TOP > 家を高く売る > 資産価値が落ちにくい家の特徴とは?住宅選びで失敗しないポイント

資産価値が落ちにくい家の特徴とは?住宅選びで失敗しないポイント

【更新日】2019-01-18
このエントリーをはてなブックマークに追加
資産価値が落ちにくい家の特徴とは?住宅選びで失敗しないポイント

みなさんは、家の資産価値を意識したことがあるでしょうか?

家は生きていく上で必要不可欠なものという側面の他に、一般人が持ちうる最も高額な資産と捉えることもできます。

後述しますが、資産価値の高い家を持っていると将来さまざまなメリットがあるのです。

ただ、資産価値は築年数が経つごとに下がっていきます。そのため、価値が下がりにくい家を購入する必要があるのです。

今回は、家の資産価値に焦点を当てて分かりやすく解説していきます!新居購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください!

不動産価値と築年数の関係を解説!築20年と10年の売却価格はいくら違う?

資産が一転して負債に…家選びで失敗した人の末路

30代以上の家族連れなら、一度はマイホームの購入を考えるでしょう。

戸建ての家を持っているのと持っていないのでは、社会的なステータスが大きく異なるのは確かです。

しかし、物件選びを失敗すると、取り返しのつかない事態に陥ってしまいます。

新居をこれから選ぶという方は、将来のことも考えた物件選びを心がけましょう。

魅力のない家は将来的に負債となる

どうしてもマイホームが欲しくて、職場から少し離れた郊外に家を建てたとします。

最初は良いかも知れませんが、郊外なので都市部よりも商標施設やスーパーの閉店が起こりやすいです。

.十数年後に引っ越したいと思っても、せっかく家を建てた手前、身軽に引っ越すことは難しいでしょう。

また、人気のない郊外の古家を売ったところで、買い手が殺到するとは考えにくいです。

そして、資産価値が0となった家は、死後に子供たちへ相続されます。

子供たちは不要な家に対して相続税、固定資産税を払わなければならず、その上処分(売却)も難しいので放置するようになるかも知れません。

このように、将来のことも考えて家を買わないと資産価値が下がった後に地獄を見るのです。

今はマイホームを建てない人も増えている

こうした将来を見通して、マイホームをあえて購入しない人が増えています。

特に首都圏や地方都市に住む人は、わざわざ郊外に住むより、勤務地周辺にマンションを借りたほうが便利と考えるケースが増えています。マイホーム信仰の低下は今後も進んでいくと考えられるでしょう。

資産としての家の将来が見通せない時は、家を建てないという選択肢も全然ありなのです。

高く売れる家を購入しよう

物件選びをしっかりやったとしても、将来何が起こるかわかりません。

転勤やリストラ、急な入院、家の近所で殺人事件が起こることだって考えられます。

こうしたトラブルを解決するには、家を売ってまとまったお金を手元に入れ、身の丈にあった賃貸物件に引っ越すというのがおすすめです。

ただ、前述の通り資産価値はいずれ0になります。そのため、最初から売りやすい家=資産価値が落ちにくい家を選ぶのがおすすめです。

先が見通せないこれからの時代は、住む場所も柔軟に変えていくことが求められますよ。

資産価値が落ちにくい家の特徴3選

一般的な家は築20年を目安に資産価値が0になりますが、中には資産価値が落ちにくい家というのも存在します。

どんな家が資産価値を保てるのでしょうか?解説していきます。

家の査定はどこを評価する?よく見られる6つのポイント

①立地の良い家は資産価値が落ちにくい

資産価値が最も落ちにくいのは、都市部や駅に近い好立地の家です。

立地は築年数と共に、価値評価の大きな割合を占めています。

築年数の経過はリフォームでカバーできますが立地はどうも変えられないので、ある意味こちらのほうが重要と言えます。

また、近年買い手が家に求める立地の良さの基準は上がっていると言われています。

例えば、レインズによると都心7区の物件の価格分布を調べたところ、駅から1分離れるごとに16,000円/㎡も価格が下がっています。

駅近の家は騒音被害や日当たりの悪さといった要素があるので、必ずしも住みよいとは言えません。

ただ、現代の買い手は間取りや日当たりの良さよりも、利便性を家に求める傾向が間違いなくあります。

②政策的に有利かどうかもチェックする

今は人気がなくても、近い将来に大規模開発をする予定の地域は、10年後に価値が大きく高まっているかもしれません。

また、地域の人口密度を一定に維持することで生活利便性を高めるコンパクト&ネットワーク政策という取り組みも始まり、立地適正化区域内の価値は上がっていくと考えられています。

このように、政策的に可能性を秘めている家も、資産価値が落ちにくいと言えるでしょう。

③こまめにリフォーム・手入れをする

こまめに手入れをすることで、家の老朽化が防がれ、資産価値の下落も緩やかになります。

最近はホームインスペクションというアメリカ発祥の住宅診断サービスも急速に普及しており、手軽に老朽化チェックができるようになっています。

大規模リフォームをしなくても、住む人が少し気を付けるだけで、家はきれいに保つことができます。

一戸建ての家とマンションの資産価値はどっちが落ちにくい?

一戸建ての家とマンションの資産価値を比較すると、マンションの価値低下は一戸建ての2倍ほど緩やかに進みます。

木造住宅の耐用年数とは?減価償却・査定への影響をわかりやすく解説!

資産価値の下がり幅は建物の構造によっても違いますが、戸建ての価値が0になるまで約20年かかるのに対し、マンションは40年以上もかかります。

単純に考えればマンションの方がお得ですが、マンションは追加で管理費、修繕積立金がかかるのが難点です。

加えて、マンションの維持費は築年数が経つに連れて上がっていく可能性もあります。十分注意しましょう。

分譲マンションを売却すると管理費・修繕積立金の支払いはどうなる?

資産価値の高い家を買えば将来の投資になる

資産価値の高い家=売れやすい家という基準でポイントを紹介しましたが、他人にも気に入ってもらえる家を選ぶことで、結果的に良い家を見つけることができます。

価格は少し高くても、資産価値の高い家に住むことは将来の投資になります。

安全・安心・快適に住める家に引っ越せば、健康・災害・事故のリスクを大幅に減らすことができますよ。

家を買う際は自分達の主観ではなく、お金の払う価値があるか、何十年後も愛される家かといった視点で選ぶとよいでしょう。

家の資産価値と売却価格の違い
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

家を処分する方法は4つ!かかる時間・費用の相場を比較
家を処分する4つの方法を徹底比較!あなたにあった処分方法が、この記事を読めばきっと見つかります!
家を売る時期は2022年までがおすすめ!売り時にタイミング良く売れば価格が1割増
家を売却するベストな時期は秋・春のタイミングと言われてきましたが、今はネットの普及もあり、関係なく…
民泊物件・ゲストハウスを売るコツ!Airbnbブームに乗って高く売ろう
民泊物件を売るコツを徹底解説!民泊需要の増加に乗っかって高く売るにはどうすれば良いのかを分かりやす…

おすすめ・特集記事!

不動産一括査定サイト33社を比較!2020年おすすめランキング
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2020年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…