TOP > 査定 > 不動産の簡易査定を活用して物件を高く売るコツ

不動産の簡易査定を活用して物件を高く売るコツ

【更新日】2020-02-10
このエントリーをはてなブックマークに追加
不動産の簡易査定

不動産査定は簡易査定と訪問査定の2種類に分かれます。

その名の通り、簡易査定は申込フォーム等で共有された簡単な物件情報をもとに査定額を算出する方法です。

対して、訪問査定は実際に業者が物件や土地をチェックした上で価格を算出する方法で、精度は簡易査定よりも上です。

家の中の傷・凹みなどは簡易査定では分からないので、訪問査定を使わないと正確な見積もりは分かりません。

一括査定サイトなどは簡易査定か訪問査定かを最初に選択するケースが多いですが、上記の点から多くの方が最初に訪問査定を選びます。

しかし、不動産を高く売るには簡易査定を賢く活用するに越したことはありません。

今回は、簡易査定を利用して物件を高く売る方法を徹底解説していきます。

不動産査定の方法を徹底解説!査定額の計算方法・査定価格が決まる仕組み

不動産簡易査定を利用することで業者選びの精度が高まる

簡易査定は訪問査定より精度が低いですが、特筆すべきはそのスピードです。

訪問査定は依頼をしてから訪問日時を決定し、お迎えしなければいけません。

複数業者に依頼する際は、ライバル業者がバッディングしない工夫も必要になります。

一方、簡易査定は申込フォームへの記入が1社につき1分程度で完了し、後は結果がかえってくるのを待つだけです。

複数の業者に簡易査定を依頼することで、査定額の比較が簡単になります。

不動産会社は簡易査定こそ力を入れている

仲介業者にとって契約のチャンスは毎日やってくる訳ではありません。

査定を依頼してきた人たちを説得して、どうにか契約するというのが実績を出すために重要となります。

まだまだ契約に前のめりではない人を説得するという意味では、簡易査定額にこそ業者の姿勢が見てとれると言えます。

査定額は、「うちならこれくらいの金額で売れる」という意欲のあらわれですから、高めに設定してきた不動産会社にはモチベーションの高さを期待して良いでしょう。

不動産簡易査定を活用すれば業者との契約ミスが減る

上記のように、不動産簡易査定は業者にとって窓口のような意味合いもあります。

訪問査定を依頼した業者はすでに売却の意思が固いと判断されてグイグイきますが、簡易査定の場合はまだまだ契約まで遠いので、焦って嫌われるようなことはできるだけ避けようとします。

逆に、簡易査定の段階で営業をかけてくる業者とは契約を控えたほうが良いでしょう。

この「簡易査定=契約から遠い」という業者の認識を利用することで、こちらも引いた目で業者を比べることができます。

不動産簡易査定の究極活用法「相見積もり」

不動産簡易査定を活用して売却価格を高める究極の方法が相見積もりです。

これは、他社の見積もりを業者へ持ち込んで、値上げを検討させる方法です。

すでに契約間近と見られれば相見積もりをしても業者は動じませんが、簡易査定額を比較するという、明らかに迷った態度を見せることで、業者も焦ります。

場合によっては値上げを確約させたり、オプションをつけさせたりすることもできます。

簡易査定後に訪問査定を依頼するのがおすすめ

あなたの街の不動産屋が10社あるとすれば、出来るだけ全ての業者の査定額をチェックしたほうが良いです。

知らなかった中小業者が最高値で売ってくれるケースも多々あるので、フラットな目線で簡易査定額を比較することをおすすめします。

最初に簡易査定で比較をして、2、3社に絞れたら訪問査定を依頼して一気に絞り込みましょう。

簡易査定時より業者との会話も多くなるので、人として合うかどうかの判断材料にもなります。

査定は不動産売却の最初の手続き

不動産会社が無料で査定サービスを実施しているのは、何もボランティアではありません。

査定額に納得してもらい、契約を結んで成約時に仲介手数料を得ることが最終目的です。

全国に数万社ある不動産会社の中から自分の会社へ査定を依頼してくれたというのは業者からしたらこの上ないチャンスであり、契約を結ぼうとあの手この手を使ってくる可能性があります。

そういった意味でも、いきなり訪問査定まで進めるのは得策ではありません。

逆に売主のほうも、簡易査定の時点で信頼できない業者を排除したほうが良いのです。

簡易査定の金額を吊り上げる不動産会社に注意

最初に複数社へ簡易査定をすることで、高く売ってくれる優良業者を見つけやすくなるというメリットがあります。

ただ中には、査定額が比較することをしっていて、敢えて高く吊り上げてくる業者も存在します。

査定額は前述の通り、その会社がこれくらいで売れると算出した金額ですが、中には適正価格の最大2割増しを提示してくるところもあります。

この時、「ダントツで高く売ってくれるじゃん!」と即契約してはいけません。

どの会社も目利きのプロなので、逆に1社だけダントツで高いのはおかしいと思ったほうが良いです。

対策としては事前にポータルサイトや土地情報総合システムなどのデータベースをチェックして自分の中で相場勘をつかんだ上で、その1割増しくらいまでの業者に依頼するのがおすすめです。

不動産売却相場の調べ方を一挙公開!マンション・家・土地のタイプ別おすすめ方法は?

簡易査定を賢く使って不動産を高く早く売ろう

簡易査定と訪問査定を使い分けることで、優良業者を確実に見つけ出すことができます。

いきなり訪問査定を依頼せず、簡易査定→訪問査定と段階を踏むことで、トータルの売却スピードが一気に早くなり、売却価格も高くなるのです。

これからの不動産売却を検討している方は、上記のコツをぜひ活用してください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

不動産査定にかかる時間はどれくらい?かかる期間を短縮する方法
不動産査定にかかる時間は、机上査定が最短1時間、訪問査定が最短当日となります。ケースによっては時間…
不動産の査定額はどう決まるの?算出方法・高額査定のポイントを解説!
不動産売却時の査定額は、市場価格であり物件自体の価格ではありません。それ故、実際の取引額は査定額よ…
不動産一括査定サイトのデメリットとは?失敗した人の口コミ・リスクを回避する方法
不動産を高く売る際は一括査定サイトの利用を良くおすすめされます。ただ査定サイトには利用するリスクも…
不動産査定サイトの評判・口コミはどれだけ信頼できる?ヤラセの可能性は?
不動産査定サイトの口コミをネット上で見かけますが、内容をどれくらい信用して良いのでしょうか?今回は…

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイト33社を比較!2020年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2020年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…