TOP > 不動産売却・査定都道府県一覧 > 山梨県の不動産売却相場と査定業者情報

山梨県の不動産売却査定!相場と不動産業者の特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加
山梨の不動産

山梨県は、関東地方の西部に位置する県です。

面積は4,465K㎡、人口は約80万人となっています。

東京都と神奈川県に近接しているという立地の良さで、交通アクセスに非常に恵まれていますが、人口はあまり多くはなく、土地の居住地以外の利用も多くなっています。

平坦な甲府盆地では昔から農業が盛んとなっており、特に果物の栽培が盛んです。

また、外食産業が盛んでもあり、ファミリーレストランが立ち並ぶ地域もあります。

山梨県は、不動産の中でも土地取引が多くおこなわれています。

おすすめ不動産タイプ
家,土地
おすすめ業者タイプ
地元業者
売却のタイミング
少し早い

山梨県の不動産査定におすすめの業者

山梨県の不動産売却査定
•山梨県の不動産査定・売却におすすめの業者ランキング
順位 会社 業者のタイプ 得意な不動産 得意なエリア
1位 株式会社フジオ 地域密着 全般的に取り扱い 山梨県全域
2位 甲府住販株式会社 地域密着 全般的に取り扱い 山梨県全域(甲府市が得意)
3位 株式会社Vivit Base 地域密着 全般的に取り扱い 山梨県全域
4位 株式会社フジエステート 地域密着 全般的に取り扱い 富士吉田市周辺
5位 いとう不動産 地域密着 全般的に取り扱い 甲府市周辺
6位 有限会社エー・エム・ジャパン 地域密着 全般的に取り扱い 南都留郡周辺
7位 株式会社きむら不動産 地域密着 全般的に取り扱い 中巨摩郡周辺
8位 株式会社共同開発 地域密着 全般的に取り扱い 長泉町周辺
9位 株式会社八ヶ岳総合不動産 地域密着 全般的に取り扱い 北杜市周辺
10位 有限会社明和ホーム 地域密着 全般的に取り扱い(居住用不動産が得意) 甲府市周辺

山梨県の不動産会社をみると、やはり甲府市に店舗数が多いのがわかります。

以前までは甲府市とそれ以外の地価に大きな差異があったので、こうした傾向がありましたが、近年は郊外でも不動産取引が盛んにおこなわれはじめています。

山梨県の不動産会社はほとんどが本社周辺の物件を主に取り扱う地域密着型業者なので、自分の物件所在地に強みを持つ業者をしっかり選ぶことが大切です。

地域に対応する業者と査定額を調べるには一括査定をすると効率よくできるのでおすすめですよ!

フジオの仲介なら支店ネットワークで高額売却が見込めます!

株式会社フジオは山梨県内に5店舗、東京都に2店舗を構える不動産会社です。

主な業務はアパート・マンションの賃貸ですが、甲府市丸の内に仲介部という部署を設けており、こちらで家・マンション・土地の売却仲介をおこなっています。

山梨県内の支店数が多いので、各地域の購入希望者を確実に集客でき、各店舗が連絡を密にとることで効率よく不動産販売活動をおこなうことができます。

本店(平和通り店)が甲府駅から徒歩10分の立地にあり、創業30年以上の老舗であることから、県民からの信頼も抜群です!

スタッフのきめ細かい接客も評判のフジオは幅広い方におすすめできますよ!

会社名 株式会社フジオ
本社所在地 山梨県甲府市丸の内3-20-1
設立 1982年12月
免許・登録 免許番号:国土交通大臣(4)第5841号

甲府住販はスタッフが土地・住宅のアドバイサー!初心者も安心して相談できます

甲府住販は甲府駅から徒歩25分のところにある不動産会社で、不動産の賃貸、仲介、管理など幅広い業務をおこなっています。

来店前にホームページから相談者の情報と物件の詳細な情報をスタッフに共有するので、「1から状況を相談するだけで時間が終わってしまった」という良くあるミスを防ぐことができます。

媒介契約を結んだ後は売り出し中の物件を自社のホームページに掲載してくれるので、的確なマッチングが可能になります。

また、甲府市に支店を数店舗構えているので、甲府市の不動産を売却したければ甲府住販はかなりおすすめですよ!

会社名 甲府住販株式会社
本社所在地 山梨県甲府市高畑1丁目1番17号
設立 1981年1月20日
免許・登録 免許番号:山梨県知事(10) 第1037号

vivit baseは不動産会社のイメージを覆すおしゃれな店舗!若者にも入りやすい

株式会社vivit baseは2013年に設立された地域密着型の不動産会社の中ではかなり若い業者です。

地方の不動産会社といえば閉鎖されたイメージを持つ方も多いでしょうが、vivit baseは店舗を開放的なデザインにしているため、若者も来店しやすくなっており、雑誌やバラエティ番組でも取り上げられています。

vivit baseと媒介契約を結ぶと自社ホームページに掲載してもらえますが、写真の写し方もかなり綺麗で、購入希望者の心を鷲掴みできること間違いないですよ!

高齢化が進んだ現在でも、長いスパンを考えて物件購入を考えているのはやはり30代の若者ですが、vivit baseは彼らに向けたアピール力があるのが大きな強みですよ!

会社名 株式会社Vivit Base
本社所在地 山梨県甲府市古上条町416-1
設立 2013年9月20日
免許・登録 免許番号:山梨県知事(1)第2355号

フジエステートは富士五湖周辺の不動産売却ならお任せ!

フジエステートは、富士吉田市に本社を構える不動産会社です。

多数のグループ会社も持つ大規模な会社で、不動産関連のさまざまな事業に取り組んでいます。

ホームページから売却相談をメールで申し込みできるので、迷っている方はトライしてみましょう。

また、媒介契約を結んだ不動産は全て自社ホームページに掲載してくれるのもありがたいですよ!

他の不動産会社だと条件の良い物件や新着物件を優先して掲載するようになるので、物件の質によっては宣伝してもらうことも難しいです。

「築年数も古いし、立地も悪い…」と、自分の物件にあまり自信がない方こそフジエステートをおすすめします!

会社名 株式会社フジエステート
本社所在地 山梨県富士吉田市下吉田五丁目15番29号
設立 -
免許・登録 -

いとう不動産は宣伝力に強み!身延線沿線の不動産売却におすすめ

いとう不動産は、東光寺町に店舗を構える不動産会社で、JR身延線の金手駅から徒歩8分というアクセスです。

甲府の中心とは少し離れたところにある業者ですが、だからこそ山梨県の郊外物件の売却仲介先としてもおすすめできます。

媒介契約を結んだ物件は自社ホームページに掲載され、購入希望者の心を動かすような丁寧なPR文も付けてくれます。

ホームページには不動産の用語集や不動産売買、賃貸の流れも掲載しているので、はじめての方も読んで学ぶことができます。

とにかく丁寧な対応が評判なので、おすすめですよ!

会社名 いとう不動産
本社所在地 山梨県東光寺町969-2
設立 -
免許・登録 免許番号:山梨県知事免許(1)第2372号

山梨県の不動産売却の相場

山梨県の不動産売却相場を見ると、土地が800~1,000万円、家が1,750万円前後、マンションが1,250万円前後となっています。

都道府県別の相場を比較すると、土地は40位前後、家は30位台前半、マンションは40位台後半となっており、何とマンションの売却相場で最下位だった年もあります。

ただ、マンションの価格は年ごとに波があり、2012年には1,600万円近くまで上がった時期もありました。

加えて、土地の売却相場は全国的に見ても良い方ではないですが、前述の通り山梨県では農地の需要が高く、取引価格を農地に限定すると、全国10位台に属します。

山梨県の坪単価

山梨県の坪単価を見ると、だいたい15万円以下を推移している状況です。

これは全都道府県の中で30位台後半から40位台前半といったところに位置しており、決して良い単価だとはいえません。

県内で最も単価が大きい地域は県庁所在地の甲府市で、20万円近くに位置しており、その次に大月市の約17万円が続きます。

以前までは甲府市への一極集中というイメージが山梨県には色濃くありましたが、近年は郊外に大型ショッピングモールか建設されることもあり、不動産査定評価も向上しています。

その一方で中心部の経済力が低下しているということもあり、新しい土地利用の形は未だ固まってはいないようです。

山梨県の不動産取引件数

山梨県では1万円超の取引数が確保されており、決して不動産売却が盛んではないというわけではありません。

その中でも特に取引が多いのが、やはり県庁所在地の甲府市であり、全体の2割近くの件数があります。

甲府駅の周辺には多くのマンションが立ち並び、取引も盛んにおこなわれているため、都市部周辺の不動産売却であれば十分利益が見込めるといえます。

その次にくるのが北杜市、笛吹市といった地域で、これらの市がそれぞれ全体の1割程度を担っています。

山梨県の不動産取引の特徴・傾向

山梨県にはさまざまなタイプの土地が存在しており、取引も昔から多いです。

しかし、バブル崩壊以降は査定評価の低下が続いており、なかなか復調の見込みがみえません。

中央自動車道の恩恵を甲府市は受けていましたが、現在道路が拡大整備されていることを考えると、郊外にもその影響が拡大すると予測されます。

また、工場の増加も進んでいることから、転居者も増えるのではないかと考えられています。

山梨県の不動産を高額で売却するコツ!

山梨県が抱える問題として、甲府市の人口が減少しているという点が挙げられます。

これは山梨県に限らず日本全体で危惧されている問題でもありますが、2020年を境に人口減少が本格的にはじまることで新築物件の建設が滞り、中古物件を売却しても需要を見込めないという時代が来るのではないかと言われています。

こうした悪影響を避けるためには、なるべく早期に売却するのが対策方法に挙げられますが、中には「じっくり時間を取って準備したほうが良いのではないか」と考える方も多いことでしょう。

しかし、実は不動産の売却査定において何よりも大きな評価基準となる項目が、築年数なのです。

マンションの部屋の向きが良い、階が上であるといったことより、築年数が1年浅いほうが高く売却できるといったことがあるほどです。

もし今、山梨県の不動産売却を検討している方がいるならば、人口減少と築年数経過の2点を鑑みて、素早く売却してしまうことをおすすめします!

山梨県の不動産売却事例

山梨県甲府市のマンションを売った不動産売却事例

女性アイコン
Eさん
売却物件マンション
築年数11年
売却理由住み替えのため
お住い山梨県甲府市(当時)

10年前に当時できたばかりの山梨県内のマンションを売って都内に住み替えを考えていました。

マンションの住宅ローンは、繰り上げ返済のお陰で残り3割程度となっていて、主人の仕事も順調に業績に乗っていたので銀行の審査も問題ないと思い。

マンション売却に向けて妻である私が準備をすることになりました。

主人はなかなか仕事が忙しく、時間を作るのが大変そうだったので、私が代理人となってどの不動産屋に売ってもらうか決める事になりました。

やり方としては、まず一括査定をして住み替えに定評のある業者を選ぶ予定でした。

一応、主人に相談したところ申し込む前に大体どのくらいで売ることができるのか調べて置いたほうが良いと言われたので、事前に調べた上で申し込みました。

多く企業は相場価格よりもやや低めの結果となりました。

築年数も10年を超えているので、仕方のない気もしましたが、やはり少しでも高く売りたかったのと営業マンのやる気で周りの物件よりも気持ち高めの価格で販売することにしました。

4ヶ月程度かかりましたが、値下げもなく販売価格で売ることに成功しました。

購入者のかたも山梨の人で人当たりもよく、話し合いもスムーズに進んでよかったです。

山梨県甲府市の家を売った不動産売却事例

男性アイコン
Gさん
売却物件
築年数31年
売却理由相続したが使い道がないため
お住い山梨県甲府市

山梨県の実家の家を去年母が亡くなった時に相続しました。

山梨県のなかでは、甲府市は栄えている方だと思いますが、私の実家はアクセスも悪く使用する予定も無かったので売却して兄弟で分ける事になりました。

長男の私が山梨県内に住んでいたこともあり、私が売ることになりましたが、当然不動産売買の経験も無く知人もいなかったのでインターネットで探すことにしました。

インターネットで一括査定サイトを見つけたので早速申し込みました。

結果が返ってきた業者順にその会社について調べ、どの会社が一番自分たちに合っているか検討した結果、買い取りサービスのある会社に販売してもらう事になりました。

担当者の方は、まだ入社してから間もないのかとても若い方でした。

しかし、こちらの要望も真摯に聞いていただき買い取りがあるから少し強気の相場価格で売り出すことになりました。

結果的には、3ヶ月ほど経った頃に購入希望者が一組現れました。

内覧してもらったところ大変気に入っていただき、2ヶ月後に売買契約を締結することが出来ました。

値下げはありましたが、もともと買い取りだと思っていたのでとても得した気分になりました。

これも担当者の方が、しっかりとした営業を行ってくれたおかげだと思います。

山梨県北杜市の家を売った不動産売却事例

女性アイコン
Tさん
売却物件Wさん
築年数41年
売却理由相続したが使い道がないため
お住い東京都東村山市

先日、母が亡くなったときに姉が東京の実家を、私が山梨県の別荘を相続することになりました。

別荘とは言っても、祖父が以前住んでいた山梨の家でもう何年も使っていません。

私も使用する予定もなく、税金が掛かることもあり売ることにしました。

近くに商店も幾つかあり、アクセスはそれなりに良かったと思います。

しかし、祖父が住んでいた家なのでとても古く、リフォームも考えていました。

リフォームにはそれなりの金額も掛かるので現在どれくらいで祖父の家が売れるのか気になり、一括査定に申し込みました。

やはり、思っていたような金額ではなかったためリフォームの見積もりもしてもらいましたが、収支ギリギリになってしまうので諦めました。

途方に暮れて良い不動産会社がないか探しているときにたまたまインターネットの広告で見つけた不動産会社に依頼することにしました。

そこは、リフォームをしなくても短期間で売却してくれるという魅力的な会社でした。

もちろん販売価格は相場価格を下回ってしまいますが、業者の方も親切で安心して販売活動を任せることが出来ました。

最終的に3ヶ月半で売ることが出来て私はとても満足いく結果になりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加