TOP > 不動産売却の基礎知識 > 後期高齢者が不動産売却をするときの注意点!シニアは保険料の値上げ・年金減額に注意

後期高齢者が不動産売却をするときの注意点!シニアは保険料の値上げ・年金減額に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
不動産模型を持つ後期高齢者

不動産売買の中心は30~40代の層だといわれていますが、中には後期高齢者と呼ばれる75歳以上(寝たきり等の場合は65歳以上)の方もおこなうケースがあります。

相続に向け、これまでの資産の換金と分割をおこないたいといった理由が多い後期高齢者の不動産売却ですが、この場合は費用や税金の値上げなど、通常の取引とは異なる部分も出てきます。

そこで、この記事では具体的にどのような点が違うのか、対策法はあるのかといったことについて解説します。

後期高齢者の年金は不動産売却で減額される?

後期高齢者が不動産売却をするときに特に心配なのが、年金の影響でしょう。

不動産売却で年金は減額される?

不動産売却と年金の関係は良くきかれますが、結論から言うと不動産を売って利益が入ったからといって年金が値上げするということはありません。

不動産を売却すると副収入が入り、確定申告の必要があるといった情報を誤って認識したりして、こうした誤解へ結び付いてしまったようです。

たしかに、60歳以降の年金受給者のうち、厚生年金の被保険者である、保険料を払いつつ給与を受けている方は年金が減額されます。

不動産売却益と給与の違い

前述の通り、売却益は給与とは異なる概念です。

たとえば、サラリーマンの方であれば会社からの給与は確定申告してもらっていますが、売却益は臨時収入としてみなされるので、自ら確定申告をおこなう必要があります。

不動産売却後の確定申告の流れ!申告時期から必要書類の書き方までわかりやすく解説

このように、手続きや課税についても明確に分けられているのです。

不動産売却は税金がかかる

ただ、未だ現役で働いている後期高齢者の方が年金を減額されるのと同じように、不動産売却によって利益が出ると新たな税金が課されます。

具体的には、所得税および住民税に課税・増税されるようになります。

また、その他にも健康保険の保険料がアップする可能性もあるので、注意が必要です。

不動産を売却すると国民健康保険料が値上がりするって本当?

後期高齢者は保険料の値上げに要注意

年休受給者は社会保険ではなく、国民健康保険へ加入します。

その中でも、後期高齢者は、後期高齢者健康保険という独立した保険に加入するようになります。

これらの保険は前年の所得に応じて決定します。

つまり、給与か臨時収入かに関わらず所得総額がいくらかによって料金が変わるので、不動産売却によっても金額は上昇する仕組みとなっています。

値上げ対象になるのは、不動産を売った次の年の保険料のみではありますが、急に高額の請求がきて驚く方も多いでしょう。

また、支払い時期が引き渡しの翌年となっているので、得た利益を引っ越し費用などに利用し、ちょうど残り少なくなったタイミングでの請求ということも、注意が必要な点です。

後期高齢者が不動産売却の費用を抑えるには?

不動産売却によってかかる費用を抑える方法には、まず誰かの扶養に入るということがあげられます。

しかし、現行の制度では後期高齢者を扶養に入れることはできません。

これは後期高齢者保険が家族の健康保険と切り離されたものとして見なされているからです。

2009年の民主党への政権交代時には、この医療制度の撤廃がマニフェストとなっていましたが、結局実行されることはなく今に至っています。

70~75歳までに売却するのがおすすめ

75歳を過ぎると扶養に入ることはできなくなるので、事実上は子どもが主体となって不動産を売るという場合は、75歳以前に取引をすることをおすすめします。

中でも、70歳以上75歳未満の時期に扶養に入れると、控除額が拡大するのでおすすめですよ!

扶養家族の人数に変更があったときは、その都度健康保険の届け出が必要といった手間はありますが、認められれば問題なく加入することができます。

不動産売却をすると扶養は外れる?売却後の扶養・配偶者控除はどうなるのか

子どもが後期高齢者の売却をサポートするケース

後期高齢者の不動産売却は本人が執り行うことも多いでしょうが、子どもが主体となっておこなうことの方が多いのではないでしょうか。

不動産売買は代理人を立てておこなうことが許されているので、代理の同意さえあれば子どもが代行することも可能です。

不動産売却で代理人を立てる方法!

ただ、この同意をもらうのが難しいのも後期高齢者の売却の特徴です。

長年住んできた家に対する愛着や、受け継がれてきた資産を伝えようという気持ちは、今の若者世代には理解できないほどあります。

まずは、不動産売却に関してざっくばらんに語りあうことが重要です。

議論する場合に注意すべきこと

しかし、こうした話し合いは何よりも相手を尊重することが大切です。

家族だから何を言っても大丈夫だというようなスタンスで議論をして、絶縁状態にまでなってしまった例はいくつもあります。

家や土地は人によっては強い愛着があるものであり、同時に非常に高額なお金が動くものでもあります。

「お金は人を狂わせる」と言いますが、その他にも権利関係や相続の場合は故人との関係や因縁といった難しい要素が含まれているので、デリケートに扱ったほうが良い話ではあります。

ただ、ざっくばらんに議論をしなければ答えが出ないという場合は司法書士や業者、あるいは弁護士といった第三者を挟んでおこなうのがおすすめですよ!

不動産売却で司法書士は何をするの?役割と費用相場について

後期高齢者の不動産売却こそ高く売ることにこだわるべし!その理由は?

後期高齢者が不動産売却をする場合、さまざまなリスクがあります。

例えば自子に向けて売る場合、住宅ローンの審査に通りにくくなります。親しい間柄の不動産売却は税金対策とみなされることが多いので、金融機関が警戒するからです。

不動産を子供・配偶者に売却するメリット!親子・夫婦間の取引は通常とどこが違う?

その他にも、手続きの途中で認知症になってしまえば、判断能力欠如のため、取引が中止される可能性が高いです。

認知症の親に代わって不動産売却をする方法と流れ

加えて、上記で挙げた保険料の値上げなど、予期せぬタイミングでコスト・余計な手続きが増えるリスクは、若年層の不動産売却よりずっと高いです。

子供・孫にお金を残すはずが迷惑になることも…

子どものためを思って不動産を残したはずが、迷惑になるケースは多いです。

不動産は持っているだけで固定資産税がかかりますし、築年数が経過するほど管理費がかかります。

処分の方法を巡って、子ども達がトラブルを起こすかも知れません。

【実家売却のコツ】親の死後に相続した空き家の実家を売るかで揉めた友人の話

その点、生前のうちに売ってしまい換金した上で配分するのは理想的ですが、それでもトラブルには繋がりにくいです。

では、どうすればトラブルを回避できるかというと、ズバリ高く売れば良いのです。

相続人が複数いる場合も、配当金が高ければそれぞれ納得しやすくなります。

万が一コストが予想以上にかかったとしても、高利益ならその一部を費用補填にあてれば良いだけです。

このように、リスクの多い高齢者こそ、不動産売却では高利益を目標にすることが大切です。こちらの記事などを参考にしながら、万全の準備をしていきましょう!

専門家100人から聞いた不動産を高く売る方法!

一括査定サイトを活用しよう!

不動産を高く売った方のほとんどが活用したツールが、一括査定サイトです。

これは、簡単な物件情報を1分ほどで入力・送信するだけで、こちらに紹介されているような大手業者平均6社ほどへ、一括で査定依頼できるスグレモノです。

【2018年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較

複数業者の査定額を比較すれば、どこが最高額で評価してくれるかわかります。最寄りの不動産屋と契約する場合と比べ、約3割は利益がアップしますよ!

こちらに一括査定サイトのより詳しい使い方と、おすすめのサイト紹介をしているので、ぜひお読みください!

不動産一括査定サイトおすすめランキング!評判・口コミ徹底比較

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

悪徳・悪質不動産業者の営業手口を紹介!免許番号を調べてリスク回避
免許番号を利用して不動産業者を調べ、悪徳・悪質業者を排除する方法は、信憑性が高い情報を取得でき、大…
分譲マンションを売却すると管理費・修繕積立金の支払いはどうなる?
分譲マンションを売ると、今まで支払ってきた管理費・修繕積立金の支払いはすっぱり辞められるのでしょう…
不動産売却において抹消登記をおこなう重要性
不動産売却において、抵当権の抹消登記は必須作業よなっています。この手続きをしておかないと、ローン完…
不動産売却の注意点を10つ全て紹介!知っておくと役立つ売却成功の秘訣
不動産を売るときは、基本的に業者へ一任をします。しかし、物件調査、査定、契約といった手続きは、売り…

おすすめ・特集記事!

【2018年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイト33社を比較!2018年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…