TOP > 土地を高く売る > 土地を生前贈与するメリット・デメリットを一挙解説!

土地を生前贈与するメリット・デメリットを一挙解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加
生前贈与のイメージ

土地の相続を考えている方は、生前贈与という方法も頭の中にあるのではないでしょうか。

今回は、生前贈与とは、どのようなことなのか、さらにそのメリット・デメリットをわかりやすく紹介していきます。

生前贈与の検討に役立ててください。

もちろん、生前贈与をわざわざしなくても不動産は親族に相続されますが、この場合多くの注意点が発生します。

こちらを参考にして、不安点を解消していってください!

相続した土地を売却する際の注意点

生前贈与の対象資産

生前贈与とは、被相続人の活きている間に、所有している資産を相続人に前もって贈与してしまうことです。

また、この生前贈与は被相続人の意志だけではおこなうことができず、相続を受ける人の合意が必要となるので注意しましょう。

生前贈与の対象資産

亡くなった後と生きている間におこなう資産の贈与には、贈与できる資産の種類に違いはありません。

特に限定がないので、現金、土地、車など、基本的にどのようなもので贈与することができますので、安心してください。

土地を生前贈与することのメリット

土地の生前贈与にはいくつかメリットがあります。ここからはメリットを紹介していきます。

希望する相手に資産を贈与できる

生前の贈与では贈与者が贈与を受ける人を自由に決めることができます。

もし、生前贈与をしなかった場合は、被相続人の死後に相続人たちが遺産の分割協議をおこなうことになるのですが、生前の贈与では資産を渡したい人を自分で選択することができるのです。資産の中での土地は、遺産相続という形になってしまうと、土地を分割して分け合うなど、本来の形が保てなくなってしまうので、生前贈与がおすすめです。

相続税の節約になることも

また、亡くなる前での贈与になるので、その後の相続資産そのものの金額を減らすことになりますので、相続税を回避したし、税の額を減らすことができるのです。

特に土地は金額の大きいものですので、相続税対策のために税全贈与という方法をとる方もいらっしゃいます。

土地を生きている間に贈与すると贈与税というものがかかりますが、減税の制度があるので、うまく生前贈与を利用すると相続税対策になりますよ。

相続税について詳しくはこちら

相続した不動産にかかる税金の種類と内容!

遺産相続に関するトラブルを避けることができる

活きている間で資産の整理を考えている方の中には、自分の死後に親族が遺産分配についてトラブルになってしまうことを避けたいという方のいらっしゃるのではないでしょうか。

生前贈与では、贈与した時点で所有権が受け取った人に移りますので、遺産協議の対象ではなくなります。

親族の関係を考えるなら、この方法はとても良いかもしれませんね。

短期間で財産の贈与ができる

必要な手続きが遺産相続に比べ、比較的短い期間で資産の贈与をおこなうことができます。

土地を手放す人と受け取る人が名義変更の手続きを済ませ、所有権が移ったことを証明する登記祖すれば手続きが完了となります。

遺産分配のための協議や、死後の名義変更手続きを省けるということで、スムーズに資産を受け渡すことができます。

せっかくの土地を小さく分割してほしくない場合や、受取人に面倒をかけたくないと考えている方にとっていい方法かもしれませんね。

土地を生前贈与することのデメリット

生前贈与は先に挙げたように、メリットが多くあるのですが、良いことだけではないのです。

いくつかデメリットがあるので紹介していきます。

贈与税がかかる

贈与税というのもが課せられる可能性があります。

毎年100万円までの贈与であれば税金がかからないという制度があるのですが、土地は100万円を大きく超える金額になるものと考えられますので贈与税がかかる可能性があります。

他にも減税の制度があるのですが、ここで注意しておきたいポイントは、相続税と贈与税のどちらを払う方が得なのかという点です。

節税対策で生前贈与を考えているのであれば、相続税の金額も調べておくことをおすすめします。

課税額を比べて、損をしない選択をしましょう。

親族のトラブル回避や、土地を渡したい人が決まっている場合は金額より贈与することが大切かもしれませんね。

不動産所得税がかかる可能性がある

また、土地を生前贈与すると、不動産所得税などほかの税金がかかってしまうことがあることを考えておいてください。

その税金を生きている間払うという考えがあるならこのデメリットは考えなくてもいいかもしれませんが。

このように、生前贈与にはデメリットもあるということを確認しておいてください。

土地の贈与は2500万円までなら贈与税がかからない!

土地の評価額が2500万円をこえる場合であっても、2500万円までは贈与税を免除される制度があります。

ただし、制度の利用には条件があるので注意してください。

条件は、父母や祖父母などの直系尊属から子や孫への贈与となっています。

この範囲を超える場合は課税の対象となります。

また、2500万円を超えた分については20%の贈与税がかかります。

土地などの不動産を生前贈与する際は、このような制度を利用しましょう。

紹介したメリットやデメリットを考えたうえで、あなたにとって最善の方法を選んでください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

空き家と住家の売却はどこが異なる?
相続などによって空き家を取得した場合、使い道がなく売却を検討することが多いです。空き家を売るときの…
土地売却でよく聞く圧縮記帳とは?
土地売却でよく用いられる圧縮記帳とは、税金の支払いを遅らせることができる制度となっています。仕組み…
マンション売却で損しないコツ
マンションは2020年以降飽和するといわれており、売却でも利益がでない可能性があります。こうした時代こ…
海外在住者が不動産売却をおこなうときの流れと注意点
海外在住者でも不動産売却をおこなうことができますが、流れが違ったり、源泉徴収をとられたりしてしまう…

おすすめ・特集記事!

一括査定サイトは不動産売却に必要不可欠!メリット・デメリットを一挙紹介
不動産一括査定のメリットとしては、複数業者から査定を受けられる事の他にも、地域に対応している業者を…
不動産一括査定の評判って本当のところどうなの?サイトの特徴・口コミを厳選して紹介
不動産の一括査定サービスってご存知ですか?今回はその魅力から、利用者の評判をもとに実際に利用したい…