TOP > 土地を高く売る > 土地の所有権移転登記は専門家に頼むべき?

土地の所有権移転登記は専門家に頼むべき?

このエントリーをはてなブックマークに追加
土地の所有権移転登記イメージ

土地・建物などの不動産を売買したり、相続を受けた時には、所有権移転登記をおこなう必要があります。

今回は土地の所有権移転登記にはどれほど費用がかかり、どんな書類が必要になるのか、自分で登記をおこなうことはできるのかについて紹介・解説していきます。

特に不動産売却において登記は重要です。

より詳しく知りたい方はこちらもチェックしましょう!

不動産売却に必要な登記費用

土地の所有権移転登記の概要

所有権移転登記とは土地などの不動産購入や、相続、贈与、譲渡などによって不動産の所有権が移転したときにおこなう申請のことをいいます。

売買での移転登記を申請する際は、売却者と購入者の連名による登記申請書が必要となります。

そのほかに、売買契約書の写し、売却者の印鑑証明書、購入者の住所証明書、司法書士への委任状、権利証などが必要となります。

相続の場合による移転登記は戸籍謄本、遺産分割協議書が必要となります。

しかし、現在は登記のコンピューター化が進んでおり関係で、申請がオンライン上にてできるようになってきていますので、かさばる紙の書類などは必要ではない場合があります。

所有権移転登記の内訳

土地の所有権移転登記を申請する場合は登録免許税という税金がかかり、さらに必要書類をそろえるための費用がかかることになります。

登記は誰でもおこなうことができるのですが、登録免許税は誰にでも同じ基準で課税されます。

税率は場合によって異なるので注意してください。

また、移転登記を専門家に依頼しておこなう場合は司法書士にお願いすることになるので、そちらに支払う費用が別で必要になります。

土地の所有権移転登記に必要な書類

ここでは土地の売買による所有権移転登記申請に必要な書類を例に挙げて紹介します。

この場合5つの書類が必要となり、

  • 登記申請書
  • 住民票
  • 印鑑証明書
  • 固定資産評価証明書
  • 登記識別情報

以上の書類が必要になります。

各書類を準備したら、やっと土地の移転登記ができる状態になるのですが、所有権移転登記は必ず専門の司法書士にやってもらわないといけないのでしょうか。

司法書士に依頼すると報酬としてけっこう大きな金額を支払うことになってしまします。

ここからは、自分で土地の移転登記をおこなうことはできるかどうかについて解説していきます。

所有権移転登記を自分でおこなうのは厳しい

土地の売買に際して、所有権移転登記をおこなう際は、ほとんどの場合で仲介業者にお願いすることになると思います。

しかし、「自分でやった方がお金の節約になるし」と考える方も多いのではないでしょうか。

仲介業者は手続きの紹介手数料として専門家からお金を受け取っているので、もしその旨を伝えると嫌な顔をされてしまうこともあるそうです。

それでもお金の節約は大維持ですから、自分でやれるものならやってしまいたいですよね。

ここからは自分で登記をおこなう場合に注意することについて紹介していきます。

登記を自分でおこなうためのハードルは高い

土地などの不動産移転登記には、自分で行える場合とそうでない場合があります。

自分で登記を済ませようとする際にまず大切になることは、ローンの有無です。

土地を一括うで購入すれば金融機関は全く関係にのない存在となるので、自分で所有権移転登記をおこなうことに対して誰も文句を言うことができないのです。

すなわち、一括で土地の購入をおこなう際は自分で登記手続きをできる可能性が高いです。

ほとんどの人は登記を依頼する

土地を一括で買う人ってなかなかいらっしゃらないですよね。

やはり、登記手続きは大切なものであるので、ローンのある場合は金融機関からの許可が下りづらいことが予想されます。

なぜかといいますと、もし自分で所有権移転登記をまかせ、しっかり手続きができていないと、万が一ローンの返済が滞ってしまった場合に土地やお金を回収できなくなってしまうのです。

ですので、土地などの不動産などの移転登記は基本的に専門家へ依頼することになります。

専門家への登記依頼費用は意外と安い?

自分で所有権移転登記をおこなうことは難しいとわかったのですが、専門家へ依頼したときにはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。

専門家への依頼費の相場は約5万円となっています。

高いような安いような金額ですよね。

しかしここに登録免許税がかかりますので、やはり土地の所有権移転登記には大きな金額がかかってしまうことになります。

ですが、専門家に頼むことで確実に安心して手続きをおこなうことができるというのは良い点なのではないでしょうか。

土地の登記申請は専門家に任せるべき

いかがでしたでしょうか。

所有権移転登記について理解を深めることはできたでしょうか。

土地に関する登記の申請手続きは、ひとまず専門家の方に任せておくのが得策かと思われます。

どうしても自分で登記申請をおこないたいという方は、ローンの融資の際に金融機関に自分で登記申請したいということを伝えておくといいかもせれません。

社会的な信用があると判断されれば自分で容器申請できて、専門家への依頼費を浮かせることができますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

土地売却時にかかる規制の内容
土地は他の不動産と違い、資産とは見なされていないといった理由で、売却時には規制がかけられます。全て…
都心と郊外でこんなに違う?東京の土地相場
東京の土地相場は、地方と比べるとかなり高くなっています。また、東京の土地情報に詳しい不動産業者も複…
離婚が理由の不動産売却におけるポイント
離婚によって不動産売却を検討している方は、利益を考えず、いかにスムーズに物件を処理できるか考えるこ…
土地を高く売る方法!いらない土地は国や自治体に売却できるって本当?
土地を売る相手は個人だけではなく不動産会社・国・自治体もあります。ただ、税金や利益を考えると、仲介…

おすすめ・特集記事!

【2018年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの業者…
【完全無料】不動産一括査定サイトおすすめランキング!評判・口コミ徹底比較
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…