TOP > リースバック > センチュリー21のリースバック「売っても住めるんだワン」は本当にお得?口コミ・評判を紹介

センチュリー21のリースバック「売っても住めるんだワン」は本当にお得?口コミ・評判を紹介

【更新日】2020-01-08
このエントリーをはてなブックマークに追加
センチュリー21のリースバック「売っても住めるんだワン」

全国の不動産会社がFC加盟しているセンチュリー21。

センチュリー21は近年「売っても住めるんだワン」というリースバックサービスを提供しています。

その名の通り、不動産を一度売っても、そのまま賃貸契約をして住み続けられるというもので、特に老後の資金が不安なシニア層から支持を得ています。

しかし、現在は大和ハウスやハウスドゥなどの大手業者もこぞってリースバックサービスを提供しています。

本当にセンチュリー21のリースバックはお得なのでしょうか?

今回は実際に利用した方の口コミ・評判も交えて、その内容を詳しく解説していきます。

→→ハウス・リースバックは家の売却後も住み続けることができる!仕組み・メリットを解説

センチュリー21のリースバック「売っても住めるんだワン」の口コミ・評判

地方にいながらリースバックができる!

もともとリースバックに興味を持ってはいましたが、なかなか実施している不動産会社を見つけることができませんでした。

センチュリー21なら地方にいながら納得いくサービスを受けられますし、担当の方もかなり知識豊かで相談に乗ってもらえました。

非常に満足しています。

(40代・男性)

住宅ローン・固定資産税から解放されました!

家を買ったは良いものの、住宅ローンや固定資産税が予想以上に負担で、悩まされていました。

せっかく買ったのに…と思うこともありましたが、腹に背はかえられないと思い、センチュリー21のリースバックを利用させてもらいました。

住宅ローンと固定資産税の負担が一切なくなり、更に家に住み続けられてハッピーです!

(30代・男性)

老後の不安がなくなりました

退職を間近に控え、老後の金銭面の不安が現実味を帯びてきました。

何か良い方法はないか探していたところ、センチュリー21のリースバックを見つけて利用させていただきました。

高額で買取していただき、たいへん感謝しています。ありがとうございました。

(60代・男性)

センチュリー21のリースバック「売っても住めるんだワン」の6つのメリット

センチュリー21のリースバック「売っても住めるんだワン」には、6つのメリットがあります。

他社と比較しても魅力的な、こちらの6つのポイントを詳しく解説していきます。

①家を売った後も住み続けられる

通常、家を売ってお金をもらったら、買い戻さない限り再び自分の手に入れることはできません。

しかし、センチュリー21のリースバック「売っても住めるんだワン」を利用すれば、売却後も売った家に住み続けることができます。

流れとしては、まずセンチュリー21のFC加盟店に相談をし、契約します。

すると、加盟店が物件を直接買い取ってくれて、買取価格が渡されます。

その後、加盟の不動産会社が貸主、売主(前の入居者)が借主となって賃貸契約を結び、家賃を払って住み続けるという仕組みです。

自分の家に住み続けながら何のリスクもなく高額利益を手に入れることができるので、金欠に悩む時の対処法としても活用できます。

②売却利益の用途は自由

センチュリー21のリースバック「売っても住めるんだワン」は、売却で得た利益の使い道は完全に自由としています。

目的が老後資金、事業資金、娯楽目的などでも、センチュリー21は買取を承認してくれます。

③どんな不動産もリースバックの対象になる!

リースバックの定義は「売った家も賃料を払えば住み続けられる」というだけでなく、「売った不動産の種類にとらわれず、売却後に賃貸借契約を結んで、一定の権利を維持する」というものになります。

つまり、居住用の戸建て住宅だけでなく、マンション、土地など、あらゆる不動産がリースバックの対象になります。

特殊な不動産でも、センチュリー21ならリースバック対応してもらえる可能性が高いです。

④築年数・内部の状態に関わらずリースバック可能

仲介売却の場合は築年数が古かったり、内部にキズが付いていたりすると買い手がつかないことが多々あります。

しかし、センチュリー21のリースバック「売っても住めるんだワン」なら、物件の築年数や状態にかかわらず買い取ってもらうことができます。

他社で売却・買取を断られた方が、代替案としてリースバックを選択するのも一つの手です。

⑤全国の主要都市で対応可能

リースバックを取り扱っている不動産会社はまだまだ少なく、大規模な都市にある大手不動産会社しか対応していないことが多いです。

ただ、センチュリー21は全国に営業エリアがあり、地方都市にお住みの方でも利用することが出来ます。

⑥リースバックをすれば固定資産税がかからない

売却後は借主となり、実質的な所有権は不動産会社に移ります。

そのため、不動産の持ち主が毎年支払う固定資産税の支払いが不要になります。

ムダな支出を抑えることができるのです。

センチュリー21のリースバック「売っても住めるんだワン」の3つのデメリット

センチュリー21には多数のメリットがありますが、リースバックにはリスクも存在します。

サービスを利用する前にデメリットもしっかり頭に入れておき、慎重に手続きをするようにしましょう。

ここからは、特に注意が必要な3つのリスクを紹介していきます。

①買取価格は実勢価格(時価)の6~8割ほど

リースバックは不動産会社が物件を買い取るという形式を取りますが、一般的に買取価格は時価の6~8割程度にしかなりません。

そもそも、不動産会社が中古物件を買い取る理由はリフォームをして再販し、利益を得るためです。

そのため、買取後のリフォーム費用を最初に差し引いているのです。

一方、仲介売却の場合は売れるまで3~6か月かかるものの、時価と同じくらいの利益を得ることができます。

スピードや住み続けられることを選ぶのか、それとも利益を選ぶのか、慎重に考えましょう。

②毎月の賃料が周辺物件より割高

一般的に、賃貸物件の毎月の家賃は、周辺物件の相場や、そこに住む人のステータスなどを考えた上で無理のない金額に設定していきます。

一方、センチュリー21のリースバック「売っても住めるんだワン」は、買取価格÷120か月で計算した金額がそのまま家賃になることが多いです。

このように利回りによって設定された家賃は、周辺の似たような物件よりかなり割高になります。

今は家に愛着があるからこそリースバックを検討しているかも知れませんが、家を仲介売却し、身の丈にあった賃貸物件に引っ越したほうがお金に余裕はあります。

本当にリースバックがお得なのか、真剣に考えるべきでしょう。

③買戻し価格が高額

リースバックは、一旦賃貸契約を結んだあとも買戻しが可能なのを大きな持ち味としています。

しかし、リースバック後に物件を買い戻す場合、当初の買取価格よりも高い金額を支払わないといけないケースがほとんどです。

通常、物件は築年数の経過により劣化するため、資産価値は低下していきます。

つまり、リースバック後に買戻しをおこなう場合は、価値が低下した物件に高額を支払わないといけなくなります。

売主本人の意向ならそれでも良いですが、子ども世代いに買戻し義務を負わせるのは良く考えた方が良いでしょう。

センチュリー21のリースバック「売っても住めるんだワン」は全ての人におすすめではない

センチュリー21のリースバック「売っても住めるんだワン」は、全ての方におすすめという訳ではありません。

高い水準のサービスを提供してはいますが、忘れてはいけないのは買取価格の査定は不動産会社によって大きく異なるということです。

不動産会社の買取査定は一律に同じ手続きでおこなっている訳ではなく、参考にするデータや評価する項目にそれぞれ違いがあります。

どんな物件でも高く評価してくれる不動産会社は存在しないので、必ず複数社の査定額を比較する必要があります。

買取価格の比較には一括査定サイトを使おう

不動産会社の買取価格を比較する時、周辺の業者をいちいち探し、連絡をとって査定依頼をしていては時間がかかりすぎてしまいます。

そこでおすすめなのが、一括査定サイトの活用です。

簡単な物件情報を入力するだけで、査定・買取に対応している複数社へ一括で査定依頼をすることができます。

複数社の査定額を比較すれば、どこと契約するのが一番お得なのかが一発で分かりますよ!

利用料は完全無料なので、まだリースバックを検討中の方もぜひ利用してみましょう!

不動産一括査定サイト33社を比較!2020年おすすめランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

センチュリー21のリースバック「売っても住めるんだワン」は本当にお得?口コミ・評判を紹介
センチュリー21のリースバック「売っても住めるんだワン」は本当にお得なのでしょうか?口コミ・評判を交…
リースバックとリバースモーゲージの違いを比較!どちらがおすすめ?
リースバックとリバースモーゲージはどこに違いがあるのでしょうか?違いと、それぞれおすすめする人を詳…
大和ハウスにリースバックを依頼するのは本当にお得?口コミ・評判を紹介
大和ハウスのリースバックは本当にお得なのでしょうか?口コミ・評判を詳しく解説していきます。

おすすめ・特集記事!

【2020年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイト33社を比較!2020年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…