TOP > リースバック > 大和ハウスにリースバックを依頼するのは本当にお得?口コミ・評判を紹介

大和ハウスにリースバックを依頼するのは本当にお得?口コミ・評判を紹介

【更新日】2019-11-20
このエントリーをはてなブックマークに追加
大和ハウスのリースバック

日本を代表する住宅総合メーカーの大和ハウス。

不動産に関する様々な事業を展開していますが、その一環で特に法人向けの不動産リースバックをおこなっています。

かつては不動産を持っていれば安定した収益をあげられましたが、現在は何かをしておけば安心、ということが一概に言えない時代となっています。

逆に、不動産を所有していることが事業を妨げるケースも少なくありません。

大和ハウスはリースバックを通して不動産の戦略的活用を提案し、トータルサポートしてくれます。

大和ハウスと聞くと誰もが知る大手なので安心感がありますが、本当にリースバックはお得なのでしょうか?

メリット・デメリットと、実際に利用した方の口コミ・評判を紹介していきます。

ハウス・リースバックは家の売却後も住み続けることができる!仕組み・メリットを解説

大和ハウスのリースバックの口コミ・評判

最適な提案をしていただきました

不動産に関して深い知識がなく、大和ハウス様に丸投げする形になってしまったことを大変申し訳なく思っています。

相談の中でリースバックというサービスがあることを紹介していただき、実際に利用させていただきました。

複雑な手続きが必要な印象でしたが、意外とスピーディで驚いた覚えがあります。

事業のスリム化がおこなえて、かなり良い結果が残せています。

結果には大満足です。

(40代・男性)

担当の方が親切だった

不動産について本当に詳しくなく、税金や書類関係の相談も含めて、それも知らないのかといった知識もかなりしつこく相談したと思います。

それでも担当の方が嫌な顔ひとつせずに親身に対応してくれたのが印象的でした。

(50代・男性)

トータルサポートが嬉しい

大和ハウスのリースバックは契約をして終わりではなく、その後もかなり継続的に対応してくれました。

大手で信頼もできて良かったです。

(40代・女性)

大手だから安心

結構大きな敷地の施設なので、街の不動産屋に依頼するのは不安でした。

大和ハウスは大きなものも取り扱いが得意な印象があったので、前のめりでお願いをしました。

担当の方が頼りになる人で結果にも満足しています。

(50代・男性)

大和ハウスのリースバックの4つのメリット

大和ハウスのリースバックには様々なメリットがあります。

ここからは、他社サービスと比較して特に魅力的な4つのメリットを紹介していきます。

①多様なニーズに答えられる対応力

大和ハウスは自社でありとあらゆる事業に対応しています。

そのため、リースバックを含め、様々な希望に対応することができます。

リースバックが絶対お得だと聞いて相談にいったら、よりお得な他のプランを提案してもらえる可能性もあります。

②豊富な土地活用実績

個人向けのリースバックなら家売却後に借家として住み続けることが多いです。

対して法人の場合は買取依頼後に他の用途に活用するケースが多いようです。

大和ハウスは創業以来の豊富な活用実績があり、地域や面積に応じて柔軟に対応することができます。

物流施設や複合活用、分譲地など、コスト面とも相談して提案をしてもらえます。

③全国をカバーする情報ネットワーク

大和ハウスは全国に関連会社を抱えているだけでなく、他業種の企業とも強いつながりがあります。

郊外にある不動産でも、その地域の最新事情や相場をしっかり把握した上で提案してくれるので安心です。

④公共の物件も取り扱うなど圧倒的な信頼

大和ハウスは私有不動産だけでなく、公共の不動産の取り扱いも任されるなど、圧倒的な実績を誇ります。

個人ではそうでもないでしょうが、法人となるとどこに依頼したかというのは気になるもの。

「不動産の扱いを大和ハウスにお願いした」と言えば、周囲も安心するでしょう。

大和ハウスのリースバックの3つのデメリット

実績豊富な大和ハウスのリースバックですが、注意しておきたいポイントも少なからずあります。

ここからは、大和ハウスのリースバックのデメリットを紹介していきます。

①買取価格は時価の6~8割まで下がる

最も注意が必要なのは、リースバックで得られる収益は物件の時価の6~8割ほどということです。

普通に不動産会社の仲介で物件を売れば時価相当の利益を得られるので、利益だけ見ると単純に損だと言えます。

なぜこのようなことが起こるかというと、買い取った物件を将来的に再販する際にかかる費用を差し引くためです。

法人が所有する不動産なら相場も相当なものですから、そこから最大4割下がるとなると結構な痛手です。

②毎月の賃料が割高

リースバックでは、一旦買い取ってもらった後に賃貸借契約して、借りるようになります。

この時、毎月の賃料を払うのですが、同じような賃貸不動産に比べてリースバック時のほうが割高になりがちです。

通常の賃貸物件はエリアの相場や過去の事例を鑑みて総合的に賃料を算出しまっす。

一方、リースバックの場合は、買取価格を10年で回収するイメージで機械的に賃料がつけられてしまいます。

買取価格が低く、賃料も割高でも良いからリースバックをするべきなのか、一度しっかり考えるべきでしょう。

③買戻し価格が買取価格より高い

リースバック後の物件は、好きな時に買い戻せる可能性が高いです。

これを魅力に思ってサービスを利用する方も多いですが、実はこれにはカラクリがあります。

例えば、築10年の建物を10年後に買い戻す場合、時価で考えると価格は大きく下がっているはずです。

これは、築年数の経過により劣化し、減価償却されるためです。

一方、リースバック後に買い戻す場合、最初に得た利益より多くのコストを支払うケースがほとんどです。

これは、大和ハウスに買い取ってもらう場合は時価の6~8割で計算しますが、買戻しの場合は大和ハウスから直接購入するという形になるので、時価100%で計算されるのです。

将来的に買い戻す予定の方は、このリスクも頭に入れておくべきでしょう。

大和ハウスが一番お得ではない!一括査定サイトで買取価格を比較しよう

一括査定サイト

リースバックの依頼先を選ぶ時、一番参考にしたいのが各社の買取査定額です。

買取価格が高額なら、その後の税金処理や不動産運営も上手くいく可能性が高いです。

複数社の買取価格を比較するのにおすすめなのが、一括査定サイトです。

簡単な物件情報を入力すれば、対応する複数社に一括で査定を依頼できます。

一番査定額の高い業者に買取を依頼すれば、その分お得ということになります。

利用料は完全無料。まだ買取に出す予定がない方も気軽に使えますよ!

不動産一括査定サイト33社を比較!2019年おすすめランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

リースバックは審査なし!ローン借入を断られた事業者にもおすすめ
リースバックは審査がないと言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか。審査なしで借りるデメ…
リースバックは家の売却後も住み続けることができる!
家売却後も、売った家に住み続けることができるサービス「リースバック」が好評です。今回は、リースバッ…
リースバックのトラブル事例を紹介!注意点・リスクを抑えるポイントを事前に知ろう
リースバックは最近話題の便利なサービスですが、トラブルに見舞われることもしばしば。今回はよくあるト…
リースバックとリバースモーゲージの違いを比較!どちらがおすすめ?
リースバックとリバースモーゲージはどこに違いがあるのでしょうか?違いと、それぞれおすすめする人を詳…

おすすめ・特集記事!

【2020年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイト33社を比較!2020年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…