TOP > 不動産売却の基礎知識 > 不動産売却の見学前・当日はここに注意!

不動産売却の見学前・当日はここに注意!

【更新日】2018-05-31
このエントリーをはてなブックマークに追加
不動産を紹介する女性

不動産売却は通常、不動産会社への査定依頼、媒介契約、購入希望者の物件見学を経て契約にいたります。

不動産売却の流れを査定から物件引き渡しまで一挙解説!

この中でも特に重要な手続きの一つが、物件見学です。

立地や質が良い優良物件だったとしても、見学時の印象が悪ければ買ってもらうことは難しくなります。

今回は物件を見てもらう前に何を注意すればいいのか、どう準備すべきかをご紹介します。

内覧に関するポイントは、こちらのページでも解説しています!
家・マンション売却の内覧!時間帯は昼過ぎがおすすめ
マンション売却前の内覧時の簡単ポイントで高く売る
売却前の家の内覧で気をつけるべき事
家・マンション売却の内覧で失敗しないポイント・注意点

不動産売却で見学が必要な理由

そもそもなぜ不動産を売却する時、いわゆる内覧会と呼ばれる見学をおこなわなければならないのでしょうか。

それは、最終的に不動産の値段を決めるのは人だからです。

不動産の価値は業者の査定によって決定されますがそれはあくまで表面的なもの。

いくら査定額が低くても、物件の印象が悪ければ買ってもらえません。

反対に言えば、いくら査定額が低くても希望者に見せる前に入念に準備し物件の状態を良好にしておけば、より高い価格で売却することも可能なのです。

商品として魅力的な不動産を目指す

不動産の購入を考えている人にとって、物件はあくまで商品です。

例えばあなたがお店を経営するとき、手間と時間をかけて仕入れた商品でも、出来が悪い、お客さんのニーズにあわないと思ったら、売り出さない、作り直してもらうという決断をすることも必要です。

不動産もそれと同じ。見に来る人は物件の内装や清潔感、日当たりや風通しといった住み心地などさまざまな角度から吟味して不動産購入を検討します。

買いたくなくなるような要素はできるだけ除いておくことが必要なのです。

長年住んだ家には愛着もわくでしょうが、客観的に不動産のデメリットを分析し、改善していきましょう。

「商品として魅力的ではない」と感じたら、業者に買い取ってもらうなどの施策変更も有効です。

また、不動産を購入する人はたとえ中古といっても新品同様のものを期待しています。古臭さや年季を感じさせないよう配慮することも大切です。

掃除によって見学時の第一印象は大きく変わる!

物件見学で重要なのは第一印象。

あなたが不動産を買う側だとしたら、足を踏み入れた時に「なんか暗くて汚い…」と感じた物件を買おうと思うでしょうか。

答えはノーですよね。内覧会のとき、最初の印象はとても大切です。

そんな第一印象を良くするために欠かせないのが掃除です。

家の査定前に掃除をすると価格は上がる?査定の方法から注意点・相場まで解説

「たかが掃除?いつもやってるし…」と感じるかもしれないでしょう。しかし掃除をなめてはいけません。

特に水回りは要注意!

気を付けているようで見落としがちなのが水回り。

キッチンやバスルーム、洗面所など、水回りに汚れや水垢、髪の毛や埃があるとそれだけで見る人の印象はかなり悪くなってしまいます。

購入する不動産に新築同様のレベルを求めている見学者からすると、ほんの少しの汚れでも気になってしまうものです。

特に居住しながら売却活動をおこなう方は気を付けましょう。

普段使用している分どうしても汚れが残りやすくなるので、日頃から行き届いた清掃を心掛けてください。

見た目だけじゃない!ニオイは平気?

もう一つ気を付けるべきなのがニオイ。

住み慣れた住居だと家の中の独特のニオイに気付かないことも多いので、念入りに消臭しておきましょう。

初めて訪れた人が気持ちよく見学できるよう、玄関や部屋の隅に芳香剤を置いておくのもおすすめです。

室内でいやなニオイがせず空気がすっきりしている、それだけで訪れた人の印象は格段に変わります。

不動産のリフォームは必要?

よく聞くのが、不動産を売却するなら内覧前にリフォームをおこなった方がいいのか?という声です。

結論から言うと、内覧前にリフォームをおこなう必要はありません。

不動産売却前にリフォームは必要?価格には影響する?

なぜなら、買い手の好みに合わない可能性が大きいからです。

せっかくお金をかけてリフォームしても見学者の好みに合わなければ買ってもらえませんし、お金も無駄になってしまいます。

ハウスクリーニングに力を入れるべき

リフォームよりも力を入れるべきはハウスクリーニング。

ハウスクリーニングはやったらやっただけ効果が期待できるので、普段以上に念入りに掃除して見る人に好印象を与えられるようにしましょう。

特に水回りなど、汚れがひどく自分だけでは限界がある場合は業者に頼むのも一つの手です。

プロの手にかかればバスルームやキッチンなど、掃除の難しいところも見違えるほどきれいになります。

ハウスクリーニングは物件の大きさやおこなう箇所によって数万~数十万円の費用がかかりますが、その分見学者を満足させ高い価格で不動産を売却できる可能性があります。損はないはずなので試してみてください。

見学前の準備で不動産の価値は上がる

不動産の売却となるとどうしても業者選びや査定価格ばかり重視してしまいますが、実は物件内覧前の準備も注意すべき重要なポイントなのです。

今は不動産を購入すると、同時に売却まで考えなければならない時代。

普段から室内を清潔に保ち、いざ売却するときに新築との差を感じさせないようにすることはとても大切です。

より納得のいく売却を実現するためにも、見学前の準備は手を抜かず入念に取り組みましょう。

見学当日は契約の準備までしておこう

不動産の見学は、”見学”だけで終わらないことも多々あります。

特に長いこと不動産を探している買い手は、タッチの差で違う方に購入されてしまった経験があるので、不動産見学をして好感触だったら契約まで漕ぎ着こうとする方も中にはいます。

売り手としては完全に予想外で、「ちょっと待ってくれよ」と言いたくなることもあるでしょうが、基本的に不動産売却はお金を出してくれる買い手のスケジュール優先でおこなわれます。

どんな方が見学に来ても対応できるような、入念な準備をしておくのが理想ですよ!

※契約に必要な書類の取得方法はこちら!
不動産売却の必要書類と取得方法をタイミング別に徹底解説

パンフレットを準備しておくのが不動産見学ではおすすめ

不動産の見学は、買い手のスケジュールもあるので、時間が限られています。そののため、短い時間で物件の魅力を的確に伝えることが大切になってきます。

短期間で物件をPRするのにおすすめなのが、物件購入時のパンフレットです。

中古物件の購入者は、高い確率で取得後にリフォームをすることを前提としています。

買った当時の写真があると、どのようにリフォームするかのイメージがしやすいですし、特に不動産を住みながら売却しているときはソファやテレビが置いてあると生活感が出てしまうので、重宝します。

また、パンフレットは物件を商品として魅力的に見せることを考え抜いて制作されているので、どのように買い手に物件PRをおこなえば良いかの参考にもなりますよ。

見学当日に契約を切り出されたら相手を冷静に見極める

見学していた相手が物件を気に入ってくれた。

長い間売れるか不安だった持ち主からすれば、これほど嬉しいことはないでしょう。

なるべく早く契約をしてしまいたいことと思います。

また、前述の通り売買契約は買い手優先な部分がどうしてもあるので、買い手の気が変わらないうちに成約にいたるのが理想ではあります。

ただ、このように急いで契約をするのは、非常にリスクが伴うものです。

買い手も衝動的に契約を希望している可能性大

不動産は非常に高価値の資産なので、熟慮して手続きをおこなうべきです。

しかし、わかっていても直感的に契約を結んでしまうことがあります。

その理由は、やはり不動産業者に拠るところが大きいです。

不動産の知識が豊富なだけではなく、売り込みの営業にかけてもプロなので、特にはじめて不動産売却をする人は簡単に騙されてしまうでしょう。

もちろん、こうした売り込みテクニックが悪いわけではなく、逆に売り手からすればありがたいことでもあります。

業者の戦略に騙されている可能性も

業者に買い手が騙されてしまうのは、何も口が上手いからだというわけではありません。

たとえば、買い手と業者の都合がついた日にまとめて見学に回る場合などは、前半にあえて古い物件を見せた上で、最後に売れるかどうかぎりぎりの家を見せます。

同じ地域の物件を連続してみせられ、「これくらいの物件しかないんだ…」と失望させてから本命を見せることで、買い手には現実以上に魅力的な物件にうつるということです。

成約を急ぐ方は、このような戦略が効いている場合もあります。

不動産売却における悪徳業者の特徴と対策

中途半端な契約は売り手もリスク大

ただし、あまり確認もなく当日に契約をすると、損をするのは売り手本人です。

特に売買契約を結んだにもかかわらず、引き渡し日直前に契約をキャンセルされてしまうと、売り手の住み替えなども失敗してしまいます。

物件の見学で傷はないか、腐食はないかということをじっくりと調査されるのも嫌なものではありますが、物件引き渡し後に問題点が見つかり、瑕疵担保責任に問われるくらいなら、見学時に厳しくチェックしてもらったほうが安心ではあります。

また、自分がこれから住む家をチェックする姿勢が積極的であるほど、その買い手から責任感を感じることになります。

売り手は、ぜひとも責任感のある買い手と契約することをおすすめします。

不動産見学当日は準備を出来るだけやっていこう

不動産見学当日は、できる準備も限られていることでしょう。

大規模な水回りの清掃なども当日におこなうことは難しいだろうと思います。

大掛かりな掃除をはじめたが、見学までに間に合わなかった場合などは、余計印象が悪くなってしまいますよね。

このときは、当日でもできる簡単なことをやっていきましょう。

窓のカーテンを全て開放する、簡単な整理整頓をするといった簡単な行動でも、相手の印象を大幅アップさせることができますよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

不動産を売る時の注意点!売却前に知っておきたいポイント10選
不動産を売るときは、基本的に業者へ一任をします。しかし、物件調査、査定、契約といった手続きは、売り…
不動産をオークション(入札)売却する流れとメリット・デメリット
不動産売却には、オークションによって売る方法もあります。値下げ要求を下げることができる、期間内の最…
安心R住宅とは?内容・登録方法と売主へのメリット・デメリット
安心R住宅は国土交通省の主導ではじまり、中古の家、マンション売却に大きな影響を及ぼすと考えられます…
レインズは不動産会社しかログインして見れない?個人がレインズを閲覧する方法
レインズは、不動産売却をする上で必須のサービスになります。今回は、個人がレインズを活用するにはどう…

おすすめ・特集記事!

【2020年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイト33社を比較!2020年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…