TOP > 不動産売却・査定都道府県一覧 > 大分県の不動産売却相場と査定業者情報

大分県の不動産売却査定!相場と不動産業者の特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加
大分の不動産

九州地方東部にある大分県は、面積6,339K㎡、人口約119万人となっております。

全国的に有名なのが別府温泉、由布院温泉で、源泉数、湧出量が日本一の県です。

温泉は貴重な観光資源になっているだけでなく、地熱発電、食文化、産業などにも生かされており、大分県民の生活を支えています。

自然の恵みが豊かなことから農業が盛んなほか、大分臨海地帯という工業地帯があり、特に自動車の工場が多く集まっています。

おすすめ不動産タイプ
家、土地
おすすめ業者タイプ
地元業者
売却のタイミング

大分県の不動産売却の相場

大分県の不動産売却相場を見ると、土地、マンションが1,000万円前後、家が1,960万円前後となっています。

全国と比較をすると土地が28位前後、家が20位前後、マンションが46位ほどに位置しており、マンション以外はちょうど全国の平均ほどとなります。

他の九州地方の県にもいえることですが、マンションの価格が伝統的に低い一方で、都市の機能化によって少しずつ査定評価が上がってきています。

その一方で土地相場の下落が目立つので、相場が高いうちに売却してしまうことをおすすめします。

大分県の坪単価

大分県全体の平均坪単価は14万円前後となっています。

もっとも高い地域は、やはり政治・経済の中心地である県庁所在地の大分市で、約21万円となっています。

次に来るのが別府市の17万円、臼杵市の11万円となりますが、それ以下は10万円前後となっています。

地域によって坪単価の差が大きいので、売却時には注意しましょう。

大分県の不動産取引件数

大分県の取引件数が最も多い地域は、やはり県庁所在地の大分市で5,000件前後となっています。

その下となると別府市の1,300件前後、中津市、佐伯市の1,100件前後となり、大分市に比べるとかなり低くなってしまっています。

年間で不動産取引が1,000件以上あれば、不動産を売却してもそれなりの利益が見込めますが、大分県の上記以外の地域となると、5,00件以下というところがほとんどになります。

大分県の不動産取引の特徴・傾向

大分県の不動産取引の特徴を見ると、やはり大分市の一極集中が目につきます。

ただ、大分市の相場が特別高いかといえばそんなことはなく、売却利益を見込めるといった程度になります。

都市部の不動産も売れ残ってしまう可能性は多いので、業者選びは慎重におこなうことをおすすめします。

郊外であれば、業者買取も視野に入れておくのも一つの手ですよ。

大分県の不動産を高額で売却するコツ!

大分県は全体的に相場が低いので、不動産を業者買取してもらうのも一つの手です。

通常の不動産売却は不動産業者の仲介のもと、広告のポータルサイト掲載やポスティングなどを通して宣伝し、購入希望者を探していきますが、買取の場合は業者が買い取ってくれるので、買い手が見つからないということがなく、最長でも1か月程度で必ず代金を得ることができます。

ただ、買取で得られる代金は仲介による売却の6割ほどにしかならないので、どうせなら仲介売却にチャレンジしたいですよね。

特に大分市周辺は取引件数は一定数あるので、チャレンジする余地は十分あります。

こんなときにおすすめなのが、総合系の不動産業者に媒介契約を依頼することです。

仲介売却も買取もあつかっている業者の中には、最初は仲介による売却をおこなうが、一定期間たっても買い手が見つからない場合は買取にチェンジできるというプランを提供しているところがあります。

利益を追求できるが、大失敗も防ぐことができるという、地価の低い大分県の不動産には最適の方法ですよ!

大分県の不動産売却事例

大分県大分市のマンションを売却した不動産売却事例

男性アイコン
Uさん
売却物件マンション
築年数6年
売却理由住み替えのため
お住い大分県大分市

大分市の2LDKのマンションに妻と子どもの3人で暮らしていました。

子ども部屋も一つあり、家族3人で住むには十分だったのですが、妻のお腹にもう一つの命が宿りました。

前からもう1人子どもが生まれたら一軒家を購入し、子ども一人一人に部屋を分け与えようと話していたので今住んでいるマンションは売却し新しく一軒家を購入することになりました。

知り合いに不動産を売却するときは複数社の話を聞いてから決めたほうがいいと聞いていたので、とりあえずネットの無料一括査定サイトを使うことにしました。

不動産業者によって査定金額が異なっており、びっくりしました。

大手不動産業者と地元の不動産など、何社もの業者を比較することで、相場を理解し、自分の望みに近い取引ができる不動産業者を選択できることがメリットだと思いました。

私はマイホームを購入するために必要な資金を売却において一番重視していたので、より高い査定金額を提示してきた業者との取引をすることにしました。

業者の方の対応もよく、なんのストレスを感じることなく最後まで取引を終えることが出来ました。マイホームの購入資金の足しにもなり、知人が不動産を売却しようとしている時は、一括査定サイトを進めようと思っています。

大分県大分市の家を売却した不動産売却事例

女性アイコン
Sさん
売却物件
築年数30年
売却理由相続したが使い道がないため
お住い福岡県福岡市

大分市に住む両親が亡くなり、私がその土地を相続することになりました。

相続したものの使い道はなく、そのまま空き家にしていても税金がかかてしまうため、売却してしまおうと思いました。

しかし、築30年にもなっていた実家を売却するのは簡単なことではないと思っていました

。インターネットで「相続 使い見ない」不動産 売却」について調べてみたところ、不動産一括査定サイトを見つけたので使ってみました。

一括査定サイトは簡単に売却予定の不動産の情報を入力すると、いくつかの不動産業者の査定結果が出る仕組みで、不動産業者によっても値段や保証が異なり、その中から取引をする仕組みでした。

取引をする不動産業者以外の情報を頭に入れておくと、その土地の相場などをすぐに知ることが出来、スピーディーにかつ、損がない不動産売却を行うことが出来ます。

私もその査定された中の業者と連絡をとり、その対応も素晴らしいものでした。

連絡を取ってから少し経ってから無事に相続した実家を売却することが出来ました。売却したお金は無駄遣いせず、大切に使いたいと思います。

空き家にしてしまうくらいなら、不動産業者に頼んで売却するべきです。そのような物件がある方は一度一括査定サイトを利用してみてください。

大分県別府市の家を売却した不動産売却事例

女性アイコン
Cさん
売却物件
築年数4年
売却理由離婚のため
お住い大分県別府市(当時)

別府温泉で有名な大分県の別府市に一軒家を購入してからすぐ、夫の浮気により離婚することになってしまい、せっかく建てたマイホームは売却することになってしまいました。

慰謝料として私がもらう金額は売却したお金の金額が大きくかかわりそうだったので、どの不動産業者に任せるかは重要な問題でした。

より多くのお金を求めていたのでインターネットを使い、一括査定サイトを利用し、いい不動産業者がないか探しました。

一番高い査定金額を提示してきた業者に連絡を取ったところ、業者の対応もよく、親身に話を聞いてもらって好印象を抱きました。

話が進み売却の連絡をいただくまで、電話対応と、現地内覧にも来ていただき、私の労力はほとんどかかりませんでした。

別府市の隣の由布市に私の職場があったため、由布市のマンションを賃貸契約で借りました。

その際にも売却に携わっていただいた不動産業者が手続きを手伝っていただき、アフターケアまでしっかりとしていました。

一軒家を購入して思わぬ形で売却してしまいましたが、一括査定サイトのおかげでよい取引が出来ました。マンションでも一軒家でも査定可能なので興味のある方は使ってみてください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加