TOP > 不動産売却時にかかる諸費用・税金

不動産売却時にかかる諸費用・税金

このエントリーをはてなブックマークに追加
不動産売却時の諸費用・税金について紹介します。
固定資産税がいくらか調べる最も簡単な計算方法
2019.10.17
固定資産税をいくらか求めるのは、実はかなりカンタンです。今回は初心者でもできる最も簡単な計算方法を紹介します。
税金・費用のシミュレーション
2019.10.09
不動産売却で入る利益は、諸費用が引かれることを想定して計算しなければなりません。特に、費用の中でも高額になる3つは、事前にシミュレーションをしておくことをおすすめします。
不動産模型と消費税
2019.09.09
個人の不動産売却では基本的に消費税が課されません。ただ、投資用の売却など例外もあるので注意しましょう。この記事は家、マンション、アパートを売る方などが気にしがちな消費税の取扱についてまとめています。
家の模型を持つおばあさん
2019.07.18
不動産売却で課される税金は、売り出し物件の所有期間が5年以上であるかで金額が変わります。ただ、控除すると損な場合もあるので注意しましょう。
不動産売却の確定申告で譲渡所得と認められる経費・取得費について
2019.02.19
不動産売却の確定申告では、出来るだけ経費を計上しておくと税金がお得です。今回は計上できる経費の内容や節税効果を詳しく解説していきます!
確定申告
2019.02.14
不動産売却時の確定申告は、しっかり期限内に納付しないと遅延金が発生するので注意が必要です。事前に書類を準備しておく事をお薦めします。また、多忙な方は国税庁HPなどを利用すると時間短縮できます。
確定申告書と不動産と売却代金
2019.02.14
不動産売却では必ずしも確定申告が必要なわけではなく、利益が出た場合は基本的に不要です。ただ、損失が出た場合も申告することで特例を受けられることもあるのでチェックしましょう。
不動産売却の確定申告を税理士に頼む方法・支払う報酬の相場
2019.02.14
不動産売却の確定申告は税理士に依頼することもできます。しかし、依頼にはメリット・デメリットがあるので事前に学び、慎重に判断する必要があります。
不動産売却後の確定申告の時期はいつ?期限を過ぎたらどうなる?
2019.02.14
不動産売却は確定申告が必要ですが、いつからいつまでに申告をすれば良いのでしょうか?今回は確定申告の時期と延滞時のリスクを詳しく解説していきます。
初めての人も分かる不動産仲介手数料の仕訳!ケースごとに方法を紹介
2019.02.14
不動産売却をおこなったときに業者へ支払う必要がある仲介手数料は、取引の種類によって簿記・会計でどう扱われるかが異なるので注意しましょう。ここでは、はじめての方にもわかりやすくケースごとに解説していきます!
仲介手数料のイメージ
2019.02.14
仲介手数料をなぜ、いくら払うのか、その根拠と相場・計算方法を説明しています。後半では手数料を値引きする方法も掲載してあるので、お得に不動産売却をしたい方はぜひお読み下さい!
家を持って怒る夫婦
2019.02.14
不動産売買契約が結ばれると、仲介手数料を支払う義務が発生しますが、その後、相手の都合で契約をキャンセルされても支払わなければなりません。業者によっても手数料の扱いが曖昧なので、媒介契約前に確認しましょう。
仲介手数料無料の落とし穴とは?お得なサービスの裏側
2019.02.14
仲介手数料無料をうたう不動産会社は増えていますが、こうしたところにはカラクリがあることが多いです。今回は、仲介手数料無料の裏側を分かりやすく解説していきます。
不動産の仲介手数料に消費税はかかる?10%増税の前に売るべき?
2019.02.14
仲介手数料と消費税の関係について徹底解説!増税後の手数料のシミュレーションや、増税前に売る際の注意点も分かりやすく説明しています。
住宅模型と書類
2019.02.14
不動産売却で利益が出ると、譲渡所得税という税金が課されます。この税金は所有年数によって値上がりする減価償却費によって引かれますが、売却タイミングをそのために遅らせるのはおすすめできません。
電卓と家
2019.01.23
不動産売却の費用は、仲介手数料などをはじめ、様々な種類があります。これらの違いを知り、手続きとリンクさせながら覚えておくことで、安定した資金計画が立てられます。
家の模型を虫眼鏡でみる
2019.01.09
不動産売却の譲渡所得税は特別控除を利用することで免除を利用することが可能です。マイホームであれば利用可能といわれていますが、実は細かい条件もあるので注意しましょう。
固定資産税と電卓
2018.12.04
不動産売却を行った後も、引き続き売り手には固定資産税を納める義務があります。しかし、慣習としては引渡日を境に負担を分割するという方法が取られています。この際、決算日をいつにするかで比重が変わるので気をつけましょう。
家と電卓
2018.10.30
不動産売却時には印紙税がかかります。売却額によって負担額はまちまちですが、家を売る場合は1万円ほどが相場です。2通作成が基本ですが、売り手は控えをコピーにすることで節税できます。
不動産売却を検討する法人組織
2018.08.27
法人名義で不動産売却をすると売上に不動産売却利益を含んで税金を算出するので、税金が安くなります。個人の方はあまり必要ない知識ではありますが、念のために知っておきましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加