TOP > 不動産売却時にかかる諸費用・税金 > 不動産仲介手数料はどう仕訳する?

不動産仲介手数料はどう仕訳する?

このエントリーをはてなブックマークに追加
家のクラフトとお金

不動産売却をおこなうと仲介手数料が必要となります。

この仲介手数料は、税金ではなく経費として認められるものなので、土地の測量費やハウスクリーニング費などと同様に経費として扱い、処理することができます。

高額で物件が売却された場合は、50万円以上といった金額になる確率が高いです。

そのため、仕訳の仕方などもしっかり知っておくと良いでしょう。

不動産売却における仲介手数料の位置づけ

不動産取引において、売買契約が成立したときに支払い義務が発生するのが仲介手数料です。

不動産売却における仲介手数料の金額と必要性

この手数料は50万円近い出費になるので、会計・簿記・経理上の扱いが気になる方も多いのではないでしょうか。

金額自体は、不動産会社が割引サービスなどを特別に実施していない限りは、物件価格の3%+6万円で設定されていることがほとんどなので、査定額がわかれば大体の目安はつけられます。

不動産取引における仲介手数料の位置づけ

不動産取引において、仲介手数料の意義や重要性はしっかりと定義されておりません。

そのため、不要ではないかという意見も多く聞かれます。

多くの資料では、仲介手数料は業者に対する報酬だと言われています。

基本的に不動産売却は仲介業者に販売活動を委託することでおこなわれるので、報酬というのはしっくりくる名称です。

また、法律上では、仲介手数料を「情報提供料」という言葉で総称しています。

これは、取引の媒介も含めた専門性の高い情報を、業者の仲介によって得ることができたので、その分の費用を支払うという意味です。

どちらにせよ、報酬という意味合いが強いようですね。

仲介手数料の扱いは取引によって異なる

不動産取引でかかった仲介手数料をどのように仕訳するかですが、どのような取引をおこなったかによって内容は大きく異なります。

不動産を購入・相続による譲渡などで引き受けた場合は、仲介手数料は不随費用として不動産取得額に足されます。

つまり、仲介手数料の金額も不動産の購入費に計上し、資産の計算をするということです。

不動産賃貸の場合

物件を賃貸する場合は、支払手数料勘定を利用して処理をします。

支払手数料は簿記用語の一種で、手数料・報酬の支払い処理をする費用勘定のことです。

つまり、賃貸の場合は購入・相続と違い、仲介手数料を費用として処理するということです。

仲介手数料支払い時には所得税の源泉徴収は不要

「報酬」と聞いて思い出すのは、司法書士に支払う報酬が挙げられます。

登記などを依頼するときに支払わなければならない費用であり、不動産売却では欠かせないものですが、このときは所得税の源泉徴収をおこなう必要があります。

一方で、仲介手数料の場合は所得税の源泉徴収は不要となっています。

両方とも「報酬」と称されることが多いので紛らわしいですが、仕訳の方法だけでなく、こうした細かい違いも覚えておくことをおすすめします。

不動産売却でかかる仲介手数料は課税仕入

不動産の取得は,「非課税仕入」となります。

つまり,不動産の所有権移転自体に税金はかからないということです。

一方,仲介手数料は「課税仕入」になるので,消費税が課されます。

不動産売却において支払い義務がある費用は金額が大きいので、消費税がかかるとかなりの負担増加になってしまいます。

それぞれの費用に税金が付加されるか、あるいは税率がかけられるかは、しっかりと確認しておかないといけない事項なので注意しましょう。

資料によっては税金を抜いて表示しているものもあれば、含んで表示しているものもあるので、実費はいくらなのかの確認をしっかりとしておきましょう。

仕訳は不動産引き渡し以降にも重要

仲介手数料の仕訳は不動産売却後の資金計画において重要です。

< p >また、こうした費用の性格を調査することは、仲介手数料に限らずおこなっておきましょう。

不動産を売ることで急激に収入が増えるということを考えると、新たに費用がかかるほかにも既存の保険金などが大幅に値上げするという事態も考えられます。

また、譲渡所得税などで利用された特別控除の意味を混同してしまい、国民保険料まで控除されたと勘違いする人も中にはいます。

売却代金が入ってくるのを利益、お金が出ていくのを損失と大きく分けるのではなく、それぞれの費用の意味と違いを調べておくのが理想的です。

不動産売却は費用の意味を理解することが大切

控除も減額も売り手から見れば、費用の削減であることには変わりないでしょう。

多くの場合、減額よりも控除のほうが出費は安くなるので、控除を選ぶ人のほうが多いはずです。

しかし、控除というのは出費額が削減されているわけではないので、課税の事実が消えるわけではありません。

それによって仕訳に大きな影響が出るようであれば、一時的に出費がかさむとしても減額を選ぶほうがお得です。

不動産引き渡しから翌年以降までを見越していくことが売り手には求められます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

相続された不動産を売却する流れと注意点
相続された不動産は、放置していると固定資産税がかかってしまいます。物件は年数が経つと価値が下がるの…
横浜の不動産を高額で売却するコツ!
横浜の不動産は現在人気上昇中であり、高額売却も夢ではありません。その一方で、東京五輪後に不安がある…
共同名義の家を売却する問題点
共同名義の家を売却するときは、共同所有者全員の了解をとらなければならないので厄介です。特に、相続さ…
土地を高く売るには簡単にできる5つのコツをチェック
土地を高く売るには、調査を行う、近隣関係を良好にしておくといった5つのコツを守ることが不可欠です。…

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定の評判って本当のところどうなの?サイトの特徴・口コミを厳選して紹介
不動産の一括査定サービスってご存知ですか?今回はその魅力から、利用者の評判をもとに実際に利用したい…
一括査定サイトは不動産売却に必要不可欠!メリット・デメリットを一挙紹介
不動産一括査定のメリットとしては、複数業者から査定を受けられる事の他にも、地域に対応している業者を…