TOP > 不動産売却の基礎知識 > 工場を売りたい!売却価格はいくら?税金はかかる?

工場を売りたい!売却価格はいくら?税金はかかる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
工場を売る

事業縮小の一環で、法人によって工場を売り払うケースがあります。

工場売却は管理費削減、経営改善に効果的ですが、税金や仲介手数料、土壌改良費などのコストが新たにかかってきます。

今回は工場売却の基本的な内容から注意点まで、売る予定の人の役に立つような情報を徹底解説していきます!

不動産売却をする人が抱える不安・悩み12選と解決法を一挙公開!

稼働率の悪い工場は早めに売り払うのがおすすめ!

稼働率の悪い工場は、いらないと思った段階で早めに売るのがお得です。

仕入れて間もない段階で売れば、設備や内装の劣化が進行していないので、高値が付きやすくなります。

不採算部門を縮小・撤退することで経営が改善され、また借入金も返済できるようになって財務体質がクリーンになります。

工場を勢いで売るのはダメ!製品ラインに支障が出ないようにしよう

ただ、いくら稼働率が悪いとはいえ、勢いで工場を売ってしまうのはNGです。

不採算事業の存在が、他の高収益事業を支えている可能性も十分にあるからです。

工場を売り払ってしまうことで会社の生産ラインに支障が出る仕組みになっているかもしれません。それを知らずにどんどん自社生産を縮小してしまうと、売り上げとコストのバランスが大幅に崩れてしまいます。

建物の売却は、基本的に思い立ったら早めに進めてしまうことをおすすめされます。ただ、工場を売ったら自社にどんな影響があるかというのは不動産会社に相談しても分からないので、自分でしっかりチェックする必要があります。

工場の売却価格は規模によって大きな開きがある

工場を実際に売却すると価格はどれくらいになるのでしょうか?東京の最新売却事例を見てみましょう。

不動産タイプ 所在地 種類 最寄り駅 取引総額 面積 買い手の利用目的 取引時期
工場+敷地 板橋区 東坂下 鉄骨造・昭和56年建築 蓮根駅徒歩14分 16,000万円 370m² 工場、事務所 2018年04-06月
工場+敷地 葛飾区 奥戸 鉄骨造・昭和55年建築 小岩駅徒歩19分 2,100万円 175m² 事務所、倉庫 2018年04-06月
工場+敷地 江戸川区 大杉 木造・昭和60年建築 一之江駅徒歩28分 3,000万円 90m² 住宅 2018年04-06月
工場+敷地 江戸川区 松江 鉄骨造・昭和38年建築 船堀駅徒歩7分 46,000万円 990m² 事務所、倉庫 2018年04-06月
工場+敷地 小平市 天神町 RC造・昭和37年建築 小平駅徒歩19分 330,000万円 2,000m²以上 工場 2017年07-09月

見てみると、売却価格にはかなりのバラつきがあることが分かりますね。

また、必ずしも築浅で面積が広ければ高く売れるというわけでもなさそうです。

よって、売却相場を調べる際は周辺の取引事例を見るだけではなく、必ず個別に見積もりを出してもらう必要があります。

工場を売却する流れ

工場を売るまでのステップは、以下の通りです。

  1. 相場のチェック
  2. 不動産会社に査定を依頼
  3. 媒介契約を結ぶ

それぞれの内容を詳しく見ていきましょう。

①相場のチェック

まずはどれくらいで売れるかのイメージをつかまないといけません。

相場調査をせずに売り出すと、結果的に満足する価格にならなかったということが多いです。

しかし一度売ってしまった工場は取り戻すことができないので、結局大損をしてしまいます。

これを防ぐためにも売却価格のイメージをつかみ、売るべきかキープすべきかの判断をする必要があるのです。

相場の調べ方は、大きく分けて以下の3つがあります。

  • チラシや不動産会社HPの広告情報をチェックする
  • スーモ、ホームズなどのポータルサイトの売出物件情報をチェックする
  • 国土交通省が運営している「土地総合情報システム」などの情報

詳しい相場の調べ方はこちらにまとめているので、ぜひ参考にしてください。

不動産売却相場の調べ方を一挙公開!マンション・家・土地のタイプ別おすすめ方法は?

②不動産会社に査定を依頼

相場のイメージがつかめたら、実際に不動産会社に見積もりを依頼します。

査定額は「うちならこれくらいで売れる」という見込額なので、業者によってバラつきがあります。

そのため、査定は複数社に依頼をして、必ず結果を比較するようにしましょう。

また、査定額だけではなく担当者の人柄やサービス内容などもしっかり比較することをおすすめします。

複数社に査定依頼をする際に、1社ずつ電話をかけていると時間がかかります。 一括査定サイトというサービスを使うと60秒ほどで複数社に一括査定依頼ができるのでおすすめですよ!

不動産一括査定サイト33社を比較!2019年おすすめランキング

③媒介契約を結ぶ

不動産会社を比較して、絞り込んだら契約を結びます。

この時の契約は媒介契約といい、販売を不動産会社に頼む代わりに、売り上げの一部を仲介手数料として支払うというものです。

不動産売却の仲介手数料はいくらが相場?なぜ払うの?根拠・計算方法

媒介契約には3種類の契約方法があり、それぞれ内容が違います。こちらにまとめているので参考にしてください。

専任媒介がおすすめ!不動産売却の媒介契約について解説

実際に広告掲載や販売活動をするのは契約した不動産会社になるので、工場を高く売るということは、イコール高く売ってくれる不動産会社と契約するということになります。

業者選びは最重要なので、じっくり慎重に進めていきましょう。

工場売却に必要な書類まとめ

工場売却では、以下のような書類を準備する必要があります。

  • 不動産の権利証
  • 登記簿謄本
  • 公図
  • 固定資産税の納税書 など

詳しい内容と取得方法はこちらにまとめているので、参考にしてください。

【完全版】不動産売却の必要書類と取得方法を徹底解説

工場売却で注意したい3つの税金・費用

工場を売ると、さまざまな税金・費用が発生してしまいます。

特に気を付けたいコストが、以下の3つです。

  • 解体費用
  • 土壌浄化費用
  • 消費税

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

不動産売却にかかる税金・手数料・費用一覧!いくらかかるのか解説

買主の希望によっては解体費用が必要

売った工場を買主がそのまま利用したいという場合は、そのまま引き渡すことができます。

しかし、もともと住宅地に工場を建てていた場合などは「工場を解体して新居を建てたい」と言われる可能性もあります。

この時、専門の解体業者に依頼をして工場を立て壊す必要があります。費用は規模によっても異なりますが、数百万円が相場です。

解体費用は必ずしも売主が全額負担するわけではなく、買主と分担することもできます。交渉次第といったところでしょうか。

また、工場を閉鎖する際は公的機関へ異動届/変更届を提出する必要があるので注意しましょう。

土壌浄化費用は払っておくほうが安心

工場内で化学物質を利用していた場合などは、土壌が汚染されている恐れがあります。

土壌が汚染されていたら、そのまま売却することはできないので、業者に頼んで浄化してもらう必要があります。

平成15年から施行された土壌汚染対策法によって、有害物質を使う業者は土壌調査が義務付けられています。

こうした業者がそのまま売却をすると、刑事罰の対象になるので注意しましょう。

法人が売主の場合は消費税がかかる

個人が工場を所有しているケースもあるにはありますが、大体が法人や事業主のものでしょう。

一般の人がマイホームを売っても消費税はかかりませんが、工場のように事業目的の物件は売却時に消費税が発生します。

消費税は売却益に対して8%かかるので非常に高額となります。注意しましょう。

また、2019年10月に消費税が10%に増加します。この前に売ってしまうのがお得なのでおすすめですよ!

※消費税の課税は、2期前の課税売上が1000万円未満の場合は免除されます。

工場売却を成功させるには業者選びが最も重要!

前述の通り、工場を高く売るには業者選びが最も重要です。

法人の方なら、いくら不動産が専門外とはいえ、相手が優れた営業マンかどうか見抜くことが出来ると思います。

不動産知識をひけらかすような専門家の言うことを妄信する必要はありません。しっかり自分が納得できる説明をしてくれたところと契約するようにしましょう。

【2018年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

不動産査定は不動産鑑定士に依頼すべき?鑑定費用はいくらかかる?
不動産売却では、基本的に鑑定士による不動産鑑定よりも、業者による査定を利用することのほうが多いです…
タワーマンションの低層階(1階・2階)は売れにくい?高値売却するポイント
タワーマンションの低層階(1階・2階)は売却しづらいと言われています。超高層であることの良さが反映され…
土地売却は古家付きでもできる!解体・リフォームしなくても大丈夫!
古家付き土地売却は一般的にお薦めされませんが、解体費用やリフォーム・リノベーション費を節約・値引き…
マンション買取は損するって本当?買取と売却の相場を徹底比較!
マンション買取は売却に比べて損と言われますが、果たして本当なのでしょうか?今回は売却とさまざまな面…

おすすめ・特集記事!

【2019年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイト33社を比較!2019年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…