TOP > 不動産売却・査定都道府県一覧 > 岐阜県の不動産売却相場と査定業者情報

岐阜県の不動産売却査定!相場と不動産業者の特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加
岐阜の町並み

岐阜県は、富山、愛知、三重、滋賀、福井、石川、長野と、7つもの県に属している、面積10,621K㎡、人口200万人前後の大きな県です。

北部の飛騨地域は高い山が多い地域である一方で、南部の美濃地域は木曽三川が流れる地域となっています。

このように、地域によって標高が異なることから気候にも違いがあり、山地では畜産、山間では野菜の栽培、平地では稲作というように、標高の違いを活かした土地利用も盛んにおこなわれています。

岐阜市、高山市、大垣市、各務原市といった都市に人口が密集しており、不動産取引も盛んです。

おすすめ不動産タイプ
マンション、家
おすすめ業者タイプ
地元業者
売却のタイミング
上昇傾向

岐阜県の不動産売却の相場

岐阜県の不動産売却相場を見ると、土地が1,100万円前後、一戸建てが1,900万円前後、マンションが1,400万円前後となっています。

全都道府県で相場を比較すると土地とマンションが20位前後、家が20位台の中ほどとなっており、決して悪い値ではありません。

大きな机上の誘致がそこまで盛んではないにも関わらず査定価格が高いのは、やはり多くの県に隣接しており、さまざまな経済圏の影響を受けていることが理由として挙げられます。

ただ、地域によって環境や気候が大きく異なることもあり、岐阜市と郊外では大きな差も存在しています。

岐阜県の坪単価

岐阜県の坪単価は全体で約16万円前後となっています。

最も単価が高いのが岐阜市で30万円弱、その次が大垣市、高山市、各務原市でそれぞれ20万円、19万円、17万円となっています。

その次には瑞穂市などが17万で続くなど、地方都市の中では単価も決して低いわけではありませんが、一方で賀茂郡や大野郡、白川町といった場所では単価がかなり低くなっており、不動産売却によって利益を出すのは難しい状況です。

岐阜県の不動産取引件数

岐阜県の不動産取引件数を見ると、やはり県庁所在地である岐阜市が相当数を占めており、次に大垣市、各務原市、高山市と続きます。

岐阜県は地域によって都市・住宅地化しているところと、そうでないところの差が大きくなっていますが、やはり不動産の相場が一定額見込めるのは、都市化した地域となっております。

また、広い敷地を占める戸建てを取引するよりも、マンションが多く建てられている地域のほうが純粋な個体数が多いので件数が増えがちではありますが、そういった理由も都市部と郊外の大きな件数の差に影響しているようです。

岐阜県の不動産取引の特徴・傾向

岐阜県の不動産取引で現在注目されているのが、マンション売却です。

全国的に農林水産業が衰退し、都市部を中心としたサービス業が盛んになっているということもあり、郊外出身の人達も中心地へ集まってくる傾向にあります。

このときに注目すべきなのが、価格も安く、狭い土地にも建設できるマンションです。

特に岐阜市では新築マンションが数多くあり、査定も多くおこなわれる傾向にあります。

マンション売却が都市部に偏っておこなわれているのに対し、家の取引は岐阜県全域にておこなわれています。

岐阜県の不動産を高額で売却するコツ!

岐阜県のような地方に位置する不動産を売却する場合は、地元の状況をよく知っている岐阜県内の不動産業者に仲介を依頼するのがセオリーだといわれています。

ただ、老舗業者の中には、物件の宣伝がいまだチラシ主体でおこなわれており、ネット広告を扱っていないというところもあるので、注意が必要です。

いくら地元業者は独自の販売ルートを持っているとはいえ、不動産の主要購買層である現在の30~40代の多くはポータルサイト等を通して希望の物件を選んでいくので、ネットへの売り出しは外せません。

しかし、そうなると地域に詳しい地元業者と広告宣伝に強い大手業者のどちらに依頼をすれば良いかわからなくなってしまいますよね?

このときに活用してほしいのが、無料一括査定です。

不動産の簡単な情報を記入するだけで複数業者に査定を依頼できるサービスで、地元と大手の両方に査定を依頼すれば、算出額や対応を比べることができますよ!

岐阜県の不動産売却事例

岐阜県岐阜市のマンションを売却した不動産売却事例 

男性アイコン
Kさん
売却物件マンション
築年数4年
売却理由住み替えのため
お住い岐阜県岐阜市(当時)

転勤のため、岐阜県岐阜市のマンションを売却することになりました。

ここは、比較的交通のアクセスも良く、近くにはコンビニやスーパーもあって、不自由なく生活していける場所でした。

内装もキレイで、まだ汚れていなかったので賃貸物件として貸し出すことも考えてのですが、3人の子供を育てていくための金銭面に余裕を作りたかったので、妻と話し合った結果、売却しようという結論に至りました。

はじめに、地元の不動産屋さんに相談したのですが、もう少し調べてみようとインターネットでも情報を集めてみることにしました。

すると、一括査定してくれるサイトを見つけたのでそれを利用してみました。

相場以上で値段を提示してくれる不動産業者がいくつかありましたが、あまり高いとすぐに売れないと思ったので相場より少し安い額を提示してくれていた不動産業者に依頼を決めました。

すぐに購入希望の方が現れ、特に不満や値下げ交渉などはありませんでした。

マンション自体がまだキレイだったというのもあると思いますが、不動産会社の営業の方が頑張ってうりこんでくれたので、すぐに購入希望者と巡りあうことができたと思います。

これから物件を売却しようと考えている方はよく調べてから業者を決めることをお勧めします。

岐阜県岐阜市の家を売却した不動産売却事例 

男性アイコン
Uさん
売却物件
築年数22年
売却理由相続したが使い道がないため
お住い東京都練馬区

実家の父が亡くなり、岐阜市にある家を相続したのですが、私の兄弟は誰も住まないということだったので売却することになりました。

岐阜県の田舎なので売れないだろうと思い、また、仕事も忙しいということもあって、ゆっくり購入希望者を探そうと考えていました。

ですが、弟から「査定くらいしておこう」という連絡があったのでインターネットで岐阜市の売却相場を調べていました。

すると、各不動業者の査定提示額を調べることのできるサイトに出会いました。

提示額はさまざまで非常に迷ったのですが、大きな不動産会社が安心だと思い、売却を依頼することに決めました。

すぐにお金が欲しいなど、特別急ぐ理由もなかったので、相場くらいの額で売りに出して様子を見ることにしたのですが、2ヶ月経った頃に売れたという連絡が入りました。

思ったより早く購入者が見つかり、さらに相場価格で売却できたのでよかったです。

私の依頼した不動産会社の方はうまく売却を進めてくださったので、家を売るのを急いでいない方は、有名な不動産業者に頼んだ方が安心かもしれません。

岐阜県大垣市の家を売却した不動産売却事例 

女性アイコン
Kさん
売却物件
築年数8年
売却理由相続したが使い道がないため
お住い岐阜県岐阜市

相続した実家を、だれも住まないので売却することにしました。

以前から実家は大垣市にあったのですが、老朽化のため一度壊し、新しい家を建てたので築年数がそれほど経っていませんでした。

近くにはお城もあり、川も流れており子育てやゆっくりした生活を送るにはとても良い場所だと思っていたので、売却条件として相場より高く売りたいというのがありました。

不動産会社の査定額を提示してくれるサイトがあると聞いて、さっそく実家を査定してみて、査定提示額の一番高い業者に依頼したのですが、すぐには購入希望者が現れませんでした。

やっと購入希望者が現れたかと思えば、大きな値下げ交渉をされてしまいました。

結局、相場より少し低い値段での売却となってしまったのでもう少しよく考えてから売却を考えればよかったと後悔しています。

これから家を売却する方は、値段だけを気にするのではなく、不動産業者の特徴など考えて検討することをおすすめします。

最初の提示額で売れるとは考えないほうがいいかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加