TOP > 不動産売却・査定都道府県一覧 > 島根県の不動産売却相場と査定業者情報

島根県の不動産売却査定!相場と不動産業者の特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加
島根の不動産

島根県は、中国地方の日本海側である山陰地方の西部に位置する県で、面積約67万K㎡、人口約68万5,000人の小規模な地域です。

かつては農業が盛んにおこなわれていましたが、現在では下火になっています。

その一方で伝統的に漁業が盛んであり、中国・四国の中では漁獲量が最も多い地域となっています。

その他の産業としては建設業、製造業、観光業が要となっており、特に建設業に関しては、公共事業の件数が全国2位の多さであることを背景に成長してきました。

観光業は、出雲大社と松江城の2つが要となっています。

おすすめ不動産タイプ
マンション
おすすめ業者タイプ
地元業者
売却のタイミング
横ばい

島根県の不動産売却の相場

島根県の不動産売却相場を見ると、土地が900万円前後、家が1,500万円前後、マンションが1,600万円前後となっています。

お隣の鳥取県と比べると少し高くなってはいますが、それでもやはり全国平均に比べて低めとなっています。

ただ、土地の相場が47都道府県中40位前後、家が40位代半ばとなっているのに対し、マンションの相場だけが10位代半ばと高めです。

特に県庁所在地である松江市と、出雲市のマンションは査定評価も高くなっているので、利益が十分見込めますよ!

島根県の坪単価

島根県の坪単価を見ると、県庁所在地の松江市が17万円前後、出雲市、浜田市が10万円前後となっています。

松江市を中心に、上記の3都市が島根県の不動産売却をけん引しているということですね。

その他の地域は査定額が割と同じとなっており、3~7万円の範囲にほとんどの地域が収まっています。

もっとも査定評価が低いのは邑智郡で、その中の邑南町の坪単価は1万円強となっています。

このような地域ごとの単価の違いを知っておくことは、島根県の不動産売却を有利にすすめるために大切ですよ。

島根県の不動産取引件数

島根県の不動産取引件数ですが、意外にも出雲市が2,000件弱で最も多く、わずかに県庁所在地の松江市を上回っています。

相場では3位以内に入っていた浜田市は出雲市、松江市の取引件数を大きく下回り、益田市などと並び500件前後となっています。

つまり、出雲市と松江市の2都市に不動産があることが、利益を得るにはおすすめだということですね。

実際に、島根県の不動産取引件数は年間で7,000~8,000件なので、1,700~1,900件ほどの取引がある出雲市、松江市の取引を合計すると、島根県の半数近くの取引がおこなわれていることになりますね。

島根県の不動産取引の特徴・傾向

島根県の不動産取引の特徴としては、都市部ではそこそこの利益を見込める一方で、郊外の相場がだいたい同じになっているということです。

島根県は農林水産業が長いこと産業の中心になっていましたが、全国的に一次産業が衰退したこともあり、都市部でおこなわれるサービス業が若者に人気を集め、さらなる一極集中を招いたと考えられます。

では、郊外の不動産を売却するなら人口が回復するのを待つべきかといえばそんなことはなく、2020年以降本格的に少子高齢化が進展することを考えると、むしろ現在が不動産売却の最後のチャンスとも考えられます。

特に家やマンションは築年数が1年経つごとに評価を著しく低下させるので、そういった意味でも早期売却がおすすめといえますね。

島根県の不動産を高額で売却するコツ!

前述の通り、島根県のような地価の低い地域では、不動産を業者買取してもらうのも一つの手です。

通常の不動産売却は不動産業者の仲介のもと、広告のポータルサイト掲載やポスティングなどを通して宣伝し、購入希望者を探していきますが、買取の場合は業者が買い取ってくれるので、買い手が見つからないということがなく、最長でも1か月程度で必ず代金を得ることができます。

ただ、買取で得られる代金は仲介による売却の6割ほどにしかならないので、どうせなら仲介売却にチャレンジしたいですよね。

こんなときにおすすめなのが、総合系の不動産業者に媒介契約を依頼することです。

仲介売却も買取もあつかっている業者の中には、最初は仲介による売却をおこなうが、一定期間たっても買い手が見つからない場合は買取にチェンジできるというプランを提供しているところがあります。

利益を追求できるが、大失敗も防ぐことができるという、地価の低い島根の不動産には最適の方法ですよ!

島根県の不動産売却事例

島根県出雲市の家を売却した不動産売却事例 

男性アイコン
Nさん
売却物件
築年数35年
売却理由住み替えのため
お住い島根県出雲市

6年前に結婚をした際に、親戚から安く譲って貰った島根県内の一戸建てを売ることになりました。

貯金もだいぶたまり、私の仕事調子がよく念願の注文住宅を島根県の松江市に建てることが決まったからです。

結婚当初からの目標まであと一歩まで貯金がたまったので、思い切って住んでいる家を売ることになったのですが、住替えの知識がなく相談する相手もいなかったのでインターネットで情報収集をおこなっていました。

そんな時たまたま見つけることができた、一括査定サイトでとりあえず申し込みをしてみました。

物件自体は築35年のものでしたが、おもったよりも高い金額でたので正直驚きました。

その後、4社ほど直接会って話す機会があり一番高い値段をつけてくれた不動産業者に買い手を探してもらうことにしました。

しかし、やはり販売価格が高かったのかなかなか購入希望者が現れませんでした。

この家を売却して新居購入の頭金に充てたかったので、正直焦りました。

そんな時に購入希望者が現れ話もスムーズにまとまる事ができました。

値下げ交渉もありましたが、担当者の方を適切な助言のお陰でこちらの損は無く相場価格に近い値段で売ることに成功しました。

結果的にいい売却になったと思います。

島根県出雲市の土地を売却した不動産売却事例 

男性アイコン
Hさん
売却物件土地
築年数
売却理由資金作りのため
お住い島根県出雲市

島根県の出雲市で自営業をやっています。

私の家系は大きな土地をいくつかもっていたので少し売って夫婦で旅行に行こうという話になり売ることに決めました。

土地は更地でしたが、車で10分以内にはスーパーやコンビニに行けるので立地は悪くないとお思います。

以前から、交流のあった個人の不動産屋に相談に行きましたが、ここ数年体調が悪く力になれないと断られてしまいました。

困った私は息子に相談することにしました。

息子にインターネットで調べてもらい、一括査定に申し込むことになりました。

その後、営業マン何人かと話しましたがやはり地元に密着した、営業を行っている業者に販売活動をしてもらうということで仲介契約を結びました。

売却までにかかった期間は2ヶ月と思っていたよりも早く売れたので良かったです。

売った土地の周りは自然が多いのですが、購入してくれた島根の若い夫婦の方は理想の環境と言ってくれたのがとても嬉しかったのを覚えています。

今までにはなかったインターネットからの不動産売却は不安でしたが、結果大満足です。

島根県松江市の家を売却した不動産売却事例 

男性アイコン
Sさん
売却物件
築年数34年
売却理由引っ越しのため
お住い島根県松江市(当時)

今まで島根県にしか住んだことない私でしたが、自分でやっていた飲食店を年内で閉めて、息子夫婦の住む神戸に引っ越すことにしました。

もともと、そのまま島根に住み続ける予定だったのですが、息子夫婦に心配だから一緒に住もうと言われたときは正直うれしい反面不安ありました。

引っ越ししたあとに、税金のことなど考えて住んでいた島根の家を売ろうと思い息子に相談しました。

息子は最初は反対しましたが、納得してもらい、知人などに不動産売却について聞いてくれました。

しかし、あまりいい情報が得られなかったのか、インターネットを使って一括査定をすることにしました。

どうせ売るなら高く売りたかったので、一番高い査定結果を出した業者に売ってもらうことにしました。

最初売り出した価格は、相場価格よりも高めでしたが、3ヶ月で購入希望者が現れました。

しかし、値下げ交渉の際に大幅な値下げをお願いしてきたので正直迷いました。

物件も古いため、解体する費用などといった理由での値下げだったので、渋々承諾し売ることが出来ました。

売る値段は用を下回りましたが、自分で解体する手間も省け、ちゃんと売れたので個人的には満足いく結果になりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加