TOP > 不動産売却時にかかる諸費用・税金 > 不動産売却にかかる費用を徹底解説

不動産売却にかかる費用を徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
電卓と家

不動産売却にかかる費用としては、様々な税金などが挙げられます。

しかし、その金額は売却額などに応じて変化するので、一様ではありません。

不動産売却時に金額が高いのは、不動産業者に支払わなくてはならない仲介手数料です。

これは、大体売却額の3%を支払わなければならないので、大きな額になります。

こうした費用を合わせるとかなりの出費になるので、常に不動産売却は得をするとは思わず、返済資金の調達は計画的に行っていきましょう。

不動産売却にかかる費用

  1. 仲介手数料
  2. 売買契約時の諸費用
  3. 登記費用
  4. 売却後にかかる諸費用(譲渡税など)
  5. その他費用

不動産売却にかかる費用としては、上記が挙げられます。

→不動産売却後も税金が!譲渡所得税の仕組みと注意点

これらの費用の支払いのタイミングは、物件や業者に限らず不動産売却時はほぼ一定です。

それ故、事前にしっかりと準備を行っておくことで、スムーズな支払いを行えますし、計画的な資金調達ができます。

1.仲介手数料

仲介手数料とは、仲介してくれた業者に対して支払う手数料です。

これは、売買契約が成立した時点で請求権が生まれるようになっています。

この仲介手数料は条件が決まっており、不動産売却のほとんどの場合(売却額が400万を超える場合)は、売却額の3%(消費税抜)となります。

仲介手数料は、売買契約の成立時から分割支払いを要求される場合が多いです。

これは、契約成立後に解除になることもあるからです、

売り手とすれば、売却金が入ってからの支払いの方が良いでしょう。

予め業者に要望を言い、確認しておきましょう。

2.売買契約時の諸費用

売買契約では、契約書に収入をあらわす印紙を貼る必要があります。

この印紙には税(印紙税)がかかります。

売買価格によって税額は異なりますが、そこまで大きな額になることは慣れです。

また、売買契約が成立することで、買い手から売り手に売買価格の10%が手付金として支払われます。

3. 登記費用

不動産売却では、決済、登記、物件引き渡しは同日に行われるのが通例となっております。

この際、物件にローンが残っており、不動産売却金を使いローン返済を行う場合、登記簿の住所と現住所が異なる場合は、登記変更が必要になります。

この際、1000円がかかります。

安価ではありますが、この際に司法書士へ依頼する必要があるので、10,000円ほど、報酬を支払います。

4.売却後にかかる諸費用(譲渡税など)

不動産売却で利益が派生する場合、譲渡所得税を納める必要が出てきます。

譲渡所得が出た場合は、確定申告が必要になってしまいます。

売却をした年の翌2月中旬から3月中旬に申告を行います。

この税金は、所得税と住民税に上乗せされているので、はじめに所得税、後に住民税を納付して完了です。

5.その他費用

その他に挙げたものは、物件の状態や、売り手が目指す売却額によって左右される為、不動産売却を行う皆に支払い義務があるという訳ではありません。

不動産売却を検討している方は参考程度に確認をしておきましょう。

5-1.引越し費用

不動産売却の代金を新居購入に充てる方には支払いが必須です。

引き渡しまでに引っ越すか、引っ越してから売りに出すかなど、タイミングによって資金計画が大きく変わります。

自分にあった、計算しやすい資金調達法を選ぶと問題なく払えます。

5-2.ハウスクリーニング費

物件の内覧時に、家を綺麗にする為にかかります。

もちろん、自分の力のみで清掃を行うという手もありますが、内覧前のクリーニング費は出し惜しみをしないことが不動産売却成功の秘訣だと言われています。

5-3.リフォーム費

築年数が経った物件などの場合、不動産売却を行うと大規模なリフォームを依頼されることがあります。

特に近年は建築技術が進歩したこともあり、ある程度古い物件も手直しさえすれば住めることが多くなりました。

もし、業者や購入希望者が依頼をしても、無理に応じる必要はないので、必ず発生するものではありません。

5-4.解体費

古家付きの土地を売却する場合、引き渡し前に家の解体を依頼されることがあります。

これは、必ず売り手が全額負担しなければならないものではないので、買い手と協議して支払いを分担しましょう。

不動産売却時の費用の支払いは安全性の担保でもある

不動産売却は、仲介を頼まずに、売買契約を行うことも可能ですし、この際には、様々な費用を支払う必要もありません。

しかし、個人間でこのような高額取引を行うのは、かなりの危険性が伴います。

また、個人間で取引を行った場合、気付かないうちに違法取引をしてしまう場合もあります。

費用を支払うことは、安全性の担保に繋がっている面があることを理解しましょう。

お金の用意は早めに!

不動産売却にかかる費用は様々な種類があるので、全てを覚えるのは中々困難です。

不動産売却の手続きの流れともリンクさせながら、支払いをしっかりと行うようにしましょう。

これらは、はじめての方は予想以上の高額さに驚くことが多いです。

不動産売却代金が利用できない場合もあり、事前に準備をしておかなければ、支払うことができません。

検討中の方は、費用も頭に入れていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

不動産売却で他の人のブログは参考になる?
不動産はそれぞれ個性があるので、過去の売却経験者のブログの内容は100%参考になるわけではありません…
家を売却するなら掃除が重要!ポイントと注意点 
家を高額で売却するためには、掃除をおこなうことが重要です。商品価値を高めるだけではなく、業者、購入…
家を相場より高く売却したいなら築年数に注目すべし
家を相場よりも高く売却するには、まず築年数に注目する必要があります。築年数が過ぎると価格は急落する…
マンションの査定に利用する評点ってなに?
マンションの査定には、評点を参考にします。これはさまざまな要素を採点するというものですが、項目によ…

おすすめ・特集記事!

【完全無料】不動産一括査定サイトおすすめランキング!評判・口コミ徹底比較
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2018年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの業者…