TOP > 家を高く売る > 家を任意売却で売るとローン残債はどうなる?完済できなくても実はOK

家を任意売却で売るとローン残債はどうなる?完済できなくても実はOK

このエントリーをはてなブックマークに追加
ローン残債

家の住宅ローンが支払えなくなった時の最終手段が任意売却です。

任意売却は競売にかけられそうな家を業者に依頼して仲介売却する方法で、競売よりも高く売れてプライバシーも保護されます。

業者が金融機関に向けて負担を軽減してくれるように交渉してくれるので、売却後に一括返済できる可能性は高まります。

しかし、任意売却をしても残債を返せないケースがあります。

住宅ローンは家を担保にして借りるので、残債は残っているのに担保がないという事態に陥ってしまいます。

この場合、どうすれば良いのか解説していきます。

任意売却はローンの払えない家を売る方法!売った後も住み続けられる!

家を売った後の残債は保証会社や債権回収会社(サービサー)に回収される

家を売った後の残債は、金融機関の手を離れて保証会社や債権回収会社に回収されます。

彼らはサービサーと言われ、売却後の残債はサービサーに向けて返すようになります。これを代位弁済と言います。

つまり、残債はそのままに、住宅ローンが無担保ローンに変わるということです。

サービサーは金融機関よりも取り立てが甘い

住宅ローンなら「期限内に返済しないと家を差し押さえる」と脅すことが出来ますが、サービサーはこうした取り立てができません。

相手がお金に困っていることも分かっているので、債務者の事情に合わせて返済額も決める傾向が強いです。

月に1~2万円ほどの少額返済に切り替えてくれることも多いので、一気に返しやすくなりますよ。

サービサーが残債の返済額を軽減してくれるケースもある!

サービサーは時に残債を圧縮して減らしてくれることもあります。

サービサーは正式な金融機関ではないので、数十年という長いスパンで返済計画を立てることができません。

残債をすべて返せそうにない方には、短期で最大限回収できるように折り合いをつけてくれるのです。

ただ、いくら圧縮してくれるかは債務者の生活環境、収入の将来性にも大きく影響するため、大幅な減額が見込めるわけではないですし、そもそも圧縮してくれるかどうかさえ分かりません。

話し合いは出来ますが、あくまでサービサーが決定することなので期待し過ぎないように注意しましょう。

任意売却後の残債は帳消しにならない!コツコツ地道に返済していこう

たまに「任意売却をしたら残債が帳消しになる」という人がいますが、債務者が変わるだけで返済は続けて行かなければいけません。

もし残債を返せなければ自己破産をするしかなくなるので、油断せずコツコツ返済していきましょう。

任意売却のメリット・デメリットとおすすめ業者ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

土地活用を検討する人は知っておきたいコンパクトシティ
コンパクトシティは地方都市を中心におこなわれている施策で、宅地と市街地の再設定という意味合いが強い…
不動産屋のしつこい営業電話を断りたい!迷惑電話を撃退する意外な方法とは?
マンションの売却を検討しているときに勧誘の電話が来ることが良くあります。受動的に仲介先を決めてもメ…
マンションの売却期間は平均3~6か月!早く売るにはどうすればいい?
マンションの売却期間は値下げを行う、売却から買取に切り替えるといった方法を取ると、短縮できる傾向に…
不動産売却に必要な印鑑証明の内容と印鑑証明書発行までの流れ
不動産売却は印鑑証明をする必要があります。実印登録をすることではじめて契約書が効果を持つようになる…

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイト33社を比較!2018年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2018年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…