TOP > 不動産売却・査定都道府県一覧 > 熊本県の不動産売却相場と査定業者情報

熊本県の不動産売却査定!相場と不動産業者の特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加
熊本の不動産

九州地方のど真ん中に位置し、福岡、大分、宮崎、鹿児島、長崎へのアクセスが容易な熊本県。

面積約7,400K㎡、人口約176万6,000人の地域で、阿蘇山や有明海などの雄大な自然が有名です。

国内でも有数の農業地域で、トマトやなすといった野菜の栽培、メロン、デコポンといった果物の栽培が県の経済を支えています。

阿蘇では畜産が盛んにおこなわれており、牛肉や馬肉はブランド価値がついています。

車エビや真珠の養殖なども盛んで、一次産業が基盤となっています。

おすすめ不動産タイプ
土地、家
おすすめ業者タイプ
地元業者
売却のタイミング
減少傾向

熊本県の不動産売却の相場

熊本県の不動産売却相場は、土地が1,200万円弱、家が2,260万円前後、マンションが1,200万円前後となっており、全国と比較すると土地が20位前後、家が15位前後、マンションが35位前後となっています。

土地の相場が比較的高いことに影響されて、家の査定評価も高くなっているという印象ですね。

安定して推移していた熊本の不動産事業ですが、2016年に発生した熊本地震によって一時的に地価が下がっています。

しかし、都市機能そのものが停止するような被害がなかったことから、復興・復旧は比較的早いと考えられています。

熊本県の坪単価

熊本県全体の平均坪単価は18万円前後となっており、中でも特に単価が高いのが県庁所在地である熊本市です。

熊本市中央区では77万円前後、熊本市西区では24万円前後、東区では23万円前後、北区では15万円前後となります。

市全体では36万円前後となっており、地方都市にしてはかなり高額なことがうかがえます。

これらの地域も熊本地震によって被害を受けましたが、比較的短期間で単価が戻ってきています。

熊本県の不動産取引件数

熊本県の不動産取引件数は、地震からの復興もあり順調に数を伸ばしています。

特に数が延びているのは八代市で、マンション件数の増加に伴い、取引件数も200件近く上昇しているようです。

その他に不動産取引が多いのは、熊本市中央区で、ここではマンション需要も高いですが、集合住宅の人気も高くなっています。

熊本県全体のマンションの相場は1,200万円前後となっていますが、中央区であれば2,000万円以上で売却されることが多いようです。

熊本県の不動産取引の特徴・傾向

熊本県の不動産取引は、比較的一戸建てが多いという特徴がありますが、近年ではマンションの売却件数も伸びてきています。

こうしたことが起こる背景には、だんだん中心部が都市化してくることでマンション需要が増加してきたという点があげられます。

特に近年では全国的に郊外でおこなわれてきた農林水産業が衰退し、都市部でサービス産業に従事する人口が増加しているため、狭い面積でも多数の人が暮らせるように、マンションの建設に力を入れるようになるということですね。

熊本県の不動産を高額で売却するコツ!

熊本県の不動産を高額で査定・売却するコツは、周辺地域からの需要に着目することです。

九州の中でも比較的地価が高い熊本県は、県外からの購入需要も考えられます。

ただ、福岡などと比べると企業の数も少なく、転居者の数もそこまで見込めないため、どこをターゲットに売り出せばよいのか迷ってしまいますよね。

このときにおすすめなのが、全国展開している大手不動産業者と地元不動産業者の双方と一般媒介契約を結ぶ方法です。

ネットを利用した不特定多数への宣伝が得意な大手業者と、折り込みチラシなどを使って県内向けに宣伝をしていく地元業者の力を合わせることで、郊外と県外からの転居者に向けて宣伝をしていくことが可能です。

地域が発展するにつれて、土地に多様なニーズを求めて人が集まるようになってきます。

なるべく幅広い人に不動産を売り込めるような販売活動を考え、一括査定サイトを利用して業者を見比べていくと良いかもしれませんね!

熊本県の不動産売却事例

熊本県熊本市の家を売却した不動産売却事例 

男性アイコン
Mさん
売却物件
築年数29年
売却理由資金作りのため
お住い熊本県熊本市

時代の流れで不景気のため父親から受け継いでいた実家の事業をたたんでしまう事になりました。

銀行ではいくらかの借金が残ってしまい、事務所と住宅として住んでいた自宅を売却することになりました。

しかし実際の問題、売りに出したからとすぐに買い取り先が見つかるわけではなかったので困りました。

借金を返す場合、この事務所を売ったお金しかないので売値を下げる事も難しかったのでさらに困りました。

売れない間は、見に来てくれた人が少しでも良い印象を持ってもらえるようにと、庭の草の手入れをしたりと家族で努力してました。

銀行の方も必死に買い取り先を探してくれるように頼み、ようやく1年がたとうとした時に買い取り先が決まりました。

それからは先は、仲介に銀行が入って色々と流されるがままに、売却の契約を済ませました。

こちらは、まったくのド素人です。

なので、間に売却を知っている専門の方が入ってくれて、色々な手続きをスムーズに済ませる事ができて、本当に助かりました。

子供の頃から住んでいた家なので、手放す瞬間は、悲しい気持ちでしたが、これで無事にお金も返す事ができ、安心した一瞬でもありました。

熊本県熊本市のマンションを売却した不動産売却事例 

男性アイコン
Kさん
売却物件マンション
築年数15年
売却理由住み替えのため
お住い熊本県熊本市(当時)

私は過去に熊本で中古マンションを売却した経験がありますが、いずれの場合にも感じた事は、すぐには買うという人間は現れないのと、望む程高くは売却出来ないという事です。

マンションを売却する場合は理由がある訳ですが、なるべくなら早めに売ってしまって、現金を手にしたいと思うことが多い事でしょう。

熊本の場合は気候が基本的に温暖でありながらも寒暖差が激しくよく雨が降るという条件となります。

自分の場合もそうでしたが、そう簡単には売れないのが、不動産というマンションの問題です。

車などであれば思い立ったが吉日で、例えば中古の車売買店に持ち込めば即座に現金化可能ですが、不動産の物件の場合は、売買の契約にたどり着くのに最低でも3ヶ月くらいは掛かるものなのです。

少しでも早く買い手を見つけたい場合などは、売値を下げる事を検討しなければならないのですが、元々の中古住宅の場合のは、価値が非常に低くなってしまうものなので、そこから更に値引きをしていくのは心情的に辛くなるものです。

しかし、私の場合はどうしても早く手放したく、泣く泣く販売価格を熊本の相場よりもかなり低目に設定しました。

その結果、それ程極端に長くは掛からずに、何とか買い手を見つける事が出来たのです。

ですが、さらに買い手の値引き要求に応じ更に売値を下げています。

結論としては、マンション売却の利益についてはキッパリ割り切り、とにかく買い手を見つけて売る事を最優先した方が良いと考えられますね。

熊本県八代市の家を売却した不動産売却事例 

男性アイコン
Yさん
売却物件
築年数10年
売却理由資金作りのため
お住い熊本県八代市

熊本県八代市に住む会社員ですが、現在ローンを組んでいた家の支払いが苦しくなり前に住んでいた家を売却することにしました。

以前はマンションに住んでいたのですが、息子が成長し家を出たので八代市の家を購入することにしました。

会社への道は10分くらいで着く場所で、家の近くには生活に必要な建物が揃ってあったので快適でした。

しかし会社を辞めることになり給料の減少が起こってしまい、ローンの返済をするのが不可能になってしまいました。貯金もなくなり奥さんと話し合いをした結果、このまま返済を続けていけば生活するのが困難なので家を売却することにしました。

家を売ることを決めた後、不動産の一括査定サイトを利用して家の査定をしました。

査定の金額が高い不動産と連絡をとり、家が高い金額で早く売れるような業者に足を運びました。

その業者さんの担当の方と家を売るの準備を進めました。

準備時期は家の掃除などが大変でしたが、担当してくれた方が家の売却の手続きを進めてくれたので、売却に関しては問題なくすすめられました。

八代市の土地の値段に合った金額で不動産のホームページに載せてから3ヵ月後に売却することができました。

ネットを利用して早めに不動産の方と連絡をしていけた事が、家を短期間に売ることが出来た理由だと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加