TOP > 不動産売却時にかかる諸費用・税金 > 仲介手数料はなぜ払わなければならない?その根拠は?

仲介手数料はなぜ払わなければならない?その根拠は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
仲介手数料のイメージ

仲介手数料が高い、払う意味が分からないと不満、疑問を抱えている方は多くいらっしゃいますよね。

なぜ、仲介手数料は支払わなければならないのでしょうか。

そこで今回は、仲介手数料とはいったい何なのか、支払う根拠を説明していきたいと思います。

きっとこの記事を読めば仲介手数料を支払うことに対して納得できると思いますよ。

仲介手数料を値引きしたい!方法を徹底解説

仲介手数料の相場はこうなっている!

土地・建物のような不動産の売却を不動産業者に依頼しておこなった場合、仲介手数料というものが発生しますよね。

せっかく売却して得たお金からどれくらいの額が引かれてしまうのか、そもそも仲介手数料ってなにに対して発生しているものなのかなど疑問は多いと思います。

はじめに、仲介手数料は額にしてどれくらい支払うことになるのか紹介します。

こんなにかかる!仲介手数料

不動産業者が請求できる仲介手数料には、依頼者が不利益にならないように法律によって上限が定められています。

また、この手数料に対し、消費税がかかることも知っておくといいですよ。

取引額仲介手数料
200万円以下取引額×5%
200万円超400万円以下取引額×4%+2万円
400万円超取引額×3%+6万円

が手数料の上限となっています。

また、この値下げはほとんどないと考えておいた方が良いです。

仲介手数料を実際に計算してみる

たとえば1000万円の不動産を売却したとします。

    すると仲介手数料は、

  • 1000万円×3%+6万円=36万円
  • となります。

36万円てかなり高いですよね。

たしかに1000万円の比べたら36万円なんて小さな数字かもしれませんが、36万円はサラリーマンが1ヶ月にもらうお給料より高い場合もあるくらい大きな金額です。

では、大きな金額となるこの仲介手数料はなにに対して支払っているのでしょうか。

仲介手数料は重要な役割を担っている

仲介手数料がとても高いものであることは分かりましたね。

では、なにに対してお金が発生しているのでしょうか。

その内容を知ったら支払うことに疑問を感じなくなるかもしれませんよ

仲介手数料としてお金がかかっているものの内容

不動産会社に仲介を依頼することで、購入者との契約を取り持ってくれます。

なぜ業者に依頼するのかというと、個人では世間に広く物件を紹介することは難しく、また個人で取引をおこなうことはトラブルを引き起こしてしまう可能性が高くなるので、不動産会社に仲介を依頼する方がスムーズに取引がおこなえるというのが理由です。

  • 自社の顧客に不動産を紹介してくれる
  • 広告を掲載することにより購入希望者を探してくれる
  • 不動産を売るための営業活動
  • 営業活動にかかる諸経費
  • 販売価格の計算をしてくれる
  • 業者の売り上げとなる

以上のことが仲介手数料としてお金を払う直接的な根拠となります。

挙がっている根拠はなかなか個人にはできないことであるので、そこに対してお金を支払うのは納得できますよね。

また、仲介手数料を支払った方が不動産業者の営業マンが根気よく営業活動をしてくれるというのも手数料を支払う根拠になります。

いかがでしょうか、仲介手数料の根拠についてお分かりいただけましたか?

+6万円は調整額

手数料の票を見ていただくとわかるのですが、3%+6万、4%+2万となっていますよね。

「え、2万と6万はなんだ?なんか多く支払っている気がする」と感じる方は多いのではないでしょうか。

これは速算式という計算方法なのです。

なので、決して多くお金を払っているわけではありません。

本来の計算方法はもっと複雑なのですが、この計算式に当てはめることで簡単に手数料を計算することができるように簡略化した結果の+6万円なのです。

単純に3%をかけるだけでは本来支払うべき仲介手数料に達していないのです。

なので、6万円を足すというのは、多く手数料を支払っているのではなく、本来の手数料に調整するための決まった調整額ということになります。

仲介手数料は必要なお金だった

みなさんが高いと感じる仲介手数料は仲介してくれる不動産会社にとって必要なものであると納得していただけたでしょうか。

支払うことに抵抗や疑問を抱えている方は、トラブルを避けることができるうえに、すぐに売却することができると考えると納得できないでしょうか。

本当に納得できないといいう方は、不動産会社がおこなっている仲介手数料がお得になるキャンペーンを利用してみてはしょうか。

キャンペーン利用はコストを補える

仲介手数料を直接値引きすることには繋がりませんが、売却者が少し得した気分になれるキャンペーンをおこなっている不動産会社は多くありますよ。

たとえば、ある不動産会社では、その会社に売却を依頼して取引が成立すると、旅行券や商品を贈呈していたり、ほかには知り合いを紹介すると仲介手数料が10%安くなったりなどがあります。

このようなキャンペーンを利用してコストを補うのも一つの手かもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

海外在住者が不動産売却をおこなうときの流れと注意点
海外在住者でも不動産売却をおこなうことができますが、流れが違ったり、源泉徴収をとられたりしてしまう…
土地の売却と賃貸どちらがお得?引き継ぎ方とタイミング
土地の売却と賃貸は、それぞれにメリットとデメリットがあり、どちらが良いかは一概に言えません。将来的…
家の売却時にエアコンは外すべき?
家やマンションを売却するときはエアコンは外さなければならないのでしょうか。外したほうが高く売却でき…
徹底解説!いらない土地は国に売却できるって本当?
土地を買ってくれるのは個人や法人だけでないことをご存知でしょうか。様々な理由から国に売却できる場合…

おすすめ・特集記事!

一括査定サイトは不動産売却に必要不可欠!メリット・デメリットを一挙紹介
不動産一括査定のメリットとしては、複数業者から査定を受けられる事の他にも、地域に対応している業者を…
不動産一括査定の評判って本当のところどうなの?サイトの特徴・口コミを厳選して紹介
不動産の一括査定サービスってご存知ですか?今回はその魅力から、利用者の評判をもとに実際に利用したい…