TOP > 土地を高く売る > 土地の境界トラブルの原因と解決法をご紹介!

土地の境界トラブルの原因と解決法をご紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
土地の境界のイメージ

あなたは、隣との土地の境界を正確に把握できているでしょうか。

土地の境界があいまいなことが原因で引きおこるトラブルは非常に多いのです。

どんなことがトラブルになりやすいのか、またそれを解決するためにはどんな方法が最適なのでしょうか。

今回はトラブルの原因、防止策について紹介していきます。

そのほかの不動産に関するトラブルはこちら

不動産売却で起こりやすいトラブルと対策方法

境界の認識があいまいなことが土地トラブルで多い原因

自分の土地の範囲が記されている地積測量図の内容と現在のl土地の利用法・状況が異なっていることでお隣の人とトラブルになってしまうことが多いです。

「フェンスを設置したらお隣にそこはうちの土地だとクレームを言われた」「隣の塀が建っているのはうちの敷地内だった」など、今までいい関係を築いていた人とトラブルになってしまうのはストレスが溜まってしまいますよね。

勝手に使われている土地の税金まで自分が払っていると思うと文句も言いたくなりますよね。

ではどうして土地の境界はあいまいになってしまうのでしょうか。

原因は誤認であることが多い

いままで境界だと思っていたところは実は全く違ったというケースが多いです。

単純に境界を勘違いしてしまっているということです。

勘違いを防ぐために、購入時や売却時には土地の境界ははっきりとして、お隣と一緒に確認しておきましょう。

たったこれだけの行動がトラブルを防ぐことにもつながりますよ。

境界が行方不明なことも

こちらも割と多いケースとなっています。

工事や測量の段階で、または地震や洪水などにより境界標がずれてしまったり、行方不明になってしまうことがあるそうです。

これは人間の力で防ぐことのできる問題ではないかもしれませんが、災害の後に境界を確かめることくらいならできるのではないでしょうか。

お隣との境界があいまいかもしれないと感じた方は確認してみると良いかもしれませんよ。

人為的な理由で境界があいまいになるケースが多い

自分の土地と、道路やお隣との境界を示す境界標を見たことはあるでしょうか。

土地や道路に埋め込まれている四角い杭のようなものです。

これをつないでできる線が境界となっています。

しかし、これが本来あるべき場所とちがってしまっていることがあるのです。

このようなズレは先にも記したように地震や土砂崩れ、洪水などによって起きてしまうのですが、それより多くのズレを引き起こしてしまっている原因があるようです。

多くは人為的なミス

やはり、コンピューターが境界標を設置しているわけではないので人によるミスが多くのズレの原因なのです。

たとえば、フェンスを設置するために業者が一度境界標を移動したはいいものの、戻した位置が正式な位置でなかったということです。

これは防げることであるし、絶対にやってはいけないミスなのですがよく起きてしまうことなのです。

また、電柱の建て替え作業や、マンホールの修繕工事の際に近くの境界がズレてしまうこともあるそうです。

ズレに気づくことはとても難しいのですが、土地はあなたの大切な財産です。

土地という大切な財産を守るために写真を撮っておいたり、定期的に確認しておくことをおすすめします。

また、道路工事などがある際は現場の担当者に境界標が近くにあるということを伝えておくことが大切です。

万が一ズレてしまったとしてもしっかり戻しておいてくれる可能性が高まりますし、トラブルの防止法にもなりますよ。

公的機関に土地の調査を頼むことがトラブル解決の近道

もし土地の境に関してお隣の方とトラブルになってしまった場合は、どうすればよいのでしょうか。

ここからはトラブルの解決策を紹介していきます。

土地の調査士に頼む

土地の境がはっきりしていないのであれば、土地の調査士に正確な境界を測量してもらいましょう。

その結果、考えていた土地の境が間違っていたのであれば、塀やフェンスを作り直したり、お隣がはみ出して使用していいた土地を買い取ってもらうなどの方法を取りましょう。

当事者同士の穏便な解決が理想ですが、どうしても話がまとまらないという場合は全国各地にある境界問題を解決してくれる機関に相談しましょう。

調査士と弁護士がトラブルの解決に向け動いてくれますので、どうしてもという場合は期間を利用することをおすすめします。

制度利用も解決法の一つ

また、トラブルを防止するために境界を特定する場合は、筆界制度というものを利用しましょう。

これは、法務局の調査員が土地の境界を特定してくれる制度となっています。

境界標の設置まではおこなってくれないのですが、公的な記録として土地の境界を証明することができるので、トラブルの回避、解決につながりやすいのです。

また、民間の調査士に依頼するより費用が安く済むということもオススメのポイントです。

いまはトラブルに陥っていなくても、この先土地の売却や購入を考えていて、土地の境界について疑問や不安のある方はまず市役所などに相談しに行くことをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

相続した土地を売却する際の注意点
相続した土地を売却する際には、通常の売却と大きな違いはありませんが、相続税と相続登記費用がかかる点…
ローンの払えない家を売却する方法
住宅ローンが払えない家は基本的に売却することはできません。ただ、任意売却を利用することで売り出すこ…
家のローンが払えない場合は任意売却がおすすめ
家のローンが原因での売却なら任意売却を検討しましょう。任意売却は競売に比べて、経済的、精神的にもメ…
土地を売却する際に知っておきたい消費税のしくみ
土地を売却する際にかかる税金がよくわからないという方へ。消費税増税を踏まえて、売却を急ぐべきなのか…

おすすめ・特集記事!

一括査定サイトは不動産売却に必要不可欠!メリット・デメリットを一挙紹介
不動産一括査定のメリットとしては、複数業者から査定を受けられる事の他にも、地域に対応している業者を…
不動産一括査定の評判って本当のところどうなの?サイトの特徴・口コミを厳選して紹介
不動産の一括査定サービスってご存知ですか?今回はその魅力から、利用者の評判をもとに実際に利用したい…