TOP > 不動産売却の基礎知識 > 不動産価格は今後上向きに推移する?下降する?

不動産価格は今後上向きに推移する?下降する?

このエントリーをはてなブックマークに追加
不動産価格の推移イメージ

購入した不動産価格の今後の推移が気になる方は大勢いると思います。

今後は東京オリンピックが開催されるということもあって、より一層価格について不安や期待があるのではないでしょうか。

ここでは、不動産価格の今後の推移について説明していきます。

近年の不動産価格は上向き推移の傾向

2013年後半から、アベノミクスの影響などにより、不動産価格は上昇傾向にあります。

また、価格が上昇していても不動産取引はかなり活発なので、これからも価格に関しては高い傾向が続く可能性が高いです。

取引が活発な理由としては、

  • 相続税の増税対策で不動産を購入する人が増加した
  • 金融緩和の影響で、サラリーマンの投資家が増加した
  • 中国裕福層の爆買い
  • などが挙げられます。

    こうした傾向は特に東京を中心とする首都圏で盛んですが、より詳しい相場の情報などを知りたい方には、こちらをおすすめします。

    東京都の不動産売却査定!相場と不動産業者の特徴

    今後も不動産価格推移は上昇していく

    全国的な地価公示価格の推移をみてみると、2015年坪単価495,736円となっており、前の年と比べて2.99%+トなっています。

    中でも東京の上昇率が目立っていて、前年比5.13%アップとなっています。

    ここではもう少し詳しく、今後の不動産価格の数位について考えていきます。

    海外投資家に注目を受ける日本不動産

    東京はいまや世界中の人々が知っている世界最大の都市の一つとして海外の投資家から注目されています。

    何故かというと、東京は世界の有名都市である、香港やロンドン、ニューヨークに比べ、不動産価格が安く、利回りが高いのに加え、価格、賃金が安定していることから、収益を得る手段として需要が高まっているからです。

    2020年には東京オリンピックが開催せれるということもあって、日本における不動産の需要が高まっています。

    この需要を考えると不動産価格は高まっていくことが予想できます。

    相続税対策として不動産の需要が増えている

    2015年から相続税が改正され増税となったことによって、資産を現金ではなく、少しでも税金の安い不動産で所有しようという考えの人が増えました。

    これからもこのような傾向が続くことになれば不動産価格も上昇してくことが考えられます

    しかし、タワーマンション購入で節税する人が多いことを受けて、課税が強化されてるようになったので、このまま資産を不動産で所有していく人が増えていくかは注目ポイントとなります。

    東京オリンピック後の不動産価格は不透明?

    東京オリンピック後について、不動産の価格に大きな変動はないと考えられています。

    しかしオリンピック開催後の不動産価格について、価格が落ちてしまうことを不安に感じている方は多いと思います。

    不動産価格安定の理由

    価格低下心配の理由として、オリンピック開催後は選手村の建設などにより、空き家が増加してしまうかもしれないという不安があります。

    しかし、選手村の跡地は教育施設や住宅として利用する五輪招致委員会から発表されていますので、すべてが住宅として利用されないということを踏まえると、オリンピック後に急速な不動産価格下落が起きるとは考えにくいです。

    さらに、東京オリンピックに向けて、各地のインフラ整備もされます。

    たしかに、オリンピック後の観光客は落ち着いていくと思われますが、インフラ整備によって日本はさらに快適で便利な場所となることを考えても、急速な価格低下はないと予想されます。

    しかし価格に関する不安要素はある

    まず、人口が減少することによる価格下落が考えられます。

    これに伴い、供給過多状態になってしまい、不動産価格を下げざるを得ない可能性があることは事実です。

    次に、外国人によるマンション購入が引き起こすトラブルが価格の下落を引き起こしてしまう可能性があります。

    マンションの管理費や修繕積立金を払わないケースや、民泊ビジネスを許可なく始めてしまうというケースが考えられるためです。

    このように、不動産に関する常識が日本と海外では異なっていることや、言語の相違からくるコミュニケーションの不安を考えると外国人オーナーから不動産を買うことを避けるということが予想されます。

    こうなると、空き家が増えてしまう原因となるので、不動産価格下落の原因になる可能性があります。

    利便性の高い地域は価格下落の心配なし

    今後、オリンピックが終わっても不動産価格が下がりにくいエリアはあるのでしょうか。

    価格が安定すると思われるエリアの特徴は以下の通りです。

    • 各地域主要駅から徒歩10分のエリア
    • 歴史のあるエリア

    やはり、利便性の高いところ、人気のある所はいままでもこれからも不動産価格は安定していくと考えられるようです。

    また、オリンピックに伴い、交通や買い物などの生活が便利になるように整備されていく地域は価格が上昇していくと考えられます。

    オリンピックで使用されるスタジアムや競技場がある地域は価格上昇が見込めるかもしれません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連する他の記事

    不動産売却のチラシはどういう意味がある?
    不動産売却のチラシは、誇大広告が禁止されているので、基本的には信頼できる内容です。しかし、表記との…
    不動産売却事例はどのように参考にするべき?
    不動産売却事例を参考にするのは、仲介先を決める上でも、手続きのイメージをふくらませる上でも重要です…
    土地売却で覚書が重要な理由とポイント
    土地売却では、境界線の取り決めや権利の移転などを明確にする必要があるため、覚書の作成が重要となりま…
    土地の所有権移転登記は専門家に頼むべき?
    土地の所有権移転登記について、基本的な知識、さらにどのようにおこなうのがベストか紹介しています。ぜ…

    おすすめ・特集記事!

    一括査定サイトは不動産売却に必要不可欠!メリット・デメリットを一挙紹介
    不動産一括査定のメリットとしては、複数業者から査定を受けられる事の他にも、地域に対応している業者を…
    不動産一括査定の評判って本当のところどうなの?サイトの特徴・口コミを厳選して紹介
    不動産の一括査定サービスってご存知ですか?今回はその魅力から、利用者の評判をもとに実際に利用したい…