TOP > タワーマンション(タワマン) > タワーマンションの低層階(1階・2階)は売れにくい?高値売却するポイント

タワーマンションの低層階(1階・2階)は売れにくい?高値売却するポイント

【更新日】2019-01-09
このエントリーをはてなブックマークに追加
タワーマンションと女性

オリンピックを控えた東京の不動産市場は、順調に推移している現状です。

特に都心のタワーマンションは人気が高く、売り切れが続出しています。

タワーマンション売却の前に知りたいこと

低層階であれば比較的リーズナブルな値段で購入できるのが魅力ですが、売却時は苦労することも多いです。

この記事では、タワーマンションの低層階を売却する場合に焦点をあて、高値で売れるコツを解説します。

※マンションの査定・売却の基礎知識から高額売却のコツまでは、こちらにも詳しくまとめてあります!

マンション査定の方法・ポイント・注意点と都道府県ごとの相場を解説

マンション売却の流れと失敗せず売るコツ!方法・注意点・税金を解説

タワーマンションの低層階が売却しにくい理由

タワーマンションを購入する方の目的は、主に居住と投資の2つが挙げられますが、どちらの目的の方からも、高層階の人気が高いです。

やはりタワーマンションに住む以上は少し値が張っても高い部屋が良いと考える方が多く、リーズナブルさを考慮する人は多くありません。

安さを求めるなら都心の分譲マンションのほうが適しているので、売却をしても買い手がつくにくいです。

低層階は眺めが悪い

一般的なマンションではなくわざわざタワーマンションに住む方は、良い眺めのところに住みたい、成功者のイメージが欲しいなど、皆ほぼ同じ理由です。

当たり前ですがタワーマンションの低層階に住んでも窓からは建物しか見えないので、タワマンの醍醐味が失われてしまいますね。

「眺めが悪いなら、普通のマンションでいいじゃん」と買い手に思わられ、スルーされることも少なくありません。

規則の厳しいタワーマンションも多い

タワーマンションはセキュリティやルールが厳しいことが多く、持ち主のストレスや負担になることも良くあります。

周辺に、そこまでルールに厳しくない分譲マンションがあれば、そちらを優先的に選ぶ方は多いでしょう。

当たり前の話ですが、分譲マンションの高層のほうがタワーマンションの低層階よりも上に位置しているので、「高いところに住みたい」と考える方も分譲のほうがメリットは大きいです。

落ち着かない・騒音に悩まされがち

タワーマンションの多くは都市部の中心地に建っています。

駅も近く、車通りも多いので周囲は騒がしいですが、そんな環境でも落ち着いて生活できるよう、多くの方は高層階を希望するわけです。

そのため、タワマンの低層階に入居すると、都市部に住むデメリットを一心に受けることになってしまいます。

また、タワーマンションには有名人が住んでいることも多く、彼ら目的で周囲を訪れるファンが騒がしいというケースもあります。

階の違いに格差を感じる

タワーマンションの高層階に住む人は、成功者という自覚を持っていることが多いです。

低層階に住む人は、こうした差を敏感に感じがちです。

大人はまだ我慢できますが、例えば子どもの学校の友達が同じマンションの高層階に住んでいる場合、子どもの方が何となく嫌な気持ちになることもあります。

タワーマンションの低層階には隠れたメリットが満載!買い手に上手く伝えよう

ここまで、タワーマンションの低層階が売れにくい理由を紹介しましたが、逆に、低層階だからこその魅力も多数あります。

内覧の際には買い手から魅力を聞かれることも多いので、これから説明するようなメリットをしっかり伝えていきたいですね!

安い価格で高ブランドのマンションに住める

タワーマンションは大手不動産会社がシリーズで建てているものも多いです。

例えば、野村不動産が手がけるプラウドシリーズなどは、大きなブランド力があります。

こうしたハイブランドの物件に住んでいると言えば、周囲にオッ!と思われること間違いなしです。

ただ、タワーマンションは上の階にいくに連れて価格が高くなるので、そこまでお金を出せない方は低層階を狙います。

悪く言えば見栄っ張りな人に、タワーマンションの低層階は売れやすいということですね。

豪華な共用スペース・サービスを利用できる

タワーマンションは、エントランスやセキュリティも普通のマンションとは比べ物にならないほど豪華です。

こうした共用部分は高層階に住んでいても低層階に住んでいても利用できるので、良いサービスに囲まれた生活をリーズナブルに手に入れたい方に低層階はおすすめできます。

低層階に住むほうが健康に良い?

日本ではあまり聞かれないですが、欧米では「タワーマンションの高層階に済むのは健康に悪い」と考える学者もいます。

実際にアレルギー、高血圧や流産の確率が高層階の住民には多いというデータもあり、強い因果関係はまだわかりませんが、高層住宅を法律で禁止している国もいくつかあります。

どうせタワーマンションに住むなら、眺めの良い上階に住むのが醍醐味ではありますが、こうした論調が日本にもたらされれば、低層階の需要は一気に増えるでしょう。

タワーマンションの低層階を売却するコツ

タワーマンションの低層階

タワーマンションは豪華さやブランド力が高く、高水準の暮らしを求める方にはうってつけの物件です。

ただ、最大の売りはやはり高さ、眺めの良さなので、低層階は買い手が付きづらくなってしまいます。

こうした部屋を売却するためには、タワーマンションならではの魅力を宣伝することが不可欠となります。

低層階とはいえ、せっかくタワーマンションというブランド力のある物件を売却するのですから、分譲マンションにはできない販売活動をしていきましょう。

設備の良さをPRしていこう

タワーマンションにあって分譲マンションにない魅力の1つに、設備の良さがあります。

パーティールームがある、床暖房や窯焼きオーブンなどが付いてくる物件もあります。

こうした設備の良さは低層階であっても魅力的なので、積極的にPRしていくことをおすすめします。

部屋数の多さを逆手にとる

タワーマンションの低層階を購入した方の多くは、立地や設備とお買い得さのバランスに惹かれたと思われます。

特に立地が都心にあるというのは非常に魅力的で、「港区であれば低層階でも良い」と考える方は多いです。

逆に言えば、売却に出ている高層階との価格調整を上手くおこなうことで利益を最大化することができます。

高層階の部屋が多数売り出されており、低層階の売り出し部屋が0のときは、少しだけ高層階よりも低い売り出し価格を設定すると、買い手の目を惹くことができます。

チラシ・パンフレットが意外に効果あり

タワーマンションのデータが網羅されているチラシやパンフレットは意外と効果的です。

ポータルサイトに広告を載せるときは一部屋ごとの印象が強く頭に残り、普通の分譲マンションとの違いがわかりにくいですが、全体像が載っているチラシはタワーマンションを魅力的に写しやすいです。

購入者は超高層ビルというブランドに惹かれていることも多いので、部屋の内部だけを宣伝するのはもったいないですよ。

あえて築年数が経ってから売り出すのもおすすめ

通常、物件の築年数が経過する前に、1年でもはやく売却するのが利益を高めるためには重要です。

ただ、タワーマンションの低層階の場合はあえて築年数が経ってから売り出すという方法をとるのもおすすめです。

タワーマンションは規模が大きいので、普通のマンションとは違い階層によって価値が大きく異なります。

高階層のほうが価値は高いですが、その分下落幅も大きくなっています。

こうしたことを加味して、競合の価値が下がったところを見計らって売り出すのもおすすめですよ。

低層階の安全面をアピールするのもよし

タワーマンションの低層階が高層階より優れているのが、災害や事故が起こったときの安全性です。

高層階は下に降りるまでの時間が長いので、火災時などに逃げ遅れる危険性もあります。

更に、消防車が来てもはしごや水は低層階までしか届かないので、最高階に近いほど対処が難しくなってしまいます。

また、地震がおきたときの揺れも当然高層階のほうが大きいです。

安全性は物件選びの重要なポイントなので、アピールしていきましょう。

低層階の売却は市場調査が重要

タワーマンションの低層階は、周辺でどんな物件が売り出されているかの調査が重要となります。

特に、タワーマンション、一般の分譲マンションを問わず、高さと立地には注目していきましょう。

競合の動向をしっかりと調べておけば、ベストのタイミングで売り出すことができますよ。

※こちらに初心者でもできる市場調査・相場調査の方法がまとめてあるのでご覧ください!
不動産売却相場の調べ方を一挙公開!マンション・家・土地のタイプ別おすすめ方法は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

タワーマンションを売るコツ!タワマンのベストな売り時・査定のタイミングはいつ?
タワーマンション(タワマン)を売るコツを徹底解説!売り時から、かかる税金・手数料、売却の注意点までわ…
タワマンのママカーストは本当にあるあるなの?実話から読み解くマウンティングの実態
タワマンは、住む階によってカーストがあると言われています。今回は、ママ友のマウンティングの実態と、…
子供を殺す前にタワマンを売るべき!不動産会社がひた隠す高層マンションの健康被害と子育て(育児)の影響
イギリスではマンションの4階以上に妊婦が住むのは法律で禁止されています。その他にも気圧や揺れが人体…
タワーマンションの低層階(1階・2階)は売れにくい?高値売却するポイント
タワーマンションの低層階(1階・2階)は売却しづらいと言われています。超高層であることの良さが反映され…

おすすめ・特集記事!

【2019年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイト33社を比較!2019年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…