TOP > 家を高く売る > 家を売る時に家具・エアコンは片付けるべき?家財道具のお得な買取・処分方法を解説

家を売る時に家具・エアコンは片付けるべき?家財道具のお得な買取・処分方法を解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
家のエアコン

家を売却するときに、悩みがちなのが家具・エアコンの処分についてです。

家具は大きくて重いため移動が大変でモノによっては処分するのにもコストがかかってしまうものも多いです。

できれば買い手の方に引き取ってもらいたいという方が多いのではないでしょうか。

確かにあまり自分では処分したくないインテリアですが、実際に売り手は家を売却するときにインテリアも処分しなければいけないのでしょうか。

今回は、家の売却時における家財道具の処理に関して説明していこうと思います。

【完全版】家を売る方法を徹底解説!売却手続きの流れと損をしない極意

家の査定はどこを評価する?よく見られる6つのポイント

家具は引き渡す前に全て片付けるのが基本

不動産を売却するときには、家具や電化製品といった荷物を全て片づけた状態のまっさらな状態での引き渡しが原則となっております。

空き家と住家の売却はどこが異なる?

不要なものはすべて売り手が責任を持って処分する必要があります。

残念ですが、不動産の買い手にとって、元の持ち主の家財道具はごみとして認識されるのが一般的です。

そのため、売却時に「無料で譲ります」といっても喜ばれないことがほとんどです。

家具をそのままの状態で引き渡すケース

逆に、不要な家具を置いたままで引き渡せるケースもあります。

これは、売り主が「家具付きでどうですか」と提案し、それに買主がOKを出した場合です。

契約段階でいきなり打診すると、契約をキャンセルされかねません。そこで売り出し段階で広告に「家財道具付き」などと記載しておく必要になります。

上手くいけば処分のお金が掛かりませんが、この条件が希望者の幅を狭めてしまうこともあり得るので注意しましょう。

家具価格の上乗せはNG

上記の条件でOKをもらっても「このタンスは○○万円だったのでその分のお金も貰います」と要求することはできません。

そんなことを言えば、間違いなく契約を断られてしまうでしょう。

また、こうした細かい条件を提示すれば、「ではこっちからも。。。」と買主にどんどん要求されて結局損をしてしまいます。

不動産売却では大金を支払う買主が優位なので「お願いを聞かないと契約を断る」と言われば要求を呑むしかありません。

不安材料を増やさないためにも、処分費などの多少の支払いは心よく引き受けましょう。

エアコンや照明はそのまま引き継いだほうが両者にメリット大

逆に、電気やエアコンは買主に引き継ぐ方が良いです。

これらの設備(付帯設備)は壁の中に埋め込まれていることも多く、取り外し・取付に高額工事費が必要になります。

ただ、エアコンが臭かったりすると取り外し・取付費用を要求されることもあります。内覧前にはエアコンの掃除もしっかりおこなっておきましょう。

付帯設備の引継ぎには付帯設備表が必要

照明やテレビのアンテナ等の付帯設備がついている状態で売りに出す場合は付帯設備表を作成しておかなければなりません。

付帯設備表示体は、販売活動を行ってくれる不動産会社が用意してくれることがほとんどです。

付帯設備表に何を残していくのか事前に記入しておくことで、引き渡しの際に物件と一緒に引き渡すことが出来ます。

エアコンなどを置いて行く場合は、当たり前ですが、入念に掃除して購入希望者にいい印象を与えることが必須になってきます。

故障していても大丈夫

エアコンは特にそうですが、使用の有無は買い手の人にとっても重要な場合があります。

売り手側からしたら、故障していた場合は処分の費用がかかり手間が掛かるので置いていきたいと思いますが、故障していても置いていって良いのでしょうか。

付帯設備は性能の保証するものではなく、家を売却した際に一緒についてくるものを指すので、取り外さず売ることは出来ます。

しかし、故障したエアコンを付けたまま売ると後々買い手の方とのトラブルになってしまう可能性もあるので事前に伝えておくことが無難です。

中古の物件を購入する際は、値引き交渉がよくされますが、故障したもの置いておくことで値下げすることは避けられないと思います。

自分で処分したほうが得なのか、多少の値下げをしたほうが得なのかはよく考えなければなりません。

家具を片付けるタイミングは内覧前と引き渡し前の2回

物件を売却するときには、前もって売り手が室内を片付けておく必要があります。

ここでは、室内を片付けておく必要のあるタイミングを2つ説明していきます。

購入希望者が内覧に来るとき

不動産会社が掲載している広告やチラシを持て、売却予定の家に興味をもってくれて購入も考えているという購入希望者への第一印象をより良いものにするために、内覧に来る前に部屋の片づけと掃除を済ませて、きれいな状態にしておくことは非常に重要です。

売りに出す物件の最寄り駅からの距離といった立地条件、周辺環境、間取り、築年数などの条件を変えることはできませんが、掃除や片付け、家具の移動などによって部屋の中の第一印象を良くすることならいくらでも可能です。

購入希望者は他の物件も内覧していることがほとんどですので、掃除と片付けは手を抜かずにしっかりとやっておく必要かあります。

家を引き渡すとき

先ほども説明致しましたが、物件の引き渡し時には、新居にもっていく予定のない不要な家財道具はすべて売り手が処分する必要があり、食器棚や本棚はもちろんのこと、エアコンやカーテンなどの後から取り付けたものはすべて撤去します。

不要品を片付けておくと家が高く売れやすい

不動産を売却するときには、不要な荷物などをすべて撤去して空き家にしておいた方がすぐに売ることができる可能性が高いです。

空き家の状態にしておけば、売却依頼をしている不動産会社に物件の合鍵を預けておくことができます。

不動産会社が物件の合鍵を管理していれば、いつでも好きなタイミングで内覧の案内をすることができます。

不動産会社や購入希望者が好きなタイミングでいつでも内覧が可能というのは、不動産を売却することにおいては非常に大きなメリットになります。

空き家にしておいた方が広く見える

部屋の中に家具や電化製品がない空き家の状態の方か部屋自体を広く感じさせることができます。

また、家具がない方が、購入希望者が内覧に来たときにも家具や電化製品の配置について自由に想像することができます。

不動産の売却においては、部屋や物件自体をより広く感じさせることは非常に重要なポイントです。

そのため。あらかじめ室内を片付けておいた方が、買い手の心をつかむことができるかと思います。

もしかしたらお金になるかも?不要な家具を買い取ってもらう方法

いらない家具をそのまま捨てるのは勿体ありません。できればお金に換えて引っ越し費用の足しにしたいですよね?

家具を高く売るには、家具の種類に応じたお店へ持っていくのが良いです。

そこで今回は、家具の種類別におすすめの買取先を紹介します。

ブランドものは骨とう品屋などに持っていく

代々受け継がれてきた古いものや絵画・ブランドものは骨とう品屋やジュエリーショップなど、値打ちがわかる所に持っていく必要があります。

チェーン系の雑貨屋やオークションサイトで出品すると、不当に安く購入されてしまいます。

自分でも驚くくらいの高額が付くかも知れませんよ。

実用的なものはオークションサイトに出品

実用的な設備や比較的新しめの型番なら、オークションに出品しても価格が付きます。

ただ、オークションサイトは取引が成立するまで時間がかかることが多いので、早目に手続きをしていきましょう。

オークションで売れなかったらリサイクルショップへ

古い扇風機などは、リサイクルショップに持っていくのが良いでしょう。

持ち込む前にキレイにしておけば、買取価格は多少上がります。

オークションに出品するよりも価格は低くなりがちですが、どこも買い取ってくれなかったものを処分してもらえる可能性が高いですよ。

古着屋・古本屋は値打ちが付かなくても処分してもらえる

服・書本はもちろん古着屋・古本屋にもっていきましょう。

古着屋・古本屋の利点としては、価格がつかなくても、不要ならお店に処分してもらえることです。

業者に回収を依頼すれば費用がかかってしまうので、お店に持ち込み、あわよくばお金もゲットできるのが嬉しいですよね。

買い取ってもらえなかった家具はどう片付ける?

買取をしてもらえるものとしては、以下のようなものが挙げられます。

電話iPhone、スマートフォン、電話機
家電DVDプレーヤー、コンポ、カメラ、ストーブ、スピーカー、テレビ、デスクトップPC、ビデオデッキ、ミシン、ラジオ、洗濯機、冷蔵庫、旋風機など
家具などソファー、タンス、テーブル、食器棚、ベッド
その他バッグ、楽器、骨とう品etc…

その他の品でなかなか売れなかったら、低コストで処分をしましょう。

大型家具を処分する場合は費用がかかってしまうので、なるべく少額か無料で処理をしたいものです。

ここからは、いらない家具を低コストで処分する方法を紹介していきます。

処分も対応している引っ越し業者に頼む

処分業者に家具の片づけを別途依頼すると、費用が余計にかかってしまいます。

そこでおすすめなのが、引っ越しと同時に家具処分もしてくれる業者に依頼する方法です。

家具処分が無料というところはなかなかありませんが、何より手間が省けるので楽です。

粗大ごみの受付センターに持っていく

回収業者に依頼するより安いのが、自治体が運営している粗大ごみ受付センターを利用する方法です。

まず自治体に問い合わせて、予約した日時にいらないものを持っていきましょう。

運搬の手間はかかりますが、安上がりで済みますよ。

においが取れないならエアコンも処分が必要!業者に依頼をしよう

ここまで家具の処分方法を紹介しましたが、厄介なのがエアコンの処分です。

そのまま引き継ぐのがおすすめですが、タバコのにおいが染みついていたりすると内覧で断られる原因になります。

こうした場合は処分をしてしまうのも一つの手です。

自分でエアコンを外すのは危険!

エアコンを取り外す時に業者に頼まず自分でやることでコストを抑えようと思う方もいらっしゃると思います。

しかし、室外機と本体をつなぐ金属のパイプ部分にはガスが溜まっているので、素人が取り外すのは大変危険です。

このガスは、フロンガスのため知識のない人が専門道具も使わず無理に取り外そうとすると、ガスが一気に吹き出してしまいます。

コストを抑え、少しでも高く家を売却したい気持ちはわかりますが、大変危険なので専門業者に依頼するようにしましょう。

近所にも迷惑がかかってしまう!

万が一、自分で取り外そうとして失敗したら大量のガスが吹き出します。

このガスは真っ白で人体にも有害とされています。

その為、隣接する家や近所の方に迷惑をかけることになってしまいます。

また、真っ白流すが吹き出す為火事などと勘違いされて通報されてしまう可能性もあります。

売り手の人はもう住むことは無いと思いますが、次に住むことになる買い手の方のことを考えて近所の人とのトラブルは避けるようにしましょう。

撤去するのにかかる費用は1台あたり5000円から7000円なのでケチらずに業者に依頼しましょう。

エアコンの片付け費用は依頼先によってが違うので注意!

エアコンの処分は、無料で出来るわけではありません。

家電リサイクル法により、エアコンを処分する際にはリサイクル料金を支払わなければいけません。

これは、各自で取り外して指定の処分場所に持ち込む場合も、業者に依頼する場合も同じです。

リサイクル料金はLGエレクトロニクス・ジャパンだと税込972円、アイリスオーヤマだと税込2,041円となります。

業者に依頼する際は、リサイクル業者と家電量販店のどちらか選びます。

家電量販店は費用が安く、最低2,000円ほどに抑えられます。リサイクル業者に依頼すると7,000円前後なので、家電量販店に依頼したほうがお得です。

ただ、家電量販店は処分場までの運搬費用がかさむことも多く、トータルでリサイクル業者よりも費用がかかることがあるので注意しましょう。

新品のエアコンを付けて売却するのもあり

ここまでの話をまとめてみると、エアコンなどは家を売却する際は取り外す必要は無いが、全て取り外すのが一般的。

しかし、中古の家電製品が残っていることで、値下げの要因になる可能性もあるので事前に見積りを取って置くほうが良いという内容になります。

これ以外の方法として、古いものを取り外し、新品のもとを取り付けておくこともできます。

これらにかかった費用を販売価格に上乗せすることで結果的に取り外しの費用も買い手に負担してもらうことが出来ます。

また、エアコンを付けて置くことで、夏や冬でも適度な室温で内覧を行えるので、印象が良くなります。

どの方法が一番いいのかよく検討してから価格の設定など行うことでより損せず家を売却する事ができます。

エアコンを高額売却するには7つの要素が重要

エアコンをどうせ売るなら、なるべく高値で売却したいですよね!

エアコンが高値で売れるかどうかは、主に以下の7つの要素が影響しています。

  1. 品番(型番)
  2. 製造年
  3. 汚れ
  4. におい
  5. 取付状況
  6. 付属品の状態・有無
  7. 容量

ここからは、それぞれのポイントを詳しく解説していきます!

品番(型番)

エアコンの本体にはステッカーが貼られています。

ここに品番が書かれているので、チェックしましょう。

品番からモデルが人気かどうかを調査すれば、だいたいいくらで売れそうかがわかります。

エアコンは旧世代のモデルでも、オーソドックスなタイプだと安定した需要があり、高値で売れる傾向があります。

製造年

いくら人気のある型番だったとしても、製造年が古いと設備に問題がでてきます。

逆に、あまり人気のない家電メーカーの製品でも製造されてから5年前後なら、高値で売れる可能性もあります。

汚れ

黄ばみ、変色、カビや傷、錆の有無も価格に大きく影響します。

室外機なら台風などで傷がつく可能性も高いので、注意しましょう。

目立つ欠陥が少しでもあれば、買取価格は下がってしまいます。

におい

タバコやペットのにおいも、エアコンには付きやすいです。

一度においがつくと自力でとるのはなかなか難しいので、業者に依頼するのがおすすめです。

エアコンのクリーニングは相場1~2万円と比較的高額なので、なるべくなら自力でにおい処理したいところです。

取付状況

取付状況次第では取り外しに特別な手間・費用がかかってしまいます。

取り外しが難しいということは買ってからの取付も難しいということなので、需要も下がります。

室外機が屋根や壁にあったり、配管ホースがついている場合は、買主と話しあってエアコンごと売るのがおすすめです。

付属品

リモコンや保証書の状態も、エアコンの売却価格に影響します。

こうした付属品があるのとないのでは価格が大違いですが、古いタイプだと別途入手するのが困難なこともあります。

これに関しては、大切に保管しておくしか手立てはありません。

容量

取り付けられている部屋が広ければ、それに応じた強力なエアコンを取り付ける必要があります。

どれくらいの広さをどれくらいのスピードで温度調節できるかといった、エアコンの性能を容量と呼びます。

容量の大きさも価格に影響します。容量が大きいほど、高値で売れやすいです。

エアコンの売却・処分に関するよくある質問集

Q、エアコンの室外機はどう処分すれば良いの?

基本的には、売るにしても廃棄するにしても2つセットで処理するのが基本です。

売りに出す際はセットのトータル評価で価格が決まるので、室内機を一生懸命掃除しても室外機の状態が悪ければ高値で買い取ってもらうのは難しくなります。

室内機の状態が非常に良いのに買取を断れたケースも多いので注意しましょう。

Q、取り外しは誰に頼めば良いの?

買取業者の中には取り外しもセットでおこなっているところが多いです。

こうしたサービスがなければ、取り外し業者に依頼するようにしましょう。

取り外しを専門でおこなっている業者は少ないですが、基本的にはそのエアコンを設置した業者なら取り外しにも対応しているので、管理会社に問い合わせてみるのが良いでしょう。

Q、エアコンの処分は全て業者に依頼できるの?

基本的には見積もり、買取から処分まで、依頼すれば全てやってくれます。

なので、依頼者は印鑑や証明書などを用意しておけば、特に何か作業することはありません。

ただ、処分するエアコンの型番など、基本情報は業者からヒヤリングを受けたときに必要です。

特に、エアコンの種類と型番の2つは、しっかり調べておきましょう。

エアコンは大きく分けて4種類

エアコンの種類は、大きく分けて以下の4つです。

エアコンの種類 特徴
壁掛け型 最も一般的なタイプ。室内機を高い位置に設置することで、風を部屋全体に行きわたらせる。
床置き式 床に置いた状態で特定の場所の温度を変えるエアコン。必要に応じて移動可能。
壁埋め込み式 壁掛け型をすっきり見せるために、壁に埋め込んだタイプ。住宅設計時に埋め込んでいるので、取り外しが原則不可能
ビルトイン(天井)タイプ 天井に埋め込まれているタイプで業務用が多い。こちらは壁埋め込みと違い売却可能

業者に連絡する際は、自分のエアコンが上4つのうちどれに当てはまるかくらいは把握しておきましょう。

型番の確認方法

エアコンの型番は、室内機の底面か側面に貼られたステッカーに記載されています。

複数の数字があるとどれが型番か迷いますが、大きく太字で書かれているなど、もっとも強調されているのが型番となります。

型番は、最初はアルファベットから始まることが多いですが、どのアルファベットから始まるかは、メーカーによって違います。

メーカー 型番の最初のアルファベット
ダイキン AN、ATA、ATC、ATRなど
三菱電機 MSZ、MPKH、MSY、PKAなど
三菱重工 SPK、SKM、SKP
パナソニック CS

家具・エアコンを片付けるかは複数業者に相談して決めよう

家財道具を処分すべきか判断できない場合は、不動産会社に相談してアドバイスをもらうようにしましょう。

不動産会社はトータルの利益を考えて、どうすべきか判断してくれます。

ただ、彼らはこれまでの実績を踏まえて経験からアドバイスをするので、会社によってアドバイス内容がかなり変わってしまいます。

意見が違うのは家財処分だけでなく、これらの項目も同様です。

  • 査定額
  • 家の解体の必要性
  • 検査結果
  • お得な節税方法
  • 最良の売却方法
  • 成約までの見込み期間

それぞれ回答が異なる中で最良の契約先を見つけるには、複数社の話を聞いた上で比較検討するのがおすすめです。

1社だけの話を聞いて全てを決めると、知らぬ間に大損をしている可能性もあるので注意しましょう。

一括査定サイトは複数社を比較したい方におすすめ

不動産会社の対応・査定額を比較したい方におすすめなのが一括査定サイトです。

簡単な物件情報を60秒ほどで入力すれば、対応している地域の業者に一括で査定依頼ができる優れものです。

今までは地域に対応する不動産会社を探し、1社ごとに電話で相談予約を取っていました。

その手間が大幅に省けるのは嬉しいですね!

また、今までは自分で全部探したはずが思わぬ優良業者を見逃していることが多々ありました。

隣県の優良業者が査定対応しているケースも不動産ではあるのですが、ネットを使えば一切見逃すことがなくなりました。

査定額を比較すればどこが高く売ってくれるか検討がつきますし、それぞれに電話相談をするのも容易です。

この時に家具・エアコンの片付けについて相談してみると、かかる費用なども簡単に比較できますよ!

一括査定サイトの詳しい情報はこちらにまとめてあるので、合わせてお読みください!

【2018年】不動産一括査定サイト33社を比較!評判・口コミで選ぶ最新おすすめランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

土地を競売にかけるリスクは多数!ローンの残る土地は任意売却がおすすめ
土地・建物の競売について、購入のメリットとデメリットを紹介しています。競売自体についても紹介してい…
マンションを売却して戸建てに住み替えるメリットとコツ
住み替えは基本的にはマンションから戸建てにすることが多いです。通常、マンションの売却額は戸建ての購…
早く家を売りたい!3ヶ月未満で高額売却を成功させるポイント
家を査定してから売却するまで、最低でも半年くらいの期間が必要となります。どうすればより短期間でお得…
オープンハウスをしてマンションを早期売却しよう
マンションを売却する際にオープンハウスをおこなう方がいます。オープンハウスをおこなうとマンションを…

おすすめ・特集記事!

【2018年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイト33社を比較!2018年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…