TOP > 不動産売却の基礎知識 > 不動産売却は同意書が不可欠

不動産売却は同意書が不可欠

このエントリーをはてなブックマークに追加
同意書イメージ

不動産売却は比較的自由度の高い取引です。

取引価格も買い手と売り手の意思によって決められますし、どうしても時間が足りない場合は代理人を立ててしまっても構いません。

不動産売却で代理人をたてるときの委任状作成方法

自分たちの状況やスケジュールによって柔軟に変えることができるのは大きなメリットですが、このような変更があったときには同意書の作成、提出が不可欠です。

この記事では、不動産売却の手続きに重要な同意書について解説します。

不動産売却は同意書の扱いが重要!

同意書を作成しておかなかったばかりに、後々トラブルになってしまうことは不動産売却では良くあります。

これは、売り手と買い手が口約束をしてしまい、明文化されなかったことに大きな問題があります。

内覧によって不動産内部に傷が見つかった場合などは、売り手と買い手のどちらがいくら修理負担をするのかを決めていきます。

また、引き渡しによって物件の所有者が変更しますが、公共料金や賃料などの支払い納期は引き渡し日に再設定することはできませんから、引き渡しを基準に日割り計算して支払うのか、それとも計算が面倒なので引き渡し月の支払いは売り手が全てやってしまうのかといった取り決めも必要になります。

こうした細かい取り決めが非常に多いので、しっかり同意書にまとめておくようにしましょう。

相続不動産の売却も同意書が必須

こうした同意書が重要なのは、何も売買契約前後だけではありません。

共同で相続した不動産の売却時なども特に重要になってきます。

実家を相続するときには、故人の子どもたちが共同名義で所有することも多いです。

このような形で相続した不動産を売るためには、全ての名義人の同意が必要となってきます。

不動産売却の同意書は自分で作る?

不動産売却時は契約の自由性がある程度担保されているので、事前に同意書のフォーマットを決めてしまうと内容にそぐわない可能性が出てきます。

そのため、書類の作成も自分たちでおこなうようになります。

しかし、そうはいっても業者の中でテンプレートを準備していないところはごく少数ですし、作成も仲介先がおこなうことがほとんどです。

もちろん、売り手から業者に対して要望や意見を出すことは良いですが、そこまで書類の形などを気にする必要もないでしょう。

ネット上でダウンロードしてもOK?

不動産売却の同意書についてネットで調べていくと、無料ダウンロードで書類のフォーマットを提供しているサイトなどをチラホラと見かけます。

こうしたフォーマットを利用して同意書とするのも、もちろんOKです。

ただ、そのときは仲介先業者の費用が変わってくる場合もあるので、一言入れることをおすすめします。

また、フォーマットとして利用できるという何の根拠もなくサービスが提供されている可能性もあるので、契約前に公的の書類として利用することができるのか確認してもらうようにしましょう。

重要事項は全て同意書に載るように

近年、東京地裁で「不動産売却時の契約書に詳しい内容が記載されていなかったので、契約を無効とする」という判決が出ました。

つまり何を意味するかというと、書類に重要事項は全て記載しておくべきだということです。

値段や引き渡し期日はもちろんのこと、費用の支払いはどちらがどの程度負担するのか、引き渡し後に不動産でトラブルが見つかった場合、売り手はいくらの賠償金を支払うのかといった細かな規定を表示しておくことをおすすめします。

不動産売却は、売り手と買い手が話す機会も多いので、公式ではない口約束でさまざまなルールを決めてしまうことが故意でなくともあります。

こうした場合も、同意書への記入漏れはないようにしましょう。

未成年者が不動産売却をする場合は?

未成年者が代理人をたてずに売買契約をする場合は、法的に不安定な取引となります。

そのため、法定代理人と同意書にて契約を結び、不動産売却を代行してもらうことが必要となります。

未成年は、親権者などが許可した場合は規定の金額を好きに利用することができると法律で定められていますが、あまりに大きな利益が出る不動産売却は未成年の権限が制限されています。

このように制限がある取引を可能にするときにも同意書が必要になります。

不動産売却は公的な取引ということを忘れずに

不動産売却は、個人が好きなタイミングで私物を売るという形をとるので、他の商品買取などとあまり違いがないようにも感じます。

しかし、実際は、税金なども多数課されている、国の許可が必要な公的な取引です。

そのため、契約が不十分で損をしても自分の責任ですむから良いとはならないのです。

こうした公的な取引を個人間の合意のみですすめるのは危険なので、必ず同意書など書類に残すようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

不動産売却で送られてくる手紙の正体
不動産売却を検討しているときに業者から手紙がくることがあります。また、不動産の購入を検討もしていな…
土地活用の方法を一挙解説!あなたにおすすめの方法はどれ?
最近需要が拡大している土地活用。買取・売却の他に利益を得ることのできる方法として注目されていますが…
不動産売却後に引っ越しをするポイント
不動産売却後に引っ越しをする場合、物件を引き渡す期間が指定されていたり、査定額が低くなってしまった…
不動産の売却代金はいつ入金される?
不動産の売却代金は、売買契約時と物件の決済・引き渡し時の2回にわけて入金されます。1回目の入金は全体…

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定の評判って本当のところどうなの?サイトの特徴・口コミを厳選して紹介
不動産の一括査定サービスってご存知ですか?今回はその魅力から、利用者の評判をもとに実際に利用したい…
一括査定サイトは不動産売却に必要不可欠!メリット・デメリットを一挙紹介
不動産一括査定のメリットとしては、複数業者から査定を受けられる事の他にも、地域に対応している業者を…