TOP > マンションを高く売る > 親のマンションを売ることはできる?親が健在かどうかで売り方は変わる

親のマンションを売ることはできる?親が健在かどうかで売り方は変わる

このエントリーをはてなブックマークに追加
親のマンション

マンション売却は、自分の所有する物件を売るのが普通です。

ただ稀に、親のマンションの売却を子どもが検討していることもあります。

親子とはいえ別人ですし、マンションという高額資産を勝手に売り払って良いのか疑問ですよね。

今回は、親のマンションを売却するコツや注意点をわかりやすく解説していきます。

マンションを売る方法!売却のコツ・注意点・よくある質問まとめ

親のマンションを子どもが勝手に売ることはできない

前提として、親名義のマンションを子どもが同意なしに売ることはできません。

家族と言えども財産はそれぞれなので、勝手に売ることは許されないのです。

まず、不動産売却は不動産の名義人が手続きを進めないと法的に認められません。例えば名義人が複数人いる場合(共有名義)も、一人が売却に反対すれば売ることはできないのです。

共有名義(持分)の土地・家を売却する方法・流れを分かりやすく解説

親のマンションを売れる人の4つのタイプ

親のマンションを売れる人は、大きく分けて4つのタイプに分かれます。

  • 死後に親のマンションを相続した人
  • 親からマンションを生前譲渡された人
  • 認知症の親の代理と認められた人
  • 親の意思でマンション売却を依頼された人

ここからは、それぞれのケースを詳しく解説していきます。

①死後に親のマンションを相続した人

最もオーソドックスなのは、死後に親のマンションを相続するケースでしょう。

マンションの所在地から離れて暮らしている人も多く、使い道がないので売り払ってしまうケースも良くあります。

ただ、前述の通り、売る時は売主本人の名義に変更する必要があります。

②親からマンションを生前譲渡された人

相続税対策で、親が生前のうちに子どもへ財産を譲渡するケースも増えています。

このように、親から譲渡されて名義変更したマンションなら子どもの手で売ることができます。

生前譲渡するくらいですから、親としては「大事なマンションを引き継いでいってほしい」という思いがあるかもしれませんが、権利が移った以上、子どもが自らの意思で売っても問題はありません。

③認知症の親の代理と認められた人

不動産を含む資産の取り扱いは所有者の意思によって決まります。

しかし、所有者の意思が病気等で判別できなくなってしまったら、代理人がマンションを売ることもできます。

この制度を成年後見制度と言います。

ただ、後見人になった子どもはあくまで代理なので、親名義のマンションを私利私欲のために売ることはできないので注意しましょう。

④親の意思でマンション売却を依頼された人

上の代理人を立てるケースは親の意思が判別不能な場合の話でしたが、それとは別に、親が子どもに自分の意思で売却を依頼することもあります。

例えば、高齢で足腰が悪かったり老人ホームに住んでいたりするケースがこれに当てはまります。

代理売却は口約束では認められず、以下の書類が必要になります。

  • 親から子どもに向けた委任状(親の直筆と実印が必要)
  • 親の印鑑証明
  • 子ども(代理人)の身分証明

これらの書類がないと、代理人は不動産会社と契約することが出来ないので注意しましょう。

また、売却手続きの際もこまめに親と連絡を取り、意思確認をする必要があります。

親のマンションを売る際の5つのポイント

親のマンションを売る際は、通常のマンション売却とは違った注意点が存在します。

これらの注意点をしっかりチェックした上で、効率良く売却をする必要があります。

ここからは、親のマンションを売る際のポイントを5つ紹介していきます!

①相続マンションを売る際は相続登記が必要

親のマンションを相続するだけでは、名義はまだ親のままです。

このまま売却をすると、亡くなった親が手続きをしたと認識されるので、法的に認められません。

親のマンションを売る際は、必ず相続登記をおこないましょう。

相続登記は、一般的に司法書士に依頼をしておこないます。

不動産売却で司法書士は何をするの?役割と費用相場について

相続登記は売却前にやってしまうのが理想的ですが、諸事情で遅くなってしまったら引き渡し前に完了できればOKです。

相続人が1人の場合は手続きが簡単ですが、兄弟などで分割相続した時は遺産分割協議書という、相続人全員で作成した書類を提出する必要があります。

協議書の作成には実印、印鑑証明書が必要になります。兄弟の住まいが離れていると書類作成に時間がかかるので、なるべく早めに手続きをすすめて行きましょう。

②親の代理でマンション売却する時は事前手続きに時間がかかる

親の代理になる場合は、成年後見制度を利用する必要があります。

成年後見制度を利用するには、以下の手続きを踏む必要があります。

  1. 家庭裁判所で審判申し立て
  2. マンションの所有者本人(親)の意思能力を確認
  3. 後見人の選定

後見人として認められれば通常の流れで不動産売却を進めていきますが、ここまで数ヶ月かかるので成約までトータル1年はかかってしまいます。

そのため、スケジュールを長めに設定しておく必要があるでしょう。

③親のマンションだと思っていたら実際は異なることも

親から相続したと思っていても、登記簿謄本を確認したら違う人が所有しているケースが結構あります。

親も祖父母から相続で受け継いだ場合などは、所有者が祖父母のままのこともあります。

また、親兄弟が一旦分割相続したものの、そこからまた各々の親族に相続されていく過程で、だれが相続権を持っているのか分からないケースが出てきます。

こちらの図のように、売却希望者が確認したところ、全く面識のない縁戚と分割相続していることも考えられます。

前述の通り、分割相続しているマンションは遺産分割協議をした上で売り出さなければいけません。そのため、基本的には面識のない相続人にも連絡を取って意思確認をする必要があります。

④売る前に必ず自分の目で確認しよう

遠方の相続マンションを売却する際に、一度も訪問せず手続きを進めるのはNGです。

近隣の越境や大きな劣化など、絶対に買い手がつかないような欠陥があっても、不動産屋は何もこちらに言わずに手続きを進めてしまうことがあります。

マンションの現況を確認せずに売り出すのは大変危険なので、必ず事前に訪問してみましょう。

この時に簡単な清掃・整理整頓をするだけで、高く売れる可能性が格段に上がりますよ!

【マンション売却の裏技】普通の主婦が5日で600万円高く売った方法

⑤税金対策も忘れずおこなう

親のマンションを売ると、子どもである売主に税金がかかってしまいます。

税金・費用の総額はだいたいマンション売却価格の1割ほどなので、数百万円といったところでしょうか。

例えば、子どもが代表してマンションを売り、価格は一族のために使うという約束で売却をしたら、売主の取り分がほぼないのに1人に集中して税金がかかってしまい大変です。

マンションを売る際は、まず税金の支払いをどうするのかも考えていかなければいけません。

また、マンション売却でかかる税金・費用を安く抑える裏ワザも存在します。こちらの記事にまとめているので、ぜひ参考にしてください。

マンションを売る時にかかる税金・費用・手数料を徹底解説!計算方法と特例控除

親のマンションを高く売るには業者選びが重要!一括査定サイトを活用しよう

親のマンションが遠方にある場合などは、実際にどんな営業活動がおこなわれているのか見えにくいです。

業者によっては目に見えないのを良いことに手を抜く業者もいるので注意しましょう。

マンション売却を成功させるには、複数社を比較して査定額・対応ともに納得できる業者と契約することが重要です。

ただし、不動産会社1つ1つに連絡をするのは時間がかかりますよね?そこでおすすめなサービスが、一括査定サイトです。

簡単な物件情報を入力・送信すれば、最大6社以上に一括で査定を依頼することができます。

査定額や対応を簡単に比較できるようになり、どこと契約すれば良いか瞬時にわかります。

詳しいサイトの使い方はこちらにまとめているので、ぜひ参考にしてください。

不動産一括査定サイト33社を比較!2019年おすすめランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

ローンの払えない分譲マンションには任意売却がおすすめ!
ローンの払えない分譲マンションを売る最後の手が任意売却です。通常の不動産売却と違う点もあるので、し…
不動産売却で損失が発生したら税金に注意!繰越控除特例で節税しよう
不動産売却はマイナスとなってしまう場合がほとんどですが、売却をすることで処理が適切にできるというメ…
不動産を子供・配偶者に売却するメリット!親子・夫婦間の取引は通常とどこが違う?
不動産を子供に譲り渡すときは、贈与よりも売却のほうがお得なことが多いです。ただ、しっかりとした売買…
デザイナーズマンションは売れにくい?高く売るにはPR戦略が重要!
デザイナーズマンションは現在需要が高まっていますが、個性の強さが裏目にでることもあります。そのため…

おすすめ・特集記事!

【2018年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイト33社を比較!2019年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…