TOP > 土地を高く売る > 土地を個人で売却するのがおすすめできない理由

土地を個人で売却するのがおすすめできない理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
土地の個人売却のイメージ

土地を売ろうと考えている方の中には、仲介手数料がもったいないという理由で自分で売却活動をしようと検討している方もいるのではないでしょうか。

確かに、コストの削減になりそうですが個人売買にはいくつかのメリット、そしてデメリットがあるようです。

そこで今回は土地を自分で売る際の良い点、悪い点を紹介していきますので、参考にしてください!

仲介手数料をできるだけ抑える方法についてはこちら

仲介手数料を値引きしたい!方法を徹底解説

土地を個人で売るメリット

なぜ土地などの不動産売却では仲介業者を通す必要があるのかと疑問に感じている方は多いのではないでしょうか。

たしかに、個人で売却をおこなうことは法的に全く問題がないですし、メリットを得ることもできます。

そこで、ここでは個人取引によって生まれる良い点を紹介していきます。

仲介手数料が発生しない

自分で売却取引をおこなうことで大きなメリットは、やはり仲介手数料が必要ないということがまず第一に挙げられます。

仲介業者に払う手数料は一般的に取引額が400万円を超える場合、「取引価格×3%+6万円」とされています。(価格によってパーセンテージが変わります。)

ほとんどの場合で400万円を超えることになるので、上の掛け率で仲介手数料を支払うことになります。

1000万円で土地が売れると仲介手数料は36万円+消費税ということになります。

サラリーマン1ヶ月分の給料ですよ、、、。

個人売買だとこの額を手放さなくていいので、経費の節約をすることができます。

自分の希望を通せる

自分で土地の売却をおこなう際は、各条件などをすべて自分で設定することになるので、自分の希望を最大限通すことができます。

仲介業者に依頼した場合は、不動産の価値を公正に、客観的に査定をおこなうので自分の希望額と査定額が大きく異なってしまうことがあります。

業者の査定に納得のいくことは少ないですので、なにか特別思い入れのある土地や、個人的な事情でどうしても高い金額で売却したい場合は個人売買の方が良いかっもしれませんね。

消費税がかからないので買い手が嬉しい

個人で不動産売買をする際は消費税がかからないのです。

以外かもしれませんが、土地や建物の個人に要売買は消費税は非課税になるのです。

これは売主への直接的なメリットではないですが、消費税がかからないことは、購入希望者にとって嬉しいことですよね。

これを強みの一つとして売り出すことができれば契約までつながる可能性が上がりますよ。

ただ、注意しなくてはならないのは、仲介偉業者でも土地の売買に消費税はかかりません。

物件を売る際には良いポイントとなります。

ただ、これがセールスのポイントになることは間違いありません。

土地を個人で売るデメリット

上では、メリットを3つ挙げましたが、やはり個人による土地の売却にはデメリットも多く存在するのです。

メリットとデメリットをしっかり確認したうえで、自分に合った売却プランに決定してくださいね。

それではデメリットの紹介に入ります。

買主を自分で探さないといけない

知り合いや親戚などに土地を売ることが決まっていれば買主を探す必要がないのですが、そうでない場合は自分で探さなければなりません。

仲介業者に依頼する場合は、大手不動産情報サイトなどへの掲載も業務として行ってくれるのですが個人の場合はそれを自分でやる必要があります。

ほかにはオークションサイトへの広告掲載方法もありますが、その登録や管理は個人でおこなう必要があるのです。

管理不足によって購入希望者とのトラブルに繋がってしまうリスクも考えられます。

トラブル対応が難しい

土地などの不動産を自分で売却する際に、怖いのがトラブルの発生です。

仲介業者が間にいればトラブル対応は業者がおこなってくれますが、個人売却の場合は頼れる人がいないのです。

考えられるトラブルとしては、

  • 不動産の不具合発覚
  • 書類の不備発覚
  • 説明不足によるトラブル

などが多くあります。

仲介業者へ依頼する場合は書類作成、説明などを確実におこなってくれるのでそちらの方が安心かもしれません。

また、不動産の不備に関しては、仲介業者が責任を持つということも多いです。

契約書や重要事項説明書などを自分で作成しないといけない

これも手間がかかる作業なので面倒です。

契約書の作成はもちろん、トラブル回避のために重要なことを記した説明書の作成も必要になります。

土地売買に関して知識のない方はまず勉強から入らなければならないので大変です。


以上のようなことを負担と考えるのであれば、個人で売却するのはやめた方が良いかもしれません。

こうして考えてみると仲介業者はただ売るということだけでなく、いろんなことを手助けしてくれているとわかりますよね。

それでも自分でできると考える方は自分で売却をおこなうべきだと思います。仲介手数料がなくなるのは大きいですからね。

土地の売却は業者への依頼が安心

メリットとデメリットをみてきた結論として、土地など不動産の売却は仲介業者に依頼することが安心です。

どうしても個人で売却をおこないたいという方に「やめておけ」という権利はないのですが、業者へ依頼することがおすすめです。

業者に対してお金を払うことで余計な手間を省くことができますし、購入希望者の方も安心して契約することができます。

現在では、一括査定サービスを利用することでたくさんの業者からの不動産評価額をみることができますので、売却プラン決定のための参考としてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

不動産売却の検討時にdmが来るのはなぜ?
不動産売却を検討していると、dmと呼ばれる業者広告が届くことがあります。登記簿を見ると売り時の不動産…
沖縄の家を高額売却するコツ!
沖縄で家を売る際の相場や準備すべきことについてまとめました!売却検討の方は参考にしてみてください。
売却予定のマンションを査定する方法
マンションは家よりも個別性が低いため、売却代金は似通ったものになりやすいと言われています。しかし、…
不動産売却をする人が抱える不安要素を徹底解消!
不動産の売却は誰に相談していいかもわからないし、大きなお金が動くので不安になりやすいと思います。こ…

おすすめ・特集記事!

一括査定サイトは不動産売却に必要不可欠!メリット・デメリットを一挙紹介
不動産一括査定のメリットとしては、複数業者から査定を受けられる事の他にも、地域に対応している業者を…
不動産一括査定の評判って本当のところどうなの?サイトの特徴・口コミを厳選して紹介
不動産の一括査定サービスってご存知ですか?今回はその魅力から、利用者の評判をもとに実際に利用したい…