TOP > 不動産売却の基礎知識 > 不動産売買契約や決済・引き渡しのマナーとは?服装や手土産・菓子折りのルールはある?同伴者がいてもOK?

不動産売買契約や決済・引き渡しのマナーとは?服装や手土産・菓子折りのルールはある?同伴者がいてもOK?

【更新日】2020-06-29
このエントリーをはてなブックマークに追加
不動産売買契約や決済・引き渡しのマナー

不動産売却を成立させるためには、売買契約をミスなく完了させることが不可欠です。

人生に一度あるかどうかの不動産売買契約はどうすれば良いのか、マナー・ルールはあるのかなど、不安に思う方も多いのではないのでしょうか?

今回は売買契約の意外と知られていないルールについて解説していきます。

不動産売買契約の流れ・注意点を徹底解説!

不動産売買契約や決済・引き渡しに服装のマナーはある?

売買契約でまず気になるのは「スーツで来たほうが良いの?」ということではないでしょうか?

結論から言うと、売買契約は私服で行って全然OKです。

向こうが礼儀正しい方でスーツを着てくることがあるかもしれませんが、ラフな格好で行ったからといって、先方に激怒されて契約が破断になるといった事例はありません。

安心して、いつも通りの私服で行きましょう。

まだ契約は締結していないので要注意

ただ一点、注意してほしいのが、売買契約に赴く段階では未だ契約は結んでいない、つまり無条件でキャンセルされる恐れがあるということです。

服装にマナーはありませんが、不動産という高額資産に関する契約ですから相手もしっかりした人と結びたいと思うはずです。

あまりにラフ過ぎる格好や、過激な主義思想を思わせる格好だと、相手側は警戒して契約を避ける可能性も0ではないのです。

円滑に契約を進めるため、私服とは言っても常識の範囲で選ぶようにしなければいけません。

不動産売買契約や決済・引き渡しで手土産は必要?

売買契約の時に手土産が必要か聞かれるケースもありますが、こちらも特に必要はありません。

ただ、不動産売却には瑕疵担保責任というものがあり、引き渡しから一定期間内に物件の欠陥が判明したら、売主に賠償請求をすることができます。

万が一、売買契約後にトラブルが発生したら再び両者で話し合いをしなければいけません。

その際には穏やかに対応してもらうように、先手を取って手土産を用意しておくというのもアリでしょう。

もちろん、単に感謝の気持ちを表すために手土産を用意するのも全く問題ありません。

不動産売買契約や決済・引き渡しに同伴者がいても大丈夫?

小さな子どもや配偶者を連れて、売買契約に行っても良いのでしょうか?

通常、売買契約は不動産会社の一室などでおこなわれますが、そちらへ赴く際に家族を連れていくのは特に問題ありません。

ただ、契約の場やサインのタイミングにも家族が同席できる訳ではありません。

契約の場では非常に重要な話し合いをすることになるため、他の人がいると気が散ってしまいます。

大きな店舗なら控室で待機してもらう、小さな店舗なら外に出てもらうといった対応が必要になってきます。

不動産売買契約や決済・引き渡しはマナーよりも内容が重要

不動産は一般の方が持っている最も高額の資産です。

その行方を決める売買契約では、契約書の内容に誤りはないか、希望・要望が明記されているかなどをチェックする必要があります。

キチンと契約を結ぶことが何よりも大事になるので、細かいしきたりを意識するよりも、そちらに集中したほうが良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

不動産売却をする人が抱える不安・悩み12選と解決法を一挙公開!
不動産の売却は誰に相談していいかもわからないし、大きなお金が動くので不安になりやすいと思います。こ…
収益物件(投資物件)を売るベストなタイミングとは?売却を成功させる賢い売り方
収益物件(投資物件)を売るには、売り時を見極めることが大切になります。ここからは、売り時のベストタイ…
不動産売却の引き渡し時の流れ・注意点!売買契約から1.5か月の間ですべきことは?
不動産の売却活動を終え、売買契約を締結してから引渡しまでの流れを紹介していきます。必要なものや、ど…

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイト33社を比較!2020年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2020年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…