TOP > 不動産売却・査定都道府県一覧 > 北海道の不動産売却相場と査定業者情報

北海道の不動産売却査定!相場と不動産業者の特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加
北海道の不動産

北海道は日本の最北にある都道府県であり、全体の面積は約83Km²となっています。

北海道の中心街の札幌は全国8位の人口を持つ大都市ですが、大阪や名古屋などに比べると人口密度が比較的低いです。

不動産の供給が絶え間なくあることから値段が急騰するといった心配は少ないですが、雪とどう付き合うかという北海道ならではの特徴もあります。

不動産売却の前に、北海道の不動産を高額売却するコツを調べておきましょう。

おすすめ不動産タイプ
家、マンション
おすすめ業者タイプ
大手
売却のタイミング
2~3月頃

北海道の不動産査定におすすめの業者

北海道の不動産売却査定
•北海道の不動産査定・売却におすすめの業者ランキング
順位 会社 業者のタイプ 得意な不動産 得意なエリア
1位 スミタス株式会社 大手 全般的に取り扱い 札幌市全域
2位 株式会社常口アトム 地域密着 全般的に取り扱い 北海道全域
3位 株式会社カチタス 大手 家、マンション(買取再販/リフォーム中心) 北海道全域
4位 札幌スターツ株式会社 大手 全般的に取り扱い 札幌市全域
5位 株式会社アイーナホーム 地域密着 全般的に取り扱い 北斗市、七飯町、函館市
6位 株式会社トーワハウジング 地域密着 全般的に取り扱い 旭川市
7位 株式会社ホーム・アシスト 地域密着 全般的に取り扱い 旭川市
8位 有限会社 旭川総合宅建 地域密着 全般的に取り扱い 旭川市、富良野市
9位 株式会社エリアネット 地域密着 全般的に取り扱い(居住用不動産が得意) 札幌市白石区・豊平区
10位 有限会社グッドコム 地域密着 全般的に取り扱い(居住用不動産が得意) 函館市

北海道は面積が広いこともあり、不動産取引が盛んです。

その影響もあって規模の大きい不動産会社も多数存在しています。

その代表がスミタスで、ローカルCMで有名な会社でもあるので、集客力も見込めますよ!

ただ、やはり店舗が札幌市に集中しているので、他の地域の不動産を売却する場合にはなにかと障害が出てしまいます。

札幌市の次に不動産業が盛んなのが旭川市で、地域密着型の会社が多くあるので、周辺地域であれば札幌市よりこちらに依頼するのもおすすめです。

一括査定サイトを活用して、大手業者と地域密着業者を比較してみると良いでしょう。

スミタスは北海道全域の不動産を査定可能!道内トップクラスの実績が自慢

スミタス株式会社は札幌市中央区に本社をおく不動産会社で、北海道の業者の中ではトップクラスの規模と実績を誇ります。

中央区のほかにも支店が厚別区と手稲区にあり、幅広い地域の物件に対応することができます。

TVCMも北海道で放送していることから知名度が高いので、スミタスと媒介契約を結べば多くの購入希望者の目に触れやすいというメリットがあります。

下取り保証・買取保証を提供していたり、売却・賃貸のダブル査定が可能だったりと、全国展開している大手不動産会社とも遜色ないほどのサービスが特徴なので、北海道の地元会社に査定を依頼する場合はまずスミタスを候補に入れることをおすすめします。

会社名 スミタス株式会社(旧:副都心住宅販売株式会社)
本社所在地 札幌市中央区宮の森3条1丁目4-1 スミタスビル(旧/タイびる)
設立 1989年6月1日
免許・登録 免許番号:北海道知事石狩(7)第4948号

常口アトムは北海道に19の窓口!高い集客力も魅力です

常口アトムは、北海道に多数支店を構える大手不動産会社で、青森県、岩手県、宮城県でも営業をしています。

面積が広い北海道では一社が全ての地域に対応しているというのは難しい部分もありますが、常口アトムは道内に19の支店があり、ほとんどの地域の物件を仲介することができます。

販売を依頼した物件は自社ホームページ内でおしゃれに紹介してくれたり、アクセスの良い物件であれば「おすすめの駅近物件」などと称してPRしてくれます!

ホームページから簡単に売り出し中の物件を検索できるので、対応業者の少ない苫小牧、小樽、釧路、北見、網走などの物件は常口アトムに依頼するのを特におすすめします!

会社名 株式会社常口アトム
本社所在地 札幌市中央区北2条西3丁目1番地12 敷島ビル3F
設立 1992年2月
免許・登録 免許番号:北海道知事 石狩(2)第7934号
登録:国土交通大臣(4)第011590号

トーワハウジングは幅広い物件に対応!旭川市の物件買取ならおまかせ!

トーワハウジングは旭川市1条通り5丁目に本社をおく不動産会社で、旭川市の不動産売買や賃貸・リフォームを主な業務としています。

不動産売却に関しては完全買取制で、トーワハウジングから代金をもらう形となります。

忙しくて家の中を整理する時間がないという方に対しては、建物の外観のみで査定をする、簡単な訪問査定も実施しています。

また、住宅ローンが残っている物件を売りたいという場合にも相談にのってくれます。

旭川市の不動産買取なら、実績のあるトーワハウジングを選択肢に加えておくことをおすすめします!

会社名 株式会社トーワハウジング
本社所在地 北海道旭川市1条通5丁目31番地2 トーワ1・5ビル
設立 1996年4月
免許・登録 免許番号: 北海道知事許可(般-23)上第04641号

アイーナホームは実績に裏打ちされた正確査定が魅力!函館周辺を中心に営業

アイーナホームは北斗市七重浜に本社をおく不動産会社で、北斗市、七飯町、函館市の3地域の不動産売買をおこなっています。

売却を依頼された物件はアイーナホームのHPで詳しく紹介しているので、購入希望者へのアピールは抜群です。

2市1町での実績が抜群なので、データに裏打ちされた正確な査定をしてくれますし、アイーナホームのスタッフは地域に対する知識も他社に比べて抜きんでています。

対応地域内であれば、店舗、工場などのあらゆる物件に対応できるのも大きな魅力ですよ!

会社名 株式会社アイーナホーム
本社所在地 北海道北斗市七重浜4-39-11
設立 -
免許・登録 免許番号: 北海道知事許可(般-23)上第04641号

ホーム・アシストは旭川周辺の物件に幅広く対応!リフォーム・競売代行もできます

ホーム・アシストは、旭川市二条通にある地域密着型の不動産会社です。

旭川市が営業の中心にはなりますが、富良野市や周辺の市町村であれば幅広く対応しています。

ホームページで売り出し中の物件を検索することもできるので、だいたいの売却相場を知ることもできますよ。

売却・買取の他にもリフォームや買取の代行、引っ越し会社の紹介などをおこなっており、特殊なケースでも対応可能です。

地方の不動産会社だと対応できるケースが少ないこともよくあるので、ホーム・アシストのような会社があるのは旭川市周辺の方にとってはありがたいですよね!

会社名 株式会社ホーム・アシスト
本社所在地 北海道旭川市2条通13丁目2038番地の1エーコー2条ビル301号
設立 -
免許・登録 免許番号: 北海道知事 上川(2)第1106号

北海道の不動産売却の相場

北海道の不動産売却相場を見ると土地売却価格の相場は1,000万円前後、家は2,000万円前後、マンションは1,000万円代前半となっています。物件の相場がそれほど高くない一方で、土地相場の高さが目立ちますね。

北海道は日本で一番大きい都道府県ということもあり、不動産の中でも土地取引件数が非常に多いという特徴があります。

ただ、同じ土地でも農地・林地の取引数は多い一方で、価格は低くなってしまいがちです。

農林業・畜産業といった産業は北海道で縮小傾向にあるので、こうした用途の土地需要も低下しつつあります。

売却のタイミングをしっかり見極めることが重要といえるでしょう。

北海道の坪単価

北海道の坪単価は平均で12万円超/㎡となっています。

札幌という大都市を含むにも関わらず大分県と栃木県に挟まれ全国31位に甘んじている北海道ですが、上昇率でいえば、愛知県に次いで都道府県別で全国2位となっています。

このデータを見ると、少なくとも北海道の不動産業は順調に推移していると考えて良いでしょう。

北海道の不動産取引件数

北海道の不動産取引件数を見ると、土地取引の多さが目立ちます。

ただ、最近の取引状況を見ると、土地の取引件数が減少している一方で、中古マンションを中心とする建物の取引件数が増加しています。

地域別にみると、特に札幌市内の建物取引件数が増加しているようです。

こうした状況となっている理由としては、現在、北海道で札幌の一極集中化が起きていることが挙げられます。

畜産業など、かつて北海道を支えていた一次産業が衰退し、代わりにサービス業が発展したことにより、若者の地方離れが起きたこと、本州からの転居者なども札幌の支社に勤務するようになったことなどが原因に、今後この不動産取引の一極集中は加速していくだろうと考えられています。

北海道の不動産取引の特徴・傾向

不動産取引の中でも土地取引が多い理由としては、もともと面積の広い地域であることが大きな理由ですが、新築する方の数が多いことも理由に挙げられます。

札幌市内の高額マンションなどではそんなことはないでしょうが、北海道の郊外には冬の寒さや通路の凍結の対策が十分ではない不動産も多くあります。

こうした設備の仕組みは建築技術の進展によって変化するため、安全のためにもお金を惜しまず建てかえる傾向が強いのですね!

ただ、いくら北海道は土地が売却しやすいとは言え、アクセスの悪い場所では吹雪の影響を受けやすいので、売れにくい傾向になっています。

ほかの地域以上に交通の便には敏感なのが、北海道の不動産売却です。

北海道の不動産を高額で売却するコツ!

前述の通り、北海道の不動産売却は冬場の対策がどれだけ施されているかが結果を大きく左右します。

たとえば、冬場は自家用車が利用できないこともあるので、駅まで徒歩5分以内の物件が北海道では特に人気です。

また、面している道路幅が8m未満の場合、除雪を自己負担でおこなう必要がある、外廊下の物件は冬に凍ってしまうので、内廊下のものが好まれるといた北海道独自の基準が重要になっています。

ただ、どれだけ対策が施されている不動産でも、冬場に見学をする場合と他の季節に見学をする場合では、特に北海道の場合は印象に大きな違いがでます。

やはり冬真っ盛りに売却をしても決まりずらいので、2~3月に査定等をおこない、春・夏に販売活動や内覧を開催できるようなスケジュールを立てておくのが、北海道で相場以上に不動産を売却するコツですよ!

北海道の不動産売却事例

北海道札幌市のマンションを売却した不動産売却事例

男性アイコン
Uさん
売却物件マンション
築年数12年
売却理由マイホームの購入費にあてるため
お住い北海道札幌市

首都圏に転勤するのを機に、子供が生まれたときに北海道で購入したマンションを売却し、マイホームを建てることを考えていました。

はじめてだったので、やり方もさっぱりわかりませんでしたが、一括査定のサービスを利用すると、どれくらいが相場なのかの目途も経ちましたし、何より売却をお願いする業者の絞り込みができました!

とある全国的な不動産業者と北海道の業者のどちらが良いかが最後まで絞り込めず、かなり悩みました。

札幌は北海道の中でも人気がある地域なので、大規模宣伝ができる大手業者に申し込むのがセオリーのようですが、私はたまたま査定を依頼していた地元業者の価格・対応ともに魅力に感じていました。

結局絞り込んだ3社に訪問査定で見てもらった結果、わずかな差で先ほども言っていた地元業者へ依頼をしました。

売り出しをおこなって半年後に買い手が見つかり、「少し遅い」とは思いましたが無事終えることができて良かったです。

ちなみに、買い手の人が言うには内廊下のマンションというのが高評価だったよう。

北海道の以前住んでいたマンションは廊下が外に面しており、冬は通路が凍ってしまうという教訓を生かして選んでくれたのが私のマンションだったということでした!

北海道札幌市で北海道旭川市の家を売却した不動産売却事例

男性アイコン
Yさん
売却物件
築年数36年
売却理由相続したが使い道がないから
お住い北海道札幌市

地元の北海道旭川市から札幌にでて20年近くになりますが、親が亡くなったことで実家を相続することになりました。

ただ、すでにマイホームを札幌に建ててしまっているということもあり、実家をどう活用すれば良いかわからずじまい。

放っておくと税金が際限なくかかるとも聞いたので親に申し訳ない気もしましたが、売却を決心しました。

一括査定をおこない仲介先に決めた不動産会社さんは本社が東京でしたが、担当者が北海道の方だったようで周辺の事情にもかなり詳しく誠意のある方だったので即決しました。

不動産売却は新聞の折り込みチラシで宣伝をするのが一般的だと思っていたのですが、今ではインターネットを使って宣伝するのが主流のようで、全国の支店に情報を共有していただいたりしながら、売れるのを待っていました。

それから4ヶ月経ったとき、ようやく家を買いたいという方が現れました。

東京から引っ越してきた方で、はじめての希望者だったので、契約に至るのは難しいらしいのですが、運もあり、見事契約しました。

きいてみるとやはりネット広告を見て決めたということだったので、ネットを利用して不動産売却をして良かったです!

東京都中野区で北海道函館市の家を売却した不動産売却事例

女性アイコン
Kさん
売却物件
築年数24年
売却理由相続したが使い道がないから
お住い東京都中野区

父が亡くなり、一人娘の私に実家が相続されることに。

残したい気持ちもやまやまだったのですが、すでに東京で家族と住んでいるということもあり、ただ持っているよりは引っ越してくる方のお役に立てて欲しいと思い売ることにしました。

代々お世話になっていた北海道の不動産会社に依頼することも考えましたが、それでは連絡等が大変だろうと思い、東京と北海道に本社・支社があるところを、一括査定サービスを利用して絞り込むことに。

査定額自体は最終候補の4社に違いはそれほどなかったのですが、電話での対応が最も良いと感じたところと契約を結ぶことにしました。

頻繁に電話でやり取りをしてはいましたが、売れるまでの半年のうちに3回は現場に足を運びました。

電話だけではわからないこともあったので、手間を惜しまずに動いて良かったなと思います。

その業者はインターネット広告に強みがある業者のようで、東京からも広告を見ることができるのが安心でした。

一度、北海道の不動産会社に依頼しようとしていた私ですが、最終的に福岡から引っ越す予定の方に決まったこともあり、ネットで宣伝をしてくれてよかったなーと今では思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加