TOP > 都道府県の不動産会社ランキング > 北海道の不動産査定・売却相場|おすすめ不動産会社ランキング

北海道の不動産査定・売却相場|おすすめ不動産会社ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加
北海道の不動産

北海道は日本の最北にある都道府県であり、全体の面積は約83Km²となっています。

北海道の中心街の札幌は全国8位の人口を持つ大都市ですが、大阪や名古屋などに比べると人口密度が比較的低いです。

不動産の供給が絶え間なくあることから値段が急騰するといった心配は少ないですが、雪とどう付き合うかという北海道ならではの特徴もあります。

不動産売却の前に、北海道の不動産を高額売却するコツを調べておきましょう。

おすすめ不動産タイプ
家、マンション
おすすめ業者タイプ
大手
売却のタイミング
2~3月頃

北海道の不動産査定・売却で評判の人気不動産屋ランキング!

北海道の不動産売却査定
•北海道の不動産査定・売却におすすめの業者ランキング
順位 会社 業者のタイプ 得意な不動産 得意なエリア
1位 スミタス株式会社 大手 全般的に取り扱い 北海道全域に対応
2位 株式会社常口アトム 地域密着 全般的に取り扱い 札幌市中心
3位 株式会社トーワハウジング 地域密着 全般的に取り扱い 旭川市周辺
4位 株式会社アイーナホーム 地域密着 全般的に取り扱い 函館市、北斗市など
5位 株式会社ホーム・アシスト 地域密着 全般的に取り扱い 旭川市中心
6位 株式会社JOAN 地域密着 全般的に取り扱い 札幌市
7位 株式会社クイック 地域密着 全般的に取り扱い 札幌市
8位 株式会社外山不動産 地域密着 全般的に取り扱い 江別市、南幌町中心
9位 株式会社ビルド 地域密着 全般的に取り扱い 札幌市が中心
10位 野村不動産株式会社 地域密着 全般的に取り扱い 函館市近郊が中心

北海道は面積も広く、札幌市という全国有数の地方都市を抱えているということもあり、不動産業が盛んです。

特に札幌市周辺は取引件数も多く相場も高めなので、高額の利益が見込めるでしょう。

ただ、注意点もいくつかあり、その1つが売却の時期です。

北海道は冬になると豪雪が降り、道路が凍結してしまいます。

物件の内覧なども冬とそれ以外におこなうのでは印象が大きく異なるでしょう。

春先に査定をはじめ、冬前には成約を目指すのがおすすめですよ!

スミタスはテレビCMも人気!道内屈指の不動産会社です

スミタスは、札幌市中央区に本社をおく不動産会社です。

厚別区や手稲区などにも支店があり、ネットワークを展開しているので、効率のよい販売活動を実現しています。

北海道ではローカルCMも放映されているので知名度が高く、高い集客力も期待できますよ!

地域密着型では珍しく、大手並みの保証サービスも提供しているので、安心して仲介を依頼しましょう。

札幌市周辺は大手企業の支社も多く、全国から多数の転勤者が集まります。

道内の転居者だけでなく彼らにアピールするためにも、スミタスのような有名業者と媒介契約を結ぶのがおすすめですよ!

更に詳しい情報はこちらのページにまとめてあるので、ぜひご覧ください!

スミタスで不動産売却・査定をした方の評判・口コミと手数料

会社名 スミタス株式会社
本社所在地 札幌市中央区宮の森3条1丁目4-1 スミタスビル(旧/タイびる)
設立 1989年6月1日
免許・登録 免許番号:北海道知事石狩(7)第4948号

常口アトムは北海道野ほぼ全域の不動産に対応!強みを活かしたPRも魅力

常口アトムは札幌市中央区に本社をおく不動産会社です。

対応地域が幅広いのが特徴で、主に札幌市、旭川市、函館市の物件を取り扱っています。

物件の特徴に合わせてPRをしてくれるのも魅力的で、自社ホームページには以下のようなカテゴリに物件を掲載しています。

  • ペット飼育可物件
  • バス・トイレ別物件
  • オートロック
  • 駐車場あり

一般的には立地や築年数が成約率に大きく影響しますが、こうした別の強みを宣伝することで少々築年数の経っているような物件でも成約することができますよ!

会社名 株式会社常口アトム
本社所在地 札幌市中央区北2条西3丁目1番地12 敷島ビル3F
設立 1992年2月
免許・登録 免許番号:北海道知事石狩(2)第7934号

トーワハウジングは旭川市内の不動産売却に強み!買取・賃貸にも対応

トーワハウジングは、旭川市に本社をおく不動産会社です。

同市の不動産の取り扱いを主な業務としており、特に中古の戸建てや土地の売買を得意としています。

仲介による売却だけではなく、物件の買取や賃貸もおこなっているので、まだ不要な物件をどう扱えば良いのか悩んでいるという方も一度トーワハウジングに相談してみることをおすすめします!

物件の状況・特徴を鑑みて最適な方法を提案してくれるかもしれませんよ!

会社名 株式会社トーワハウジング
本社所在地 旭川市1条通5丁目31番地2 トーワ1・5ビル
設立 1997年4月
免許・登録 免許番号: 北海道知事上川(5)第938号

アイーナホームは函館市周辺の不動産査定・売却におすすめ!

アイーナホームは、本社を北斗市におく不動産会社です。

こちらの地域の中ではかなり大規模な不動産会社で、函館市、北斗市、七飯町の不動産の取り扱いを得意としています。

もちろんアイーナホームに集まる購入希望者もこの2市1町を希望しているので、早い段階でマッチングが期待できますよ!

また、アイーナホームは任意売却もおこなっています。

任意売却とは、ローンが期限内に支払えない場合、金融機関の許可を取って物件を売り、その代金を使ってローンを完済する方法です。

あまり人に話したくないこうした事情がある方にも、アイーナホームはおすすめですよ!

会社名 株式会社アイーナホーム
本社所在地 北斗市七重浜4-39-11
設立 -
免許・登録 免許番号: 北海道知事渡島(2)第1146号

ホーム・アシストは旭川市に対する知見の深さが大きな魅力です!

ホーム・アシストは、旭川市内に本社をおく不動産会社です。

旭川市は札幌市には及びませんが不動産取引が多い地域で、大きな需要があります。

しかし、前述の通り北海道の不動産会社は札幌市に集中しているということもあり、中々対応業者を見つけるのが難しいです。

旭川市の物件を査定・売却したいと考えている方は、まずホーム・アシストを候補に入れてみては如何でしょうか?

買取にも対応しているので、早期の売却も可能ですよ!

会社名 株式会社ホーム・アシスト
本社所在地 旭川市2条通13丁目2038番地の1エーコー2条ビル301号
設立 -
免許・登録 免許番号: 北海道知事上川(2)第1106号

北海道の不動産売却の相場

相場を見ると、北海道の土地売却価格の相場は1,000万円前後、家は2,000万円前後、マンションは1,000万円代前半となっています。物件の相場がそれほど高くない一方で、土地相場の高さが目立ちますね。

北海道は日本で一番大きい都道府県ということもあり、土地取引件数も非常に多いという特徴があります。

ただ、同じ土地でも農地・林地の取引数は多い一方で、価格は低くなってしまいがちです。

農林業・畜産業といった産業は北海道で縮小傾向にあるので、こうした用途の土地需要も低下しつつあります。

売却のタイミングをしっかり見極めることが重要といえるでしょう。

北海道の坪単価

北海道の坪単価は平均で12万円超/㎡となっています。

札幌という大都市を含むにも関わらず大分県と栃木県に挟まれ全国31位に甘んじている北海道ですが、上昇率でいえば、愛知県に次いで都道府県別で全国2位となっています。

このデータを見ると、少なくとも北海道の不動産業は順調に推移していると考えて良いでしょう。

北海道の不動産取引件数

北海道の不動産取引件数を見ると、土地取引の多さが目立ちます。

ただ、最近の取引状況を見ると、土地の取引件数が減少している一方で、中古マンションを中心とする建物の取引件数が増加しています。

地域別にみると、特に札幌市内の建物取引件数が増加しているようです。

こうした状況となっている理由としては、現在、北海道で札幌の一極集中化が起きていることが挙げられます。

畜産業など、かつて北海道を支えていた一次産業が衰退し、代わりにサービス業が発展したことにより、若者の地方離れが起きたこと、本州からの転居者なども札幌の支社に勤務するようになったことなどが原因に、今後この一極集中は加速していくだろうと考えられています。

北海道のエリア別取引件数ランキング

北海道の最新版(2017年7~9月)取引件数を、エリアごとに紹介していきます。

件数は期間ごとに異なるのでそのまま参考にするのは難しいですが、イメージを掴むためにも一度チェックしてみましょう!

【北海道のエリア別取引件数トップ10(2017年7~9月)】

件数順位 エリア 件数
1位 旭川市 160件
2位 札幌市北区 121件
3位 苫小牧市 106件
4位 札幌市中央区 101件
5位 北見市 99件
6位 釧路市 90件
7位 札幌市東区 78件
8位 帯広市 73件
9位 札幌市豊平区 69件
10位 札幌市南区 65件

市町村ごとでみるとやはり札幌市が断トツで多くなっています。

ただ、ランキングに載っていない市町村など、取引が0件のところも多く、エリアごとの差が激しいのも事実です。

事前にしっかりと利益が出るか、需要があるかどうかの目安をつけておくほうが良いですね。

北海道の不動産取引の特徴・傾向

土地取引が多い理由としては、もともと面積の広い地域であることが大きな理由ですが、新築する方の数が多いことも理由に挙げられます。

札幌市内の高額マンションなどではそんなことはないでしょうが、北海道の郊外には冬の寒さや通路の凍結の対策が十分ではない物件も多くあります。

こうした設備の仕組みは建築技術の進展によって変化するため、安全のためにもお金を惜しまず建てかえる傾向が強いのですね!

ただ、いくら北海道は土地が売却しやすいとは言え、アクセスの悪い場所では吹雪の影響を受けやすいので、売れにくい傾向になっています。

ほかの地域以上に交通の便には敏感なのが、北海道の不動産売却です。

北海道の最新不動産売却事例を限定公開!

ここからは、上記で挙げた取引件数の多いエリア5つ(旭川市、札幌市北区、苫小牧市、札幌市中央区、北見市)の中から、成約に至った具体的な取引事例を不動産タイプ別に紹介していきます!

なお、初心者でもカンタンにできる不動産売却相場の調べ方は、こちらにまとめてあります。ぜひご覧ください!

不動産売却相場の調べ方を一挙公開!マンション・家・土地のタイプ別おすすめ方法は?

北海道のマンション売却事例

不動産タイプ 所在地 種類 最寄り駅 取引総額 面積 買い手の利用目的 取引時期
中古マンション 旭川市 5条通 RC造・3LDK・2000年建築 旭川駅徒歩20分 1,600万円 80m² 住宅 2017年07-09月
中古マンション 札幌市北区 あいの里2条 SRC造・1LDK・1992年建築 あいの里教育大駅徒歩6分 590万円 50m² 住宅 2017年10-12月
中古マンション 苫小牧市 青葉町 RC造・3LDK・1986年建築 青葉駅徒歩9分 220万円 70m² その他 2017年07-09月
中古マンション 札幌市中央区 大通西 RC造・2LDK・2012年建築 西11丁目駅徒歩1分 3,000万円 60m² 住宅 2017年07-09月
中古マンション 北見市 北2条西 SRC造・2DK・2005年建築 北見駅徒歩4分 1,600万円 80m² 住宅 2017年07-09月

中古マンションの取引は札幌市などを中心とした都市部に偏りがあり、北見市には1件の事例しかありませんでした。

マンション自体が基本的に都市部を中心に建設されるので、こうしたデータ上の偏りは仕方がない部分もあります。郊外の中古マンションに需要がないということではないので、まず最寄りの不動産会社に相談に行ってみると良いでしょう。

北海道の戸建て売却事例

不動産タイプ 所在地 種類 最寄り駅 取引総額 面積 買い手の利用目的 取引時期
土地+建物 旭川市 2条通 木造・商業地・2002年建築 旭川駅徒歩12分 2,300万円 230m² 住宅、その他 2017年07-09月
土地+建物 札幌市北区 あいの里2条 軽量鉄骨造・住宅地・1991年建築 拓北駅徒歩17分 1,000万円 250m² 住宅 2017年07-09月
土地+建物 札幌市中央区 旭ケ丘 RC造・住宅地・1989年建築 円山公園駅徒歩28分 4,000万円 400m² 住宅 2017年07-09月
土地+建物 苫小牧市 青葉町 木造・住宅地・1983年建築 青葉駅徒歩6分 1,200万円 220m² 住宅 2017年07-09月
土地+建物 北見市 相内町 木造・住宅地・1970年建築 相内駅徒歩6分 650万円 450m² 住宅 2017年07-09月

戸建てになるとマンションよりは広い範囲での取引がありますが、価格が常に高くつくわけではないようです。

不動産売買があまり盛んではない地域では築年数が古めの木造物件でも3,000万円近い価格がつきますが、北海道は取引も多いので、質と査定額はしっかりと比例しているようです。

※家を高額売却するコツについてはこちらで詳しく解説!

家を最高額で売る方法!基礎知識・手順から節税・手数料値下げのポイント解説

北海道の土地売却事例

不動産タイプ 所在地 種類 最寄り駅 取引総額 面積 買い手の利用目的 取引時期
土地 旭川市 1条通 商業地 旭川駅徒歩15分 1,400万円 340m² その他 2017年07-09月
土地 札幌市北区 あいの里3条 住宅地 あいの里教育大駅徒歩13分 660万円 195m² 住宅 2017年07-09月
土地 苫小牧市 青葉町 住宅地 青葉駅徒歩5分 1,800万円 650m² 住宅 2017年07-09月
土地 札幌市中央区 大通西 住宅地 西18丁目駅徒歩2分 5,000万円 195m² その他 2017年07-09月
土地 北見市 花月町 住宅地 北見駅徒歩25分 120万円 115m² その他 2017年07-09月

北海道は面積が広いこともあり、大きな土地の売買が目立ちます。

中には北海道在住経験がなくても、バブル時代に購入した道内の土地を相続したという事例もあるので、積極的に売却に出していくことをおすすめします。

※土地査定の方法・コツについてはこちらで詳しく解説!

土地を査定する流れ・ポイント!価格相場は?ネットから申し込める?

北海道の不動産売買の実態と高額査定・売却の豆知識

前述の通り、北海道の不動産売却は冬場の対策がどれだけ施されているかが結果を大きく左右します。

たとえば、冬場は自家用車が利用できないこともあるので、駅まで徒歩5分以内の物件が北海道では特に人気です。

また、面している道路幅が8m未満の場合、除雪を自己負担でおこなう必要がある、外廊下の物件は冬に凍ってしまうので、内廊下のものが好まれるといた北海道独自の基準が重要になっています。

ただ、どれだけ対策が施されている不動産でも、冬場に見学をする場合と他の季節に見学をする場合では、特に北海道の場合は印象に大きな違いがでます。

やはり冬真っ盛りに売却をしても決まりずらいので、2~3月に査定等をおこない、春・夏に販売活動や内覧を開催できるようなスケジュールを立てておくのが、北海道で相場以上に不動産を売却するコツですよ!

北海道の不動産売却事例

北海道札幌市のマンションを売却した不動産売却事例

男性アイコン
Uさん
売却物件マンション
築年数12年
売却理由マイホームの購入費にあてるため
お住い北海道札幌市

首都圏に転勤するのを機に、子供が生まれたときに北海道で購入したマンションを売却し、マイホームを建てることを考えていました。

はじめてだったので、やり方もさっぱりわかりませんでしたが、一括査定のサービスを利用すると、どれくらいが相場なのかの目途も経ちましたし、何より売却をお願いする業者の絞り込みができました!

とある全国的な不動産業者と北海道の業者のどちらが良いかが最後まで絞り込めず、かなり悩みました。

札幌は北海道の中でも人気がある地域なので、大規模宣伝ができる大手業者に申し込むのがセオリーのようですが、私はたまたま査定を依頼していた地元業者の価格・対応ともに魅力に感じていました。

結局絞り込んだ3社に訪問査定で見てもらった結果、わずかな差で先ほども言っていた地元業者へ依頼をしました。

売り出しをおこなって半年後に買い手が見つかり、「少し遅い」とは思いましたが無事終えることができて良かったです。

ちなみに、買い手の人が言うには内廊下のマンションというのが高評価だったよう。

北海道の以前住んでいたマンションは廊下が外に面しており、冬は通路が凍ってしまうという教訓を生かして選んでくれたのが私のマンションだったということでした!

北海道札幌市で北海道旭川市の家を売却した不動産売却事例

男性アイコン
Yさん
売却物件
築年数36年
売却理由相続したが使い道がないから
お住い北海道札幌市

地元の北海道旭川市から札幌にでて20年近くになりますが、親が亡くなったことで実家を相続することになりました。

ただ、すでにマイホームを札幌に建ててしまっているということもあり、実家をどう活用すれば良いかわからずじまい。

放っておくと税金が際限なくかかるとも聞いたので親に申し訳ない気もしましたが、売却することに決めました。

一括査定をおこない仲介先に決めた不動産会社さんは本社が東京でしたが、担当者が北海道の方だったようで周辺の事情にもかなり詳しく誠意のある方だったので即決しました。

不動産売却は新聞の折り込みチラシで宣伝をするのが一般的だと思っていたのですが、今ではインターネットを使って宣伝するのが主流のようで、全国の支店に情報を共有していただいたりしながら、売れるのを待っていました。

それから4ヶ月経ったとき、ようやく家を買いたいという方が現れました。

東京から引っ越してきた方で、はじめての希望者だったので、契約に至るのは難しいらしいのですが、運もあり、見事契約しました。

きいてみるとやはりネット広告を見て決めたということだったので、ネットを利用して不動産売却をして良かったです!

東京都中野区で北海道函館市の家を売却した不動産売却事例

女性アイコン
Kさん
売却物件
築年数24年
売却理由相続したが使い道がないから
お住い東京都中野区

父が亡くなり、一人娘の私に実家が相続されることに。

残したい気持ちもやまやまだったのですが、すでに東京で家族と住んでいるということもあり、ただ持っているよりは引っ越してくる方のお役に立てて欲しいと思い売ることにしました。

代々お世話になっていた北海道の不動産会社に依頼することも考えましたが、それでは連絡等が大変だろうと思い、東京と北海道に本社・支社があるところを、一括査定サービスを利用して絞り込むことに。

査定額自体は最終候補の4社に違いはそれほどなかったのですが、電話での対応が最も良いと感じたところと契約を結ぶことにしました。

頻繁に電話でやり取りをしてはいましたが、売れるまでの半年のうちに3回は現場に足を運びました。

電話だけではわからないこともあったので、手間を惜しまずに動いて良かったなと思います。

その業者はインターネット広告に強みがある業者のようで、東京からも広告を見ることができるのが安心でした。

一度、北海道の不動産会社に依頼しようとしていた私ですが、最終的に福岡から引っ越す予定の方に決まったこともあり、ネットで宣伝をしてくれてよかったなーと今では思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加