TOP > 土地を活用する > 50坪以下の小さい土地におすすめの活用方法5選

50坪以下の小さい土地におすすめの活用方法5選

このエントリーをはてなブックマークに追加
小さい土地の活用例

土地活用について最近聞いて、興味を持った方は多いことでしょう。

これらの記事でまとめてある活用例はどれも魅力的に感じますね!

土地を活用する

ただ、こうした方法で利益を得られるかどうかは立地と面積が大きく関係します。特に、面積の小さい土地を活用するのは大変です。

そこで、ここでは面積が小さい土地でも有効活用できる方法を紹介します!

小さい土地の活用は幅をとらず多くの人が利用できるものから選ぶ

小さい土地の活用で向いていないのは、マンション・アパート経営やテナント・駐車場の運営といった幅をとるものです。

面積が小さいと数が少なくなるので、利回りの高さは見込めません。

狭いところにアパートを建てても、各2部屋の2階建てのようなものなら、満室になっても4部屋で初期投資はなかなか回収できないでしょう。

小さい土地を活用するのであれば、場所をとらず利回りが高いものを選びましょう。

小さい土地の活用におすすめなのはこの5つ!

小さい土地の活用方法でおすすめなのが、以下の5つです。

  1. 自動販売機の設置
  2. コインロッカーの設置
  3. 広告の掲載
  4. モデルルームを建ててもらう
  5. 太陽光発電

これらの方法は場所をとらなくても幅広い人をターゲットにできるものか、低コストで確実に利益を得られる方法です。

それぞれのメリット・デメリットを知り、適切な方法を選びましょう!

スペースを最も節約できる自動販売機の設置

おそらく最もスペースを使わずにできる活用法が、自動販売機の設置です。

小さなものであれば、50万円ほどで購入、設置することが可能です。

スーパーなどを営む自営業者であれば発注した飲料を仕入れて売り上げを得るという方法もありますが、メーカーに場所を貸して、売り上げの一部を貰う方法が一般的です。

上手くいけば1日に数千円の利益が見込めますが、周辺の自販機の分布や立地によっても結果は変わるので事前調査をしっかりしましょう。

住宅の隣に急に自販機を設置すると、人通りが増えて嫌がる方も出てきます。事前のあいさつや設置許可を得るのも大切ですよ。

観光地や駅の近くならコインロッカーがおすすめ!

小さい土地でもできて、場所によっては自販機よりずっと需要がある活用法がコインロッカーの設置です。

観光地や駅の近くであれば、キャリーバックをおいて買い物をしたいという方も多いので、こうした方のために広めのロッカーを設置するのがおすすめです。

1回の利用が200円としても、場所によっては1日100人以上が使うので、莫大な利益を得ている方も実際にいます。

ただ、これは本当にアクセスが良い土地でなければ活用できないので注意しましょう。

地方の小さい土地であれば、高齢者の多い商店街にコインロッカーを設置するのも良いでしょう。

最もコストが低く長期的に利益が見込める広告掲載

企業に土地を貸し出し、広告看板を立ててもらうという方法もあります。

小さい土地でも、「広告募集」と書かれた看板を立てておけば、企業から広告掲載のお願いの連絡がきます。

上記の活用とは違い、1件〇万円というように契約で期間・価格が決まるので、莫大な利益が見込めるわけではないですが手堅く収益をあげられます。

相手が法人なので、個人間の契約でありがちなトラブルも少ないのが嬉しいですね。

ただこれも土地の立地が非常に関係しており、人目につかないところで募集をかけても契約は決まらないので注意しましょう。

1部屋を再現するだけ!50坪以下でもできるモデルルーム建設

駅近ほどではなくても、近くに人気の分譲マンションがあるのであれば、住宅業者に提供してモデルルーム建設に活用してもらうのがおすすめです。

分譲マンションのモデルルームは以前は1室だけ空き部屋にしておき、そこに見学者を集めるのが一般的でしたが、今では近くに1室を再現したものを建てることが多くなってきました。

近くにあるマンションの運営元にかけあい、需要があるようなら貸し出しましょう。個人への貸地にくらべて倍以上の収益がみこめますよ!

ただ、多くの場合はデベロッパーが空き地を調べて持ち主に連絡をするという方法でモデルルームの建設地は決められます。

自ら売り込んで契約になるケースは少ないですし、デベロッパーに選んでもらうには一定期間空き地のままにしなければならないのが難点ですね。

太陽光発電は土地のアクセスが悪くてもできる!

上記4つの活用法はアクセスが良くないとできませんでしたが、アクセスが悪くても収益を見込めるのが太陽光発電です。

太陽光パネルを設置するだけなので小さい面積でもできますし、日当たりさえ良ければ交通アクセスは関係ありません。

しかも、太陽光パネルの大きさに関わらず電力会社が定める基準をクリアすれば収益は一定なので、むしろ小さい土地を活用したほうが費用対効果は高いです。

ただ、あまりに面積が小さいと、その基準さえクリアできないということもあり得るので注意しましょう。

基準を満たしていなければいくら微量の発電があっても収益にはつながらないので、事前に電力会社や土地活用の相談を受けている不動産会社に相談してみることをおすすめします。

小さい土地でも活用はできる!立地や費用をしっかりシミュレーションしよう

結論から言うと、小さい土地でも方法を選べば十分に活用できます。

ただ、どの方法を選ぶかは立地や準備金による部分が大きいので、事前にしっかり考える必要があります。

アクセスの悪い場所に看板を建てたり、逆に駅前に太陽光パネルを設置したりと、特性を活かさず活用しても無駄なだけです。

はじめての方が自力で判断しても、こうしたちぐはぐな事態に陥りがちなので、不動産会社にまずは相談してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

マンションを高額売却!契約書で注意すべき事前チェック
マンションを売却するときは、契約書の事前チェックを行うことをお薦めします。記載項目を調べることで、…
土地売却を成功させる3つの注意点
土地売却に関する注意点は、大きくわけて、土地について詳しく知ること、コスト負担について明確にするこ…
浦安の不動産を査定する方法と売買におすすめの会社を紹介!
娯楽だけでなく住宅エリアとしても人気をあつめる浦安。今回は浦安の不動産情報や査定の方法、売買仲介を…
マンション売却前の内覧時の簡単ポイントで高く売る
マンションの内覧時は多くの人がおもてなしをしたり、過剰に準備をしてしまいますが、自由にチェックをさ…

おすすめ・特集記事!

【2018年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの業者…
不動産一括査定サイトおすすめランキング!評判・口コミ徹底比較
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…