TOP > 都道府県の不動産会社ランキング > 滋賀県の不動産査定・売却相場|おすすめ不動産会社ランキング

滋賀県の不動産査定・売却相場|おすすめ不動産会社ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加
滋賀の不動産

滋賀県は近畿地方に属する県であり、面積約40万K㎡、人口約140万人となっています。

内陸の県ではありますが、中央に日本最大の湖である琵琶湖があり、県の象徴となっています。

琵琶湖は単なる観光地ではなく、滋賀を含む近隣府県の飲料水源としても実用的な面から重宝されています。

織田信長が「近江を制すれば天下を制する」と表現したように交通の要衝でもある滋賀県は、現在はそのアクセスの良さを活かして京都、大阪のベッドタウンとしても注目されています。

しかしその一方、近年では地域による経済格差が問題となっています。

おすすめ不動産タイプ
マンション
おすすめ業者タイプ
地元業者
売却のタイミング
早期売却がおすすめ

滋賀県の不動産査定・売却で評判の人気不動産屋ランキング!

滋賀県の不動産売却査定
滋賀県の不動産査定・売却におすすめの業者ランキング
順位 会社 業者のタイプ 得意な不動産 得意なエリア
1位 株式会社福屋ホールディングス 大手 全般的に取り扱い 大津市周辺
2位 湖東開発株式会社 地域密着 全般的に取り扱い 滋賀県全域に対応
3位 株式会社東和不動産 地域密着 全般的に取り扱い 栗東・守山・湖南エリア中心
4位 イズミ不動産株式会社 地域密着 全般的に取り扱い 滋賀県全域に対応
5位 有限会社イズタ住宅 地域密着 全般的に取り扱い 大津市中心
6位 有限会社イズタ住宅 地域密着 全般的に取り扱い 大津市中心
7位 星和都市開発株式会社 地域密着 全般的に取り扱い 東近江・近江八幡エリア
8位 アヤハ不動産株式会社 地域密着 全般的に取り扱い 滋賀県全域に対応
9位 株式会社ユーレベン 地域密着 全般的に取り扱い 滋賀県全域に対応
10位 株式会社松屋 地域密着 全般的に取り扱い 滋賀県全域に対応

滋賀県は、県外出身者が持つイメージとは裏腹に、周辺の中でも相場の高い地域です。

理由としては、まず伝統的に大阪や京都を結ぶ交通の要衝としての役割を担っていること、草津温泉や彦根城などの観光地周辺の坪単価が高いことなどがあげられます。

近年では大阪、京都、神戸などのベッドタウンとしても注目されており、滋賀県の不動産業は今後ますます盛り上がると予測されています。

FUKUYAは滋賀県に7店舗を展開!ネットワーク力が強みです

FUKUYAは大阪に本社をおく不動産会社で、特に近畿一円の不動産仲介を強みとしています。

滋賀県にも、以下の計7店舗があります。

  1. 彦根店
  2. 近江八幡本店
  3. 大津店
  4. 堅田店
  5. 守山店
  6. 南草津店
  7. 草津店

南北に点在しているので、まずは最寄りの店舗に相談にいってみましょう!

具体的なサービスは下記にまとめているので是非参考にしてください!小規模の地元業者にはない手厚い保証が魅力ですよ!

FUKUYAで不動産売却査定する評判・口コミ・手数料

会社名 株式会社福屋ホールディングス
本社所在地 大阪府大阪市北区曾根崎2丁目3番5号 梅新第一生命ビルディング15階
設立 2012年5月15日
免許・登録 大阪府知事(2)第53681号

湖東開発は滋賀県全域に対応!特に野洲の物件売却におすすめ

湖東開発は野洲市に本社をおく不動産会社です。

滋賀県全域の不動産取引に対応していますが、中心となるのは所在地の野洲市です。

野洲市はJR琵琶湖沿線のアクセスが良い街で、京阪神ベッドタウンでもあります。

近年はIT関連産業指定地域とも定められており、ますます発展がみこめるでしょう。

更に新名神高速道路が開通したことで、名古屋へのアクセスも良くなっています。

野洲市の不動産を持っている方は、こうした背景から高額売却が十分見込めるでしょう。

その際は、なるべく地域の事情に詳しく実績も豊富な湖東開発をおすすめします!

会社名 湖東開発株式会社
本社所在地 野洲市小篠原1205番地
設立 -
免許・登録 滋賀県知事免許(13)第812号

東和不動産は家族連れから高い人気!栗東・守山・湖南エリア中心に営業

東和不動産は栗東市霊仙寺に本社を構える不動産会社で、他にも守山市梅田と湖南市中央の2支店が売買仲介に対応しています。

さまざまな事業に対応していますが、人気が高いのは家族向けの新築住宅や分譲地の提案です。

ただ、こうした方の中でも予算がギリギリで、中古物件を含めて検討しているという方は多数います。

東和不動産と契約をするとこうした方へのアピールになるのが嬉しいですね!

部屋数の多い築浅物件なら特に東和不動産との相性が良く、おすすめですよ!

会社名 株式会社東和不動産
本社所在地 栗東市霊仙寺二丁目1番29号
設立 1988年7月
免許・登録 滋賀県知事(8)第1864号

イズミ不動産は守山市を中心に滋賀県全域に対応!スマホサイトもOPEN

イズミ不動産は守山市に本社をおく不動産会社で、同市を中心に滋賀県全域に対応しています。

最近スマホ専用サイトがリリースされ、移動中でも手軽に情報収集できるようになったので更におすすめです。

ポータルサイトのHOMESとも提携しているので、効果的な物件宣伝が期待できますね!

イズミ不動産はIZUMI倶楽部という無料会員があり、登録している購入希望者向けにマッチした新着物件情報を送信しています。

売り手にとっても早期成約が見込めて嬉しいですよね!

会社名 イズミ不動産株式会社
本社所在地 守山市石田町417番地3 ガーデンヒル石田1階
設立 -
免許・登録 滋賀県知事(7)第1972号

イズタ住宅は大津市を中心に不動産売却に対応!収益物件も査定・売却可能です

イズタ住宅は大津市瀬田に本社をかまえる不動産会社です。

大津市の他に草津市の物件も積極的に売買仲介をしています。

媒介契約を結んだ物件は自社のホームページに積極的に掲載されているので、宣伝力も期待できますよ!

また、ホームページに銀行別のローン借入れシミュレーションも付いており、探す手間が省けてお得です。

JRや湖西線沿線の物件は特に高額売却の可能性があるので、おすすめですよ!

会社名 有限会社イズタ住宅
本社所在地 大津市瀬田5丁目40番9号
設立 1991年10月27日
免許・登録 滋賀県知事(6)第2317号

滋賀県の不動産売却の相場

滋賀県の不動産売却相場を見ると、土地が1,500万円前後、家が2,250万円前後、マンションが1,750万円前後となっています。

地方の中では比較的相場が高い地域であり、土地、家が10位台半ば、マンションが10位前後となっています。

このように、比較的相場が高い理由としては、大阪、京都といった西日本の中心へのアクセスが非常に良く、巨大な産業の影響を受けていることが挙げられます。

こうした地域は湖南地域と呼ばれており、県庁所在地の大津市も含まれています。

湖南地域はアクセスが便利な都市というだけではなく、観光資源も豊かにあり、自然も確保されている生活しやすい地域のため、人気が高いです。

滋賀県の坪単価

滋賀県の坪単価も意外に高めとなっており、特に温泉地として有名な草津市が最も高く35万円前後、次に県庁所在地である大津市が30万円前後となっています。

草津市に関しては、旅館など法人が所有している土地が多いことが相場の上昇に結び付いていると考えられるので、滋賀県の不動産売却は大津市の物件がメインと思って良いでしょう。

大津市の不動産であれば査定評価も高いので、利益を得ることも十分期待できますが、郊外の不動産は単価も低く、利益が期待できません。

このような地域の不動産であれば、業者による買取も視野に入れて構わないでしょう。

滋賀県の不動産取引件数

滋賀県の不動産取引件数は、1万件半ばで推移しています。

件数が圧倒的に多いのは、やはり県庁所在地の大津市で、3、4割の取引件数を担っています。

次が草津市で1,000件半ばほど、彦根市や東近江市は1,000件ほどとなっています。

都市部では一定の取引件数を維持している状況ですが、やはり大津市の件数が圧倒的となっていますね。

このような一極集中が起きてしまう背景には、滋賀県自体に大所帯の企業などが少なく、他県からの流入が少ないということが挙げられます。

滋賀県のエリア別取引件数ランキング

ここからは、滋賀県の取引件数を2017年7月から9月の最新データから集計します。

エリアごとの需要を細かくみることで、より査定・売却のタイミングがわかりやすくなりますよ!

件数順位 エリア 件数
1位 大津市 109件
2位 草津市 42件
3位 彦根市 37件
4位 東近江市 34件
5位 高島市 29件
6位 長浜市 28件
7位 甲賀市 20件
8位 湖南市 18件
9位 守山市、栗東市 17件
10位 野洲市 15件

滋賀県全体の取引数は2017年7~9月の2ヶ月間で418件。そのうち109件の大津市のものなので、全体の4分の1以上が県庁所在地の大津市でおこなわれるということです。

2位は草津市ですが、ここは温泉などの観光・商業エリアの傾向が強いので、純粋な住宅の査定・売却は大津市でおこなわれるのがほとんどと考えてよいでしょう。

滋賀県の不動産売却の特徴・傾向

滋賀県の不動産取引の傾向としては、やはりこうした大津市一極集中が挙げられますが、このような現象が起きる背景としては、オフィス街と住宅街の切り離しが起こっていないということが第一の原因でしょう。

たとえば東京は、六本木や渋谷、新宿周辺にオフィスが集中していますが、これらの地域は宅地利用が進んでいません。

そのため、東京都の郊外や、埼玉、神奈川といったベッドタウンが居住地として人気となっていますね。

このような状況が東京には起こっているからこそ、中心部は法人からの、郊外からは個人からの需要が高く、満遍なく査定評価が高くなっています。

滋賀県に関してはこうした切り離しがおこなわれていないからこそ、個人・法人ともに大津市が人気となっているのですね。

滋賀県の最新不動産売却事例を限定公開!

ここからは、2017年7~9月を中心に、滋賀県の物件がどれくらいの価格で査定・売却されたのかを具体的に解説していきます。

なお、紹介する成約例は取引件数が多い5地域(大津市、草津市、彦根市、東近江市、高島市)を中心とします。

なお、初心者でもカンタンにできる不動産売却相場の調べ方は、こちらにまとめてあります。ぜひご覧ください!

不動産売却相場の調べ方を一挙公開!マンション・家・土地のタイプ別おすすめ方法は?

滋賀県のマンション売却事例

不動産タイプ 所在地 種類 最寄り駅 取引総額 面積 買い手の利用目的 取引時期
中古マンション 大津市 石山寺 RC造・3LDK・1995年建築 石山駅徒歩30分以上 1,100万円 70m² 住宅 2017年07-09月
中古マンション 大津市 逢坂 SRC造・1LDK・2000年建築 大津駅徒歩1分 1,900万円 60m² 住宅 2017年07-09月
中古マンション 大津市 浜大津 SRC造・4LDK・1989年建築 三井寺駅徒歩2分 1,900万円 75m² 住宅 2017年07-09月
中古マンション 草津市 野路 SRC造・3LDK・2006年建築 南草津駅徒歩2分 3,300万円 80m² 住宅 2017年07-09月
中古マンション 草津市 平井 SRC造・4LDK・1990年建築 草津駅徒歩19分 2,400万円 90m² 住宅 2017年07-09月

滋賀県のマンション取引は2ヶ月間で全24件。内訳は大津市が16件。草津市が8件のみとなっています。

上の取引事例を見ると、草津市のマンションのほうが高値で成約されていますが、前述の通り草津市は観光地でもあり、温泉郷周辺の土地は商業的価値が高く相場も高めになっています。

滋賀県の戸建て売却事例

不動産タイプ 所在地 種類 最寄り駅 取引総額 面積 買い手の利用目的 取引時期
土地+建物 大津市 青山 木造・住宅地・1990年建築 南草津駅徒歩30分以上 1,500万円 195m² 住宅 2017年07-09月
土地+建物 草津市 追分南 木造・住宅地・1997年建築 南草津駅徒歩25分 1,400万円 170m² 住宅 2017年07-09月
土地+建物 彦根市 清崎町 軽量鉄骨造・住宅地・1982年建築 河瀬駅徒歩9分 700万円 220m² 住宅 2017年07-09月
土地+建物 東近江市 市子川原町 木造・住宅地・1996年建築 桜川駅徒歩9分 730万円 150m² 住宅 2017年07-09月
土地+建物 高島市 安曇川町田中 木造・住宅地・2000年建築 安曇川駅徒歩30分以上 850万円 340m² 住宅 2017年07-09月

戸建ての成約は滋賀県全体で全187件。マンションの24件に比べると一気に件数が増加しました。

取引をおこなっている地域の範囲も一気に拡大し、滋賀県の市町村では愛荘町を除き全てのエリアで戸建て取引がおこなわれました。

不動産売却は一生に一度おこなうかどうかという頻度の低い取引なので、取引が常に全くないといった場合以外は、とりあえず売出してみる積極性も大切です。

※家・戸建てを高額売却するコツについてはこちらでも詳しく解説!

家を最高額で売る方法!基礎知識・手順から節税・手数料値下げのポイント解説

滋賀県の土地売却事例

不動産タイプ 所在地 種類 最寄り駅 取引総額 面積 買い手の利用目的 取引時期
土地 大津市 大江 住宅地 瀬田駅徒歩20分 1,300万円 130m² その他 2017年07-09月
土地 草津市 北山田町 住宅地 南草津駅徒歩60分以上 280万円 95m² 住宅 2017年07-09月
土地 彦根市 大藪町 住宅地 彦根駅徒歩30分以上 1,300万円 195m² 住宅 2017年07-09月
土地 東近江市 沖野 住宅地 八日市駅徒歩30分以上 1,300万円 200m² 住宅 2017年07-09月
土地 高島市 今津町松陽台 住宅地 近江今津駅徒歩14分 390万円 270m² 住宅 2017年07-09月

土地売却となると更に取引件数の幅は広がりますが、全163件中大津市が33件でトップと、なお大津市が優勢なのに変わりはないようです。

また、都市部の土地のほうが当然ですが高値は付きやすく、郊外では100万円以下というものも多く見受けられます。

郊外などの最初から不利な物件の査定・成約額をあげるには、こちらで紹介している一括不動産査定サイトを利用するのがおすすめですよ!

一括査定サイトは不動産売却に必要不可欠!メリット・デメリットを一挙紹介

※土地査定の方法・コツについてはこちらで詳しく解説!

土地を査定する流れ・ポイント!価格相場は?ネットから申し込める?

滋賀県の不動産売買の実態と高額査定・売却の豆知識

上記のような一極集中は、実は非常に危険でもあります。

なぜなら、郊外から大津市に流入してくる分は不動産需要がありますが、これを続けていくとどんどん郊外の人口が減少し、都市部であっても需要が低下していくからです。

更に、2020年以降は大規模な少子高齢化がスタートするとも言われており、三重県内の人口減少は更に加速していくでしょう。

人口が減るということは、それだけ不動産の需要が減るということですが、考えてみてください。

1部屋数百万円の分譲マンションを売却するとして、買い手が10人減ったとすると、成約率は大幅に下がりますよね?

人口減少は築年数の経過などよりも不動産売却に大きなマイナスをもたらすので、なるべく早期に売却したほうが良いのです。

特に三重県の不動産売却を検討している方は、2020年までをめどに準備を進めていきましょう。

滋賀県の不動産売却事例

滋賀県大津市の家を売却した不動産売却事例 

女性アイコン
Nさん
売却物件
築年数14年
売却理由資金作りのため
お住い滋賀県大津市

主人の会社が倒産してしまい、会社の借金はなんとかなったのですが、住宅ローンの返済に困るようになってしまいました。

そこで、滋賀の大津市にある一戸建ての不動産物件を売却してローンの完済するようにしました。

とりあえずは主人の田舎の実家に住ましてもらっていた状態でしたので、スムーズに短期間で売ることが目的でしたので一括査定を利用して査定してもらいました。

事前に売却事例を確認し滋賀県大津市の相場を知っていたのは売り出しカカウを設定する時に非常に役にたったので事前に調べておくことをお勧めします。

もちろん、不動産業者の方も、素人の私にもわかるような丁寧な説明をしてくださったのもあります。

そのおかげさまで購入者の方も早めに見つかり、5ヶ月経たないうちに売買契約を結ぶことができました。

購入者の方は、滋賀在住の若い夫婦だったので、築12年の一戸建てを気に入ってくれるか不安でしたが、気に入ってくれて値下げも思っていたよりも少額で済んだので私たち的には大満足の結果になりました。

不動産売却がスムーズに行えたので主人の再就職もスムーズにいき、今では賃貸ですが市内のマンションに住みながら、ちゃんとした生活おくれています。

滋賀県草津市のマンションを売却した不動産売却事例 

男性アイコン
Hさん
売却物件マンション
築年数30年
売却理由住み替えのため
お住い滋賀県草津市(当時)

もともと9年前に中古で購入したマンションでしたが、3年ほど前から子どもの成長や私の滋賀県内で転勤があったので滋賀県草津市から住み替えを考えていました。

幾つか魅力的な不動産物件はあったのですが、希望条件と若干異なる部分があり見送っていました。

ちょうど半年ほど前に希望にピッタリの不動産物件を滋賀県内に見つけたので、今の家を売却し新居を購入することを決めました。

不動産業者を選ぶ際は、住替えに強いところに絞って一括査定をしました。

もともと中古マンションだったので築年数は19年と古めでしたが営業マンの方が相場価格と比較して売れやすい価格を提案してくれたので4ヶ月ほどで購入希望者の内覧を行いました。

一組の方との交渉は決裂してしまいましたが、2組目の方との交渉はうまく行き、トータル5ヶ月半程度の期間で住み替えを完了することができました。

値下げ交渉があることも想定して、高めの設定をしていたので相場価格よりも高く売ることができました。

販売活動はもちろん、引き渡しまで不安でいっぱいでしたが、ベテランの営業マンがしっかりとサポートを行ってくれたので、心強かったです。

すべての流れで、変なミスもなく滞りなく売ることができたので良かったです。

滋賀県湖南市の土地を売却した不動産売却事例

女性アイコン
Kさん
売却物件土地
築年数
売却理由資金作りのため
お住い神奈川県川崎市

子どもが海外の大学に通いたいと言っていたのですが、いざ学費を調べてみると予想以上に高く、滋賀県内の旦那の実家の近所にある土地を売却することにしました。

もともと、その土地は将来子どもと2世帯住宅をたてる予定で開けていたのですが、子どもの教育には変えられませんでした。

最初は、地元の不動産屋さんに赴き査定してもらいましたが、思っていたよりも低く知り合いから聞いてた相場価格と差があったので、インターネットでも調べることにしました。

一括査定をしてみると不動産会社によって値段は異なりました。

訪問査定の際に業者の方と何人か話してみた中で、仲介契約を結んだのは、年齢は若めでこの価格で売ります!と熱意の見える方に依頼しました。

その不動産屋さんが言うには、滋賀県内でも人気の土地だから、値下げをほとんどしなくても売れると言う話でした。

土地の広さもそれなりに大きく、滋賀県内に住む人はもちろん県外の人からも多くの問い合わせがあったそうです。

最終的に購入したのは、最近滋賀県に仕事の関係で来た若い夫婦でした。

値下げもなく、予定通りの金額で売却できたので学費もなんとかなりそうでホッとしました。

業者の方には感謝してもしきれません!

このエントリーをはてなブックマークに追加