TOP > 不動産売却・査定都道府県一覧 > 沖縄県の不動産売却相場と査定業者情報

沖縄県の不動産売却査定!相場と不動産業者の特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加
沖縄の不動産

日本の最西端に位置するのが沖縄県で、東シナ海と太平洋の300以上の島で構成されています。

人口は約141万人で面積は約2,276K㎡となっております。

県庁所在地の那覇市を中心に都市化が進んでおり、マンションの数も増加しています。

居住地域に固まりがある一方で周囲には森林も多く、ヤンバルクイナ、イリオモテヤマネコなどの天然記念物が多く生息しています。

日本の地域の中で最も観光業が盛んであり、リゾートホテルが多く整備されていることが相場を押し上げています。

おすすめ不動産タイプ
土地、家、マンション
おすすめ業者タイプ
大手業者、地元業者
売却のタイミング
横ばい

沖縄県の不動産売却の相場

沖縄県の不動産売却相場を見ると、土地が1,800万円前後、家が3,600万円前後、マンションが1,700万円前後となっています。

全国的に見ても比較的高めで、土地は47都道府県中9位、家が3位、マンションが9位となっています。

また、県庁所在地の那覇市以外にも浦添市、宜野湾市、豊見城市が相場の高い地域となっており、不動産売却での利益が十分見込めます。

沖縄県の坪単価

沖縄県の坪単価は比較的高めで、県全体の平均で24万円ほどとなっております。

その中でも特に高いのが那覇市で約54万円となっており、続いて浦添市が34万円前後、宜野湾市が26万円前後、豊見城市が24万円前後となっています。

こうした人が密集する都市部は特にマンションの需要が高いので、中古マンションの売却にうってつけですよ。

沖縄の家を高額売却するコツ!

沖縄県の不動産取引件数

沖縄県の不動産取引件数は那覇市が最も多く2,500件前後となっています。

続いて多いのが沖縄市、うるま市で1,200件前後です。

沖縄県は、その相場の高さの割に取引件数が少ないというのが印象的ですね。

件数が少ない割に相場が高いということは、それだけ売却する側が不動産の質にこだわっているということでしょう。

ただ、査定が比較的高めであることから質の低い不動産が売れないというわけではありません。

全体を見ると価格の低い不動産も成約しているので、表面的な相場には騙されないことが大切です。

沖縄県の不動産取引の特徴・傾向

沖縄県の不動産取引の特徴は、いくつかの都市部に取引が集中していることでしょう。

特に県庁所在地の那覇市は件数・相場ともに高くなっております。

那覇には空港もあり、離島と本島・本島と本州をつなぐ役目も担っているので、どうしても査定評価が高くなってしまうのですね。

もちろん、不動産が那覇市にあれば自信を持って売却できますが、その他の都市の不動産であれば、那覇市へのアクセスを1つの目途にして、売却するかどうかを決めるのも1つの手です。

沖縄県の不動産を高額で売却するコツ!

沖縄県の不動産取引を成功させる秘訣は、売り出しの時期にこだわることです。

北海道の寒冷地では、冬に内覧などを実施すると雪に埋もれていたり、外廊下が凍結していたりして、不動産の魅力を100%伝えることができません。

沖縄の場合は、夏に大きな台風が来るので、この時期に売り出し時期が被るのは避けたいものです。

ここでおすすめしたいのが、秋~冬の期間で売り出す方法です。

この時期に売り出すことで台風を避けることもできますし、転勤や入社・入学などの新生活をきっかけに取引件数も増加するので、成約しやすい傾向にありますよ!

沖縄県の不動産売却事例

沖縄県石垣市の家を売却した不動産売却事例 

男性アイコン
Aさん
売却物件
築年数30年
売却理由住み替えのため
お住い沖縄県石垣市

生まれたときから沖縄に住んでいて、35歳の時に一軒家を購入しました。

あれから30年と経って定年を迎え、そろそろ新しい家を購入しようと考えました。

新しい家に先に引っ越しをしてから、残った家を売却することにしました。

私はパソコンの扱いが慣れていなく、また不動産の知識もないため家の売却にかなり手間を取ってしまいました。

娘が不動産会社で働いていたので、どうすればいいか聞いて見るとやはりパソコンを使ったほうが早いそうです。

仕方ないのでこの歳でパソコンの扱いを勉強してサイトを探して、丁度相場の価格くらいのところを探して見ることにしました。

実際に担当の方と会って家の売却が心配でしたが、丁寧かつわかりやすく教えてくれたので大丈夫でした。

購入が決まるのに時間がかかったのですが、購入者をしっかりと選んで決めたからです。

購入者を選ぶ上では値下げがされない人を選びました。

老後にはまだやりたいことがあるのでその資金に出来て嬉しかったです。

沖縄県宜野湾市のマンションを売却した不動産売却事例 

女性アイコン
Sさん
売却物件マンション
築年数34年
売却理由相続したが使い道がないため
お住い兵庫県芦屋市

父から将来の足しにしろと沖縄のマンションを貰いました。

30年ほど前に、父が将来のために購入したマンションだそうです。

沖縄では珍しいマンションなので、賃貸経営も考えていきました。

しかし、今後の生活に不安があり少しでも貯金が欲しかったので父と相談して売却することにしました。

地元に不動産屋があまりなく、インターネットを使ってマンションの売却をすすめることにしました。

ネットで一番高い金額が記載されたところに依頼したのですが間違いでした。

販売を委託すると大幅な価格の変動が頻繁にあり安かったり、高かったりしたので不安定になっていました。

そんな感じだったので、購入の希望者が出てきても一番安い時期の値段にしろという大きな値下げ交渉を購入者が言ってきました。

段々と購入者の声も大きくなってきたのでめんどくさくなり、大幅な値下げをして売ってしまいました。

今思うともっとしっかりと調べてから売りに出したほうが良かったと思いました。

家を売却する方はしっかりと調べてから売りに出さないと痛い目を見ます。

沖縄県うるま市の家を売却した不動産売却事例 

男性アイコン
Gさん
売却物件
築年数10年
売却理由住み替えのため
お住い沖縄県うるま市

お金が貯まったので、古い家から新しい一戸建てに住み替えることにしました。

前の家は住むのに特に問題は無かったので、子どもが成長して自分の部屋を欲しがるようになり成人するまで住む家の予定でしたが、いい機会なので思い切って新しい家を買うことにしました。

また、駅に近くのほうがとても助かるので駅チカの物件を購入することにしました。

前の家を売却する際は一括査定サイトで家の査定をしました。家の売却資金で新しい家を購入したかったので、とにかく査定の金額が高い不動産と連絡を取ることにしました。

様々な業者さんと話して一番説明が分かりやすいところに委託することにしました。

サイトに載せてもらうにあたり、物件の良いところを前面に出してもらいました。

しっかりと業者さんと連携をしていたため、良い結果が出たと思います。

サイトを利用することによって実際に行動するよりもはるかに簡単に済みました。

このエントリーをはてなブックマークに追加