TOP > 都道府県の不動産会社ランキング > 鳥取県の不動産査定・売却相場|おすすめ不動産会社ランキング

鳥取県の不動産査定・売却相場|おすすめ不動産会社ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加
鳥取の不動産

鳥取県は山陰地方の東側に位置しており、岡山県、広島県と接しています。

面積は約35万K㎡、人口は約56万6,000人となっており、47都道府県の中で最も人口の少ない地域となっています。

日本列島の中でも西方に位置していますが、日本海側の気候のために冬には雪が多く降るという特徴もあります。

農業と漁業が鳥取県の産業の中心であり、スイカや松葉ガニは全国的に有名です。

鳥取県の不動産取引は県庁所在地の鳥取市が中心となっていますが、人口が少ないこともあり、全国的に見ても相場・件数ともに低くなっています。

おすすめ不動産タイプ
マンション
おすすめ業者タイプ
地元業者
売却のタイミング

鳥取県の不動産査定におすすめの業者

鳥取県の不動産売却査定
•鳥取県の不動産査定・売却におすすめの業者ランキング
順位 会社 業者のタイプ 得意な不動産 得意なエリア
1位 大京穴吹不動産株式会社 大手 全般的に取り扱い 鳥取県全域に対応
2位 株式会社海南開発 地域密着 全般的に取り扱い 鳥取市中心
3位 アパマン情報館エステートセンター 大手 全般的に取り扱い 鳥取市中心
4位 株式会社ケイティー 地域密着 全般的に取り扱い 鳥取市中心
5位 株式会社エル・オフィス 地域密着 全般的に取り扱い 鳥取市中心
6位 株式会社ライフエステート 地域密着 全般的に取り扱い 鳥取県東部中心
7位 株式会社奥西 地域密着 全般的に取り扱い 盛岡市周辺
8位 北日本地産株式会社 地域密着 全般的に取り扱い 鳥取市中心
9位 株式会社サウス・ウイング 地域密着 全般的に取り扱い 盛岡市周辺
10位 株式会社ウチダレック 地域密着 全般的に取り扱い 米子市中心

鳥取県は全体的に不動産査定・売却の相場がかなり低めで、なかなか利益を見込めずにいます。

その一方で地元の不動産会社の質はなかなか高く、中には全国版のニュースで紹介されたような業者もあります。

鳥取市周辺は県内でも比較的相場が高めとなっているので、こうした立地の物件を質の高い業者に仲介依頼すれば高額査定・売却も夢じゃないですよ!

大京穴吹不動産は鳥取県4市に対応!売却指標も合わせて手続きをすすめよう

大京穴吹不動産は、仲介事業を営む大京グループの業者で、全国の売買仲介に対応しています。

特にマンション売却を強みとしているので、マンションを売りたい方はまずこちらに相談してみましょう。

詳しい保証やサービス内容は以下にまとめてあるのでチェックしてください!

大京穴吹不動産で不動産売却査定する評判・口コミ・手数料

鳥取県では鳥取市、米子市、倉吉市、境港市といった比較的都市部の地域に対応しています。

会社名 株式会社大京穴吹不動産
本社所在地 東京都渋谷区千駄ヶ谷4丁目19番18号 オリックス千駄ヶ谷ビル
設立 1988年12月7日
免許・登録 免許番号:国土交通大臣免許(7)第4139号

海南開発は鳥取市中心に営業!丁寧なフォロー・サービスが魅力

海南開発は、鳥取市と中心に運営している不動産会社です。

サービスの幅広さが魅力で、査定・相談から売却、賃貸、リフォームなどに対応可能です。

一番最初に海南開発に相談をしてから、旧物件の売却やその後の税金処理、あるいは住み替え物件のリフォームなど、この1社さえあればあらゆる局面にも対応できるのが嬉しいですね!

地域密着を社是とする会社なので地域に対する知見も深く、信頼度抜群です!

不動産売却は初めてで良くわからないという方、高額資産を預けるなら信頼できる業者を選びたいという方に海南開発はおすすめです!

会社名 株式会社海南開発
本社所在地 鳥取市富安2丁目161番地6
設立 1967年2月28日
免許・登録 免許番号: 鳥取県知事免許(15)第94号

アパマン情報館エステートセンターは大規模サイトを運営!鳥取市最大級業者

アパマン情報エステートセンターはアパマンショップのグループに属し、鳥取県内では最大規模の不動産会社となっています。

以下の6店舗が県内にあり、最寄りの店舗へ気軽に相談することもできますよ!

  1. アパマンショップ 鳥取大学前店
  2. エステートセンター 鳥取駅南店
  3. エステートセンター本店 アパマンショップ鳥取店
  4. アパマンショップ 鳥取田園町店
  5. アパマンショップ 鳥取湖山店
  6. アパマンショップ鳥取行徳店

複数店舗があることを活かしたネットワーク力の他にも、上の画像のようにイエステーションと連動したポータルサイトも運営しているので、集客力もバッチリですよ!

会社名 株式会社エステートセンター
本社所在地 鳥取市南吉方1丁目114-3
設立 2001年6月28日
免許・登録 -

ケイティ―は今ドキのWebを使った不動産宣伝に強み!

株式会社ケイティ―は、鳥取市に本社をおく不動産会社です。

若者をターゲットにした活動を比較的多く展開しており、鳥取市内の大学生からも人気があります。

ケイティ―の強みとしては、Webを使った宣伝力でしょう。

物件の特徴に応じてカテゴリを細分化することで、購入希望者とのマッチング率を強化しています。

また、上の画像のようにオシャレに宣伝をしており、若者受けもバッチリです。

売り手自身が20~40代だったり、そういった層をターゲットにしたいと考えているなら、ケイティ―はおすすめですよ!

会社名 株式会社ケイティー
本社所在地 鳥取市富安1-173 KTビル1F
設立 -
免許・登録 鳥取県知事(7)第942号

エル・オフィスは全国的に注目!新しいタイプの不動産会社です

エル・オフィスは、不動産会社と行政書士事務所が一緒になった新しいタイプの不動産会社となっています。

過去に県内向けにCMも放映されていたので知っている方も多いでしょう。

エル・オフィスの強みとしては、アットホームやSUUMOといったポータルサイトと連動しているということもありますが、何より法律面でもバックアップしてくれるということでしょう。

はじめて不動産売却をする人は、高値で売れるかどうかの他に、法律・ルールをちゃんと守れるかという不安もあります。

エル・オフィスなら、そういった心配をせずにすみますよ!

会社名 株式会社エル・オフィス
本社所在地 鳥取市湖山北1丁目427番地1
設立 2012年3月23日
免許・登録 鳥取県知事(1)1329号

鳥取県の不動産売却の相場

鳥取県の不動産売却相場を見ると、土地が800万円前後、家が1,400万円前後、マンションが1,100万円前後となっています。

全国的に見ても低い相場となっており、土地価格は47都道府県中43位、家は45位、マンションは37位となっています。

比較的相場が低めな東北地方や四国と比較しても鳥取は低いほうで、不動産売却によって利益を得るのは難しい状況となっています。

基本的には県庁所在地である鳥取市の不動産を県内の郊外からやってきた移住者向けに売却するのがセオリーとなるでしょう。

ただ、そんな鳥取市といえども相場が高いわけではなく、利益がギリギリ見込める程度となっています。

鳥取県の坪単価

鳥取県の坪単価は、やはり県庁所在地の鳥取市が最も高く、15万円前後となっています。

その次に続くのが米子市の13万円前後で、ほとんどの不動産取引がこの2都市でおこなわれています。

ただ、県の中心部の単価が15万円前後というのは極めて低いです。

県全体で見れば相場額が低い地域でも、だいたい県庁所在地の単価は20万円前後になっていることを考えると、鳥取県はそもそも不動産売却をおこなうのが非常に難しい地域と見なせるでしょう。

買い手が見つかりにくい状況であれば、業者に不動産を買い取ってもらうのも1つの手ですよ!

鳥取県の不動産取引件数

鳥取県の不動産取引件数を見ると、年間5,000件超という極めて少ない数しかありません。

そのなかでも鳥取市、米子市の不動産取引件数を合計すると3,000件強となるので、鳥取県の不動産売却は大半がこの2都市が担っているということになります。

2都市以外の地域の不動産取引件数はどこも似たりよったりで、だいたい100件前後となっています。

取引件数が少ないので競合物件が少ないというメリットはありますが、その代わり買い手の数も少ないので、成約に至るのは難しいでしょう。

鳥取県の不動産取引の特徴・傾向

鳥取県の不動産取引の特徴としては、鳥取市、米子市の2市に集中していることが挙げられますが、この2都市の不動産も査定評価がそこまで高いわけではありません。

また、人口も少ないので、買い手もなかなか見つかりにくくなっています。

こうした地域においては、まず確実に不動産を取引することが大切です。

たとえば、相続したが使い道のない土地は、所有しているだけで固定資産税の支払い義務が発生します。

そのため、不動産を売却して利益を得るというのは二の次にして、まずは確実に処分することを考えていきましょう。

鳥取県の不動産を高額で売却するコツ!

鳥取県のような地価の低い地域では、不動産を業者買取してもらうのも一つの手です。

通常の不動産売却は不動産業者の仲介のもと、広告のポータルサイト掲載やポスティングなどを通して宣伝し、購入希望者を探していきますが、買取の場合は業者が買い取ってくれるので、買い手が見つからないということがなく、最長でも1か月程度で必ず代金を得ることができます。

ただ、買取で得られる代金は仲介による売却の6割ほどにしかならないので、どうせなら仲介売却にチャレンジしたいですよね。

こんなときにおすすめなのが、総合系の不動産業者に媒介契約を依頼することです。

仲介売却も買取もあつかっている業者の中には、最初は仲介による売却をおこなうが、一定期間たっても買い手が見つからない場合は買取にチェンジできるというプランを提供しているところがあります。

利益を追求できるが、大失敗も防ぐことができるという、地価の低い鳥取県の不動産には最適の方法ですよ!

鳥取県の不動産売却事例

鳥取県鳥取市のマンションを売却した不動産売却事例 

男性アイコン
Rさん
売却物件マンション
築年数6年
売却理由相続したが使い道がないため
お住い島根県松江市

去年、父が病気でなくなってしまい、父の住んでいた鳥取県鳥取市にあるマンションを売ることになりました。

物件自体は、築6年と比較的新しく賃貸として貸し出すことも考えましたが、税金面のこともあり得ることにしました。

私は隣の島根県に住んでいて仕事も落ち着いていたので、すぐに大手の不動産会社に相談に行きました。

一応簡易査定もやってもらいましたが思っていたよりも金額が少なかったため辞めました。

インターネットで調不動産の売却について調べていると、田舎の土地は地元業者がいいと書いてあったので昔から地元にあるところに相談に行きました。

少し年配の方でしたが、ベテランの雰囲気があり査定額も相場価格よりやや高めで売れそうと言ってくれたのでお願いすることにしました。

鳥取市内の方や市外の方から何件か問い合わせをいただき内覧会を行いました。

担当者からハウスクリーニングの業者も紹介してもらい、内覧会では手応えを感じました。

内覧会の数日後に購入希望者が2組も現れ、無事に売却することが出来ました。

部屋を綺麗にしていたお陰で、変な値下げもなく売れたので本当に良かったです。

やはり、ベテランの方が担当者だったので流石だなと感じました。

鳥取県鳥取市の家を売却した不動産売却事例 

男性アイコン
Sさん
売却物件
築年数4年
売却理由離婚のため
お住い鳥取県鳥取市(当時)

8年前に結婚した妻と先月離婚することになり4年前に購入した、鳥取県鳥取市にある一戸建てを売り払うことにしました。

私の職場も近く、気に入っていたのですが住み続けることに抵抗があったからです。

その為、離婚後はすぐにひとり暮らし用の賃貸マンションに引っ越しました。

仕事が忙しく、半年ほどそのままにしていましたが、仕事が落ち着いたのでどうしたら売却できるのか調べるようになりました。

とりあえず一括査定をしてもらい、短期間で売ってくれる不動産業者に買い手を探してもうことにしました。

短期間で売ることが目的だったので、相場価格よりやや低めの価格で売り出しました。

価格も低く、物件自体も築浅で綺麗だったので売り出してからすぐに問い合わせがあり内覧会をしました。

売却理由が離婚だったので、ある程度時間がかかってしまうことを覚悟していましたが、結果的には3ヶ月半くらいで購入者の方が現れたので本当に安心しました。

担当の営業マンの方が精力的に販売活動を行ってくれたおかげだと思います。

住宅ローンもほとんど無くなったので、新生活への不安もなくすことが出来ました!本当にお世話になったので感謝のきもちでいっぱいです。

鳥取県米子市の家を売却した不動産売却事例 

女性アイコン
Mさん
売却物件
築年数23年
売却理由相続したが使い道がないため
お住い東京都中野区

都内に在住している会社員です。

先日、父が病気で亡くなり鳥取県内にある実家を売ることに決めました。

実家を売ると決めたのも、生前から父と仲が悪く自分の田舎である鳥取県にも何年も帰っていなかったからです。

鳥取県の実家を売り出しても、なかなか買い手が見つからなそうなので不安な気持ちでいっぱいでした。

最初は、大手の不動産屋と仲介契約をむすんで 販売活動を行いましたが、3ヶ月経っても全く売れそうな気配が無かったので契約を解消し、新しいところに依頼しようと思いました。

一括査定を使って選ぼうかと思いましたが、確実に売ることが目的だったので買い取り保証のある不動産屋を調べて依頼しました。

担当の営業マンと話してみると、親しみやすく接しやすかったので好印象でした。

前回依頼したところの担当者は、年上で相談などもしづらかったので不安も大きかった為、今回の業者は信用できると思い安心して任せることが出来ました。

結果的に契約期間なで買い手は見つからず買い取ってもらうことになりましたが、最初から最後までのフォローもしっかりしてくれて不安な部分が残らないように相談にもちゃんと乗ってくれたのでとても気持ちよく不動産売却を終える事ができました。

もちろん、相場価格を下回る形になってしまいましたが後悔は無いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加