TOP > 不動産業者の選び方 > 不動産売却時に相談すべき相手をタイミング別に紹介!

不動産売却時に相談すべき相手をタイミング別に紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
営業マンと夫婦

不動産売却の手続きは基本的に査定からはじまるものとされていますが、ほとんどの業者は査定をする前に、まず相談をする時間を設けています。

ただ、ここで相談される事項は、不動産売却に関する疑問や物件データの確認などで、「そもそも、不動産売却をすべきかどうか」という質問をする相手としては適していません。

検討の段階に応じて、相談相手を変えるというような対策をとっていきましょう。

この記事では、不動産売却時にはどんな人に相談をすればよいかについて解説します。

不動産売却で専門家に相談すべきタイミング

不動産売却時に相談しておきたいタイミングは、以下の通りです。

  1. 不動産売却について話したい場合
  2. 査定について話したい場合
  3. 経費について話したい場合
  4. 確定申告・経費について話したい場合

以上の4つのタイミングで相談をすることで、不動産売却の中でも特にリスクが大きく複雑な手続きを円滑にすすめることができます。

今は不動産売却に関する情報がネットで簡単に取得できるので、こうした情報を見ながら自分で手続きをしたほうが手っ取り早いのは確かですが、一度トラブルが起きてしまうと大変なので、なるべく相談をするようにしましょう。

1. 不動産売却について話したい場合

不動産売却を検討中だが、予備知識が全くないのでどうしたら良いかわからないという方も多いでしょう。

こうした方は、不動産の一括査定サイトなど、第三者機関が提供している相談サービスを利用するのがおすすめです。

不動産一括査定サイトの知られざるメリットを解説

一括査定サイトは、どの不動産業者もまんべんなく取引をしているので、特定の業者をすすめてくることがないですし、机上査定も説明しながらおこなってくれます。

物件を実際に調査するわけではないので正確な査定額ではありませんが、売却代金の目安をつけることができますし、これからどうすべきかを決める大きな指針となります。

2.査定について話したい場合

査定サイトによる簡易査定をおこなう場合は、前述の通りサイトのサービスを利用するのがおすすめです。

ただ、その後、訪問調査を依頼するという段階になると、調査方法や金額算出の方法はそれぞれ違うので、各業者に相談にいく必要があります。

このとき、なるべく多くの不動産業者に査定依頼をし、相談をおこなうことが物件の高額売却につながります。

3. 経費について話したい場合

不動産売却は単純に利益を獲得できるという取引ではなく、さまざまな税金、手数料などの費用を支払わなければなりません。

支払いのタイミングが、売却代金を得る前ということもあるので、早めに経費の支払いについて確認し、無理のない資金計画を立てておく必要があります。

これらの情報は仲介先によって少しずつ異なることがあるので、担当の不動産業者に聞くのがもっとも正確でしょう。

4. 確定申告・経費について話したい場合

不動産を引き渡した後の年度末には、確定申告をおこなう必要があります。

基本的には税務署にいき、職員にわからないことを聞きながら自分で記入・提出をするものですが、複雑な手続きでもあるので、どうしても相談したい人は税理士に相談をしましょう。

税理士に依頼をすると、書類集めから記入方法の指示など、手続きのすべてをサポートしてもらえますが、4、5万円ほどの報酬を支払う必要があるので注意が必要です。

仲介業者への報告をしっかりおこなおう

ここまで、手続き段階別に売り手が相談すべき相手を紹介してきましたが、困ったときに相談すべきなのは、何よりも仲介先の不動産業者です。

どんなネガティブな情報でも共有しておくことで対処できる場合もありますし、売り手から何か希望・要望があるという場合も、相談をすると意外と聞き入れてもらえるものです。

基本的に仲介業者は売り手のパートナーであり、希望を叶えるために動いているので、疑問や要望を話さないのは逆に損ですよ。

必要以上に要望を言うのはやめよう

ただ、いくら要望を言ったほうが良いとはいえ、限度を超えてしまうと業者と売り手間でトラブルが起きてしまいます。

ただ、言うべきかどうか曖昧な文言というものもあり、特に他の業者と比較して「他の会社では仲介手数料を割引してくれた」と催促するのは、ケースによっては効果的ですが、逆に信頼関係が損なわれることもあります。

どれくらい言うべきかという判断は非常に難しいですが、業者は一応パートナーなので、相手の気持ちを考えたコミュニケーションを心がけましょう。

2017.05.30
不動産売却時における業者は、査定額だけでなく、それぞれの得意分野に応じて取捨選択するのが正しい選び方です。データだけでは得意・不得意はわかりにくいので、時には足を動かして調べることも重要です。

相談は大切だけど…

不動産売却でわからないことがあったら、すぐさま専門家に聞きにいくという心構えは決して間違いではありません。

もし、曖昧なまま売却の手続きをすすめれば、いつかは大きなトラブルとなるからです。

ただ、いくら聞けばわかるからといって、売り手本人が責任感を持たないのは良くありません。

売却を失敗すると責任はすべて本人に降りかかるということをしっかり理解しておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

築10年の家(一戸建て)を売却するコツと注意点
築10年前後の家が売却に出されていることは多く、中古住宅市場の3割を占めています。そのため、一般的な…
事故物件でも売れる?訳あり不動産の売却について
事故物件でも不動産業者に依頼して売却することは可能ですが、場合によっては断られてしまうこともありま…
外国人に不動産を売却するときの書類準備のポイント
外国人に不動産を売却するときには、特別な手続きや書類がいくつか必要です。書類準備の注意点や、外国人…
新築の一戸建て・マンションを売却したら損?購入時より高く売る5つのコツ
不動産を売却するときの査定価格は建物の築年数で大きく変わります。では、新築1年目程度の家・マンショ…

おすすめ・特集記事!

【完全無料】不動産一括査定サイトおすすめランキング!評判・口コミ徹底比較
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2018年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの業者…