TOP > 不動産売却時にかかる諸費用・税金 > 不動産売却に必要な確定申告の流れと内容

不動産売却に必要な確定申告の流れと内容

このエントリーをはてなブックマークに追加
確定申告

不動産売却によって利益が出たら、年度末に確定申告を行う必要があります。

しかし、社会人でも確定申告を行ったことのある人は少ないでしょう。

また確定申告は、事前に知識を持っておかなければ損をしてしまうポイントもあります。不動産売却の利益を減らさないためにも決して雑に対処しないようにしましょう。

この記事では、不動産売却の最後の壁ともいえる確定申告について紹介していきます。

不動産売却の確定申告は知らないと損をする

確定申告とは、ある所得が生じた際に、管轄となっている税務署に必要な書類を提出して申告、納付する手続きの事です。

サラリーマンの方は、会社で年末調整の手続きを行ってもらえれば、個人で申告の¥する義務はありません。そのため社会人でもほとんどの方が手続きは未経験なのではないでしょうか。

しかし、給与以外の所得があると、申告を自身で行わなければなりません。もちろん不動産売却で収益を上げた場合も含まれます。税金についてはこちらもご覧ください。

→不動産売却後も税金が!譲渡所得税の仕組みと注意点

忙しい人はインターネットで申告を行える!

税金の手続きと聞くだけで非常に複雑そうに感じますし、こうした申告は非常に煩わしいですよね。

加えて、税務署が開いている時間も限られているので、忙しい方にとっては手続きの準備をするのも難しいのではないでしょうか。

そんな人のために、現在、国税庁のHPから申告書、届出書、記入方法マニュアルなどをダウンロードすることができます。

これらの書類のほかに、不動産売却時の各種領収書などを税務署に郵送すれば、手続きを行ってもらえます。

時間がない人はe-Taxがお薦め

郵送で送る時間がないので、書面申告よりもスピーディに手続きがしたいという方には、e-Taxがお薦めです。

このサービスは、申告手続きをネット上で完結させることができるものとなっております。

インストールやPCの設定変更など、多少の準備は必要ですが、24時間いつでも申告を受け付けているので、仕事があって税務署や郵便局に行けない方には、かなりお薦めできるサービスです。

不動産売却の確定申告の流れ

  1. 必要書類を用意する
  2. 申告書の作成
  3. 税務署に提出

不動産売却の申告手続きの流れは、上記の通りとなっています。

手続きは、基本的に税務署を通じて行いますが、忙しい方は、e-TAXを利用して手続きを行う事をお薦めします。

1. 必要書類を用意する

不動産売却時の確定申告に必要な準備書類は、以下の通りです。

  • 不動産売却時の売買証明書
  • 仲介手数料など、購入費用の領収書

また、税務署から取得する書類としては、下記のものがあります。

  • 確定申告書(B様式)
  • 分離課税用確定申告書
  • 譲渡所得の内訳証明書類

2.申告書の作成

申告書は、1月に税務署から送られますが、税務署に行って用紙をもらったり、国税庁のホームページから用紙をダウンロードしたりすることができます。

確定申告書にはAとBがありますが、不動産はBとなるので、間違えないように、確認、注意をしましょう。

3. 税務署に提出

書類を揃え、申告書の作成が終わったら、管轄の税務署に提出しにいきましょう。

もし、アクセスが不便な場合は、郵送で提出することも可能です。

この際、返信用の封筒も同封し、控えを返送してもらうようにすると安心です。

不動産売却後の確定申告は忘れず必ず行おう

不動産売却を行った場合は、確定申告をしなければいけません。

その一方で、諸費用などの合計が売却額を上回り、利益が出なかった場合などは、申告する義務はありません。

しかしながら、場合によっては確定申告をする事で税金の還付が行われるというメリットもあります。

それゆえ、不動産売却を行った後は、利益がどうなったかに関わらず、確定申告をするべきです。

ここからは、ケース別に、確定申告をする事でどのような効果が起こるかを紹介していきます。

売却益が出た場合は譲渡所得税を納める

不動産売却で利益が出ると、譲渡所得税というものが発生します。

これを納める為には、まず確定申告をしなければなりません。

不動産売却を行った翌年の3月15日が申告と税金納付の期限となっています。

この期限を過ぎても手続きを起こっていないと、期限が過ぎてから納付が完了されるまでの間、延滞金がかかってしまうので注意をしましょう。

損失が出た場合に申告した方が良いケース

不動産売却で損失が出ても、買い換え不動産を取得する事で、損益通算及び繰越控除の特例を受ける事が可能です。

この際に、確定申告書の提出が義務付けられています。

不動産売却の手続きは期限内に確実に

不動産売却には、さまざまな手続きが付き物ですが、こうした作業を期限内に行わないと、遅延金や罰金が発生してしまいます。

確定申告も罰金が発生する仕組みになっているので、気を付けて手続きを行いましょう。

また、不動産売却は、ミスを犯した際の損失が大きいものでもあります。

せっかく高額の不動産売却を実現したと思っても、こうした所で出費が生まれると、結果的に損をしてしまい、新居購入には足りなくなるということが起こりえます。

細かい手続きにも最新の注意を払って取り組みましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

マンション売却でおすすめの仲介業者は?評判の会社ランキング・業者選びのコツ
不動産屋のマンション売却についての口コミや評判を探す方法、信用度が高い情報なのか見分けるポイントを…
不動産売却でかかる税金は5年で大きく変化する!
不動産売却で課される税金は、売り出し物件の所有期間が5年以上であるかで金額が変わります。ただ、控除…
土地を高く売るには簡単にできる5つのコツをチェック
土地を高く売るには、調査を行う、近隣関係を良好にしておくといった5つのコツを守ることが不可欠です。…
不動産売却にリフォームは不要!理由と対策・注意点
不動産売却時にはリフォームは不要です。なぜなら、購入希望者は自分のライフスタイルに応じたリフォーム…

おすすめ・特集記事!

【完全無料】不動産一括査定サイトおすすめランキング!評判・口コミ徹底比較
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2018年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの業者…