TOP > 不動産買取の基礎知識 > 農地買取におすすめの業者ランキング!買い手のいない田畑をスピード処分・換金

農地買取におすすめの業者ランキング!買い手のいない田畑をスピード処分・換金

このエントリーをはてなブックマークに追加
農地買取業者

農家の高齢化で耕作を放棄したり、若者が実家の田畑を相続したものの、使い道が分からず放置したりする例が増えています。

いらない農地を放置しても、ムダに固定資産税を支払うばかりで持主には何のメリットもありません。

それより、早めに田畑を買取に出してお金に換えたほうが、その後の税負担を0にできてお得です。

ただ、農地は国から保護され、様々な取引制限を設けられています。そのため扱いが難しく、どの業者も買取に対応している訳ではありません。

そこで今回は、農地買取に対応しているおすすめ業者を特別に紹介していきます!

それぞれ特徴・サービス内容が違うので比較した上で業者選びに役立ててください!

※農地売却に関する情報はこちらに完全網羅しています!あわせてご覧ください。

農地を売却する方法!田んぼや畑を売る流れ・売買にかかる税金を紹介

農地買取におすすめの業者7選

ここからは、農地買取におすすめの7社をそれぞれ紹介していきます。

ちなみに、その7社はこちらになります。

  • 農地買い取り本間くん(エコリードイノベーション)
  • 太陽光設置お任せ隊
  • リライト
  • イエチカドットコム
  • タクト・エム
  • 不動産買取MAX
  • 赤鹿地所

1社ずつ見ていきましょう。

農地買い取り本間くん(エコリードイノベーション)

農地買い取り本間くんは、その名の通り農地買取をメインにおこなっている兵庫県姫路市の不動産会社です。

農地の他にも山林・遊休地の買取に対応しており、1件ずつ丁寧に相談・買取手続きをおこなっているのが魅力です。

姫路周辺の農地を買い取ってほしい場合は1度ぜひ相談に行きたい業者です。

買取条件を満たしているか心配な方は、一度電話で相談してみましょう (電話番号:0120-028-33)

会社名 エコリードイノベーション株式会社
本社所在地 兵庫県姫路市玉手458-1
免許・登録

太陽光設置お任せ隊

太陽光設置お任せ隊は、その名の通り太陽光パネルの設置サービスをメインにおこなっている会社で、その一環でパネル設置候補の農地を買い取るということもやっています。

詳しくは後述しますが、放置された農地で太陽光発電を実施しようという動きが高まっています。

単純な農地としての価値はそこまででも、「太陽光発電に適しているか」という尺度で見れば高値がつく農地も多数存在します。

日当たりが良くて面積が広く、周りに高い建物のない農地は太陽光設置お任せ隊に買い取ってもらうのがおすすめですよ!

会社名 株式会社ハウスプロデュース
本社所在地 大阪府大阪市西区西本町3丁目1番46号 奥内ビル7階
免許・登録 大阪知事(1)第58863号

リライト

リライトは横浜にある不動産会社です。

「多彩なノウハウによる不動産ソリューションの実現」を掲げており、不動産活用・不動産投資・不動産相続の主に3分野をトータルサポートしています。

会社のある横浜周辺の農地はもちろんのこと、愛媛県や静岡県の農地の取引にも対応しているので、県外でも市街化調整区域内の農用地を持て余している方は一度相談してみましょう。

会社名 株式会社リライト
本社所在地 神奈川県横浜市神奈川区泉町14-9
免許・登録 神奈川県知事免許(2)第28478号

イエチカドットコム

イエチカドットコムは不動産の出張査定と買取に特化した不動産会社です。

農村の近くには不動産会社がないことも多いため、こうした出張査定・買取サービスは大変重宝されています。

また、イエチカドットコムは条件の悪い農地の買取にも積極的に対応しています。

他社に買取を断られた方も、一度相談してみることをおすすめします。

会社名 イエチカドットコム株式会社
本社所在地 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺若宮町31番地
免許・登録 京都府知事(2)13060号

タクト・エム

タクト・エムは山林売買や農地売買を専門におこなっている不動産会社です。

本社が東京都中央区にあるので、アクセスが良く来店しやすいのも魅力です。

タクト・エムは柔軟・丁寧に対応してくれるのが魅力で、農器具や作業小屋など、農地の他にも買い取れるものを見つけて評価してくれます。

ただ、東京以外の遠方の農地を買い取ってもらう際は相談が必要なので注意しましょう。

会社名 タクト・エム株式会社
本社所在地 東京都中央区京橋2-12-5インペリアルビル1F
免許・登録 東京都知事(2)第91816号

不動産買取MAX

不動産買取MAXは、農地をはじめ様々な不動産の買取に対応している不動産会社です。

独自のネットワーク力を生かし、最短3日のスピード換金をおこなってくれます。

また、それぞれの農地の独自の魅力を見抜き、最も需要のある業者に買い取ってもらうことで高額利益を実現しています。

最近では多摩・横浜・川崎の農地買取を強化中なので、あてはまる方は積極的に活用しましょう。

会社名 株式会社ホームスタッフ (不動産買取MAX事業部)
本社所在地 神奈川県横浜市港北区日吉本町1丁目6-17
免許・登録 神奈川県知事(4)第23443号

赤鹿地所

赤鹿地所は、兵庫県姫路市を拠点に、地域密着型で営業している不動産会社です。

赤鹿地所の農地買取の強みは、手厚さ・柔軟さにあります。

たとえ、取引の際に行政への申請や測量が必要な農地でも、全て赤鹿地所が代わりにやってくれます。

その他、直接取引とは関係ない相続・税金の相談も親身に対応してくれるので、農地を相続して何を分からないという方におすすめです。

会社名 株式会社赤鹿地所
本社所在地 兵庫県姫路市辻井1丁目1番23号
免許・登録 兵庫県知事(7)第450660号

業者によっては条件付きで農地買取をおこなうところも

農地買取に対応している業者も一定数いますが、その中には買取可能な農地に条件をつけているところも多いです。

よく提示される買取条件は、以下の3つです。

  • 転用が可能なこと
  • 道路に面していること
  • 近くに電柱があること

ここから、1つ1つ見ていきましょう。

よくある条件①転用が可能なこと

買取されやすい農地かどうかは、転用ができるかどうかにかかっているといっても過言ではありません。

宅地転用ができない場合、売却先は農家に限られてしまうので、不動産会社としても旨味はありません。

転用制限は農地の種類ごとに課されているので、事前にチェックしましょう。

農地の種類 内容・特徴 転用に関する制限
農用地区域内農地 農業利用が原則であり、開発行為が制限されている あり(転用は原則不可)
甲種農地 市街化調整区域内にある農業公共投資の対象となった8年以内の優良農地 あり(転用は原則不可)
第1種農地 農業公共投資(土地改良事業)の対象となった土地 あり(転用は原則不可・公共事業で転用の必要がある場合のみ可)
第2種農地 将来的に都市化する可能性のある農地・公共投資の対象となっていない小規模農地 一部あり(転用は他の土地が転用できない場合許可)
第3種農地 生産性の高い集団的農地区域内の農地 なし(転用は原則可能)

よくある条件②道路に面していること

農地以外に転用できても、道路に面していないと工事・建設がうまく進みませんし、乗用車を入れることもできません。

転用後のことを考えると、道路に面していることは重要になります。

よくある条件③近くに電柱があること

近くに電柱がないと、転用後に電気が敷けないので需要が激減します。

気になる方は不動産会社としっかり相談しましょう。

2019年は農地を太陽光発電に転用するのがトレンド

使い道がないといわれ続けてきた農地ですが、最近ある動きがあります。

それは、太陽光パネル設置の動きです。

太陽光発電は低リスクで安定収入!郊外の土地活用にもおすすめ

農地の特徴が太陽光発電の必要条件とピッタリ合っており、使い道に悩む農家にとっても魅力なのです。

大きめなパネルの設置も100万円ほどから始められるので、人気が高まっているのです。

農地は日当たりがよく面積が広いことが多い

太陽光発電で最も必要なのは日当たりの良さですが、これは農業にも欠かせない要素です。

ほとんどの農地は日当たりが良いところにあるので、パネルを設置すれば発電が十分可能なのです。

また、農地は宅地の空き地よりも面積が広いことが多く、より大きなパネルを設置しやすいというメリットがあります。

アクセスが悪くても売電利益を得ることが出来る

いらない農地を売る、貸し出す、活用するという手段がうまくいくかどうかは、全てアクセスの良さ(都市部までどれくらいの距離か)が大きく影響します。

日本の土地の価値は国土交通省が算定する公示地価(基準地価)をもとにしていますが、この公示地価もアクセスのよい土地ほど高評価で、悪い土地ほど価格が低くなっています。

アクセスが悪い=利益にならないというのは不動産業界の鉄則のようなものですが、この前提を唯一覆せるのが太陽光発電です。

太陽光発電は土地のアクセスより、日当たりの良し悪しで結果が決まります。

高い建物の多い都市部よりも、農村部の方がむしろ発電量は大きくなるくらいです。

田舎の農地を持て余した方が出来る最終手段が、この太陽光パネルの設置なのです。

農地の買取査定額は一括査定サイトで比較しよう

一括査定サイト

農地の買取価格≒各社の買取査定額なので、複数社に査定を依頼して最も高く評価してくれた業者に依頼すれば、最高額で買い取ってもらえる可能性が高いです。

複数社の査定額をスムーズに比較できるサービスが一括査定サイトです。

60秒ほどで農地の簡単な情報を入力すれば、平均最大6社以上に一括で査定依頼をすることが出来ます。

大手査定サイトなら登録業者は大手も含めて1000社ほど。厳しい登録審査をしているため悪徳業者と契約する心配がありません。

一括査定サイトは無料で利用できるので、気軽に使ってみましょう!

不動産一括査定サイト33社を比較!2019年おすすめランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

不動産売却は3000万円控除を利用すべし!
居住用や相続した不動産の売却では、税金を3000万円分ならば控除する特例があります。通常はこうした節約…
不動産の仲介手数料に消費税はかかる?10%増税の前に売るべき?
仲介手数料と消費税の関係について徹底解説!増税後の手数料のシミュレーションや、増税前に売る際の注意…
レインズは不動産会社しか見れない?個人がレインズを閲覧する方法・裏ワザ
レインズは、不動産売却をする上で必須のサービスになります。今回は、個人がレインズを活用するにはどう…
空き家買取で損しないコツ!リフォーム・解体せずそのまま譲渡できる
空き家買取について徹底解説!買取前にリフォームや解体は必要なのかといった疑問や、業者選びの注意点を…

おすすめ・特集記事!

【2019年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイト33社を比較!2019年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…