TOP > 土地を高く売る > 土地売却の相場を知るための5種類の評価額の違い

土地売却の相場を知るための5種類の評価額の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加
更地

土地を売却する際には、事前に土地の相場を調べておく必要があります。

不動産一括査定サイトを使えば、無料で簡単に多数業者の査定をすることができます。

しかし、しっかりと正確に土地を鑑定しようとすると、異なる5つの価格を調べることが必要になります。

全ての価格を調べる義務はありませんが、それぞれに特徴のある値となっているので、違いを理解して使い分けができるようになると、迷うことはなくなります。

ネットの査定だけでは信用できない、最も正確な相場額を算出したいという方は、是非この記事を参考にしてください。

土地売却の相場を調べるための5つの評価額

土地売却の相場をより正確に調べるためには、下記の5つの評価額を調査することが重要です。

  1. 実勢価格
  2. 公示地価(基準地価)
  3. 相続税評価額(相続税路線価)
  4. 固定資産税評価額
  5. 鑑定評価額

土地は、国のものとして見るか、所有者のものとして見るか、取引される商品として見るかなどの視点の違いによって価値が大きく変化します。

一般的に、何の目的で土地価格を調べるかによって、評価額は異なりますし、土地売却の際も、これら全ての額を参考にして売り出しをすることはあまり多くないです。

それでも、評価額をなるべく多く調べておけば、売買交渉の際により多くのデータを提示することができますし、買い手の信頼に繋がります。

1.実勢価格

実勢価格とは、市場の相場にあたる価格で、不動産取引の際は最も重要なデータです。

実勢価格の相場を調べることで、実際の売却額の予測をすることができます。取引の際に目安として最も役立つ評価額です。

しかし売り出したい土地がある地域の物件、取引が少ないと精度は低いです。

2.公示地価(基準地価)

公示地価は、国や都道府県が公表している、いわゆる地価と呼ばれるものです。

この額は市場取引でも基準額として重要視されますが、地点が限定的なのが欠点です。

3.相続税評価額(相続税路線価)

相続税評価額は、その名のとおり相続税の算出用の額です。

この相場を調べることで、納税額の目安を付けることができます。

時価による変化が起きにくいので早めに見通しを立てることができます。

4.固定資産税評価額

相続税評価額と同様に、固定資産税算出用の評価額です。

税金は土地を売るときにかかる諸費用のなかで、大きな割合を占めます。

必要なお金を計算するのに必要不可欠な評価額です。

→土地売却時にかかる税金と節税方法

5.鑑定評価額

鑑定評価額は、プロの鑑定により定められた価格であり、最も客観的、正確です。

その一方で市場と乖離があることも多く、そのまま売却額にするには適していません。

評価額相場はネットですぐ算出できる!

難しい名前が多い土地の評価額ですが、Webサイトを利用すると簡単に調べることができます。

これらのサイトの算出額を参考に、土地売却を検討しても良いですし、すでに売り出しをしているならば、今後の見通しを立てることにも使えます。

ここまでは、5つの評価額について紹介してきましたが、ここからは、土地売却時に利用価値のある実勢価格、相続税評価額、固定資産税評価額の調べ方について紹介します。

実勢価格は一括査定サイトを利用して算出

実勢価格は、国土交通省指定のサイト「土地情報総合システム」を利用する方法、査定サイトを利用する方法などで相場を割り出すことができます。

この中でも特にお薦めなのは、無料一括査定サイトを利用する方法です。

複数の業者へ一度に査定を申込みできるので、簡単に相場額がわかります。

しかし、査定額は業者によって大きなズレがあります。

大手業者・地元業者・長年利用している業者というように、なるべく異なるタイプの業者の査定額を調べるようにすると、より正確な相場を導き出すことができます。

税評価額は全国地価マップを利用して算出

「全国地価マップ」とは、資産評価システム研究センターという期間が運営しているサイトです。

このマップを開き、地域を絞り込みしていくと、詳細な地図が画面に表示されます。

この際、「相続税路線価等」、「固定資産税路線価等」というタブを選ぶと、それぞれの税評価額を参照することができます。

相続税、固定資産税の相場を知っておくことは、土地売却で損をしないためにも重要です。

売りたい土地と似た土地の売却実績を調べるのもコツ

土地のそれぞれの評価額の説明と、それを売却時にどう活かしていくかということを紹介しました。

土地の売却は、大きな利益が出る一方、測量などの手続きで大きな出費も予測されます。

そのため、はじめての人はなかなか手続きに踏み出しにくいですが、こうした評価額を調べることで、不安を払拭できます。

売却を検討している土地と同じ地域で、なるべく条件の似ている土地を探し、実際の売却実績を業者に教えてもらうのもおすすめです。

それによって、土地売却の大体のイメージを掴むことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

不動産売却は短期譲渡のほうがお得?
不動産を売却するとき、所有期間によって所得税や住民税の税率が異なります。5年以内の場合「短期譲渡」5…
不動産売却で確定申告が不要なケース
不動産売却では必ずしも確定申告が必要なわけではなく、利益が出た場合は基本的に不要です。ただ、損失が…
土地を高く売るコツ
土地は、さまざまな評価基準が存在しています。そのため、多くの方法を使って価値を計測することが重要で…
不動産売却で利用するつなぎ融資を分かりやすく解説!
先に今住んでいる不動産物件を売却して新居を購入した方が良く利用するつなぎ融資。住み替えに使えるつな…

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定の評判って本当のところどうなの?サイトの特徴・口コミを厳選して紹介
不動産の一括査定サービスってご存知ですか?今回はその魅力から、利用者の評判をもとに実際に利用したい…
一括査定サイトは不動産売却に必要不可欠!メリット・デメリットを一挙紹介
不動産一括査定のメリットとしては、複数業者から査定を受けられる事の他にも、地域に対応している業者を…