TOP > 不動産売却時にかかる諸費用・税金 > 不動産の売却代金はいつ入金される?

不動産の売却代金はいつ入金される?

このエントリーをはてなブックマークに追加
若い男女で家を計算

不動産売却は、多くの人にとって最大の資産を売る手続きであり、代金はかなりの額になりますが、どのタイミングで買い手から入金されるかがわからないという方も多いのではないでしょうか。

確かに、売り手には不動産業者というプロの相談相手がいるので聞いてしまえば即解決する話題かもしれませんが、媒介契約までに知っておいた方が住み替えや手数料の支払いなどの資金計画が立てやすいですよ。

この記事では、まだ不動産売却を検討中、または不動産を査定中という方に向けて、物件の代金が入金されるタイミングと方法について紹介します。

不動産の売却代金は2回にわけて入金される

不動産を売却するとき、代金は主に以下のタイミングで入金されます。

  • 売買契約を結んだとき
  • 決済・引き渡しのとき

上記2つの手続きは一か月半ほどの開きがあり、その間に中間金が支払われることも稀にありますが、実質この2回で支払われると考えて良いでしょう。

1回目の売却代金はなるべく保管しておこう!

最初に入金される不動産の売却代金は「手付金」ともいわれ、代金全体の1~2割ほどの金額となりますが、契約に重要な意味を持ちます。

たとえば、売買者のどちらかが想定外のトラブルに見舞われた場合などは、この手付金を利用した手続きによって契約を解除します。

不動産売却の手付金について解説

売り手に非があって契約をキャンセルする場合は、この手付金を2倍にして買い手に返還しなければならないので、もし使用してしまっていると大変なことになります。

引き渡しのタイミングまでは、なるべく使ってしまわないようにしましょう。

2回目の売却代金の入金は意外と時間がかかる

不動産の決済・引き渡しのときに、残りの代金を買い手から支払われることになりますが、前述の通り、売買契約を締結してから1か月半と意外に時間がかかってしまいます。

2回目の入金に時間がかかる理由としては、買い手が住宅ローンの申請をおこなっている場合が多いため、審査の結果を待たなければならないからです。

ただ、住み替えを検討している場合などは、引き渡し前に新居選びや決済を済ませておかなければならないので、代金の大部分は必要なときに手に入らないということを知っておきましょう。

ローンの残りは引き渡し日に返済する

不動産の売却代金は手元に入ったら全て自由に使えるというわけではなく、特に残債や未払い金が残っている場合は、引き渡し前にすべて支払う必要があります。

特に、住宅ローンの残債が不動産にまだ残っていると抵当権の抹消ができないので、引き渡し後も前の入居者の担保扱いされてしまいます。

この、住宅ローンの残債は意識しやすいものではありますが、不動産の中でも特にマンションを売却するときは、管理費や維持費など、引き渡し日でしっかり割り切れない費用が複数でてきます。

そのため、こうした費用も売却代金を元手に精算することが多いです。

入金された額を丸ごと自由に利用できるというわけではないので注意しましょう。

不動産の売却代金はどのように入金される?

不動産の売却代金は、現金、預金小切手、銀行振り込みといった方法で受け取ります。

ただ、かなり大きい金額になるので、実際は銀行振り込みを使って入金されることが多いようです。

現金や小切手での取引は、トラブルに巻き込まれる可能性も高くなりますし、銀行振り込みが安全でしょう。

仲介業者が同じ場合などは、業者の事務所で現金による手続きをおこなうことも多くあります。

入金額・タイミングに応じた柔軟な対応を!

住み替えを希望する人なら、所有している不動産を高額売却し、手続きの間に意中の新居を発見、もともと準備していたお金と売却代金を合わせ、ローン返済、引っ越しなどの費用も済ませてしまうという流れが理想だと思います。

しかし実際には、不動産売却が上手くいっても、新居選びが上手くいかないなど、同時進行している手続きがなかなかかみ合わないということは良くあります。

こうした場合、急いで新居を探して購入したら、不動産売却をおこなう当初の目的に反してしまうので、一時的に賃貸物件に住みながら、新居を探すという方法をとるのがおすすめです。

逆に、意中の物件を早い段階で見つけてしまった場合には買い取りを選択するといった、目的に応じた柔軟な対応が求められます。

状況を不動産業者やコンサルタントに相談しよう

不動産売却は、たとえ質の高い物件を売る場合であっても、まとまった額の準備金が必要な取引です。

そうでなければ、代金が入る前に請求された費用を支払えませんし、想定外の値下げなどが起こったときに対応できないからです。

中には経済的に苦しいから不動産を売りたいという方も少なからずいるでしょうが、こうした方には任意売却や買取をおすすめすることのほうが多いです。

まずはプロに自分の置かれた状況や物件の状態を相談してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

不動産売却時の専任媒介と一般媒介の違いをわかりやすく解説
不動産売却は、一般的に専任媒介契約を選んだ方が良いです。理由としては、業者のモチベーションが高くな…
専任媒介がおすすめ!不動産売却の媒介契約について解説
不動産売却では、物件を査定に出した後、仲介業者と媒介契約を結びます。媒介契約には一般媒介と専属専任…
家の売却タイミングはどの時期にするべき?
家を売却するベストな時期は秋・春のタイミングと言われてきましたが、今はネットの普及もあり、関係なく…
浦安の不動産を査定する方法と売買におすすめの会社を紹介!
娯楽だけでなく住宅エリアとしても人気をあつめる浦安。今回は浦安の不動産情報や査定の方法、売買仲介を…

おすすめ・特集記事!

【2018年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの業者…
【完全無料】不動産一括査定サイトおすすめランキング!評判・口コミ徹底比較
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…