産業者に相談することをおすすめします。

大阪府の不動産を高額で売却するコツ!

大阪は東京に次ぐ日本の巨大都市であり、周辺の府県も巻き込んで巨大な経済圏を形成しています。

そのため、大阪府の不動産を売却する場合には、府境をこえて、同一経済圏にある不動産が競合物件となります。

たとえば、大阪の企業に勤務する人達に人気なのが、西宮や芦屋といった兵庫県の高級住宅街です。

大阪の居住用不動産を売却する場合は、これらの地域の不動産も競合となるため、動向を把握していなければなりません。

また、大阪は地域による評価やブランドがはっきりとしている土地柄でもあり、高級住宅街と下町がきっぱり分かれている傾向も以前までありましたが、現在では特に若年層を中心に利便性が要求される傾向にあり、遠い芦屋に住むよりも近くの大阪府内のマンションを購入するという人が増えています。

このように、相手の年齢によっても売り出し方が異なるので、どんな計画で進めるかしっかりと考えておきましょう。

大阪府の不動産売却事例

大阪府大阪市のマンションを売却した不動産売却事例 

男性アイコン
Hさん
売却物件マンション
築年数7年
売却理由資金作りのため
お住い大阪府大阪市(当時)

大阪市内で自営業をしていますが、最近はあまり利益も出ず、経営も赤字続きになっていたので赤字を補填する資金作りのため、7年前に購入し住んでいたマンションを売ることに決めました。

私は独身でしたが、荷物が多かったので2LDKに住んでいました。

とりあえず、大阪府内にある実家に引越してハウスクリーニングを入れてから販売活動をしてもらう不動産業者を探し始めました。

最初は、親に不動産屋を紹介してくれるという話でしたが、私自身忙しくなかなか時間が合わなかったため、インターネットで探したとこ一括査定サイトを見つけたのでそちらで申し込みをしました。

何社かの営業マンと話をしてこちらの条件を伝えました。

条件としては、相場価格でなるべく早期の売却です。

値下げ交渉のことも考え、やや高めに売り出しました。

何組か購入希望者は現れましたが、交渉がうまくいかず不安にもなりました。

しかし、販売活動を始めてから2ヶ月半ほどたって現れた購入希望者は交渉もうまくいき、無事売ることができました。

一括査定を使うメリットは、いろんな会社の不動産価格がわかることと何社もの営業マンと直接話せることだと思います。

マンションや一戸建ての売却を考えるなら検討してみてはいかがでしょうか。

大阪府大阪市のマンションを売却した不動産売却事例 

男性アイコン
Aさん
売却物件マンション
築年数16年
売却理由住み替えのため
お住い大阪府大阪市

大阪にうまれ大阪で育ち、就職と結婚をしました。

結婚して5年後に中古で築11年のマンションを大阪市内に購入しました。

しかし、ここ数年で子どもが4人生まれ子ども部屋も随分狭くなってきたので住み替えを検討してみました。

特に住みたい場所などは決まっておらず、大阪市内であればどこでも良かったです。

現在では築20年近いマンションですが、立地もよく比較的きれいなのですがどのくらいで売れるのか心配になってきた時に見つけたのが無料でできる一括査定です。

申し込むと何社からかすぐに返信があり、話を聞いてみると相場より気持ち高く売却できそうという言葉に負けて売り出すことにしました。

その不動産業者は、住替えにも強い会社だったので全てサポートしてもらうことにしました。

新居の購入費用もそこまで余裕はなかったのでなるべく高く売りたいという思いを営業マンの方がしっかりと聞いてくださり、思っていたよりも高く売ることができました。

その後の住替え先もしっかり紹介してくださり、思っていたよりも新居のローンも少なくすることができたのでとても満足しています。

いい不動産屋さんと巡り会える良いきっかけだったと思います。

大阪府豊中市の家を売却した不動産売却事例 

女性アイコン
Tさん
売却物件
築年数22年
売却理由相続したが使い道がないため
お住い東京都豊島区

私は現在子ども2人と東京のマンションで暮らしています。

主人は2年ほどまえから海外に単身赴任をしているのですが、大阪に住む主人の母が去年亡くなり大阪にある一戸建てを主人が相続することになりました。

主人は兄弟もおらず、親戚も少ないため相続した一戸建てを売却することになりました。

主人が仕事で忙しく日本にいないため私が主人の大阪の実家を売ることになりました。

もちろん不動産の知識など0に近いほどなかった私は不安でいっぱいでした。

インターネットで不動産売買に定評がある業者のサイトを幾つか見ていたのですが、その中で気になった企業があったので売買契約を結び販売活動を始めました。

査定額は、相場より低めでしたが主人に相談したところ問題ないということだったので比較的安い価格で売り出していました。

しかし、建物自他は古く土地のある場所もあまり良くなかったせいか、引き渡しまでに8ヶ月ほどかかってしまいました。

インターネットの口コミでは3ヶ月で売った人もいたので不安な気持ちでいっぱいでしたが担当の営業マンにサポートしてくださり無事終えることができました。

販売をお願いしたのが大手だっただけにしっかりと教育された良い営業マンという印象です。

本当に助かりました!

このエントリーをはてなブックマークに追加