TOP > 家を高く売る > 家の売却時にエアコンは外すべき?

家の売却時にエアコンは外すべき?

このエントリーをはてなブックマークに追加
家のエアコン

家を売ろうと思った時、ほとんどの人が不動産を売却したことが無いため不安な部分が数多く出てくると思います。

不動産売却をする人が抱える不安要素を徹底解消!

家の中を綺麗に内覧会などで印象を良くすることは大切ですが、カーテンや照明といったものは全て取り外し、綺麗にしなければならないのでしょうか。

特にエアコンは外すのに手間が掛かるので、事前に知っておくことでよりスムーズに売却活動を勧めていくことができると思います。

家を売却する時はエアコンを外さなくても良い?

照明やカーテンを始めとして、家には様々なものがついています。

これらのものは、購入当初からついていたものでは無いため、外したほうが良いのか迷うと思います。

結論から言うと、これらの設備は付帯設備と呼ばれ、売り手側が自由に決める事ができるので、取り外さなくても売ることが出来ます。

引っ越しの費用や処分に掛かる費用を考えると置いて置くことでお得に売却することが出来あります。

付帯設備とは

照明やテレビのアンテナ等の付帯設備がついている状態で売りに出す場合は付帯設備表を作成しておかなければなりません。

付帯設備表示体は、販売活動を行ってくれる不動産会社が用意してくれることがほとんどです。

付帯設備表に何を残していくのか事前に記入しておくことで、引き渡しの際に物件と一緒に引き渡すことが出来ます。

エアコンなどを置いて行く場合は、当たり前ですが、入念に掃除して購入希望者にいい印象を与えることが必須になってきます。

故障していても大丈夫

エアコンは特にそうですが、使用の有無は買い手の人にとっても重要な場合があります。

売り手側からしたら、故障していた場合は処分の費用がかかり手間が掛かるので置いていきたいと思いますが、故障していても置いていって良いのでしょうか。

付帯設備は性能の保証するものではなく、家を売却した際に一緒についてくるものを指すので、取り外さず売ることは出来ます。

しかし、故障したエアコンを付けたまま売ると後々買い手の方とのトラブルになってしまう可能性もあるので事前に伝えておくことが無難です。

中古の物件を購入する際は、値引き交渉がよくされますが、故障したもの置いておくことで値下げすることは避けられないと思います。

自分で処分したほうが得なのか、多少の値下げをしたほうが得なのかはよく考えなければなりません。

売却時にエアコンを外すなら業者に頼むべき!

ここまで、エアコンは取り外さなくても大丈夫ということを説明してきましたが、付帯設備は全て外してから売却する(引き渡す)のが一般的です。

最近では、中古の家電を使用することに抵抗のある人も多くなってきているためです。

しかし、全く需要がないとは言い切れないので購入希望者に合わせて臨機応変に対応できるように準備しておきましょう。

値下げ交渉の要因にもなるので、予め業者の見積もりを用意しておくと良いかもしれません。

自分でエアコンを外すのは危険!

エアコンを取り外す時に業者に頼まず自分でやることでコストを抑えようと思う方もいらっしゃると思います。

しかし、室外機と本体をつなぐ金属のパイプ部分にはガスが溜まっているので、素人が取り外すのは大変危険です。

このガスは、フロンガスのため知識のない人が専門道具も使わず無理に取り外そうとすると、ガスが一気に吹き出してしまいます。

コストを抑え、少しでも高く家を売却したい気持ちはわかりますが、大変危険なので専門業者に依頼するようにしましょう。

近所にも迷惑がかかってしまう!

万が一、自分で取り外そうとして失敗したら大量のガスが吹き出します。

このガスは真っ白で人体にも有害とされています。

その為、隣接する家や近所の方に迷惑をかけることになってしまいます。

また、真っ白流すが吹き出す為火事などと勘違いされて通報されてしまう可能性もあります。

売り手の人はもう住むことは無いと思いますが、次に住むことになる買い手の方のことを考えて近所の人とのトラブルは避けるようにしましょう。

撤去するのにかかる費用は1台あたり5000円から7000円なのでケチらずに業者に依頼しましょう。

新品のエアコンを付けて売却するのもあり

ここまでの話をまとめてみると、エアコンなどは家を売却する際は取り外す必要は無いが、全て取り外すのが一般的。

しかし、中古の家電製品が残っていることで、値下げの要因になる可能性もあるので事前に見積りを取って置くほうが良いという内容になります。

これ以外の方法として、古いものを取り外し、新品のもとを取り付けておくこともできます。

これらにかかった費用を販売価格に上乗せすることで結果的に取り外しの費用も買い手に負担してもらうことが出来ます。

また、エアコンを付けて置くことで、夏や冬でも適度な室温で内覧を行えるので、印象が良くなります。

どの方法が一番いいのかよく検討してから価格の設定など行うことでより損せず家を売却する事ができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

家の任意売却って?デメリットを解説
家の住宅ローンが完済されていない場合でも売却できる方法を、任意売却といいます。競売にくらべ売却額も…
不動産売却で利益が出たらどれくらい税金を払うの?その対策は?
不動産売却にて利益が出た際に課せられる税金について説明しています。また、税金を免除するための特別措…
共同名義の家を売却する問題点
共同名義の家を売却するときは、共同所有者全員の了解をとらなければならないので厄介です。特に、相続さ…
マンションは売ったほうがお得!売却と賃貸のメリット比較
マンションは、売却の場合は価値の高い間に取引できる一方で、賃貸の場合は税金を抑えられる、計画的収入…

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定の評判って本当のところどうなの?サイトの特徴・口コミを厳選して紹介
不動産の一括査定サービスってご存知ですか?今回はその魅力から、利用者の評判をもとに実際に利用したい…
一括査定サイトは不動産売却に必要不可欠!メリット・デメリットを一挙紹介
不動産一括査定のメリットとしては、複数業者から査定を受けられる事の他にも、地域に対応している業者を…