TOP > 不動産売却・査定都道府県一覧 > 福井県の不動産売却相場と査定業者情報

福井県の不動産売却査定!相場と不動産業者の特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加
福井の町並み

福井県は北陸地方に含まれることの多い県であり、面積4,189K㎡、人口80万人弱となっています。

豪雪地帯のイメージが強い日本海側の福井ですが、対馬海流の影響で冬は温かいという特徴があります。

地域によっては大雪が降るところもあり、傾斜が急でないため、全国各地からスキー・スノーボード愛好者が集まります。

このような、地域による積雪量の違いは、不動産売却に大きく影響します。

自然が美しく、観光地としても人気のある福井県は、一般的に北陸地方に属しますが、中には中部地方や近畿地方に属されることもあります。

おすすめ不動産タイプ
マンション、土地
おすすめ業者タイプ
地元業者
売却のタイミング
2023年

福井県の不動産売却の相場

福井県の不動産売却相場をみると、土地が1,000万円前後、家が1,750万円前後、マンションが1,500万円前後となっています。

全都道府県ごとの順位を見ると、土地、マンションが20位台中盤、家が30位台中盤となっています。

日本海側の地域であることを考えると決して低い相場ではなく、不動産売却によって十分な利益を見込めると考えられますが、その一方で特にマンションの相場変動が激しく、上は2,000万円から下は800万円前後にまで動くことがあります。

こうした変化をマンション売却時には注意しておきましょう。

福井県の坪単価

福井県の坪単価は14~16万円ほどとなっており、全国の中では20位台中ば~後半となっています。

中でも単価が最も高いのが県庁所在地の福井市で、約24万円となっています。

その次に来るのが越前市で、単価はおよそ13万円ほどです。

こうしてみると福井市の単価が突出して高いですが、福井市の中でも不動産取引が多いのはショッピングモールや住宅地が密集している郊外であり、市の中心部は取引が頻繁におこなわれてはいません。

福井市の中心よりも、福井市の更にベッドタウンとして人気な越前市の方が注目を集めています。

福井県の不動産取引件数

福井県の取引件数をみると、県庁所在地の福井市が査定額と共に最も多く、県全体の取引件数の3、4割を占めています。

その次に取引が盛んにおこなわれている地区としては、高木地区、渕地区、越前市、坂井市が挙げられますが、福井市に比べると遠く及ばない件数となっています。

しかし一方で、県の中心部の取引が多く、郊外が低いのかと言えば一概にそうとは言えず、昔から中心部であった松本地区、宝永地区の取引件数は低下しつつあります。

福井県の不動産取引の特徴・傾向

福井県の不動産取引の特徴としては、市街地にある居住用不動産を中心に取引される傾向があることが挙げられます。

こうした歴史が長く、福井の不動産売却は住まいを取引するものだというイメージが強いですが、現在では郊外を中心に商業施設建設などがおこなわれているため、個人対法人の不動産取引が盛んになっています。

こうした、新しく発展した地域の不動産取引が盛んになっているのはもちろんのことですが、土木や建設業、各種地場産業などの昔からの産業も安定しており、これらの工場付近の不動産も大きな需要があります。

福井県の不動産を高額で売却するコツ!

福井県の不動産取引を成功させるポイントとしては、アクセスと気候をおさえるということが挙げられます。

中心部である福井市や、福井市へのアクセスが良い周辺地域は特に相場が高くなっているので、自分の不動産のアクセスを確認することが大切です。

また現在、東京都と石川県を繋いでいる北陸新幹線が2023年に福井まで延長する予定であり、更なる不動産相場の上昇が見込めるようになっています。

開通予定なのは福井駅、駿河駅の他に、越前市と小浜市に1駅ずつ設置される予定です。

これらの周辺にある不動産は2023年に相場が最大になることを見越して、今から準備しておくと良いでしょう。

また、雪が多い地域では内廊下のマンションは駅へ徒歩5分以内といった物件の人気が非常に高くなっているので、自分の住む地域の気候と設備状況もチェックしておくと良いかもしれません。

福井県の不動産売却事例

福井県福井市のマンションを売却した不動産売却事例

男性アイコン
Tさん
売却物件マンション
築年数23年
売却理由住み替え
お住い福井県福井市

父から相続した地元のマンションに住んでから十数年が経ちました。

2人の子供もすでに高校生と中学生になり、大学も同じ福井県内の大学を希望していることから、「このへんで一戸建てに引っ越してもいいのでは、、、」と考え、今のすまいを売却することに。

まず一括査定を使って有名な不動産会社さんや最寄りの地元業者さんに査定を頼みましたが、簡単な入力で査定額を算出してもらえ、そのまま各会社の担当者さんから今後のスケジュールなどを教えてもらえたので、不動産会社のお世話になったのは初めての私でも、割とスムーズに手続きをすすめることができました。

結局、地元の業者さんが一番査定額も対応も良かったので、そこにお願いすることに。

ほかの会社にも査定を依頼をしていたので、「断ると脅されるのではないか…」という心配も少しありましたが、皆さん優しい方ばかりでした(笑)。

あとで話を聞いたのですが、一括査定サイトに掲載されているような業者さんは厳選して選んでいるので、そんなことはないらしいですね。

3ヶ月くらいで買い手も見つかり、2,000万円以上で売れたので大満足でした!

福井県福井市の家を売却した不動産売却事例

女性アイコン
Nさん
売却物件
築年数40年
売却理由相続したが使い道がなかったため
お住い愛知県名古屋市

夫と結婚して名古屋に移り住んで20年以上たちますが、両親が亡くなり、実家を相続することに。

手放すのは惜しい気もしましたが、相談した結果、「少しでも売りたいと思っているなら、2020年より前に売るのがおすすめですよ!」という言葉を聞いて、早めの売却を決心しました。

インターネットの無料査定を使って不動産会社を探していると、名古屋と福井に店舗がある会社さんを見つけ、媒介契約をすることに。

その会社さんはスマートフォン用の広告なども取りあつかっているようで、さまざまな方法で宣伝をしてくれました。

築年数がかなり経ってしまったので、家を売却することはできませんでしたが、土地を買ってもらうことができました。

福井県越前市の家を売った不動産売却事例

男性アイコン
Uさん
売却物件
築年数23年
売却理由相続したが使い道がなかったため
お住い福井県福井市

実家を相続することになってからしばらくそのままにしておきましたが、固定資産税が馬鹿にならないので手放すことにしました。

越前市に住む兄に譲り渡すことも考えましたが、兄も自分の家を持っているので、売却することにしました。

一括査定サイトに申し込むと、査定額が100万円も違ってびっくり。

あきらかに査定額が高すぎる会社も中にはありましたが、対応などを聞いて判断して、地元の老舗会社さんに依頼することにしました。

建物を取り壊さなければならないと考えていたのですが、そこまで築年数も経っていないということだったので、購入後リフォームするという条件付きでまるまる買い取ってもらえることに!

土地だけよりもずっと利益が高かったので、私としてはラッキーでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加